ラフマニノフ。前奏曲ト短調が弾きたい!

レス5
お気に入り11
トピ主のみ1

ピアノおばさん

学ぶ

娘のピアノの発表会の講師演奏で先生が演奏されていた
「ラフマニノフ 前奏曲 ト短調(Op.23-5)」を弾いてみたくてたまらなくなってしまいました!!!

しかし、私のつたないピアノ歴で弾ける曲なのかどうか・・・、
皆様、判断お願いします!

○現在、30代半ば
○小2〜高2までピアノを習っていた
○高1の発表会で、ショパンの幻想即興曲を弾く
 それ以来、ほとんどまともに練習していない(汗)
○最近、娘用にアップライトピアノを買ったので、再度クラシックにチャレンジしたい気持ちがメラメラ中
○手の大きさは、おそらく女子の人並み
○速弾き系(?)が得意だったので、オクターブでがんがん弾く曲はあまり経験がない

こんな私ですが、チャレンジする価値はあるでしょうか??
譜読み、演奏技術の難易度や、独学で練習する際の注意点などがありましたら、あわせて教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします!

ユーザーID:2237539564

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 甘くないけれど、トライしてみよう

    弾きたい曲は、とりあえず楽譜を購入して、弾いてみましょう。

    正直申しますと、作品23−5は、ラフマニノフの難曲群の中ではやさしいほうですが、甘くない曲です。そして、聞かせどころは、中身の詰まった和音で、手が大きいほうが格段に楽ですし、トピック主さまの得意なメカニックとは少し違うところで勝負しないとなりません。
    しかし、小さい手でも弾けないことはないし、曲想が単純で譜読みが楽なほうなので、少しづつトライなさるといいでしょう。
    フォルテの印象的な曲ですが、ピアノを叩きすぎると手を壊しますので、音量を控えめに、きれいな和音を鳴らすことを心がけて練習しましょう。

    ラフマニノフで、この曲がキツい、と感じたら、前奏曲「鐘」作品3−2、前奏曲作品23−4、作品23−6あたりなら、かなり弾きやすいです。キラキラした音のつながりが得意なら、作品32−12もいいでしょう。

    楽譜を買われるなら、ピースではなく、作品23の10曲がはいっている曲集を買われることをおすすめします。23−2など名だたる難曲も、楽譜を眺めてみるには楽しいものです。

    ユーザーID:6128916692

  • 過去のピアノ歴にもよりますが

    ラフマニノフの前奏曲なら、曲にもよりますが、
    ツェルニー40番修了以上のご経験があれば何とかなるでしょう。
    期間にして3ヶ月〜半年位もかければ充分モノになるでしょうか。

    >速弾き系(?)が得意だったので、オクターブでがんがん弾く曲はあまり経験がない

    とありますが、ト短調(Op23-5)はそれほど「速弾き系」ではありません。
    オクターブ以上の所は結構あります。

    彼の前奏曲なら、超有名な嬰ハ短調(Op3-2)の方が多少弾き易いかと思いますが、
    ト短調よりも明らかに「オクターブ(以上)でがんがん」ですね。

    私も過去に我流で両曲ともチャレンジしたことがありますが、
    ト短調では中間部で内声を浮き立たせるのが一つのポイントかなと思います。

    学生時代に初めて聴いたときには、
    出だしが何かの歌謡曲みたいで、思わずのけぞったことを覚えています。

    練習に際しては、弾くだけでなく、CD等で
    プロのピアニスト(できれば複数人)の録音をお聴きになることもお奨めします。

    ユーザーID:2897111484

  • やってみれば?

    弾きたい曲なら、楽譜買ってきてやって見ればいいと思います。出来なかったら諦めればいいのだし、弾ける所だけ弾いてもいいし。

    先生の弾いていたのとは同じ曲とは思えない出来になるかもしれないし、最初の半ページだけしか出来ないかもしれない。

    でも、それでもいいのでは?

    譜読みはゆっくりとこつこつと。一日1小節でもちゃんと何回も繰り返し弾いて覚えた方が、毎日10小節なんとなくあやふやのまま弾いているより早いです。

    難しいのは中間部です。練習方法などは、先生に単発でレッスンを受けて教えてもらうといいと思います。

    気をつけて欲しいのは、オクターブが沢山出てくるので、ブランクが長いことだし、最初はあまり練習を頑張りすぎないことです。一日5分を一週間、一日10分を一週間、と徐々に増やしていかないと、腱鞘炎になります。練習の前と後に柔軟体操をすること、手が痛くなったら休憩すること。

    ユーザーID:7039854588

  • トピ主です

    皆様、丁寧なレス大変参考になりました。ありがとうございます!
    実は、レスがつく前に、楽譜をフライングゲットしてきてしまいました。
    中間部手前まで軽く譜読みしてみましたが、
    たぶん、たぶんですが、何とかなりそうな予感がします(希望的観測)。

    素人ピアノ弾き様
    楽譜は、全音のラフマニノフ前奏曲集を買いました。小さい手でも弾けないことはないとのことで、安心しました。確かに、力任せに弾くとただ煩い印象になってしまいそうなので、きれいな響きを意識して弾きたいと思います。

    中年ピアノマン様
    ツェルニー40番は修了しています。私も、前奏部分でのけぞりました(笑)。昭和歌謡のような、行進曲のような…。CDはリンパニーの演奏が家にあり、演奏を聴きました。

    ピアノ教師様
    >一日1小節でもちゃんと何回も繰り返し弾いて覚えた方が、毎日10小節なんとなくあやふやのまま弾いているより早いです。
    大変参考になりました。早速今日から意識して練習したいと思います。腱鞘炎にならないよう、毎日地道にコツコツ、がんばります!

    ユーザーID:2237539564

  • 1か月もあれば何とかなるでしょう

    二度目です。

    ツェルニー40番を修了され、楽譜も既にお手元におありでしたら、
    毎日少しずつでも練習すれば、1か月もあれば何とかモノになると思います。

    私は40番は「中退」しましたので、
    ラフマニノフの前奏曲については、嬰ハ短調の方は何とか形になりましたが、
    ト短調は全曲通して弾くのは困難でした。

    テンポの変化やペダリングなど、演奏者によってさまざまなようですので、
    いろいろなプロのピアニストの演奏を比較しながら、
    ご自分のイメージを作り上げて下さい。

    ユーザーID:2897111484

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧