玉止めについて教えてください。

レス9
(トピ主1
お気に入り25

趣味・教育・教養

裁縫に挑み中

玉止めで知りたいことが二つあります。
玉止めをするのに、糸の長さをどうしたらいいか教えてください。
糸が短すぎたり長すぎたり、ちょうど良い長さで玉止め出来たことがありません。
糸が長すぎると糸が無駄になりもったいないし、糸が短いと玉止めがやりづらいし、いつも困ります。
小町の方々は、糸がどれぐらいの長さになったら玉止めしていますか。
それから、短い糸のときは、縫い針では玉止め出来なくて団子に結んでしまいます。
でも、あるサイトに針を使う方法が書いてありました。
私には高度すぎてやれません。
団子に結ぶ方法はどうなのでしょうか。
今のところ、洗濯してもほつれてはいないですが、きちんとしたやり方にかえるべきですか。

ユーザーID:8942973622

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 団子に結ぶって?

    ごめんなさい、団子に結ぶがどんなものかわかりません。

    針の先のほうまで糸を持っていくほど長さがない時には、一度糸を外して、普通の玉止めと同じように針に糸を巻きつけてから、針に糸を通しなおせば、短くても玉止めが出来ます。
    あるいは、糸を外して、最後の針目の上に針を立てて、輪にした糸をスライドさせて結び目を作るのを2回繰り返すか。

    私は、絡まらない程度の長めの糸で縫う方が好きです。
    玉止めができるうちに、新しい糸に付け替えます。
    玉止めで苦労する時間より、先を縫う時間のほうが楽しいから。

    ユーザーID:1220533614

  • 意味がわかりません

    玉止めの糸の長さ??? おっしゃる意味がよくわかりません。

    糸が短かったら玉止めできないのは当たり前。
    玉止めできる長さを確保した時点で止めたら良いだけでしょ?
    長すぎる場合、残った糸は針に通したまま針山に刺しておいて、また使えば良いだけの話では?

    そもそも縫う部分と玉止めに必要な長さを
    だいたい計った長さの糸を使えばよいのです。
    縫う部分が長すぎる場合は、玉止めの糸を確保した時点で玉止めして、
    また新しい糸で続きを縫えばよいのです。

    ユーザーID:3710852100

  • 玉止めって、針の先端に糸巻き付けて引っ張る止め方ですよね

    無意識で縫物する時にやってますが
    針に巻き付けて引っ張らないといけないので
    糸が針の長さの1.5倍くらいになった時に玉止してます
    あと、無意味かもしれませんが、進行方向とは逆に一目差し戻してから糸を切ってます

    ユーザーID:8784114585

  • とぴ主です。

    皆さんありがとうございました。
    参考になりました。

    ユーザーID:8942973622

  • おばちゃんはね

    私の場合は 縫いすぎて玉止めができない長さなら
    針孔のところで片方の糸だけ切って 針を抜き
    残った糸で固結びします
    続いて縫う場合は
    やはり針孔のところで糸を片側だけきり針を抜き
    新しく針に糸を通し2重にしたいとの端を
    くるりと取り囲むように回し丸の中に布に残っている方の糸先を入れ
    針の方の糸を引っ張ると糸同士が結べます
    これだと 糸の無駄も出ずにとってもスムーズに縫うことができます
    説明だと難しいですが 実際は簡単ですから
    何度かやってみて下さいね

    ユーザーID:7362930481

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 糸が短か過ぎたとき

    フランス刺繍針のNo.3位の太い針(針穴も大きい)を用意しておきます。
    一度針から糸を抜き、太い針の針穴の近くに糸を2〜3回巻きます。
    糸を針穴に通します。
    巻いたところを押さえて、針を抜きます。これで玉止めができます。

    若い方なら眼が良いのでそれほど太い針でなくても良いでしょう。
    私はもう高齢なので、この方法は困ったときに楽です。

    ユーザーID:1086335738

  • 母に教わった言葉

    小学校で家庭科を習いはじめた昔、母に「ヘタの長糸」という言葉を教わりました。
    何をどんな糸で縫うかにもよりますが、糸は長すぎるとマツリ縫いのときなどは時間が掛かり、針の穴に糸が何度もこすれて切れやすくなります。
    糸によっては絡まることもあります。
    トピ主さんは、何事にも「ひとつの決まり」を求める方のようですが、臨機応変に考えることも大切です。
    皆さん長い間実際に縫いながら学びながら経験を積み、時には失敗しながら自分でより良い方法を見つけているのです。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:1086335738

  • 糸の長さ

    玉留めは、布から糸が出ている所に針のまん中辺りをあて、布から出ている付近の糸を2〜3回巻きつけて指で抑え、巻きつけた糸から針を抜いて締めるのです。そうすると布から浮かずに玉留めができます。短い糸でする玉留めはこの方法ですか?

    この方法でする玉留めは、糸の長さが針の3倍以上ないと難しくなります。もし長さが足りない場合は、いったん針から糸をぬき、上記の方法で針に糸を巻き付けた後、再度針穴に糸を通して巻き付けた糸から針を抜いて締めます。

    言葉だけで説明するのは難しいですが、お分かりいただけましたか?

    ユーザーID:1320303733

  • 3回目です

    トピ主さん、偉そうに説教してごめんなさい。
    一回目のレスで私が言いたかった方法は、ピヨピヨママさんが解りやすく書いていらっしゃるのと同じやり方です。
    私の書き方は解りにくかったですね。(反省)

    私はもう「糸通し器」を使わないと縫い針に糸を通せないほどの老眼なのです。
    それで糸が短かすぎて玉止めができないときは、針穴が大きくて楽に糸が通せる太目の刺繍針を使って玉止めします。
    若い方なら、針を変える必要はありません。
    混乱させるような書き方をして、すみませんでした。
    ピヨピヨママさん、解りやすいご説明をありがとうございました。

    ユーザーID:1086335738

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧