確定申告 医療費控除について

レス9
(トピ主0
お気に入り23

生活・身近な話題

hanana

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • すみませんでした

    横レスになりますが、

    リリコ様、
    間違いを教えていただいてありがとうございました。
    勉強になりました。

    ユーザーID:6905252751

  • 間違えやすいのですが、

    再度レスします。
    マルル様
    >各治療毎に治療費から補てん金額を差し引くのでなく、最終的に医療費総合計から補てん金額(保険など)の総合計を差し引く計算となります。

    これ勘違いしやすいんですが、違います。

    pon様の
    >国税庁のHPに下記のようにちゃんと載ってましたよ
    注)保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
    となります。

    従って総医療費259,090円の内、給付金の対象になった病気に支払った金額を仮に86,390円とすると、この中だけで処理します。
    処理するとはつまり給付金の方が多いので、初めから医療費控除明細書に記載しないんです。
    残りの医療費172,700円の内容が例えば風邪薬を買ったとか、手の怪我の治療費等ならば、その費用に対してまでこの給付金を引く必要はありません。
    そしてこの172,700円は医療費控除できます。
    もし医療費総額から引いていたら、損してしまいますよ。

    ユーザーID:8824255268

  • 給付金は差し引きます〜実際に入力してみました〜

    Jさん、ほかの方のおっしゃる通り、
    高額療養費や保険給付金などは関係があります。
    医療費から差引されます。
    計算方法はJさんの通りです。
    保険会社からの給付が295,000円ならば
    今回は給付などでもらった金額のほうが
    多いので、控除対象になる医療費は0円となります。
    (医療費控除以外に何もないなら確定申告は不要です)

    医療費控除は、対象者と治療内容ごとに明細を作成します。
    そこで治療ごとに治療費と補てん金額を記入するのですが、
    各治療ごとに治療費から補てん金額を差し引くのではなく
    最終的に医療費総合計から、補てん金額(保険など)の総合計を
    差し引く計算となります。

    私も確認のために、国税庁の確定申告入力ページで実際に
    入力してみました。
    でも、こうやって回答がいろいろ分かれていると、やっぱり
    悩みますよね。
    もし迷ったら、担当の税務署に電話してみると、電話口でもけっこう
    親切に教えてくれますよ。

    ユーザーID:6905252751

  • 給付金など全部引いた額ですよ

    >医療費控除で申請する額は259,090円です。
    この金額は昨年一年間に掛かった医療費(病院代や交通費)ですね?

    この金額から、会社や保険会社から支払われた金額を引きます。
    259,090円-60,000円-29,5000円=169,590円
    ここから決まった額を引きます。
    169,590円-(10万円又は所得金額の5%<どちらか少ない金額>)=医療費控除額になります。


    分からなかったら、3月近くになれば税務署で無料相談がありますので
    それに行くと税理士さんが先生の役割を果たして一緒に書類計算してくれます。
    3/15日が締め切りなので、3/15日に近づくと相談者も行列が出来る程になるので
    早めに行くと並ばず、税理士さん達も余裕があるので計算とかもやってもらえますよ。
    記入は全部自分でしなければいけませんが、計算など間違いがないか等
    そこにいる税理士さんが確認してくれるので間違わずに済みます。

    ユーザーID:8926097152

  • 去年まで

    会計事務所に勤めておりました。
    保険会社の入院給付金や高額医療補助金は、その支払い対象になった病気にかかった費用から差し引きます。

    今回の場合ですと仮に支払金額259,000円全額が脳腫切除に対してのものでしたら、いただいた給付金と補助金が合計355,000円になり、かかった費用を上回りますので、医療費控除はできません。

    86,390円のみが脳腫切除の費用でしたら、この部分だけがその給付金の対象となり、たとえ貰った金額が多くても差し引きゼロとみなし、残りの172,610円は医療費控除の対象金額になります。
    なお、給付金自体は非課税収入ですので、申告の必要はありませんよ。

    ユーザーID:8824255268

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私も知りたい

    ダンナの給料に 医療費の名目で何ヵ月か前に支払った医療費のなんぶんの1が返ってきます

    それも記入するものですか?

    ユーザーID:0885220313

  • 医療費控除の対象は・・

    あなたが病院の窓口に支払った治療費−(10万円と 所得×5% のいずれか少ない方)となりますが・・・

    治療費に関して生命保険会社などからの支払い給付金を受けた場合は、更にこの給付金を差し引きます。

    したがって、窓口に支払った治療費より生命保険から受け取った金額が多い場合は、請求ができません。

    また、上記のように収入(保険会社からの給付金)の方が多くなった場合でも、治療目的の保険金ですので非課税です。こちらも申告の必要がありません。

    ユーザーID:1438768674

  • 記載されてましたよ

    国税庁のHPに下記のようにちゃんと載ってましたよ。

    (1) 保険金などで補てんされる金額
    (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
    (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

    だから生命保険で支給された給付金は申告しなくちゃダメですよ!

    ユーザーID:7741390224

  • 保険会社から

    保険金はいくらだったのでしょうか。
    29万5000円なのか2万9500円なのか、トピ文からはわかりにくいです。

    また、医療費控除の申請は年間を通して行える、確定申告期間の3/15までではないので、焦らなくても大丈夫です。

    ユーザーID:8556422548

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧