気持ちを切り替えるには何が必要ですか

レス11
(トピ主5
お気に入り11

恋愛・結婚・離婚

hiyoribi

40代。離婚して3年になります。離婚の原因は私の父の借金でした。
10年以上前のことですが、父の借金がわかり、それを主人や弟が肩代わりしました。
両親が住んでいた家のローンの負担を軽くするために主人が一緒に住もうと言ってくれ、新しい家を建てました。
一緒に住み始めて3ヵ月後、まだ沢山の借金が残っていたことがわかり父は蒸発。
それからは本当に地獄でした。主人が手を尽くし、残された家族には支払い義務がない事を相手に確認させました。
ただ、それでも家に押しかけて来たり、脅しの電話が一日中鳴るような日々でした。手紙は今でも来ます。
母も離婚を選び、大変ながらも何とか助け合って生きてきました。主人が私たちを守ってくれました。
父が蒸発して6年後、ガンのため入院したと病院から電話がありました。母は私たちに内緒で父を見舞い看病を続けていました。
母は「見捨てることができない」と言い、結局父が亡くなるまで看病を続け、お葬式を出しお墓を弟と一緒に建てました。
私は父の病気のことは主人に話しましたが、母や弟が父の看病をしていることはどうしても話せませんでした。父が亡くなったという知らせが来たとき、主人は「自分は行かないけれど、お前と子供は後悔するだろうし、行かせてもらえなかったと後から言われたくないから葬式に行け」と言ってくれ、私たちは父を見送ることができました。
でも、その頃から主人の気持ちがどんどん離れていったのです。色々ありましたが、主人も家を出てしまい、話し合いの末離婚。
今は子供と私は暮らしています。最近になってどうしてもあの頃のつらさが蘇ってきて苦しくなるのです。一緒に住まなければ良かったとか。なぜ離婚に同意してしまったのだろう、と過去ばかり振り返ってしまいます。
どうすれば気持ちを切り替えて前向きに生きて行けるのでしょうか。

ユーザーID:9611916715

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 前を向くしかない

    過ぎ去った事でも、ふと思い出して悲しくなってしまうのは仕方ありませんよ。三歩進んで二歩下がるでも、それでも一歩一歩少しずつでも進んでいっているはずです。

    私も最近離婚しました。色んな事情で旦那からの一方的な離婚でした。
    泣き崩れ、ずっと泣いてばかりの日々でしたが、少しずつ前を向いていけるように、とにかく笑って頑張っていますよ。
    私も切り替えは上手くできる方ではないので、私も参考にさせて頂きたいです。

    辛いけど、ゆっくり前を向いていきましょう。
    私も同じなのでトピ主さんの気持ち痛いほどわかります。
    一緒に前だけを見てゆっくり歩いてみましょ。

    ユーザーID:3503380718

  • 主様、お母様、そして旦那様。

    みな様それぞれのお気持ち、心の内が理解できます。

    命がけで主様のご家族を守ってくださった
    旦那様は、一番ご苦労されたかもしれません。
    言葉では言え無い程、大変だったと思います。

    ですが
    お母様がおっしゃった「見捨てることができない」
    というお気持ちは痛いほどわかります。

    また、主様が旦那様に秘密にしていた看病の事や
    お葬式でお父様を見送られたお気持ちも
    じゅうぶんに理解できます。おつらかったですね。

    主様、お母様と弟様、旦那様、それぞれに
    辛くてどうしようもなかった上のお気持ちだった
    事がわかります‥

    もしかしたら神様であっても
    主さんとお母様それぞれの立場に立たされていたら
    同じ行動をとられてたかもしれません。
    普段、神様がどうとか言うタイプではないのですが
    ふとそんな風に感じました。

    いつかきっと旦那様のお気持ちが
    優しく溶けてくださるように願うばかりです。

    ユーザーID:8742760314

  • きっと

    離婚原因がなんだったかわかりませんが

    お父様のお葬式に出なかったら
    その事で後悔していたかも分かりません。

    お父様を見捨てていたらそれで
    喧嘩になっていたかも分かりません。

    人生とは「れば・かも」と言うもの。
    でもこれで仕方なかったんですよ。

    前を向きましょう

    ユーザーID:5063044663

  • ありがとうございます

    りんご様 レスありがとうございます。とても励みになりました。りんご様もお辛い経験をされたんですね。
    私はいつまでも涙を流している自分が情けなくて、こんなはずではなかったという思いに押しつぶされそうになる時があります。明るく前向きにと言い聞かせてもふと昔の事を思い出しては後悔ばかりです。りんご様がおっしゃってくださった「一緒に前だけを見てゆっくり歩いて行きましょう」と言う言葉がとてもうれしくて、ゆっくりでいいんだと改めて気づきました。本当に心からありがとうございます。

    いざ心の中へ様 レスありがとうございます。とても優しい言葉をいただき、涙が流れました。
    私は今でも前の主人への気持ちを断ち切ることが出来ないでいます。でも、彼に「怒りは一生消えないだろう。お前の母親も弟も俺を裏切った。父親のことはもう助けないという約束をしたから、自分は今まで家族を守ってきた。嘘は人を不幸にする」と言われた言葉が重く圧し掛かっています。彼の心からいつか怒りが消えることを祈るばかりです。

    レスはつかないかもしれないと思いながら書きましたので、本当にうれしかったです。
              

    ユーザーID:9611916715

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • まだ理解出来ていない。

    私は元夫さんのお気持ちが痛いほど分かるので他の方とは違った意見辛口ですいません。

    一生懸命家族の為と思い必死にやってきた元御主人に対し都合の悪い状況を隠した。
    お父さんをほっとけないなら正直に元御主人に頭を下げて話し合うべきだったんです。
    家族で協力していたはずがそういう時だけは元御主人は部外者扱いではあまりに残酷です。

    私も元夫が巨額の借金を作って義理両親は私に隠れてじゃんじゃん肩代わりしてやってたらしく、私が別件がきっかけで気がつき蓋を開けたら親子して隠し事だらけです。
    借金の事実よりも嘘をつき隠されていた事で受ける心の傷は一生消えません。
    隠した方はわが身可愛さで仕方がなかったと考えるようですが、された方はたまらないですよ。

    主さんはその現実をしっかりと受け入れてこれからの人生の中で同じ過ちを繰り返さないで下さい。
    どんな苦難な状況でも正々堂々と正直に生きていく事が元御主人への償いでもあるし、お子さんにも教えてあげられるとても大切な事だと思います。
    どうか前を向いてがんばって下さい。

    ユーザーID:6813369666

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 感謝の気持ち

    大変でしたね

    しかし一番大変だったのは…

    率先して義父の借金問題に取り組み、身も心も削り尽くしたご主人。
    この問題で一番尽くされたのはご主人だったのでは?
    なのにこの裏切り…ご主人の心は空虚感でいっぱいでしたでしょうに。

    血のつながった家族が尽くすのは当然でしょうがね。
    子供の事を考えたんでしょう。結婚したとはいえ血の繋がりの無い他人がここまで尽くすなんてなかなかできる事ではありません。

    ご主人に感謝してほしい。
    今こうして子供達とあなたが生きてこれているのはご主人のおかげだと思います。
    それを子供達にも伝えてほしいです。

    ご主人が自分の身を挺して守ってくれた命を大切にこれから生きいく。この気持ちが新しい明日に繋がるのではないでしょうか。

    ユーザーID:1138833714

  • ご主人はお疲れになったのでしょう

    ご主人は、貴女の状況も理解し、お葬式に行くことも勧めてくれた。
    きっと理解あるいいご主人だったのでしょう。
    ですが、翻弄され疲れてきってしまった、のではないでしょうか。
    貴女がご実家のことで悩まれているとき、ご主人も自分の悩み事があったかもしれませんが、それを相談してあなたを余計苦しめることをためらったのかも。いや、察してほしかったのかも…。
    いろいろ想像してもきりがありません。すばらしい方だったのでしょう。

    ご主人と一緒に人生を歩むことができた年月に感謝しませんか?
    そして、今はどこにいるかもわからない?ご主人に感謝し、健康を祈りませんか?
    ご主人の幸せを祈って、ご自分の日常の中の些細な慶びを見つけながら生きていきませんか?
    ご主人は戻らないでしょうが、貴女の心の中に平和な気持ちが戻ってくれば、と願っています。
    ちなみに私の家族にも、トピ主さんのお父さんのような者がおり、家族全員苦しんでいます。でも、どうしようもないんですね、法律が許す以上のことは。法律も、家族ということで、特別扱い(刑事事件にならない)です。怒っても無駄とわかりました。彼を抱えて生きていくのが宿命のようです。

    ユーザーID:0852114555

  • ありがとうございます

    シェットブッラル様 レス本当にありがとうございます。どちらに進んでいても後悔と言うのは後から後から押し寄せてくるものなのかもしれません。仕方なかったとおっしゃってくださったシェットブッラル様の言葉に救われた思いがします。

    たまご様 レスありがとうございます。たまご様も元主人と同じ思いをされたんですね。私は彼を一番に考えていたつもりでしたが、いくら私がそう思っていても彼に伝わっていなければ何も意味がないということを失ってみて気づきました。たまご様の「どんな苦難な状況でも正々堂々と正直に生きていく事が元御主人への償いでもあるし、お子さんにも教えてあげられるとても大切な事だと思います。」
    心にしっかり留めておきたいと思います。

    亡父が病気で最後はホスピスに移るしかないというときに、はじめて弟から状況を聞きました。
    母が病院に通っていたこともその時に始めて知りました。主人に謝り、母との別居も視野に入れて話し合いましたが、主人は「老いた義母を追い出しても何も解決しない。このまま様子を見よう」と言ってくれました。でも、彼の心はズタズタだっただろうと今は思います。

    続きます

    ユーザーID:9611916715

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 続きです

    私は父のお見舞いは存命中行っていません。父を許せない気持ちは私にもありましたから。
    父は私の子供である孫にとても会いたがっているから、何とか会わせてもらえないかと父の兄弟や母の兄弟に
    何度も言われましたが、それだけは出来ないと突っぱねました。
    今でもそのことに後悔はありません。元主人も同じ気持ちでした。ただ、亡くなった連絡が来たときに主人から
    「行くように」と言われ、お葬式でお坊さんが「生きていた時の罪はこれで消えるんです」と言われ、
    少しだけ父を憎む気持ちがゆるくなった気はしました。
    でも、未だにお墓参りはしたくない気持ちのほうが強いです。1周忌も3回忌も7回忌も行ってません。私の勝手な思いですが、せめて家族のために尽くしてくれた主人に感謝の気持ちと裏切っていないという気持ちを見せたかったのかもしれません。主人も一度だけ「行かなくていいのか」と言われたので、「行きたくない」と伝えたら、「そうか。ありがとう」と言ってくれました。
    気持ちが伝わったと思ったのは間違いだったのかと今は思っています。

    ユーザーID:9611916715

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • ありがとうございます

    ぷよ子様 レスありがとうございます。おっしゃるとおり「家族」に一人でも父のような人がいると本当に苦しみはずっと続く
    気がします。ある弁護士の方に「どうしても助けてしまうのが家族の「情」だが、その「情」が後々まで残された人を苦しめる。弁護士はその「情」を捨てきることが出来ない人を助けたくても、なかなか難しい」と言われたことがあります。私は父に対して「情」を自分では感じたことはありませんが、母はその「情」を捨て切れなかったんだと思います。ぷよ子さんのおっしゃってくださった「ご主人が自分の身を挺して守ってくれた命を大切にこれから生きいく。この気持ちが新しい明日に繋がるのではないでしょうか」この言葉を何度も何度も読みました。彼は私に子供を残してくれました。自分もこの子供と離れることは身を引き裂かれるような思いだったと思います。
    彼が守ってくれた私や子供が彼の思いを無にしないよう、これからを生きていくことが明日に繋がると信じていきます。

    ユーザーID:9611916715

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • ありがとうございます

    薩摩様 レスありがとうございます。元主人は本当に優しくて笑顔を絶やさないような人でした。この笑顔が大好きだったのに
    いつからか彼は笑わなくなっていました。本当に苦しかったんだと思います。だから、彼が何も言わず突然出て行った時も彼を責める気持ちにはなれませんでした。ただただ申し訳なく、「ごめんなさい」という気持ちだけを伝えました。「一緒に家を出よう」と言ってくれたら、迷わずついて行ったのにと思い、それも伝えましたが「実の親を捨てさせるような真似をお前にさせたくなかった」と言われてしまい、離婚を承諾するしかありませんでした。薩摩様がおっしゃった「ご主人と一緒に人生を歩むことができた年月に感謝しませんか」という言葉に涙が出ました。本当にそのとおりです。何より私の元に子供を残してくれたことに感謝しています。子供がいたから、今日まで生きてこられました。私の役目はこの子供に父親の素晴らしさと自分の命を大切に生きていくことの大切さを伝えることだと思っています。

    ユーザーID:9611916715

  • トピ主のコメント(5件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧