香典返しについて

レス13
お気に入り6
トピ主のみ1

ミリカブー

話題

関西在住の50代主婦です。今から一年近く前に関東の親戚に不幸がありました。私と同居する私の母が大変お世話になった方であり、参列したいと強く望むものの高齢のため遠方への移動は厳しく、私と夫が参列しました。その際、私達夫婦、母、近所に住む私の兄の合計3件分のお香典を私が預かり、告別式の当日、受付に渡し受付の方の指示で3件分の記帳をしました。その後2カ月以上たった頃、母と「そういえば無事に四十九日は済んだのかな・・・」という話になりましたが先方からは何の連絡もありませんでした。母と亡くなった「親戚のおじさん」の奥さんが女学校時代の同級生で、その後もたびたび電話でやりとりがあり、奥さんからは「主人の葬儀のときには娘さん夫婦に来ていただき本当に嬉しかった。ありがとう、ありがとう」と何度もお礼を言われたようです。満中陰を迎えるとお香典をくれた方に、満中陰の報告を兼ねてお返しをするのが通常と思っていたのですが地域によっては違うこともあるのでしょうか?ちなみに3件分のお香典の合計は10万円以上で皆を代表して預かって行った私としては何とも釈然としないのです。決してお香典返しが欲しいとの気持ちではなく、ちゃんとお手元に届いたかどうかが気がかりでなりません。届いていればそれで良いのです。ちなみに。告別式の帰りに頂いたのは「会葬御礼」のお茶3件分と、お供物を解体した果物の缶詰6個(1件2個×3件分)でした。今更、母も聞けないとのことなので、地域によっては違いがあるのかご存知の方がいらっしゃれば教えていただけませんか。ちなみに葬儀は仏式で、告別式では当然のことながらトラブル等は一切ありません。

ユーザーID:9852402204

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 広島ですが

    香典返しをせずに、その分を地元の社会福祉協議会に寄付する地域があります。
    ですがその場合、そのことをお香典をいただいた方にお断りするために、葉書を出します。
    まったく何もしないという話は、聞いたことがないです。

    記帳したのなら、お香典はきちんと届いているでしょうし、お葬式に参ったことも感謝されているのですから、もう忘れてしまわれてはいかがでしょう。

    ユーザーID:8777564226

  • 関東生まれの関東育ちです

    香典をお渡しして記帳すると
    引換券をいただきます。
    帰る際に香典返し(会葬御礼状付き)と引き換えて終了です。


    関東と言っても地域などでかわってくるでしょうけど
    うちの方はそのやり方ですね。

    ユーザーID:3797829884

  • おそらく

    お茶と缶詰2個がお香典返しだと思います。
    最近はその場でお香典返しを渡すケースが多いです。

    金額に関係なく一律のお返しだったのでしょうね。
    3,000〜4,000円くらいでしょうか。

    ユーザーID:7174535186

  • ないです

    こちらは香典返しはないですね。お互い様、という地域です。

    ただ、四十九日が済んだら、忌明御礼のハガキを香典を頂いた方全員に送ります。
    だから、忌明けしたという事は分かります。

    中部圏でも派手にお返しをする地域もありますので、全国的な話を聞いても結論は出ないでしょうね。
     

    ユーザーID:2767523895

  • お茶が香典返しです。

    東北南部です。


    トピ主さんたちは、香典返しをすでにもらっています。
    こちらでは、香典返しはだいたい2000〜3000円の品物が一般的で、結婚式の引き出物と違い、包んだ金額に関わらず一律同じものです。緑茶が多いですね。会葬御礼のハガキと清めの塩も入っています。
    お供物を解体したものをつけられていたそうですが、身内の方は多く包んでますので、先方の気遣いでしょう。


    トピ主さんがおっしゃる満中陰…云々の一文は、私にはさっぱり分かりません。地域による風習の違いでしょうね。


    尚、四十九日法要は、告別式後、納骨の直前にまとめて済ますこともありますよ。親戚が遠方で、何回も足を運んでいただくのが難しい場合はこのようにします。

    ユーザーID:6831007304

  • お茶が香典返しです2

    追加レス失礼します。
    周りの人に聞いてみました。満中陰という言葉を知っている人はいませんでした。四十九日のことなんですね!

    東北南部では、四十九日に、香典返しをする習慣はなく、忌明けのハガキ?も送りません。関東も同じかも?
    関西ではいただいた金額に応じてカタログギフトなどを送ることを知り、かなりびっくりしました。お香典の封筒に住所を書く欄がある意味を初めて理解しました。

    母が、風習の違いでトラブルになったことが…やはり関西の方から「三万包んだのに香典返しがない」と言われたそうです。こちらでは金額に見合ったお返しをする習慣がないことを伝えたそうですが、いろいろ大変だったようです…。
    蛇足ですが、
    こちらの風習は簡素化しています。
    私は県職員ですが、職場関係の香典は2000円でお返しなし(会葬礼状のみ)、と取り決めがあり、お互い助かります。
    葬儀自体は盛大なので、当日のおもてなしでお返しするような感覚でしょうか。先月、祖父の葬儀を執り行いましたが、大体お一人につき一万くらい使う計算でした。(葬儀300万、参列者300人。通夜振る舞い、告別式後も料理あり)

    ユーザーID:6831007304

  • 香典返しは厄介

    私は関東、夫が関西出身です。
    私の父の葬儀の際、関東方式(会葬御礼+お茶の詰め合わせ)で香典返しをしましたが、夫の実家・親戚関係だけは満中陰志を送りました。
    あと個別に高額をいただいた人、御世話になった人にも49日にお礼を送りました

    けっこう、気を使ったつもりでも、数人から香典返しの内容と時期についてクレームを受けました。(勤め先の人の中にも関西出身の人がいた)
    うちは香典で葬儀費用を出そうなんて思ってもいなかったし、きちんとお返しはするつもりだったので、クレームが来た時は本当にがっくりきました。
    (香典を預かった人からも来ましたよ)

    トピ主さんも気にはなるでしょうが、もともとお世話になった方なのですから、もう忘れた方が良いです。

    ユーザーID:0978937909

  • お茶が香典返しという方も見えますが…

    満中陰は四十九日、四十九日で忌あけとする方が多いようですが、一度、五十何日め、七の倍数だから五十六日でしたかね?その日数で、香典返しが届いたことがあります。七十七日、百か日、だったことも一度ありました。

    宗派にもよるのではないのでしょうか?
    お仏壇やお墓の手配がつかず、納骨がまだであれば時間がかかるかもしれませんね。

    ユーザーID:7169657245

  • びっくりしました

    満中陰志をご存じない方がいらっしゃるなんて。
    こちら(中国地方)ではしないなら非常識にあたります。

    会葬御礼に茶を使われる方はいます。
    が、ほんの少ない量のお茶がアルミ包に入っているもの。お茶ではない方は「不祝儀用の袋と筆ペンセット」「ハンカチ1枚」などほんの数百円のものです。

    3000円の方も、1万円の方も、10万円の方も一緒ですか!

    最近義母の満中陰志を送りましたが
    5000円の方には3000円程度
    1万の方には4500円程度
    10万の方には3万円程度

    親戚は東京、大阪、九州と散っていますが、それぞれの葬儀の時には同程度のお返しがありましたので、ご無礼はしていないつもりです。

    自分のところの分だけだったらいいのですが、預りがあったとか、その方たちに誤解をされていないといいですね。
    例えば代表者のミリカブーさん宅にまとめて来ているのにこちらに渡さずにネコババしているのじゃないかとか。
    それが一番心配です。
    返しがない地域があるなんて今まで知りませんでした。
    皆が皆知っているわけではないから 灰色の目で見られてないといいですね。

    ユーザーID:1317131821

  • 四十九日

    満中陰志は四十九日の法要に来ていただいた方に形見分けとして渡すものかと思っていました。
    香典返しは会葬御礼だとおもいます。カードだけを渡すところや、カードとタオル、水引、ボールペンなど地域によって用意するものは違うようです。
    私の町はタオルなどのセットですが、隣町はカードだけでした。誰も文句は言っていませんのでそれが普通のようです。

    ユーザーID:4539784716

  • 我が家の場合ですが

    1月の初めに母を亡くしました。同居していた弟が喪主になり、海外在住の私は帰国して通夜葬儀に出席しました。
    東京の葛飾ですが、我が家の例でよろしかったら。

    通夜と葬儀は地元の葬儀社で(仏式)執り行いました。葬儀社の担当者が1人ついてくださって、色々と指示してくださいました。
     
    通夜及び葬儀にいらしてくださった方には、葬儀社で用意してくださった「会葬御礼とお茶」を全員にお渡ししました。
    葬儀社ではそれぞれは同じ品ですが、「通夜返し、香典返し」と呼んでいました。香典返しの習慣には詳しくないので、
    担当の方に伺ったところ「忌明け」までにする様に言われました。通常は「四十九日」ですが、我が家は納骨が「三十五日」
    なのでその日までには必ず香典返しを済ます様に教えていただきました。

    私と弟は近所の方には自分たちで、金額や関係のいかんに関わらず、遠方の方には業者より郵送いたしました。
    はい、全員に香典返しをいたしました。中にはお香典返しは送らないでという方もいらっしゃったのですが、
    弟は全員にお返ししました。それは慣習というより、お心にかけて下さった方へのお礼の気持ちだからです。

    ユーザーID:7426636050

  • トピ主です

    レスを下さった皆様、ありがとうございました。
    地域によって大きく違うものなのですね。納得いたしました。葬儀に参列したことを喜んでいただいたので、故人のご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

    ユーザーID:9852402204

  • 私の考え方

    私の父が先月亡くなりました。

    父の遺志により香典は辞退しました。

    そのせいか参列して下さった方が多いのに愕きました。

    それだけで嬉しく思いました。

    香典に対する私の考え方

     ・香典返しは期待すべきでない。

     ・本来、香典は大金をするものではないです。

     ・香典返ししないのであれば香典辞退すべきです。

     ・香典返しするのであれば、その時に引換券を渡す。

    ユーザーID:3449348325

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧