低収入家庭の子どもの教育費

レス24
(トピ主1
お気に入り107

妊娠・出産・育児

リッツ

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ある

    芸術ごと、というのを書いてもらうほうが、的確なアドバイスができると思います。

    ユーザーID:3869879528

  • う〜〜ん

    うちは年収800万でしたが相当苦しいです。

    うちの子供はある私大の美大にいっておりまして、日本画を専攻しております。

    できることなら国立の芸大にいってほしかったのですが、無理でした。
    京都にすんでおりますので、結構美大は多く、東京の美大の相場は250万くらいだそうですが、京都は200万内外です。

    しかし、学費だけが200万だということで、美大生は絵を描かなければならないので他にも相当お金は使います。
    ので、育英ローンを無利子で借りております。無担保というのは、本人の学業が良い場合のみ、ですので、だれでも無利子でかりられるわけではありません。これが月々約5万、他にも国から200万借りてます。

    アドヴァイスですが、高校まではせいぜい公立へ行くことです。
    絶対に大学ではお金を必要としますから、そこにポイントをあてて1000万ぐらい貯金できれば、なんとか行けるかなぁ、と思います。

    まぁ、音楽を考えておられるのであれば、また別かもしれませんけど。
    いずれにしろ、お金はかかりますね。

    ただ、そうとう苦しいので覚悟しなきゃなりませんよ。

    ユーザーID:8165524110

  • 奨学金

    最終は芸大卒でしょうか? 

    高校は地元の公立進学校
    大学は自宅から通える国公立の芸大

    が一番、お金がかかりませんし、ご年収内でなんとかなります。
    塾や家庭教師や高い教材など買わなくても行けますよ。
    それしか選択ができない。私立なんていかせられないから
    しっかり勉強せよ、と尻を叩けばいいのです。
    実際、そのように親に言われて必死で勉強し、現役で国公立に合格した
    子供さんを何人か知っております。

    が、芸術系となると学科も絞られますし、県外となれば無理でしょうね。
    何も親が全てする必要はないじゃないですか。
    子供が自分のために行きたい大学ですから、奨学金を借りてもらえば
    いいのです。

    親に経済力がなく、
    芸術方面の仕事を目指しながら国公立に行けないなら専門学校ですね。
    あるいはヨーロッパで修行させるか。
    私立で優雅にお絵かきの勉強ができるのは、
    お金持ちのご子息だけと思っております。
    その覚悟もなく、ただ行きたいというだけなら
    親として、びしっと現実を教えるまで。

    学歴はお金ではありません。
    本人がどれだけがんばるか、です。

    ユーザーID:4210202842

  • 司法浪人の友人の場合です

    お子さんはまだ小学生なので、この先考えが変わるかもしれませんね。
    また、芸術系の大学に進んだとして、就職は限定されそうですね。
    なんだか割に合わないプランだなあと思いました。
    余裕のある家庭のお子さんなら、そういう道もアリだと思いますが・・・

    奨学金を利用したら?と勧める人もいるでしょう。
    しかし、友人で私立高校・私立大学・法科大学院卒業まで全て奨学金を利用した人がいますが、2000万近く借りているそうです。
    たぶん司法試験の塾のような所にも通っていたので、その費用も入っているのかもしれません。
    その友人は、いまだに司法試験に合格していません。
    (高額の借金は、彼女の結婚の障害にならないのかな?)

    お子さんの夢を大切にしてあげたいお気持ちもわかりますが、<低所得>だからこそ収入に結びつきにくい道を選ぶ必要があとは思えません。
    奨学金という借金が、お子さんのみならずトピ主夫婦の老後を圧迫する可能性もあります。

    趣味ではダメなのですか?

    ユーザーID:1351610240

  • 義父母の

    年金も家計に合わせて家族全員お小遣い制にしたら楽になりませんか?

    ユーザーID:5533185843

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • うちも同じ位の年収ですが、、、

    我が家もトピ主さんと同じ位の年収で、子供もいますが、、、
    貯金は結構出来てますよ。年間100万前後。

    とにかく、何かにつけての『ご褒美』的な買い物はしない、外食しない、食費は1週間5000円(買い物は週に1回まとめて)。
    ビール(第三のビール)は1日1本(夫婦で半分)

    ボーナスは無いものと考える。

    これを徹底してます。


    私は料理が好きなので、食費は余裕です。
    保存食も味噌も自家製です。
    子供のお菓子も全て手作り。
    パンもホームベーカリーで作ると安いです。

    貯蓄出来ない人を見てると、何かしら理由をつけて、自分に甘い買い物や無駄遣いしてます。


    うちは、日常はこのように過ごしてますが、年に2回国内旅行、2年に1回海外旅行もしてます。

    また、子供は学資保険、私たち夫婦は生命保険と個人年金にそれぞれ加入していますので、貯蓄はもう少し多くなります。

    あと車は国産ですが3ナンバーの大きなのに乗ってるし、家も持家です。

    550万あれば、結構ゆったり暮らせますよ。
    息子さんの学費位、すぐ貯まりますよ。

    ユーザーID:7074627628

  • 本人が望むなら大学へは行かせてあげて


    奨学金の保証人になってあげて下さい。

    私の親は奨学金の保証人にすらなってくれませんでした。

    進学高校で頑張って勉強したのに惨めでした。

    自分より偏差値が低いクラスの人や友達らは有名大学へ行き、就職して行きました。

    羨ましかったです。

    勉強したかった思いと学歴コンプレックスをぬぐうために、働きながら通信大学へ通っています。

    ユーザーID:2202358357

  • えっつ?世帯収入550万が、低収入?

    子供の教育にお金を賭けたい気持ちはわかるけど、まだ小学生でしょう?
    この先、どうなるかわかりません。

    ちなみに、芸術系大学に行った友人が多数おりますが、結局、親がスポンサーになれなければ、食べていけない世界です。
    絵画もそうだし、音楽もそう。
    それは日本に限らず、世界各国、時代を問わず、普遍的な事実です。
    貧しくても、なんとかその世界で。。。となるには、とりあえずサラリーマンになり、収入を確保したうえで、創作活動をするという方法があります。
    それが芽が出なかった場合にも備える安全な方法ですし、両親の気苦労も少ないでしょう。

    結局、芸術の世界は才能ですから、サラリーマンやっていても、大成できる人はできるんです。

    ユーザーID:0672490500

  • 無謀じゃないですよ。

    こんにちは。

    優しいですね。自分のことしか考えていないトピがある中、こういった相談内容は嬉しくなります。家族の方の優しさはお子さんにちゃんと伝わっています。勉強も頑張ってくれると思います。

    たしかに美大はお金がかかります。私立は特に。国公立を目指す。志望校があったらごめんなさい。大きく節約できるとすれば食費と衣料費でしょうか。車がなければ、なおかついいですが。

    あとは少額でいいので、コツコツ積み立てです。

    実践してますよね。お役に立てずごめんなさい。

    ユーザーID:9522386006

  • 国公立は?

    数は少ないけどありますよ。
    でも芸術で食うには金がかかります。

    ユーザーID:0694410281

  • うちの場合

    昔、預金が下手な息子のために給料が振り込まれたら、
    すぐに決まった額を引き落とし、同じ銀行の定期預金口座に自動で
    振り込む手続きをしました。

    確か毎月の振込料がいったように思います。
    それをもったいないと思うとできませんが。

    私も働いていたので、給料振込み日に銀行に行くのは無理でしたので。

    それと、大手の交通傷害の積み立ての保険(5年満期、同居家族すべて保障)に入ってました。
    事故の保証もあるし、掛け捨て部分はありますが、満期金があります。

    保険を利用することは起きなかったので、掛け捨て部分を損と考えると
    これもできませんが。

    高校、大学は奨学金ですね。
    いいお母様ですね。頑張ってくださいね。

    ユーザーID:4523928246

  • 具体的に数字を出して、子供にも自覚を。

    うちも低収入家庭ですが・・・

    1.目標金額・毎月の貯蓄額を、具体的に決める
    2.家族全員が節約意識を持つ
    特に、息子さん自身に「続けたいなら倹約を励行」という意識が必要

    この程度でしょうか・・・

    >もし本当に行きたいとなったら、私たちの経済力では無謀なように思えます。
    でも、経済的理由で諦めさせたくないんです。

    個人的に、この考え方には、賛同できません。どこかでかならず、経済的な壁は訪れます。お金で解決できることは多いです。

    その後こそが、親の出番になると思います。
    趣味程度にとどめるのか?講師として人に教えられるレベルまで高めるか?他に活かせる職業は?
    おそらく生涯にわたり、彼は関わり続けるでしょう。どのような関わり方があるのか?あらゆる道を調べて、彼に提案するのも、親としての務めになると思います。

    可能性は無限ですが、時間は有限です。

    ユーザーID:8397270388

  • 息子さんが本気なら・・・

    …親は、酒・たばこ・趣味はもちろん、三度の食事を二度にしてでも、
    応援してあげてほしいですね。
    息子さんを応援できるのは、親しかいないのですから。

    また、恩着せがましい態度ではなく、我が家の経済状態もきちんと話し、
    本人に自覚を持たせることも大事だと思います。

    私が知っているのは音楽系ですが、
    こういうことをしているのはもともと裕福な家庭の子が多いのですが、
    そうでなくても、親が仕事を掛け持ちしたり、
    親戚に頭を下げまくって借金したりして、
    学費を捻出している例も、たくさん見てきました。
    息子さんが本気なら、応援してあげてください。
    それが親というものです。

    ユーザーID:3442066825

  • 550万は低収入ではないですよ


    貯蓄のコツは目標金額を決めて貯金をするだけです。

    固定費(毎月掛かるお金)を見直し、
    お金の使い方を一から見直す。
    習い事も、現段階では最低限の出費に抑えて、
    高校・大学にお金を回せるようにする。

    ご主人の両親と同居だと家賃は掛からないのでしょうか?
    詳しい事が書かれていないのでアドバイスが難しいですが、
    その年収なら、最低でも150万はできる気がします。

    無駄遣いをしていないと言う人でも、
    節約の観点からみると無駄が見えます。
    自分の生活を見直してください。

    ユーザーID:8320744361

  • トピ主です

    アドバイス、ご意見ありがとうございます。

    追記ですが…。

    息子が頑張ってるものは、音楽、ピアノです。

    「ハイコスト、ローリターン」だと言うことは重々承知です。

    私の実家はそう裕福ではなく、私はやりたいことはできず、進学もかなり制限されました。高校進学させてもらったことを恩に着せられる状況でした。

    なので、子供には…という思いもありましたが、まさか寄りにも寄ってピアノに夢中になるとは思ってもなく。

    息子は家計状況もある程度把握しており、高校は公立で、大学は国立をと、勉強の方も頑張ってはいます。
    いつか挫折するかもしれません。
    挫折してほしいようで、頑張ってほしいような複雑な気持ちです。

    最近は息子に申し訳ないように思えてきました。

    ユーザーID:3053058442

  • トピさんおっしゃるとおり

    ピアノは厳しいですね。
    名のある先生につけば、十万単位でレッスン料かかります。
    ピアノ教師の従妹いわく、
    「名のある先生も、才能のない子から、たくさんレッスン料とって、才能のある子はただでも教えたいのよ」
    と、話してました。
    ただでも教えたいくらいの才能はなかなかないでしょうね。
    でも、息子さんのできるところまでやらせてあげればいかかですか?

    ユーザーID:2298546515

  • たった550万、されど550万

    まだ小学生ですよね。その年でピアノがそこそこできる子って、色んな発表会に行くと、結構います。
    娘のまわりにもいます。
    野球やサッカーも同じですが、小学生の時にそこそこできるからといっても、ものになるのは本当にごく一握り。
    年齢があがるにつれて自分の実力を知る時が来ます。
    もしくは、経済的に断念せざるをえないという時が来ます。
    音大でも国立じゃないと厳しいでしょう。
    極端な話、年収550万を貯蓄したところで、年間550万以上は貯まりませんよね。
    とにかく1円でも無駄なお金を使わない。食費を切り詰めに切り詰める。
    家賃がかからないんでしょうし、「いくら貯金できるか」ではなく「いくらの(最低限の)出費で毎月乗り切るか」じゃないですか?
    正直、550万って、中学から塾に行かせるとしても、それだけでやっとやっとという年収だと思います。
    (家賃かからず、野菜、米が自給自足で手に入り、塾に行かずともトップの成績がとれればべつですが)

    ユーザーID:5915804163

  • 健康

    徹底的に節約、でも、ひとつだけ楽しみに使う

    健康損なうとかえってお金がかかるので、そこまではしないように、健康だけは気をつけて

    ユーザーID:5699682762

  • 異色かもしれませんが

    他学部出身の音楽家もいます。

    もしピアノが大好き音楽が大好きなら教育学部という進路もあります。
    音楽の先生です。

    教育学部出身の声楽家の方、なんどかコンサートに行ってます。
    音楽ではありませんが、やはり教育学部出の画家の個展にも行ったことがあります。

    ユーザーID:2324386104

  • 悩むのはまだ早い

    小学生ですよね,まだ悩むのは早いと思います。
    音大に進むとしたらまだ先ですし,五年後今と同じように夢中かどうかもわかりません。

    音大も国立はありますし,男性なら女性程華やかでなくても良いです。
    主さんの家庭に出来る範囲で応援をしてあげれば良いと思います。

    高校の同級生で現在ピアニストになっている男性がいます。
    普通の家庭の普通の男の子でしたよ。
    音大進学者が多数いる教室ではなく,普通の教室出身です。
    公立高校から国立へ,しかも推薦で奨学金ももらっていました。
    才能があれば道は開けると思います。

    コンクールと厳しいレッスンが大嫌いで逃げるようにピアノを辞めた私とは違い,楽しそうにピアノを弾く同級生が眩しく思えました。
    良い方向に導いてあげられたらいいですね。

    ユーザーID:4538516242

  • 音楽大学についての具体的なアドバイスです。

    もうすでに解決済みかもしれませんが、貯蓄のコツではないですが、音大出身者として具体的な進学についてのアドバイスをさせていただければと思います。

    「大学は国立をと」の事ですが、日本で音楽学科がある国立の大学は東京藝術大学しかなく公立大学でも愛知県立芸術大学・京都市立芸術大学・沖縄県立芸術大学の3つしかありません。その他の音楽大学は全て私立大学です。

    学費だけでも東京藝術大学だと4年間で400万弱、私立の音楽大学だと800万から900万ぐらい。

    それ以前にも、一般の勉強等は別に音楽の勉強も受験のために必要になってきますので、それのレッスン費用等が受験までに発生します。

    ちなみに芸大の音楽学部の倍率は低いですが、入りやすいという意味ではなく、入れる望みのある人しか受けていないからです(笑)

    そのお金を用意できるのであればいいですが、そこまでは無理というのであれば、個人的意見として、音楽大学ではなく国公立大学の中の教育学部などで音楽専攻といったコースがある学校がありますのでそこに進学するというのもいいかと思います。(自宅から通える学校も探しやすいかと思います)

    ユーザーID:8170782261

  • アドバイス その2

    続きです。

    表向きには教育学部だったりしますが、一般教養と併せて音大や芸大出身の教授が専門的な音楽の授業やレッスンを行っているので、実質音大っぽい感じになります。

    確かに、音楽大学であれば、いろんな学科の学生がいることで合奏や合唱、オーケストラといった他の学科の学生との共同活動や整った設備環境といったものが得られますが、ピアノを勉強したいということであれば師事する先生の方が直接影響が大きいので、そういった学校でも他の専攻よりも音楽大学じゃない場所で学ぶことのマイナスは少ないかと思います。

    もちろん、音楽を勉強するためには芸大や音楽大学にいかないとできないわけではないので、一般大学などに通いながら別途レッスンを受けていくというもの選択肢としてはいいと思います。

    学位などは取得できませんが、一部の芸大音大だとディプロマコースといった授業やレッスンを受けられるものもありますし、経済的なことも含め、今習っている先生にどのような進路がいいのか相談してみるのがいいかもしれませんね。

    ユーザーID:8170782261

  • アドバイス その3

    続きです。

    音大に行くにしてもそうでないにしても上達していこうと思えば上の先生に紹介してもらってレッスンを見てもらう事が必要でしょうし、上の先生になればなるほど、いろんな進路やどういう形がいいのか具体的なアドバイスももらえると思います。

    経済的に余裕があるに超したことはありませんが、なきゃないで道が全くないということでもありませんので(ハードルは高くなりますが・・・)ただ思い悩むのではなく具体的にどういう選択肢があってどういうことならできるのかを考えてみるのも悪くないじゃないでしょうか。

    ちなみにうちの母親もトピ主さんと同じようにやりたいことはできず進学もかなり制限され高校進学させてもらったことを恩に着せられる状況だったので子供にはやりたいことを・・と思っていたら、まさか寄りにも寄って音大に行きたいと言い出して大変なことに・・・(笑)

    私は作曲学科でしたが、現在の仕事は音楽関係ではありません。
    でも、音大に行かせてくれたこと、その中で学ぶことができたことは、両親に感謝しています。

    ただ、両親にしてみればコストパフォーマンスは悪かったかもしれませんね(笑)

    ユーザーID:8170782261

  • 無理なものは無理

    自分の感覚では、音大=お金持ちが行くところ
            音楽家=親が資産家の人   です。
    はっきり申しまして、お金持ちの道楽です。

    一般家庭から無理をして行かせても
    みじめな思いをするだけかもしれませんよ。

    大学ほどお金のかからない専門学校もあります。
    ピアノをキーボードにかえて、バンドで成功した人もいます。
    基礎ができていれば音大にこだわらなくても
    音楽を続けていくことはできます。

    たしか、外国の話ですが
    サラリーマンから世界的なテノール歌手になった人もいましたね。
    そんなに悲観しなくてもいいんじゃないでしょうか。
    音楽の世界は大学に行ったからどうこうではないと思います。
    息子さんの才能次第です。

    ユーザーID:0757933241

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧