昨今の習い事について思うこと

レス11
(トピ主0
お気に入り13

生活・身近な話題

グランマ

60代の女性です。
先日息子夫婦が孫の習い事を探していると言ってパンフレットをいろいろと見ていたので一緒に見せてもらいました。
剣道や空手やサッカーやヒップホップダンスなどいろいろな習い事があったのですが多くのパンフレットに『きちんと挨拶のできる子にいたします。』『礼儀も教えます。』などと書いてあって驚きました。
最近では挨拶や礼儀さえも家庭で教えずお金を払って習いに行かせるのですね。
30年前私の長男は柔道を習っていたのですがその柔道教室に正座や礼もきちんとできなくて遊び回る子が来た時先生は「礼儀も身につけていない子が習い事をするのは早すぎます。もう少しご家庭で人に教えを請う態度を身につけさせてから来てください。」とおっしゃってました。
私もその通りだと思っていましたが・・・
時代は変わるんですね・・・

ユーザーID:4706164452

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 違う!

    家庭でのしつけにプラスアルファってことですよ!

    極端な解釈しないでくださいな!
    習い事をさせてない子がすべて挨拶できないわけじゃあるまいし。。。

    大勢の中でうまくやっていく社会性・協調性が身につくということと、親族以外の年上の講師とのお付き合いのしかたを学ぶってこと!

    親族の中で協調性を身につけるだけじゃ社会で役に立たないのですよ!
    わかります???

    ユーザーID:4384609774

  • 他人のアラはよく見えます。

    上から目線になってしまい申し訳ありませんが・・・・、
    この頃の小さなお子さんを連れたお母さんだと思いますが、
    本当にご本人自体がかなり・・・マナー?躾?道徳?何と言っていいか、
    とてもとても何もされない方を見かけます。

    そのような方にとっては、
    お子様の礼儀等々を教える事は能力外の事かと思います。

    お金を払っても、ちゃんと礼儀作法を教えて躾けてもらえるなら、
    最終成人し社会に出たときその子供は助かるので、
    どのような形ででも教える機会を作って貰えるのなら、
    良い事かもしれないと思います。

    ユーザーID:7193789604

  • そうですよ。

    挨拶できない子、すっごい多いですよ。だって親ができないですから。

    私はバレエを教えていますが、幼児クラスに入会する子の親で、最初からきちんと挨拶できる方は少数です。見学や体験などだとお礼も言わずにレッスン室を出て行く方も珍しくありません。まあ、そういう方は覚えているので、入会希望された時にお断りしていますが…。きちんとしたお母様は、たとえ見学でも娘さん本人にもちゃんと挨拶させています。

    確かに生徒達は習慣で挨拶するようになるので、必ずしも心のこもった挨拶ではないかもしれませんが、習慣にさせるのは主に私の仕事です。子供が挨拶しないことに気づかない親も多くいます。

    お母様だけでなく、たまに迎えに来たお父様はもっとひどい。無言で入ってくるから変質者かと思っちゃいますよ。「〇〇の父です。いつも娘がお世話になっています」の一言が何故言えないのか。

    礼儀のなってない方の多くは子供の頃に習い事をしてこなかった人のようです。そういう方が親になって子供に習い事をさせるから、挨拶をさせるという発想がないのでしょう。

    ユーザーID:2699758004

  • そうですね

    時代と共に、変化はしていくでしょうね。

    4歳の息子は空手を習っていますが、やはり先輩たちに比べ落ち着きがありません。
    見学している親としては、飛んで行ってちゃんとしなさいと言いたいですが、
    じっと我慢しています。

    指導者の方に、「きつく叱っていただいて結構です。」と伝えたところ、
    「この時期にあまりきつくするとチックが出たりするんですよ。
     今は、楽しみに来てくれるだけで十分です。そのうち、先輩から色々学びますよ。」
    とおっしゃいました。

    10か月ほど通っていますが、何かすると「ありがとうございました。」と不意に言ったりします。
    道場で先輩に何かしてもらうと、言っているようで癖が出ちゃうんですね。

    最近は核家族化や少子化で親以外の方から礼儀を学べなくなりました。
    家で親が諭しても子供はなかなか素直に受け入れられないでしょう。
    外で、いい指導者や先輩方に指導していただいて、ありがたく思っています。

    ユーザーID:7788668452

  • 大人でもきちんと挨拶できない人が多いので・・・

    挨拶できない子供が多いと思います。

    ご近所で挨拶するけど無視するご主人がいます。

    子供の前でも無視されます。

    やはりその子供もこちらから挨拶しても返事はかえってってきません。

    以前勤めてた職場でもこちらから挨拶しますが向こうからは絶対

    挨拶してきませんよ。

    でも休憩時間はさみしいのか近づいてきて私が同僚と話してたら

    口を挟んできますけど。

    以前簿記の講習を受けに(有料です)学校に通っていましたが、

    生徒さんは50代近くの年輩の方が多かったですが、

    授業開始時に先生から挨拶されても返事をする人は

    私以外に居ませんでした。

    その割には授業が終わった後、質問しに行く人が多かったですが。

    どんな神経して居るんだと思いますが。

    へんな世の中です。

    ユーザーID:6567994873

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 挨拶や礼儀を習いにいくのが目的ではありません。

    スポーツやダンス、武道の習得があくまでも第一目的で、それらを身に付ける過程で礼儀作法を教えてくれるということだと思います。大人の習い事であれば技術の習得だけでいいのですが、子供であれば、稽古中の態度が悪かったり、礼儀作法ができていなかったりしたときに、必要に応じて先生が叱ってくれるのはありがたいことではないでしょうか。

    挨拶や礼儀を家庭で教えるのは当然です。しかし相手が親だと子供が甘えてしまったりすることもありますが、先生の言うことなら聞く子もいます。同じ年頃の子供たちが一緒ならば、友達を思いやったり、先輩や年下の子供への接し方など、団体生活で学ぶこともたくさんあります。技術だけではなく、それぞれの稽古事の世界の決まり事も併せて習得します。

    「習い事の先生はそれだけ教えてくれればいい。躾は親の仕事だから、稽古中に子供の態度がどうであっても放っておいてくれ。」と言う親がいたらそちらの方がおかしいと思います。

    ユーザーID:4391061710

  • 一部の親はそうかな

    挨拶できる子に!
    礼儀作法が身につきます! と謳って、
    それを売りにしている教室もあります。

    お稽古の先生や、幼稚園の先生に丸投げの親もいるにはいます。

    でも、家庭とはまた違う環境で、
    親以外の大人から叱ってもらえるのはいいことではないでしょうか。
    ジジババ同居の家庭も少ないですし。
    でも大半の親は、ある程度ご自分で躾けていらっしゃいますけどね。

    >最近では挨拶や礼儀さえも家庭で教えずお金を払って習いに行かせるのですね・・・

    最近の子どもは・・最近の親は・・ と、  
    ひとくくりに考える最近の風潮はどうかと思います。

    ユーザーID:7304123684

  • あくまでプラスアルファですよ

     普通にご家庭でも○してくださいね。とか関わってあげてくださいね。って言われますよ。

     基本的に親も挨拶させるけど、小さい子供は最初は難しいよね。だけど、周りが見えてくるようになると自然と大きい子のまねをしだして、そのうち自分からする…って感じですかね。少なくともむっつり黙ったままの子はいないですね。特に昔は、格闘技系は年齢もっと大きくならないとできなかったしね。そういった違いもあると思います。

     基本は家庭にあるけど、外でもそういう体験をといったところでしょうかね。今時公園なんて人いないし、習い事でもないと子供が人間関係を学ぶ場所少ないのですよね…


     ちなみに…親の言うこと聞かなくても、先生の言うことは聞くんだよね…特に次男3歳は…長男5歳は最近親の言うことも聞くようになったけどね(笑)まあ、先生に言わせるとそれだけ社会性があるのだということらしいけど…うちでもあれくらい言うことを聞いてほしいもんだと思ったことが数知れずですね(笑)

    ユーザーID:9025223669

  • 躾のできないような家庭の子までが、習い事ができるようになった

    昔の子供達のすべてが礼儀正しかったですか?
    違いますよね。

    昔も今と同じように、あいさつのできない子はいたし
    礼儀のなってない子はたくさんいました。
    もちろん大人にも。

    「礼儀がなってない」「無作法」「無礼者」「恩知らず」
    どれも、古くからある言葉です。
    そういう人達が少なくはないからこそ
    こういう言葉ができたのです。

    今は昔と比べると、いい世の中になったのですよ。

    こう言ってはなんですが
    子供にロクに躾もできないような親は
    ロクに稼いでもいなくて
    子供に習い事などさせるような経済的余裕は無かったのです。
    習い事ができたのは、お金持ちの子供だけ。
    ま、経済的余裕も無かったけど
    躾をするような余裕も無かったんですよ。
    まさに「貧乏ヒマなし」です。
    食わせるだけでせいいっぱいで、躾てるヒマなんてないの。
    子供も、幼いうちから働いて、躾けられてるヒマなんて無かったの。

    時代が変わったというならば
    ろくに躾もしないようなご家庭の(または階層の)子供まで
    習い事ができるような裕福な時代に、日本がなったということです。

    ユーザーID:4046067505

  • 昔ながらの大人の習い事でも

    茶道とか、華道とか、
    大人でも「行儀見習い」として習うもの、いくらでもありますよね?

    習い事を通じて礼儀が身につく、というのを売りにして生徒を集めることは
    子どもの習い事に限らず、昔から普通にあったことでしょう。

    トピ主さんが何に目くじら立てているのかサッパリわかりません。

    ユーザーID:7243502856

  • 昔も今も同じですよ。

    できる子はできるし、できない子はできない。
    いい年して礼儀も常識もない60代くらいの方も、よくお見受けしますよ。

    ユーザーID:5250527432

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧