• ホーム
  • 話題
  • 有酸素運動を継続していると冷え性になる?(仮説)

有酸素運動を継続していると冷え性になる?(仮説)

レス7
(トピ主3
お気に入り11

生活・身近な話題

カジカ

 健康のため、ここ数年、週一回くらい近所の低山の山歩き(2時間位登ったり下ったり)をしています。お陰で心肺や足腰は強くなり100m10分ペースで登っても動悸も息切れもしなくなりましたが、逆に、このところ日常生活で手足の先が冷えやすくなった気がします。(元は冷え性ではありませんでした。)

 確かに、山歩きの時も、以前はこの季節でも登り始めて10分もしないうちに手足の先まで熱くなっていたのに、近頃は20分位登らないと温かくなってきません。心肺が省エネになってしまって、かなりの運動をしないと末端の血液の循環までは良くならない状態になっているのかも、と思ったりもしていします。

 山歩きやウォーキング、ジョギングなどしている皆さん、一般に冷え性の改善には有酸素運動が良いと言われているようですが、私のような逆の体験はありませんか?

ユーザーID:6557315855

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 似たような感じになっています

    こんにちは。
    元々、全然運動をしていなかったのですが、2,3年前からランニング、今はそれに並行して山を走るランニングをしています。
    私も、以前は全く手足が冷えるということがなかったのですが、今年はかなり手足が冷えて、結構つらいです。しもやけにもなりました。
    ダイエットに成功して体重6キロ、体脂肪6%くらい落ちたので、そのせいかな〜?とも思ったり、足のしもやけは、寒い中何時間も外を走っているからかな?とも思うんですが。

    ユーザーID:2568195739

  • トピ主です。

    >とるめんたさん

     貴重なレスありがとうございました。レス救行きか…と思ってました。

     トレイルランされているんですね。尾根道でたまに同好の方と行き会いますが、坂道をすごいな〜と感心しています。
     同じような症状のお話を伺い、やっぱり!と思いました。それにしてもしもやけとは…大事にされて下さい。

     似たような経験としては、冬の就寝時に寒いとき、体を温めるため、床に入ってから足を伸ばしたまま浮かせて静止する腹筋をするんですが、シーズン当初は20秒もするとカーッと全身熱くなるんですけど終盤は1分やっても余り温まらない、というのもあります。

     やはり、心肺も腹筋も省エネ型になってしまうからなんでしょうか?私の場合はやはり体の慣れのせいでしょうか体脂肪は落ちてませんので(笑)、とるめんたさんの冷えも体脂肪の影響ではないかもしれませんね。
     私は、今シーズンはどうにも冷えるので、初めてデスク下にヒーターを置くハメになりました。


     ほかにも体験談(や解消法)お持ちの皆様、引き続き宜しくお願いします。

    ユーザーID:6557315855

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • やっぱりいるんだ〜

    ジョギング4年目の39歳男です。

    去年の10月からは心拍数150を上限120を下限としてスロージョギングやってます。

    やり始め体重73kgが今は65kg。体脂肪20%が9%(家庭用の某一流企業の体重計にて測定)まで落ちました。体脂肪は?ですが・・・

    もともと寒がりでしたが、スロージョギング始めてから寒がりに拍車が掛かりました。

    しかも体質的に上半身から痩せるので、特に上半身が冷えます。

    水をたくさん飲んで(2リットル/日)ジョギングを始めてから偏頭痛(2〜3回/月)が無くなったので、やめるにやめられません。

    どこの記事を読んでも『冷性が治ります!』みたいな事ばかり書いてあるので、自分だけかと思ってました。

    ジョギングを続けながら、冷性を治したい〜!

    ユーザーID:3597385096

  • 体の

    体の仕組みはシンプルで、
    生命に危機を及ぼす現象をいかに被害が重大にならなかと言う点で変化します。

    冷え性で言う所の末端の毛細血管ももちろん血管というのは、流れる血流の圧にいかに耐えるかで発達しますので、圧がかかる状況になればそれに耐えるべく支流(毛細の数、エリア)が増えていきます。逆に全く運動をしない女性の末端血管が縮小していくのは必要ないと体が判断したからで当然のことなのです。

    雑誌で仰ってるのはこういうケースで有酸素運動がという事です。
    心臓のポンプと足への刺激で改善すると。

    ただ、皆さんの場合、山歩きやウォーキング、ジョギングにおいて、
    負荷による改善(血管視点で)と負荷に慣れる事での縮小が逆転したのかもしれません。
    少なくとも運動始める前よりは良いと思いますが、右肩上がりのとき(運動初めてしばらく)よりは落ちてきた為、対比効果で悪化した印象を受けるのでしょう。

    さらに改善するには、刺激と負荷なので、ジョギングの場合、最後にダッシュやインターバル運動を入れて心臓と血管をいじめてみては?
    山なら、下りの最後の所で飛んだりはねたり。

    ユーザーID:8651481772

  • ありがとうございます


    >れいずなさん
     貴重な情報ありがとうございます。
     やはり冷えを感じますよねぇ。デスクにヒーターが欲しいなんて思ったのは初めてです。
     ただ、皆さんの場合は体脂肪が落ちてますが、私の場合は落ちてないのです(大汗)。

    >ササロンさん
     とてもお詳しくて、医学関係の方でいらっしゃいますか?
     なるほど、冷え性に有効というのは、元々支流があまりなく血管も縮小している方の場合ということですね。
     逆に運動している人に関しては、私の省エネ説(負荷をかけないと末梢まで血が回らなくなった説)も当らずとも遠からずってところでしょうか。
     山中で飛んだり跳ねたりは難しいですが、最後に降りたところに100段くらいのお寺の階段があるので仕上げにダッシュでもしてみますか。でも運動時の刺激の追加で、平常時の心臓がさらに省エネになって冷えるということはないでしょうか。
     なお、手足はそういう状況ですが、脳みその血の巡りは良くなった(ボヤーっとすることがなくなり割と冴えてる(笑))状態が続いているような気がしております。

    ユーザーID:6557315855

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私もです!!

    このトピックを見つけて安心しました。私は冷え性なのですが、雑誌やテレビで紹介されている対策法を行ってもちっとも改善しません。朝晩各30分のウォーキング、朝食と共にしょうが粉末を溶かしたお湯を飲む、お風呂にゆくっり浸かる、足裏&全身のツボマッサージ、、、日常的に色々やっていても手先、足先が冷たいままです。そういえば、10年程前、学生で暇だった頃、毎日約10キロを走っていた時期がありました。その頃に冷え性がひどくなって現在までそのままのような気がします。トピ主さんが書かれてある通り心拍数も遅め、血圧も低めで省エネモードという言葉がぴったりです。冷え性というと「運動して筋肉をつけなきゃ」という結論にされがちですが、自分と同じ状況の方がいらっしゃることが分かって、救われた気がしました。ありがとうございます。

    ユーザーID:6431156013

  • ありがとうございます

    >tamaさん

     レスありがとうございます。
     10キロ走が契機で冷え性悪化とのこと、省エネ説にもご賛同いただきありがとうございます。ほんとに冷えますよね。
     冷え性になったことを除けば、風邪もひかないし夏場の耐暑性もアップしたような気もして、いいことばかりなんですけどねぇ。
     私も同じように感じてる方がいらっしゃって少し安心しました。

    ユーザーID:6557315855

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧