気が抜けてしまいました

レス4
お気に入り2

たま

男女

付き合ってもう少しで一年という時に彼と別れてしまいました。
はじめは、彼からの結婚を前提に、、という猛烈なアプローチに押され、半信半疑でしたがお友達としてお付き合いを始めました。念には念をと思い、一月はメールしかしないような関係で様子をみたりもしました。
それから何度か食事に行き、とても真面目で仕事に向き合う姿勢にも尊敬できる人だとわかり、わたし自身も結婚を意識するようになりました。
それからは、ほぼ毎週末会うような関係となり、一度も喧嘩もせず、束縛や文句をいう事もありませんでした。結婚についても、私からは催促や話題にしたこともありませんでした。
それなのに、一体何が別れに結びついたのか、まったく理由がわからず、自信を失うばかりです。
彼としては、共通の話題がなく話が合わないと思うことがあったといってましたが、世の中ぴったり話の合う相手なんているはずないと思います。
またお互い若くはないのだから、贅沢は言えないと私はいろいろ目をつぶっていたので、一方的な態度に尚更悔しいです。
同じようなご経験がある方いらっしゃいますか。

ユーザーID:7133270188

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • う〜ん

    いい歳の男女が付き合う場合に結婚を意識するのは当然。
    でも初期の結婚話は好きな相手を離したくない一心なのです。
    関係が安定してくると段々と結婚の話もしなくなる。
    でも女性は初期の結婚話に望みを託している。
    男性の本音は確かにその当時はそう思っていた、なのですね。

    結婚するのに大事なのは初期ではなくその後の関係。
    嫌われないようにするのと、好かれるのとは別もの。
    トピ主はここを勘違いしてしまったのかな?
    貴女の行動は彼にすれば本音がよく解らないとなったのかも。
    目をつぶっていたのは反応がないと解釈されることもあるのです。
    結婚話もせっつく必要もないけれど変に避ける必要もなかった。

    生身の人間は恋愛指南書通りにはいきません。
    目の前の彼に向き合って言葉を交わさないと恋愛にはならない。
    それをせずに的外れなことをしていて
    一方的な態度に悔しいと言っても貴女の考えも一方的だったと思うのです。

    お互い若くないから贅沢言うなも
    貴女の考えであって彼に押し付けるものではない。
    二人の共通認識になってこそ「お互い贅沢言えないよね」
    という関係になれるのですね。

    ユーザーID:5068832615

  • ありがとうございます

    ありがとうございます。結局、振り返ると私も彼の事を理解できていませんでした。
    子供をみると可愛いという女が大嫌いだとか、料理が得意とかいう女には騙されないとか、自分はそう簡単にわかるような人間ではないとか、、、真面目な彼なりのブラックジョークだと思っていたのですが、その頃から既に私を煙たがっていたのかもしれません。
    ただ、私は子供好きとか、料理が好きとか女らしい事なんて言わないタイプだったので、価値観は合っていると思ってました。
    他に探せば絶対にタイプで理想的な人は必ずどこかにいるけれど、巡りあえるかどうかはわからない、だから俺と付き合って下さいと言われた時にもっとおかしいな?と思えばよかったと反省です。
    彼が天邪鬼すぎて、何を話したら会話が成り立つかわからない時点で私の方からはっきりその状況に対して話し合いをすべきでした。思い返すと、かなり始めの頃から不協和音が響いていたのに、いつも我慢しないから恋愛が続かないのだと、頑張り過ぎてしまいました。
    もう、恋愛や結婚のない生活をしていこうと思います。

    ユーザーID:7133270188

  • その男、変わり者に見える

    主さんの年齢は知らんけど、

    >世の中ぴったり話の合う相手なんているはずないと思います。
    >またお互い若くはないのだから、贅沢は言えないと私はいろいろ目をつぶっていたので

    こういうことが言える方なら、

    >もう、恋愛や結婚のない生活をしていこうと思います。

    ここまで断定する必要はないような気がする。
    まあ、1年無駄にしちまったのは残念だったね。

    ユーザーID:4484259341

  • 変わり者でした、

    野次馬さん

    レスありがとうございました。おっしゃる通り変わり者でした。私の職場の上司も彼を知っていたのですが、「あいつだけはダメだ」とか「あいつの話は半分に聞いておいたほうがよいよ」とか言ってました。

    正直なところ、待ち合わせをして彼を見つけた時、「あぁ、」と落ち込むくらい顔が嫌いでした。気になるところを他にもあげると、足は臭いし、ジャケットはクリーニング屋さんのタグがついていたり、靴下に穴があいていたり、

    でもそんなことで嫌と思う自分が器が小さくて許せなかったし、彼を傷つけたくなかったので、彼の努力や才能に目を向け、彼を尊敬するように気持ちを持っていきました。

    それなのに、共通の話題がない、という理由で別れるなんて腑に落ちません。私だって言ってやりたい事がたくさんあったんです。

    でも、終わりをきちんとしてこそ1つの恋愛として完結するのだ、と言い聞かせ「いろいろとありがとう、」という言葉でで終わりにしました。

    今思えば、たくさんの人間を見てきた上司の意見を素直に聞いておくべきだったと思います。1年という時間と私の気持ちが無駄に終わりました。

    ユーザーID:7133270188

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧