駐在員妻の苦悩

レス48
(トピ主1
お気に入り102

家族・友人・人間関係

ぽよ

某外国滞在約1年の子無しの駐妻です。(この国で流産しました。)
未だこの国に馴染めず、友達と呼べれる友人も出来ず引き篭もりの毎日です。

ただ月に2回位一緒に買い物したりランチしたりする知人はおります。だけど、毎回私から誘わないと実現しないこの現状に淋しさを覚えるようになってきました。本音、たまには誘って欲しいです。

それに、趣味やママ友などの交流で周りは結構楽しそうにやってるのをfacebookなどのSNSを通して知り、自分の現状と比べては落ち込んでしまいます。

駐妻の世界は、目に見えない格差社会。夫は中小企業勤めなので「ご主人はどこの会社にお勤め?」と必ず聞かれる社交の場に行くのが苦痛で行けません。8割は大手勤務のエリート夫を持つ奥様達だらけですから・・。

私はどこか友人と競ってしまう部分が昔からあり、負けず嫌いです。
ここ、駐在では夫の肩書きが自分のアイデンティー。

主人は専門職だし、給料もエリート並みにもらっていると思うので引け目を感じる必要はないのですが、会社は中流という現実。

気にしなければイイのは分かっているんですが・・。

あと数年、こんな生活をし続けるのかと思うと鬱になりそうです。

グチを言える友達もいません。せこせこ働き子育て・家事に忙しい日本の友人は、海外で優雅に暮らしているというイメージの駐妻の悩みなんて小さいもんだと思っているみたいです。

趣味も習い事も一通り経験しましたが、もともと興味がないので続きませんでした。

お国柄、一人で気晴らしにブラブラできる環境でもありません。

ねずみ色の毎日。
それでも優しい夫と、旅行が今の私の生きる糧ですが。。

人生って、こんなもんですか?

ユーザーID:9723634708

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なんだかお気の毒です。

    幸せはその人の心の中にある、、という言葉を実感します。

    私の主人は病弱で、私が大黒柱となり、働き詰めですが、なんだか充実感があります。

    人と比べる癖はなく、自分自身が1日元気でいられることに感謝して過ごします。

    トピ様、外国の暮らしができるなんて、私には夢のように羨ましいことですよ。
    色々な小さな出来事にもワクワクできませんか?

    心が疲れているのかな…
    せっかくの人生、少しでも楽しい時間が増えますように。

    ユーザーID:2154763061

  • 人生そんなもんです

    苦悩って・・・ぽよさん暗すぎです。流産された事がまだ苦しいのかな?

    ランチする「知人」には別に連絡しなくていいのでは?「友達」ではないのでしょう?大人になってから友達を作るのは難しいし、私は比較的1人が好きなので、あまり友達にも連絡しません。が、何かと予定が入って人に仕事でもプライベートでも人に会う機会が多いです。

    日本人は他人と比べる方が多いですが意味ないです。しかも駐妻って自分の実力ではなく旦那の肩書きでの立場でしょう?あなたはあなた、引き篭もりだっていいじゃないですか。鬱になりそうなら日本に一時帰国でもいいから帰りましょう。

    興味がない習い事をするのはお金の無駄。1人で歩けない国ってどこですか?私は海外で1人暮らししているので気をつけながら、旅行もプラプラ歩きもしていますよ。

    優しくてお給料の良いご主人、旅行が出来る余裕があって、広くて綺麗な家があって、ご飯を食べられて(たまにはレストランやカフェにも行って?)、大きいベッドで寝られて、仕事をしなくても生活できる環境があって・・・私からしたらねずみ色どころか薔薇色の人生ですよ。

    ユーザーID:4945986080

  • うわー

    こんな短い文を読んだだけでも、
    あなたとはお付き合いしたくないと思いました。。
    ランチどころか、お茶でも嫌ですわ。
    絶対、近付きたくないタイプ。

    駐妻の苦悩ではなくて、
    性格の悪い私の苦悩、ってタイトルがふさわしい。

    優しい配偶者に見切られる前に、
    そして何より自分自身のために、性格かえましょう。

    ユーザーID:2124775388

  • そんなもんでしょ

    しかしちっちゃいねー(笑)

    大体自分は働いてないのに、旦那に失礼でしょ。

    しかも日本の友人まで馬鹿にする始末。

    それじゃあ何処に行っても友人なんかできませんよ。

    ヘンなプライドを捨てる事ですね。
    分かってるんでしょ?
    くだらないプライドが邪魔してるって事位。

    ついでに駐妻が優雅なんて思っちゃいません。
    勘違い甚だしいよ。

    ユーザーID:9727792270

  • 現地の言葉を覚えて、その国の人と付き合う

    日本人との付き合いで楽しめないなら、現地の人とお付き合いしてはどうでしょう。

    まず、その国の言葉を覚える。
    また習いものも日本人のいないところですれば、言葉の習得が早いでしょう。

    夫の勤めている会社、または役職が奥さんの地位になる傾向は確かにありますけれど、気があって仲良くなってしまったらあんまり関係ないと思いますよ。トピ主さんが気にしすぎてるのではないのかな?

    流産は残念でしたが、この先お子さんができれば地域社会に溶け込むのがより簡単になるでしょう。

    頑張ってください。

    ユーザーID:0368630352

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 悩みは分かるけど

    夫が優しくて旅行が生きがいで、でも人生灰色‥‥?

    悩みはわからないではないですが、灰色と言えるほどだと私には思えないです。

    それに灰色じゃなくするのは他人にはできないですよね。

    ユーザーID:8459166047

  • 日本に帰ってみたら?

    それなりに手当ももらっていてお子さんがいらっしゃらないならちょくちょく帰国するくらいの余裕はあるでしょう?
    あなたはそこで働いているわけじゃない。
    辛い気持ちを正直にご主人に話して数週間程度日本でゆっくりしてみてもいいんじゃないですか。

    まあ
    >私はどこか友人と競ってしまう部分が…
    >「せこせこ」働き子育て家事に忙し日本の友人は…

    あなたの性格が悪いことは短いトピ文からもよくわかりました(笑)
    そりゃあ誘われないでしょう。

    ユーザーID:5820933202

  • お気持ちお察しいたします

    私は、中国に留学しそのまま現地の日系企業で通訳として4年ほど働いた経験があります。

    その際、多くの駐在員妻の方と知り合いました。奥様方の殆どは中国語は愚か英語すらも怪しい方ばかりで、買い物に行くことすら大変だったようです。買い物、航空券購入、お子様の通院の付添い(通訳)など、時間が許す限り色々お手伝いしました。言葉ができないので必然的に日本人としかお付き合いされていない様子でした。

    そんな中、どの奥様グループにも属さず、大学の通訳コースに在籍している奥様と知り合いました。中小企業にお勤めのご主人をお持ちで、奥様の集まりでは肩身の狭い思いをしていたそうです。「でもせっかく中国に来たのだから」と語学学習に励み、2年後、日系企業で通訳として働き始めました。

    夫の肩書きしか自分を表現できないなんて悲しすぎます。その奥様は、自ら外国での自分の立場を獲得されたのです。エリート妻なんかよりずっと知的で素敵でしたよ。やがて他のエリート妻たちも彼女を尊敬するようになりました。今頃どうしているかな。

    こういう方もいます。ご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:8133063356

  • 頑張って!

    私も駐在妻でしたが、子供が居なかった為、駐在日本人家族が住む便利な地域とは離れた地区、郊外の会社の近くに住んでいたので寂しくて仕方ありませんでした。
    でも、日本食レストランでお店の人に話しかけたら、現地の人と結婚して暮らしている日本人の集まりがあることを教えてくれて、会をまとめている方の連絡先を教えてもらって参加するようになりました。
    帰国した今でもあちらに住む彼女たちとはSNSを通じて連絡を取り合っているし、今度久しぶりに会いに行く約束もしています。
    駐在妻だからって駐在妻たちと付き合う必要はないと思いますよ。
    探せばどこにでも同じように寂しがっている日本人は海外にはたくさん居ます。
    自分で動かないとそんな情報も得られません。頑張って探してみてくださいね。

    ユーザーID:0110318000

  • 同じ立場っぽい人ですが。

    雪が降ればはしゃぎます。欧州住まいです。酷寒です。
    家の前に雪だるまを作っておけば、道を通る人やその子供たちが喜びます。

    庭はありますか? 日本ではそうそう育てられない植物を育てたり。
    鳥は来ますか? かなり日本とは種類が違うのではないでしょうか? 巣箱を置いて野鳥の子育てを手伝いましょう。

    この2つは1年で一回しか成果が見られません。

    日常では
    現地食材は使ってみましたか? わからなくても買ってみて齧ってみましょう。
    外食して見た気がする、と思ったら調理してみましょう。

    どうしても、他人とコミュニケーションをしたいなら、文書を作りましょう。
    後に来るかもしれない駐在員に向けて、情報を取り揃えておくのは、とっても喜ばれます。

     自身、子連れで来ていますが、運よく(?)片田舎の工場勤務なので、夫の職位とかは話題になりません、むしろ、そのようなランク付けがあるんだってー、こわいねー、一緒にはなりたくないよね、恥ずかしくないのかなー、などと言っているのんびりな環境。(夫どもはどうかわからないけど)だけと、生活が不便な分、現地人との近所づき合いは否応なしです。こんなのはいかが?

    ユーザーID:6908569178

  • 語学をマスターされてはいかがでしょう。

    駐在さんの奥さんって大変だろうなと見ている
    某非英語圏在住、自由業です。

    私は自由を求めて、移住しましたから肩書きや
    社会的地位に対して引け目や羨ましさを微塵も
    感じませんが、トピ様のような方はたくさん目にします。

    外国で自分を見つけるのは大変ですからね。
    自分の意思でその国に渡ったわけでもなく、まわりは
    外国人ばかり(私たちが外国人なのですが)、
    旦那様がいなければ私の存在は何?とお思いでしょう。

    そうでなければ
    〉駐在では夫の肩書きが自分のアイデンティー
    とここまで依存しないでしょからね。

    言葉や治安の問題もあるから自由に動けないことも
    状況に拍車をかけているのでしょう。

    後どれくらいその国にはいらっしゃるんですか?
    英語圏ですか?
    英語もしくは語学をマスターされてはいかがでしょう。

    言葉ができると確実に世界が広がります。
    旦那さんの肩書きにしか頼れない奥様方を
    一歩どころか完全にリードできるのですが。

    僕からすると、外国で日本人同士が何を小さいこと
    と思ってしまいます。

    でも、優しい旦那様がいて本当によかった。

    ユーザーID:2601711373

  • そんなもんですよー

    駐在2カ国目の1児の母です。

    私も最初の国で流産しました。
    子どもの居ない時から、ママ友に至るまでいろんな人を見てきました。
    これからも見ると思います。

    みんな幸せか?みんな心は安全か?答えは否です。
    薄氷を踏む思いで生活していますよ。
    3,4年目にしてノイローゼっぽくなる人たくさん居ます。

    人に当てにされると意外と活きる力が湧きますよね。
    何か「コレだけは自身アリ!」ってことありませんか?
    それを前面に押し出して毎日少しずつ頑張ってください。

    時期的に難しいけど 太陽サンサンの処へ行くのもいいですよ。
    壊れないでね。

    ユーザーID:2127106500

  • お気の毒

    >人生って、こんなもんですか?

    トピ主さんはご自分で人生をこんなものにしちゃっていると気付いてはおらないようですね

    海外は大変なことも多いです
    皆同じです
    適応力に差があるのも個人の資質能力、生きる力の差だと海外生活をしてみて
    よくわかりました

    他人との比較に何の意味がありますか
    お子さんがいらっしゃらないのであれば習い事も実益を兼ねたものに
    すれば充実するのではないですか

    私は英語圏でしたが主人の会社の同僚のご夫妻にはお子さんがおらず、奥様は
    英語の学校から大学で学び今や日本に帰国し英語の先生をしていらっしゃいます
    仕事で使っていたご主人より素晴らしく堪能になっておられました

    私自身は子供優先に細々と滞在中続けました
    現地のお母様方には助けてもらうことの方が多く有難いことが沢山ありました
    私が羨ましいのは先の奥さん、自分で出来る範囲で頑張る努力を怠らない姿勢が
    素晴らしく、そのような方は語学力だけでなく博学で人間的にも魅力あふれる方
    だったこと

    自分に何かを課し続けられる方って素晴らしいですよ

    ユーザーID:9838913818

  • できることは色々。

    このままでは欝になってしまうので
    欝たいさく。

    * 体を動かす。エクササイズ、ガーデニングなど、体を動かす系の
      スポーツや趣味。

    * 屋外に出て朝の太陽の光を目に入れる。
      ガーデニング、ハイキング、動物と散歩など。

    * 心療内科に行って、欝たいさく。内服薬やカウンセリングを。

    * 時折、日本へ里帰り。ご主人とドライブ、小旅行。
      一人旅行も良いですね。

    * ボランティアで人とつながる。
      人に役立つことによって自分の存在意義を感じるようになるかも?

      その国の孤児院、乳児院、老人施設、図書館、小学校、教会
      スープキッチン(低所得者たちへの炊き出し)など
      ボランティアを必要としているところで働くのは?

      点字タイプボランティアなど、家でできるものもあるそうです。

    * フェースブックなどで、すこしずつ自分の発言機会をふやす。
      
    * 書くことによって、自分の不満の所在を明確にしていく作業。
      フィクション書く。

    なにか集中できるものをさがす。資格を取る、帰国後の仕事・趣味に
    つなげられるもの。(翻訳、語学習得、ほか)

    ユーザーID:3325906042

  • 大変ですね。

    元気出してください。

    私も将来
    中東駐在だと脅されている妻です。

    数年後の自分を見たようで・・・

    家で夢中になれる趣味をする。
    ネットを通じてのコミュニケーションを広げる
    収入はあるんだから、エリート妻に気後れしない等

    優しい旦那さんと過ごせる事を幸せに過ごして下さい。
    因みに、私の夫は中東単身赴任中で離れ離れです。
    離れ離れも嫌ですが、やっぱり、日本は過ごし易い・・・。

    ユーザーID:8134781903

  • やることはたくさんある。

    海外駐在うらやましいです。なのにトピ主さん世界観というか人生観が貧しいですね。

    なぜこの状況を利用しないのでしょうか。私ならその国の言葉をまず覚えます。一生懸命
    勉強して読み書きできるようにします。学校に通ってもいいかもしれません。これだけで
    毎日が充実しませんか?そうしたら、その国の文化を学び、触れられる機会を探します。
    世界遺産巡りや、その国の得意とする芸術について学びたいです。

    それからその国のお友達を見つけます。というかこういう日常生活を送っていれば
    自然とできるはずです。

    ここまでくれば、ぶらっと1人で買い物に行ったり、電車で遠出したり旦那さんと
    一緒でなくても1人で楽しめそうです。

    もったいない。。。

    ユーザーID:7896614686

  • スカイプ使ってみては

    まずは流産されたことはとても残念で辛かったことと思います。

    誘ってほしいも何もトピ主さんと会ってもつまらなそうだから誘われないのではないでしょうか。
    なぜならば
    >苦痛で行けません。>友達もいません。>続きませんでした。>環境でもありません。
    って否定語が多いからです。

    日本で暮らしていたら違うと言えますか。
    負けず嫌いも何も中小勤務のだんなのせいにしているトピ主さんを競争相手にしません。

    ねずみ色の毎日、人生そんなものではありません。
    >趣味やママ友などの交流で周りは結構楽しそうにやってる
    トピ主さん分かってるじゃないですか。

    私も海外在住数年です。
    リストラで多数解雇されている現地人に混ざり
    拙い第二言語を操りながら生き残り納税している自分を我ながら頑張っていると思う身としては
    トピ主さん若いのか貴方の悩みはやはり小さい。

    >せこせこ働き子育て・家事に忙しい日本の友人は、
    せこせこという表現は日本の方に失礼だと思います。

    だんなも家に帰ってきて安らげませんよ。
    さあ、発想を変えてみて下さい。脱ねずみ色。

    ユーザーID:3496033640

  • ???

    >夫は中小企業勤めなので「ご主人はどこの会社にお勤め?」と必ず聞かれる

    駐在妻となってから、1人にしか聞かれたことがありません。
    その場ははぐらかし、その後は距離を置いたお付き合いをしています。
    必ず聞かれるって、どんな社交の場に出掛けているんですか???
    夫の勤務先、日本にいた時にも1度だけ聞かれたことがあります。
    そういうことを知りたがる人が、「稀にいる」だけですよ。どこにでも。
    本当に必ず聞かれるのだとしたら、あなたのその変な価値観とプライドに原因があるのだと思います。

    >ここ、駐在では夫の肩書きが自分のアイデンティー。

    そんな人、見たことないですよ。イヤだなぁ・・・。

    こういう発言をする人に限って「未だこの国に馴染めず、友達と呼べれる友人も出来ず引き篭もりの毎日」だとか「駐在妻とは付き合っていません!現地の方々と交流しています!」と続くんですよね。
    どうして交流もない人達のことを知ったように語れるんでしょう?

    一方的に先入観で他人を見て、自ら交流の幅を狭めているだけとしか思えません。

    ユーザーID:7494541761

  • 本当の友達なんて、そうそう出来ませんよ。

    お茶が出来る人が居るのなら良いじゃないですか。

    ぼーっと過ごすのはとても心豊かで幸せな事ですよ!

    ちょっとした”友人”にどれだけ悩まされる事があるか・・・・、
    素晴らしい友人でないと、本当に大変な思いをしますし、
    素晴らしい友人は一生で一人出来るかどうかです。

    思い悩む事なく、心豊かに毎日が過ごせるのは健全で良い事だと思います。

    そして、夫のお給料に誇りを感じるより、
    私は彼の仕事に対する姿勢に誇りを感じてます。

    夫のお給料は世界一ではなくても、
    彼の素晴らしさは世界一かも・・・・と、内心思い、
    ついつい尊敬してしまう・・・・(誰にも言いませんけど)。

    その場で、地位やお給料で勝っても・・・小さな世界ですよね。

    人と比べても絶対に誰かに負けますから、

    上には上が・・・・、これを早く悟って、
    自分の満足と幸せを見つければいいと思います。

    ユーザーID:2944596770

  • 夫のおまけ

    気持ちよくわかります。
    きっといまのあなたの生活は、自分で見ても、周りから見ても、
    夫のおまけ、なんだと思います。
    でも、この状況を、チャンスだと思うことはできませんか?
    日本人同士でつるんでたって、言葉はうまくならないし。
    そして、会話のレベルもあほらしーんでしょ?
    じゃ、しんどいけど、そとを向きましょう。
    語学学校にいくとか。ボランティアするとか。
    もしくは、その国の法律にもより、仕事をする権利はありますか?
    だったら、仕事してみたら?
    トイレ掃除でもなんでも。

    夫の人生じゃなくて、自分の人生をいきるようにしてみれば?
    世界の大人の大半は、自分で自分のための生活費をかせいでます。
    人生って、そんなもんです。

    ユーザーID:0043145414

  • ブログは?

    同じ国にいる駐妻さんだけではなく、隣国や遠く離れた国の駐妻とも仲良くなれると思いますよ。私の友人は、近隣国の駐妻さんと仲良くなって休みの時にご主人と一緒に旅行に行き、家族ぐるみで仲良く過ごしたそうです。

    ちょっと文章を書いて食べ物や景色の写真をアップするだけで、話題を共有できる仲間が見つかるんですから、手っ取り早いですよ。

    ユーザーID:2025582190

  • 格差社会?

    某外国で駐在妻を5年ほどしていましたが、格差社会だなんて感じたことは1度もありませんでした。
    夫の職業?気にしたこともありません。聞かれたことも、聞いたこともないです

    仕事はできなかったものの、新しい趣味を見つけ語学習得にも励み、1人の時間も楽しめるし友人との時間も楽しみました
    自分に自信を持てる何かをきちんと持っていれば、人として魅力の溢れる人になるでしょうし、そういう人の周りには自然と人が集まるものです。
    そこに夫の肩書云々なんて・・・ほんとにつまらない、小さい人だなぁと思ってしまいます

    トピ主さん、自分の居場所や価値観を図るモノサシとして「夫の肩書」しか持っていないようでは
    その上人と競うだの、そういう相対的な価値観しか持っていないようでは、誰もお友達にはなってくれないと思いますよ。

    文面から海外在住で夫が大企業のエリートが一番「上」次が自分、そして海外にいない日本で「せこせこ」忙しい友達が「下」
    そんな風にランク付けしているのが見て取れます。それが周りの人に伝わっているのでは?
    まずはその考え方を取り払って、自分が夢中になれるものを探してください

    ユーザーID:0928112079

  • 少しでも気持ちを前向きに!

    現在駐妻三ヶ国目です。
    一番最初の国は結婚してすぐに赴任になったので子供なしでした。
    というかこの国で子供を持つと大変だと思うような国での駐在だったのです。
    私の場合、ありきたりですが現地語習得、その国の伝統工芸(その中で簡単なものを)
    その国のおもてなし料理を習いました。
    外を一人で歩くのは危険なので運転手に家から目的地までを往復してもらっていました。
    楽しかったですよ☆
    二か国目三ヶ国目でお客様や友人家族をもてなす時に、習ったお料理を披露します。
    珍しいものなので喜んでいただいています。
    伝統工芸は3ヶ国目の今お教室を開いてとお願いされお友達に教えています。
    現地語は使う機会はないかなと思っていたのですが、現地校に通っている子供のクラスメートのママが
    その国出身で親しくさせていただいています。
    というわけで長くなりましたが、趣味を見つけたり何か習い事をなさると良いと思います。
    前向きにね☆

    ユーザーID:5916548465

  • わかります・・・

    私も似たような国に住んでおります。
    初めの頃は家の窓から外をぼんやり眺めて涙ばかりの日々でした。
    集まりに出ることも億劫で。。。
    日本の友人にはこの悩みは共感してもらえませんよね。
    私も休暇だけが楽しみな駐妻です。

    何のアドバイスも出来ないけれど、私も同じですよ〜と伝えたくてレスしました。
    長い人生、引きこもりの数年があっても良いのではないでしょうか(笑)。
    たっぷりある時間を勉強に当てて…などとアドバイスされることもありますが、
    気持ちがすべてに前に向かないのですよね〜。
    自分を否定せず、読書でも、ネットサーフィンでもゆっくり過ごしましょう。

    ユーザーID:9462538052

  • ありがとうございます。

    トピ主です。

    まず最初に、みなさま貴重なご意見・アドバイスありがとうございました!
    厳しいコメント下さった方、共感して下さった方、こんな情けないトピにお付き合いいただき感謝しております!

    今の気持ちとしては、投稿する前と全く違う感情です

    感謝する気持ちをすっかり失くし、ちっちゃい視野でしか物事を捉えることしか出来ておりませんでした。

    夫に家族にお世話になっている方々に、心からアリガトウの気持ちでいっぱいです

    こんな気持ちを呼び戻してくださった、ここのみなさんにも、心から感謝しております!

    ・・・しかし私は何でこんなに卑屈になっていたんでしょうねぇ(笑)
    暇すぎて頭がおかしくなっていたんでしょうか(笑)

    みなさんから頂いた冷静なご意見、しっかり頭に刻み、この国を楽しむ努力もしていこうと思います!

    ユーザーID:9723634708

  • 私も駐妻です

    欧州に帯同しています。
    >「ご主人はどこの会社にお勤め?」と必ず聞かれる社交の場に行くのが苦痛で行けません。
    あまり聞かれたことがない方もいらっしゃるようですが、私はトピ主さんの気持ちわかりますよ。
    例えその場で業種だけ答えたとしても、私の場合主人と同じ会社の駐在員が沢山いるので
    どこからか会社名が知れてしまうんですよね。
    ただ、ここから共通の話題や共通の友人がいることがわかり、結果仲良くさせていただくことに
    なることも多いです。
    たぶん会社名を知ったからどうこうというわけではないと思うので気にしない方が良いですよ☆
    何か夢中になれるものが見つかれば良いですね。

    ユーザーID:0652731744

  • 現地の人との交流を楽しむ

    自分も長く働いてたので、自分の経歴=自分という感じです。夫の経歴は夫のものです。
    海外で生活してましたが、夫の職場の立場=妻の立場、と勘違いしてる奥さんがいました。
    仕事の経験がなくて、夫に頼る生活をしてきたんだなぁ…と傍から見ていて、
    その奥さんからは、距離を置いて遠ざかりました。
    私は、中小企業・大企業、特に関係なく(夫の職業は関係なく)過ごせました。人によるのかな?

    せっかくの海外生活、異国の文化に接せられるのに残念です〜
    現地の言葉を覚えたり、現地の方と知り合いになったり、貴重な経験できますよ。
    日本人とは、日本帰れば、嫌でもたくさん付き合えますよ〜

    でも、海外生活の大変さ、分かります!
    一人でブラブラしにくいの分かります、治安の問題もあるし。
    子供のいる人は子供つながりで、日本人の知り合い増えていきますが、
    子供のいない人は、自分から積極的に行動しないと知り合いができにくいかも。

    いざという時の安心のために、数人の親しい人がいればいいです。
    日本人社会にどっぷり浸からなくてもいいかも。
    私は、語学学校に通ってました。

    ユーザーID:6113253290

  • なんか・・・

    >せこせこ働き子育て・家事に忙しい日本の友人は

    随分上から目線の失礼な表現ですね。
    トピ主さん、感じ悪いです。
    友達が出来ないのも分かる気がします。

    ユーザーID:9819306781

  • いつの時代の話ですか?

    >駐在では夫の肩書きが自分のアイデンティー
    >夫は中小企業勤めなので「ご主人はどこの会社にお勤め?」と必ず聞かれる社交の場に行くのが苦痛

    かなり昔の駐在の固定観念で被害妄想を抱いているように感じます。
    誰も会社の規模なんて気にしていないと思います。それに、大手で駐在を何人も送っていたり大きな現地法人がある会社よりも、中小企業からの駐在はそれこそ「一社を代表して来た一人」ですからよほど有能な方なんだろう、って思いますけど。

    逆にお聞きしますが、ご主人の会社よりも無名企業や企業以外の各種団体からの駐在妻、または現地在住で起業している日本人もいらっしゃるはずですし、現地採用や国際結婚をした日本人も多くいると思いますが、そういった方々とお付き合いするのはイヤなのでしょうか? 
    もしかして 「私は日本企業の専門職の駐在妻よ。国際結婚の日本人となんて付き合えないわ」なんていう見下す気持ちがありませんか?

    よくいらっしゃるんですよ。「駐妻>現地採用>現地永住」と階級差別する駐妻さんが。そういう考えがなく都心部に住んでいるなら、現地に住む日本人の友達なんて簡単に見つかるはずですけど。

    ユーザーID:1290608387

  • 応援してます

    トピ主さん、お元気になられたようで良かったです。
    私も現在、駐在妻です。今は子供もいる駐在妻ですが、昔は子供なしで
    駐在妻をしていたこともあります。ヒマでした〜。
    そんな私がしていたことは語学の勉強です。非英語圏で英語もあまり
    通じなかったので、毎日語学学校に通っていました。その国の言葉は
    夫よりできるようになったので、大家さんと交渉したり、病院に行ったり
    買いものや旅行に行ったときなど、仕事以外で相手としゃべるのは全部
    私がやっていました。駐在妻は夫の付録のように思われがちですが、
    パートナーとしてしっかり夫を支えている自覚もできて自信も
    持てましたよ。
    トピ主さんがいらっしゃるのがどこなのかは分かりませんが、もし
    非英語圏なら、語学の学習はおすすめです。
    今、自分が住んでいる国を理解する助けにもなりますよ。

    ユーザーID:5859123786

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧