• ホーム
  • 話題
  • ペットを亡くして次の動物を飼うことについて(長文)

ペットを亡くして次の動物を飼うことについて(長文)

レス32
(トピ主3
お気に入り37

生活・身近な話題

YH

昨年、愛猫を亡くしました。一人暮らしの私にとって家族であり心の支えでした。今でも何より大切で愛しい宝物です。
またいつかは猫と暮らしたいけど、あの子の生まれ変わりと思える猫と出会えるまで待つつもりでした。

それなのに、4日前に野良猫を拾ってしまったのです。あの子が亡くなって3ヶ月も経たないのに…
口内炎でよだれを流しガリガリに痩せた老猫です。あまりのボロボロっぷりと寒空の下で一生懸命スリスリしてくれた健気さに、つい連れ帰ってしまいました。

正直言って、後悔してます。
あの子と暮らした部屋に別の猫が来たことで、あの子が過去の存在になってしまった気がして辛いです。亡くなってからも部屋の中に気配を感じることがあったのに、野良ちゃんが来てからその気配が消えてしまいました。大切なあの子がさらに遠くに行ってしまったようで、考えると涙が止まりません。姿は見えなくてもあの子の魂がそばにいてくれると思って自分を励ましていたのに心が折れそうです。

ストーブの前でゴロゴロいいながら寝ている野良ちゃんを見ていると、もう寒い路上に戻す気にはなれません。これから大切にお世話しようと思っています。
でも、あの子みたいに愛せる自信はないです。部屋にはまだあの子のベットや玩具がありますが、野良ちゃんには使わせたくないです。意地悪な気持ちではなく、あの子の愛用品はそのままあの子だけのものとして部屋に置いておきたくて。
こんな調子で野良ちゃんを家族として受け入れられるのか、あの子への愛情や罪悪感とどう折り合いをつけたらいいのかわかりません。

皆さんは、大切なペットが亡くなった後、次の動物を飼いますか(飼いましたか)?
次の子を迎えるまでの経過や、亡くなった子への想いとの兼ね合いなど、体験談をお聞かせいただけると嬉しいです。また、新しい動物は飼わない派の方のお話も聞いてみたいです。
よろしくお願いします

ユーザーID:5054420159

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は…

    我が家には六匹の犬猫がいます。不思議と、一匹亡くなると、数ヵ月たって、
    野良が現れるんです。

    子犬や子猫、老猫など…

    亡くなった子が、この子達をお願いしてるのかな?と思って大切に育てています。
    ただ全部は飼えないので、里親にもだしています。

    とぴ主さんは、その野良猫ちゃんと縁があったんです
    亡くなった子とは違う個性を持った子なんですから、その子自身を可愛がってあげればいいんですよ。

    野良猫を助けた飼い主さんに、「ありがとうと」天国の猫が言っていますよ。

    ユーザーID:0444475694

  • うちはわんこですが。

    三年前に十五歳のシーズーを亡くし、去年の九月にやっと今のシーズーを飼いました。
    私は亡くなった後も、一緒に散歩した公園に行ってしまっていました。一人で、いつもの場所を回りました。
    一年以上、他の犬を触る事もできなかったのですが、ある日、前足にギブスをしたポメラニアンを、放して散歩させている五十代の男性がいらっしゃいました。
    そのポメラニアンは六ヶ月ほどの仔犬で、警戒心もなく、突然走ってきて、しゃがんで見ていた、私のひざに乗ったのです。
    本当に可愛らしく、小さく軽く、亡くなってその時がはじめてだったのです。
    それまでは触っただけでも、亡くなった犬を裏切るような気持でいたのです。
    その時私は、思わず、涙がこぼれてしまったのです。するとその男性が「ごめんなさい、すみませんでした」とあわてました。
    私は愛犬を亡くし立ち直れず、亡くなって初めて触りましたと答えました。
    するとその男性は「すぐ次を飼いなさい」とおっしゃったんです。
    その男性的で、強い言い方は本当に優しく、私を叱咤するものでした。
    今でも思い出しますね、時々。
    時間はかかりますね、立ち直るまで。

    ユーザーID:2535108513

  • 悲しみに浸りすぎです

    厳しい言葉になります。
    私個人の考えですが、YHさんは悲しみのあまり感情に浸りすぎです。
    浸るのは良いですが、その状態で他の猫に手を出したのは軽率です。
    そもそも、死んだ猫の生まれ変わりを求めている間は他の猫を飼う資格はないと思います。
    新しい猫にはその猫の一生があります。あなたのいなくなった猫を埋める為に飼うのは、新しい猫に対する侮辱です。
    それはあなたのエゴです。
    死んだ猫はあなたに愛され召されて幸せだったんだから、罪悪感なんて感じる必要はありません。
    今の気持ちに答えをくれるのは死んだ猫でも新しい猫でもなくあなた自身です。悲しみに酔わず目を覚まして下さい。

    私自身は折り合いがつきませんので、飼いませんよ。
    新しい猫が早く家族として認めてもらえるよう、YHさんが早く気持ちを切り替え立ち直れるように願ってます。


    横ですが、『7SEEDS』って漫画読んでみて欲しいですね。今のあなたにぴったりです。

    ユーザーID:7652350200

  • 出会いを大切にされては如何でしょう

    うちも一年ほど前に可愛がっていた犬を癌でなくしたので、トピ主さんのお気持ちや他のペットを
    飼い始める罪悪感はよく分かりますよ。多分、前の猫ちゃんの存在がまだトピ主さんの心の大部分を
    占めていて、且つ、迷い猫ちゃんを前の猫ちゃんの代わりと感じるから、罪悪感を感じられるのかと
    思います。

    うちは特にそういった出会いもなく、1年以上待ちましたが、トピ主さんと迷い猫ちゃんは何かの縁が
    あったのはないでしょうか。初めは難しいと思いますが、今の猫ちゃんを、前の猫ちゃんの代わりでは
    なく別猫として可愛がってあげてほしいです。もしかしたら、飼い主さんがあまりにも悲しそうにして
    るので、前の猫ちゃんが迷い猫ちゃんを送ってくれたのかも!?

    おもちゃなどは前の猫ちゃんの思い出が詰まっているかと思いますので、今の猫ちゃんには別のおもちゃを
    買ってあげればよいのではないのでしょうか。ペットとの生活ってよいものですよね。

    ユーザーID:5768845744

  • 色んな愛のかたちがある

    私も以前愛猫を病気で亡くしました。それから3ヶ月ほどして里親サイトで2匹もらい受けました。でも最初はかなり辛かったです。どうしても可愛く思えない、罪悪感等で悩みまくりました。けれどそのうち死んだ猫には○○が出来なかったからこの子達にはしてやろうとか、これは気を付けてやらなきゃ等思うようになりました。
    亡き猫に出来なかった事を新しい猫を通してする事は亡き猫を今も愛する事にかわりないんだなって思いました。
    トピ主さんも、亡くなった愛猫ちゃんがいたから今出来ている部分ってあると思います。

    ユーザーID:0440423936

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 拝読して泣いてしまいました

    トピ主さんはとてもとても優しい方です。
    今回の事は、遠い空の向こうから愛猫さんが引き合わせてくれたのかも知れませんよ?愛猫さんの物は使わなくたって良いと思います。決して薄情なんかじゃありません。
    老猫ではそれなりの覚悟も必要で色々と変ですが、どうかその優しい気持ちを大切にしてほしいです。。。
    私の場合は自分にべったりの愛鳥を亡くしたあと一年間泣き暮らし。たまたま知り合いが同じ種類の人慣れしていない鳥を譲って下さいました。それから三年経ちますが未だに新入りはなついてもくれませんが…。…。

    ユーザーID:8105137707

  • 1週間以内で飼いました

    私が心より愛していた猫、サミーが旅立ってから
    6日目には新しい猫を飼いました(団体より引き取り)。もう悲しくて、
    悲しくて何も手につかない状態で、これを脱するには次の猫を飼うしか
    ないと思いました。

    サミーの声も聞こえたんです。『ボクが死んでも、また猫を飼ってね』と。

    愛猫ちゃんも、トピ主さんが次の猫を迎えて喜んでいると思います。
    可愛がってあげてください。

    ユーザーID:8050615876

  • 新しい猫を迎えて

    私はこれでよかったと思っています。
    ペットが亡くなった時はただひたすら「悲しい・寂しい・辛い」それだけ
    楽しい事やおかしいことを感じることができない状態

    時が経ち、24時間悲しい状態から脱しつつある頃
    テレビを見てあははと笑った瞬間モーレツな罪悪感に襲われました。
    「あの子が死んで悲しいはずなのになんで私は笑ってるんだ?」と…
    猫の死を忘れつつある自分を責めるようになりました。

    そんな時、お先真っ暗な猫が私の前に現れました。
    死んだあの子の代わり?この子が悲しみを癒してくれる?
    そんなことはどーでもよかった、ただその猫が不憫だっただけ。
    迷わず家に招きいれました。
    初代ように愛するつもりはなかった…けれど
    猫のもつ特有の愛らしい姿や行動に徐々にはまっている自分
    今じゃすっかりべたぼれ

    私は思う。
    初代の猫もそうだった、そして2代目のコイツもそう。
    「猫は人の人生にちゃっかり入り込んで幸せを手に入れる才能をもった動物」
    これにつかまったら人間はなす術なく猫にひざまづく哀れな生き物。
    だからトピ主さんが感じるままでいいと思います。

    ユーザーID:8830876120

  • まずはお礼申し上げます

    トピ主さんへ

    病気の野良猫さんを助けてくださってありがとうございます。
    トピ主さんは猫好きの鑑です。

    さて、
    >あの子と暮らした部屋に別の猫が来たことで、あの子が過去の存在になってしまった気がして辛いです。

    との事ですが、私は過去にはならないと思います。
    多分ですが、きっとその野良ちゃんを見るたびに「あ、あのしぐさ、愛猫ちゃんもやってた」とか「愛猫ちゃんが好きだったご飯、野良ちゃんも好きなのね」と野良ちゃんを通していつまでも愛猫ちゃんが生き続けると思います。
    (違うところを見つける度にもそう感じるんじゃないかと思います)

    優しいトピ主さんの事を愛猫ちゃんは良くわかってたんですね。
    そう思える出会いな気がしますよ。

    ユーザーID:0618996423

  • 私も飼いました

    亡くなって、4年ほど経って。猫を新たに飼い始めました。
    まだ、部屋にお骨があります。

    違う動物なのに、同じような毛並み。やっぱり動物が好きなんですよね、、。

    「長い長いさんぽ 須藤真澄」
    をお勧めします。

    子の気持ちは、大事な物を亡くした人にしか解らない気持ちです。私も読みながら泣きました。

    今は引っ越しが決まって、猫を飼っているのが「賃貸を探す」のにネックになりとても困っています、、。が、やっぱりいてくれて良かったです。

    先日、捨て猫の飼い主募集の団体を見ました。飼ってくれる人がいなくて、オリに入ったままの無表情の猫ちゃん達、、。

    余裕があって、飼う環境があれば、飼います!
    私が年を取ったら、先に死ぬ事を考え、新たに飼えないけれど、若いうちは一匹でも幸せに暮らさせてあげたいと思います。

    ユーザーID:6163019751

  • 縁があったから

    主さんが、その野良猫を見つけたのは、
    それは、縁があったからだと思います。
    昔し、私の実家で、愛犬のポメラニアンが亡くなって、
    まだ1週間も経ってない時に、
    よりによって、うちの庭で、子犬見つけて、
    最初、父が、庭から、家の中に入って来て、
    「茶色の子犬がいる」って言って、
    母と私が見に行った時には、そこにいたのは白い子犬、
    「白やん、お父さん」って言ってたら、物置の下に潜り込んだので、
    覗いたら、1匹、2匹、なんと茶色と白の2匹の子犬が出て来たという。これは、亡くなった愛犬が、連れて来たのでは?
    と思って、飼いました。
    その後、今、実家には、3代目のポメラニアンがいますが、
    結婚してから、私自身も、
    ピーク時、3匹のポメラニアンを同時期に飼ってますが、
    今は、1匹になってしまいました。
    空白がほとんどなかったので、犬がいて、当たり前という、
    いないのが違和感ありました。

    ムツゴロウさんが、「新しいペットを飼うと、前のペットと繋がっているっていう事が分かる。」
    「その姿や仕草に、亡くなったペットの面影を感じ、
    思い出を忘れずにいられる」と言われてました。

    ユーザーID:4268448490

  • 愛猫とのお別れ、つらいですよね。

    特に8年ほど前に突然亡くしてしまった子のことは、今も思い出してしまうとどこででも涙があふれてしまいます。
    夕方まで元気だったのに、その晩わたしの腕の中で苦しんで死んでしまいました…。
    ぼろぼろになったわたしに夫が言いました。

    「どんな猫も、あの子だ。だから猫と暮らさなきゃだめだ」

    ご縁があって、保護されていた母子をお迎えしました。いい子たちでした。

    その母子も見送って、今は8年前に亡くした子の血縁の子たちと暮らしています。
    この子たちが安心しきって寝ている姿を見るのが、しあわせです。

    でも、あの子ともっと一緒にいたかったです。3歳にもなってなかったんです。

    トピ主さま。
    どうぞ、お別れしてしまった猫さんのために、たくさん泣いてあげてください。そして野良ちゃんとも暮らしてあげてください。
    愛猫さんもきっと喜んでくれると思います。

    ユーザーID:9250037435

  • 自分もいつかは…

    亡くなった2週間後に、今いる子と出会いました。
    相当悩みましたが、必死で鳴きながら付いて来た姿を忘れる事が
    出来ず、結局お迎えしました。

    亡くなったあの子のお骨は、1年以上経った今でも部屋にあります。
    お骨の一部は指輪に埋封して貰い、肌身離さず身につけてもいます。
    指輪だったら、一緒のお墓に入れて貰えるかもしれないと思って。

    お昼寝の定位置だったケージには、使っていた猫ベッドや
    齧りかけのツメとぎもそのまま…骨壺やお気に入りだったオモチャも
    置いてあるので、他のコが入れないように今は扉を閉めています。
    今いる子も可愛いけれど、やっぱりあの子の物は使わせたくなかったので。
    1年を区切りにどうにかする予定でしたが、案の定そのままです。
    自分が死ねばいずれは誰かに処分されるんだろうし、もう気の済むまで
    置いておこうと開き直っています(笑)

    今いる子を拾った後には、大震災に大寒波。
    もし拾っていなかったら、今頃生きていなかったのかも…。
    あと100年後には、確実に自分もこの世にはいないわけですし
    それまでの少しの間、人助けならぬ猫助け?をするのも
    悪くはないかもと思い始めた最近です。

    ユーザーID:2879368121

  • 火葬の翌日に、新しい子を買いに行きました。

    三年前に、命の次に大切にしていたラブラドールの女の子を亡くしました。
    毎日一緒に寝て、起きて、旅行も一緒に行き、私の全てだった子です。

    辛いなんてモノじゃなかった。臓腑をえぐられる様な苦しみ。
    月曜に逝ってしまい、お寺さんに預かって貰い、その週の土曜に火葬にして納骨しました。

    一週間、本当に悩みました。

    でも、前の子を心から愛して可愛がっていた事をよく知っていた友人は、
    「辛い、わんこと一緒に暮らしたい」と言う私に、
    「すぐ、次の子を飼ったら良いと思うよ」と言ってくれました。

    別の友人は
    「将来、あっち(天国)で一緒に暮らす家族が増えるんだよ」と後押ししてくれ。

    で、火葬した次の日に、ブリーダーの所に。

    新しく迎えた子には、随分と慰められました。

    でも、前の子の事は絶対に忘れません。宝物のまま。
    前の子の代わりでも無く、忘れた訳でもなく。

    大切なモノが増えたのです。

    ユーザーID:6936269359

  • 私も。

    我が家は歴代、猫は家の中。犬は外と言うスタイルで飼っていました。
    私が独身→結婚→×1・娘1人付きで離婚し実家に戻ってから一昨年まで、黒猫が最後の一匹として一緒に生活してましたが、老衰で亡くなりました。その黒猫は私の姉の猫でしたが事情により我が家へ。黒猫・白猫・茶犬で長年共にしてたんです。でも、最後は家族のもとで天国へ。私の中で黒猫を看取れた事に猫を最後まで飼う事への達成感と黒猫への感謝の様なものを感じました。

    そして‥改めて1から気持ちを込め、家族の一員として新たに我が家で初めての室内犬を飼う事に決めました。でも亡くなってすぐにでは黒猫に対して冷たいと思い、一応は49日過ぎてから、ペット屋巡りを始めました。

    なかなか希望している子に会えなくて、やっと見つけた子は‥はい。黒のスムースチワワ。名前は黒猫から頂いて、二代目ク〜ちゃんです。元気いっぱいです。

    でも‥歴代のペットの子達は皆、忘れられない子ばかりです♪

    ユーザーID:3638470476

  • 私も

    3年前、17歳で愛猫を亡くしました。
    猫はあの子だけでいい、他の猫はいらないと思っていましたが
    やはり猫のいる生活が恋しくて。
    そんな時、庭に子猫が迷い込んできました。
    しばらく迷いましたが、その子を家に入れて飼い始めました。

    今飼っている猫を見ていて、前の子を思い出さない日はありません。
    お骨もまだ家にあります。
    ですが、やはり今生きている猫を見て癒されていく部分があるのも確かです。

    他の方もおっしゃるとおり、トピ主さんが拾った野良ちゃんとご縁があったのでしょう。
    同じように愛せないかもという気持ちもわかります。
    まだ3ヶ月しか経ってないですものね。
    でもきっと時間が少しずつトピ主さんの気持ちを癒してくれると思います。

    どうぞ、縁があった猫ちゃんとの生活を大事にしてください。
    それは前の子を忘れてしまうということにはなりません。絶対です。

    ユーザーID:0467095726

  • きっと巡りあわせ

    トピ主さんはとても優しいですね。
    読んでいて、涙が出てきました。

    私も愛猫を2年前に亡くし、この世の終わりかと苦しみました。
    その後結婚し、嫁ぎ先ではアライグマによく似た猫が飼われていました。
    無類の猫好きだった私を嫁ぎ先の家族と猫は歓迎してくれ、今はその猫のお世話を任せてもらっています。

    実家で飼い猫が愛用していたキャットタワーやブラシは、そのまま今の猫が使っています。
    最初は匂いがするのか警戒していましたが、「お姉ちゃん(亡くなった飼い猫)からの贈り物だよ」と言っていたらいつの間にか使うようになっていました。

    きっと寒空の中トピ主さんにスリスリしてくれた野良ネコちゃんは、天国の飼い猫ちゃんが巡り合わせてくれたんだと思える日がきますよ。
    そう思えれば、飼い猫ちゃんが使っていたおもちゃなども使わせてあげられるようになると思います。
    野良ネコに愛情を注いでくれて、ありがとうございます。

    ユーザーID:5002980170

  • ご縁だと思います

    私も10年程前にボロボロの迷い猫が家に来ました。
    最初は、正直興味なかったのですがあまりに泣くので餌をあげている内にその猫の可愛らしさ賢さに家族が惚れてしまい家猫にした事があります。
    丁度その頃、私が辛い時期だった事もあり家族に当り散らしてしまい家の中はギスギスした状態に・・・でも、その子のお陰で私自身も変わり、家族とも関係を修復する事が出来ました。
    しかし、その子はうちに来る前に既に猫エイズと白血病に犯されていたらしく、うちの家族になって数ヶ月のちに死んでしまいました・・・
    その時、思ったんです。あんなに愛しい猫はこの先にも現れないだろうけど、もしも私が飼う事で一匹でも不幸な野良猫が減るのなら、捨て猫や迷い猫が目の前に現れたら絶対に飼おうと。私が猫に救ってもらったんだから、次は私の番だね・・・と。
    私の場合は数年後でしたが、捨て猫をその後拾い今は家族として一緒に暮らしてます。
    YHさんの前に老猫ちゃんが現れたのは、きっと何かのご縁。
    前猫ちゃんの気配が消えたのは、多分新猫ちゃんが来たことで安心したんじゃないかな〜と思ったりします。

    ユーザーID:6102853280

  • 色々な時間がある

    悲しみを癒す時間もあれば愛情が育っていく時間もあります。

    トピ主さんはすでに行動を起しているのだから、是非責任を
    持ってその猫ちゃんを飼って欲しいと思います。

    前の猫ちゃんを飼ったのも「縁」なら、ここで野良を拾ったのも
    何かの「縁」です。 幸せのリレーだと思えばいいと思います。

    私の場合は愛猫を亡くしてからもう飼うまいと思いました。

    私にとっては他に変えられない存在でしたが、もし縁があれば
    また別の存在として愛情を注ぐペットが出来るかもしれません。

    ユーザーID:9509818453

  • トピ主です

    みなさん、いろいろな体験談やご意見をお聞かせいただき、ありがとうございます。

    のらさんの仰るとおりですね。愛猫の死を心の中で消化しきれていないのに、寂しさと辛さを埋めるために次の猫を迎えてしまったのは、私の弱さからくるエゴだと自覚しています。
    私が自分で連れて来たのだから、家族の一員として大切にしなくては、と思うのですが、まだ気持ちがついて来ません。
    ちゃんとお世話しなくちゃ、という責任感は感じても、亡くなったあの子に感じたような愛おしさはなくて・・・。そのことが野良ちゃんにも申し訳ないです。

    でも、悩み迷いながら次のペットを迎えた方のお話しを聞けて、たいへん励みになりました。
    時間が経てば、私も野良ちゃんのことを心から愛せるようになるでしょうか・・・

    実はあの子の使っていたトイレもまだそのまま残っています。これを機に片付けようと思ったのですが、やっぱり無理でした。猫砂の上にあの子が最後に残した小さな足跡・・・消してしまうのがどうしても辛いです。
    結局、野良ちゃん用には別の猫トイレを買ってきました・・・
    気持ちの整理ができるまで、まだまだ前途多難な感じです。

    ユーザーID:5054420159

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 悲しいけど、ほっこりした気持ちになりました。その1

    トピ文を読んで、泣いてしまいました。
    私も、2週間前に愛猫を12歳で亡くしました。
    調子が悪いと気づいてから、2日間の入院を経て、彼女は旅立っていきました。
    腎不全でした。
    元気なときは、「私にとって猫ちゃんは漣(愛猫の名前)だけだよ。」って
    いつも、声をかけていました。
    「私が定年退職したら、いっしょにゆっくりすごそうね。」なんてむちゃ
    なことも考えていました。私の定年まで11年もあるのに。
    彼女が旅立ってから、悲しくって、寂しくって、毎日泣いて、おかしくなりそうでした。
    寂しさのあまり、次の猫ちゃんを迎えようかと、里親募集のサイトを見たりしましたが、
    彼女に申し訳ない気持ちと、彼女の思い出を大切にしたい気持ちで、思いとどまっています。
    まだ2週間です。心の整理ができてから、ゆっくり考えようと。
    でも、目の前に途方にくれた猫ちゃんがいたら、少し迷うかもしれませんが、連れて帰ると思います。
    微力ながら、1匹でも幸せな猫ちゃんを増やしたいと思うからです。
    だから、トピ主さんがとった行動は、とても心温まりました。

    ユーザーID:7643744248

  • 悲しいけど、ほっこりした気持ちになりました。その2

    老猫ちゃんなので、お世話は大変かと思いますが、その猫ちゃんが幸せと思えるように、やさしくしてあげて下さい。
    前の猫ちゃんも、心優しいトピ主さんを、天国で誇りに感じていると思います。
    私も、トピ主さんのように、出会いがあればよいと思います。
    その時は、まずは彼女に「ごめんね。」と謝り、「あなたの、妹分(弟分)の猫ちゃんを迎えるね。
    将来は、いっしょに過ごそうね。」と言おうと思います。

    ユーザーID:7643744248

  • 愛犬を

    愛犬を亡くしてから一年後にまた犬を飼いました
    心にあいた穴が塞がりそうもなかったから

    新しい犬を迎え、なんだか夢のようでした

    もう限界だったんです
    犬にしか埋められない穴なんです

    今は幸せです
    穴は塞がりました

    もちろん天国にいった愛犬の事も愛してます

    ユーザーID:4595675609

  • トピ主です(続き)

    皆さんのレスひとつひとつが心に染みましたが、なかでも亡き猫にできなかったことを新しい子にする、飼える環境があれば猫助けを、というお話しにハッとしました。

    この週末に野良ちゃんを病院に連れて行ったのですが、口内炎が想像以上に重症で、抜歯を視野に入れた長期の治療が必要とのこと。少なくとも10歳は超えている老猫なので、どこまで治療の効果がでるかもわからないと言われました。
    何とか治って欲しい気持ちと同時に、心のどこかで治療のための時間や出費を負担に感じていたのですが…。

    愛猫は享年9歳の若さでした。体調を崩してからわずか10日ほどで亡くなってしまって、死因(病気)すら確定できませんでした。長生きさせてあげられなかったことや十分納得できる治療を受けさせてあげられなかったことが、本当に心残りで悔やんでも悔やみきれません。

    そんな私が亡くなった子より年寄りで長期間の治療が必要な猫を拾ったのは、あの子にできなくて悔やんでいることを、今度は心ゆくまでできるようなチャンスを神様からもらったのかもしれません。
    本当はあの子が帰ってきてくれて、あの子にしてあげたいけどそれは無理だから…

    ユーザーID:5054420159

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 愛は奪うものではなく増えるもの

    愛する猫ちゃんを亡くした悲しみはよくわかります
    ただトピを読んでそんなボロボロの野良猫が
    警戒心もなく寄ってくるのかと驚きました
    トピ主様はこうは考えられないでしょうか
    天に昇った優しい愛猫が見るに見かねて
    その野良ちゃんの世話を優しいトピ主様にお願いしたくて
    引き合わせたのではないかと
    タイトルにも書きましたが愛というものは限りなく増えていくものです
    野良ちゃんを可愛がったからといって猫ちゃんが
    悲しんだりすることはありません

    どうか野良ちゃんを、そして今はいない猫ちゃんを
    今まで通り精一杯愛してあげて下さい
    トピ主様ならきっとできると思います
    そしてそれが皆が幸せになる一番の方法だと思います

    ユーザーID:9663005953

  • 温かいトピですね

    私も道端でうずくまっている猫と出会うことがあります。
    猫の方から近付いてくるので捨てられたんでしょう。
    近所にも野良猫がいましてこの猫達も保護しました。
    この猫達は野良なので仲良くなるのに1カ月間かかりました。
    一緒に暮らすのには数に限度があるので猫好きで信頼できる友人宅へ。

    家に20年一緒に暮らしている犬がいます。
    友人宅には20年以上の猫がいます。
    悲しい気持ちは理解できます、トピ主さんの人生のこの時期に保護猫と出会うご縁なんです。

    あのコの変わりではなく、助けが必要な犬猫はたくさんいます。
    あのコはあのコ、このコはこのコ。
    玩具も新しいのを買いましょう。
    あのコの身の回りの物は宝箱に入れて飾りましょう。
    大きいものはそのまま置きましょう。
    私も20年一緒にいる犬の身の回りの物は全て置いてあります。
    初めてのコなので特別なんです。

    ユーザーID:3514313016

  • その猫さんは

    その猫さんは、亡くなった猫さんがあなたに保護してあげて欲しいと思って出合わせたんだと私は思いました。

    罪悪感を持たなくていいと思います。
    動物好きな人ならば、見つけた野良猫を放置する方が罪悪感でいっぱいになるんじゃないでしょうか?
    少なくとも私は、見捨てる方が耐えられません。

    亡くなった猫さんの気配があったのは、あなたがあまりにも悲しみに暮れているから、猫さんはあなたが心配で天国に行くに行けなかったんです。
    野良猫さんがやってきて、あなたを見守ってくれる存在が出来た事で、安心したんだと思いますよ。

    ある意味、罪悪感を持つだの何だのって飼っていた猫さんにも、元野良猫さんにも失礼だと思います。
    亡くなった猫さんの代わりとしてではなく、今そばにいる猫さんとの新しい思い出を作っていってあげてくれませんか?
    老猫との事で、長くはないでしょうけれど、最後に大事にしてくれる人に出会えたという幸せな思い出を元野良猫さんに作ってあげてくれませんか?

    ユーザーID:5389490587

  • 同じように愛する必要はない

    愛猫を亡くされたご心痛、お察しします。

    私は、亡き愛猫と野良ちゃんを同じように愛する必要はないと思いますよ。
    だって、違う猫ですもの。当たり前です。
    亡き愛猫のものはそのままにしておきたいなら、どこかに大切に保存しておきましょう。
    野良ちゃんには野良ちゃん専用のものを与えてあげればいいんです。

    野良ちゃんを迎えたことは、決して亡き愛猫を裏切ることにはなりませんし、トピ主さんのエゴでもないと思います。
    トピ主さんが野良ちゃんを連れて帰ったのは、その子を亡き愛猫の替わりにしようとしたからではないでしょう?
    ちゃんと世話をしなきゃという責任感、ぜんぜん悪くないです。
    あなた以外の誰が、野良ちゃんに暖かい部屋と食事を与えてあげることができたでしょうか。

    野良ちゃんを愛そうとしなくていいんですよ。ただお気持ちのままに大切にしてあげてください。

    ユーザーID:4751872088

  • 私も…

    昨年の3月に愛猫を亡くしました。
    猫には致命的な病気(FIP)だったので、亡くなった時は、
    トピ主さんと同じ様に辛かったです。

    老猫さんを保護し、
    ご自身の気持ちに疑問を感じながらも、老猫さんを家族として暖かく向かい入れるようと努力するトピ主さんは、お優しい方だと思いました。

    もし、心の整理が上手に出来ない時は、『ありがとう。また逢えるよね。』という本を読む事をお勧めします。

    お坊さんが書いたペットロスの方の為の本ですが、心に響く暖かい言葉が綴ってあります。

    今後、老猫さんと暮らして行くために、何かヒントを得られるかも知れません。

    ユーザーID:9909608096

  • 同じ気持ちでした

    18年生きた愛猫を亡くして、家族は猫が欲しいと言っていたのを一人反対していました。
    理由は何となく死んだ愛猫に申し訳ないような気がするのと、故愛猫と同じように愛せるとは思えなかったからです。

    愛猫が死んで2年くらい経ったら、家族がもう猫のいない生活には耐えられないと里親会から私の反対を押し切って子猫を貰って来ました。
    家庭の事情から私がメインで世話をしているのですが、まだまだ産まれたてで可愛い子猫なのに、全然可愛いと思わないんですよ。
    何と言うか、可愛い事は可愛いんですが、故愛猫に感じてたそれとは違うのですね。
    そして何かと言うと故愛猫と比べてしまうんです。
    故愛猫は最初に飼った猫なので、猫と言えば故愛猫なのである程度は仕方ないのかなと思うんですけど。

    新しく猫を迎えた時思ったのは、故愛猫と同じように愛せるとは思えないが、この猫はこの猫なりに愛して可愛がって行こうと言う事です。

    新しい猫が来て1年過ぎましたが、故愛猫とは同じように愛せているとは思いませんが、やはり可愛くて愛しくて大事な存在になってます。

    ユーザーID:4343936546

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧