片付けたいけど、片付けられない

レス10
お気に入り19
トピ主のみ2

マーブル

ひと

目に留めて下さってありがとうございます。
最近言われているような、片付けられない症候群とは少し違うと思います。
まずは家族構成ですが
自分(30代後半)半年前に再婚
夫(40代前半)前妻と死別
長男(小学6年生)前妻の子
長女(小学4年生)前妻の子
子供は二人とも障害があります。
今、住んでいるところは夫の持ち家(マンション)で
前妻ともずっと暮らしていたところです。
子供たちのことや仕事の都合などで引っ越しはせず、
そのまま一緒に住んでいます。

ところが、前の奥様が亡くなられてから、男手一つで大変だったのはよくわかるのですが
家の中はかなりひどい状態です。
子供たちも自分でかたづける、自分のものを管理する、ということができませんので
おもちゃもちらかしっぱなし、
与えたものもすぐに壊して使えなくなってしまったり。

もう着られない洋服や、もう卒業してもいいであろうおもちゃ、
積まれたままほこりをかぶり、もう誰も見返すことはないのでは?と思われる
本やビデオなど、処分してすっきりしたいのですが
「これは◯◯が気に入っている(小さい頃気に入っていた)んだよな」
などと言われると、なんだか悪者になってしまった気分がして
手を出せなくなってしまいました。
部屋が散らかっている、というのは精神的にもいいことではないと思います。
ため息ばかりでます。
キッチン、トイレ、バスルームなどは、有無を言わさず片付けましたが。
(あまり「思い出」には影響ないと思われるので)

片付けをためらうのはあふれんばかりの「モノ」なのです。
ある程度は処分などしたそうですが、まだ前の奥様のモノもたくさんあります。
どれを処分して、どれは処分したくないのか?をいちいち聞く訳にもいかず、
夫にも片付けようよ、とそれとなく言うのですが腰が重いのか、
そうだね、というくらいで今に至ります。

ユーザーID:2426970222

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 誰になんと言われようと

    思い切って捨ててしまえば良いと思います。こっそり捨てれば案外気付かれませんよ。
    後になって「○○はどこにしまったの?」と聞かれても、「知らない」とシラを切ればいいと思います。

    ユーザーID:2501107713

  • 捨てましょ

    目の前にあるから迷いが出て、捨てられないだけ。
    消えてしまえば、思い出すこともなくなります。
    ましてや自分のものでない場合は。

    家がきれいになったら「もっと早く片付ければ良かった」
    と誰もが思うはずです。

    前の奥様との思い出を守るのも大事です。
    でも、それはあなたがするべきことではないですよね。
    生きている人の都合が最優先です。
    さっさと捨てましょ。

    ユーザーID:5586020291

  • やさしい?方なのかな・・・

    でも、これから長いですよ。ただでさえ再婚で
    子供さんは障害をお持ちとか・・部屋の片付けくらいで
    こんなでは先が思いやられます(笑)

    今からは主さんが妻でありお母さんです。自分を抑えて
    ばかりじゃ、ストレスたまりまくりになります。

    まず、皆が学校なりに行ってる間に主さんが思う「不用」
    だと思う物などを、ビニールに詰めて押入れの中にでも
    入れて綺麗に片付けましょう!

    ご主人、子供達が帰り、何も言わなければ押入れの
    ビニールは捨てましょう。それで、あれだけは捨てて
    ほしくなかった?物などがあれば言うでしょうから
    それだけ出して、それでも主さんが「?」と思う物なら
    話して聞かせて捨てるとかしたらどうでしょう?

    主さんの考えは
    >部屋が散らかっている、と言うのは精神的にもいいことじゃない
    なんだから、3人にわかってもらいましょう!

    何にしても、これから「長い」です。
    主さんの「色」を出して行きましょう!!

    ユーザーID:8259504845

  • こっそりではなく堂々と全員で

    あなたにかなりの遠慮がありますよね。
    散らかった部屋、片付けできない子供達…。
    放っておいて解決するのでしょうか?
    いつかは絶対に対峙したこの状況を乗り越えなければなりません。

    主婦はあなたです。母もあなたです。
    来週ではなく今週の土日で全員で掃除します。
    正直、赤の他人では想像が付かないような空気があるのでしょうね。
    先送りしたって好転する要素は一つもありません。
    夫に文句言われようが、子供が泣きわめこうが毅然とした態度で臨みましょう。
    それが新しい母を迎える最低の儀礼と思えるくらいに。

    ユーザーID:1663473050

  • トピ主です1

    レス、ありがとうございます。
    まとめてのお返事ですみません。

    絶対にもう1年以上はそのままのビデオテープの山、を
    片付けたい(捨てたい)のだけど、言ったら
    夫に「うーん、ちょっと待って」と。
    ちょっと、って・・・。
    今はテレビはほとんど見ません。
    片付けたいビデオはテレビドラマや放送された映画、子供番組などのようです。
    子供番組などは子供たちに見せれば、そりゃ今でも喜んだりしますが
    もうずっと見ていないモノなのでそれがないと落ち着かない、という
    ようなことはないはずなのに。
    そして、押し入れもなんやかやでいっぱいなのです(涙)

    夫も時折、重い腰をあげて、不要な本を片付けたり、
    前の奥様が趣味で使っていたものの材料などを欲しい方にあげたり、など
    思い立っていろいろしているのですが、なんというか
    焼け石に水、といった感じです。

    ビシッと言えずにいる私もいけないのですが、
    子供の書いた落書きでさえも先生にみせたりするために取っておいたり
    してるので、バシバシ捨ててると、
    「あ、それは・・・。ま、いいよ・・・」と言われたりするので
    その表情を見てると気持ちが萎えてしまうのです。

    ユーザーID:2426970222

  • こっそり

    申し訳ないですが、大変な苦労を承知で結婚されたんですね。

    捨てると言わないで、いらないと思われるものは一旦紙袋かダンボールに詰め込んで、別の場所に置いておいた方が良いと思います。

    1年位したら、こっそり捨てましょう。

    聞かずに捨てれば、本人達も忘れていると思います。

    ユーザーID:7133259587

  • この本はどうでしょう?

    小学三年生と一年生女児の母です。

    池田暁子著「片付けられない女のための
    こんどこそ!片付ける技術」
    という本はいかがでしょう。
    漫画なので、うちの子たちに読み聞かせたら
    とても面白がっていました。
    片づけができなかった著者が、
    できない人のレベルで書いているので参考になります。

    それから、我が家の上の子は自分なりの素敵な部屋
    のイメージがあるようで、絵に描いたりしています。
    素敵なお部屋の写真が載ったような雑誌を一緒に見るなんて
    いかがでしょう。

    昨年姉妹でお揃いの机を購入しました。(部屋は一緒)
    初めての自分だけのスペースが嬉しいようで、
    上の子は綺麗にしています。
    下の子は何でも取って置きたがるし、
    片付けも苦手です(私もなんですが)
    時々、私も手を貸して片付けています。

    「皆がほっとできる、素敵なおうちにしよう」って
    ご家族を誘ってみてはいかがでしょうか。

    子どもの将来のためにも、整理整頓や掃除を
    教える事は大切ですよね。
    我が家も頑張ります。

    ユーザーID:9942993655

  • トピ主です2

    いろいろアドバイスありがとうございます。

    残念ながら、押入れや納戸のような見えないところに
    保管、は難しいのですが(汗)
    ビデオやおもちゃなどは袋につめてみようかと思います。
    とりあえずはすぐに捨てず、に。
    少したって、その袋を開ける様子がなければ、
    これはなくても大丈夫、と判断しようと思います。

    こどもたちは、自主的に片付けるのは難しいですが
    片付けるところをきちんと決めれば、
    しまえると思います。
    今は、その片付けるところを決める、ということすら
    難しいので、子どもたちのせいには出来ないんですよね。

    がんばります。

    ユーザーID:4627843002

  • トピ主です3

    もうあまり見ている方もいないと思いますが・・・

    リビングが使いやすくなるようにソファやハンガーラックの位置を変え、
    もう日付がすぎていて、いらないであろうと思われるプリント類や
    お絵描き帳のたぐい、マックのおまけのおもちゃ、
    子供用の学習ソフト(一度も使ってるのを見たことがない)、
    破かれて飛び出なくなった絵本とか、とにかく袋につめて場所を作り、
    ちゃんとソファにも座れるようになりました(汗)
    袋から見える絵本を気にしているようでしたが、
    有無を言わさず捨ててきました・・・
    掃除をしていると「懐かしいモノ」が発掘されて手が止まることとかありますが
    子供たちも同じなのですよね。
    ずっと見向きもしなかったくせにいざ捨てるときになって
    あ、こんなのもあったっけ、とばかりに手に取ろうとします。
    もうこれはおしまい、バイバイね、と言っておきました(納得してるかはわからない)。
    いつかは雑誌の取材が来ても良いように(笑)あきらめずに続けます。

    ユーザーID:2426970222

  • 片付いていることの快適さを覚えてもらう

    私の場合には、結婚した相手がモノを捨てられない人でした。

    共に一人暮らしをしている時に一緒になりましたので
    それぞれの生活用品を持ち寄ったのですが、重複しているものも含めて捨てるのを嫌がる夫・・・
    日常の中でも、お菓子の缶やブランド品の紙袋など使うあてもないのに捨てない。

    一方、私は不要なモノはスパッと捨てるタイプであったため、
    一つ一つ「本当に使うの?いつ?何のために?」と追い詰めるような聞き方をしてしまい、
    夫もくよくよしていました。

    置く場所も決まらないワーキングデスクなど大物は、当初は隅の方に置いて、物置き場と化してましたが
    一年ほどしてから、粗大ゴミ品に片っ端から「不要」と付箋を貼って半ば強引に処分してしまいました。

    しかし、一度すっきりしてしまうと、その快感を覚えたのか、今では夫も積極的にモノを処分してくれます。
    私も「本当に良いの?」の思うくらいの勢いです。笑

    モノを捨てるのは決断の必要なことだと思いますが
    トピ主さまが背中を押してあげて、すっきり片付いている状態の快適さを覚えてもらったら良いと思いますよ。

    引き続き、頑張って下さい!

    ユーザーID:2933398306

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧