猫の肉球が冷たくてつらい(駄)

レス195
お気に入り1,191
トピ主のみ26

温球希望

話題

はじめまして。

わが家には猫が1匹おります。
夜、布団で寝ていると、この猫が布団に入ってきて、
私の足の間で眠ります。足を少し開くと、間に猫がおさまる
|↓|の感じです(||が私の足。↓が猫。猫の頭は下向き)

これ自体は良いのですが、問題は猫の肉球です。
布団に入るまで、さんざん床の上で遊んでいたため、氷のように
冷たい肉球を、猫はなんと、私の素足に押しつけてくるのです。

説明が難しいのですが、猫は横向きに寝て、両手両足を前へ出し、
(体育の「前へならえ」の両手両足バージョン。コの字型)
4つの肉球を、ぎゅうっと私の足に押しつけます。

あまりに冷たいので、足を動かして肉球から離すと、猫も前進して、
また肉球を押しつけてきます。何度も。わざととしか思えません。

しばらくして肉球が温まると、私の足を「抱き枕」のようにして、
自分の足や腕を、私の足に乗せて寝ます。やっと平和が訪れます。

肉球を温めてから布団に入ってもらおうと、布団を敷いて猫を抱き、
肉球を軽く握って温め、布団に入れてみましたが、すると猫はすぐ
布団から出てしまいます。自分で決めて、自主的に入りたいようです。

私はロングTシャツを寝巻にしているので、下にパジャマのズボンを
履いて寝てみたら、ズボンの裾をめくって肉球を押しつけてきました。

パジャマズボンの上から、厚手のハイソックスを履いてみたら、
(ズボンの裾をインにして)
ハイソックスを手でずり下げて、肉球を押しつけられました。

元々ドアを自分で開けたり、お菓子の包みを開いたり、器用な猫です。

靴下を履かせても脱いでしまうだろうし、毎晩「ひえっ」と叫ぶほど
冷たくて困っているので、なんとか解決したいです。

夫は「探偵ナイトスクープに頼め」と言いますが、
とても放送に耐えられる寝姿ではありません。

どうかアドバイスをお願いいたします。

ユーザーID:5044372417

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数195

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です 続き 1

    トピ主の温球希望です。
    補足説明をさせていただきます。

    愛猫家の皆様に叱られるかも知れませんが、そもそもわが家には
    猫を布団に入れる習慣はなく、猫は猫スペースで寝かせていました。

    ところが昨年、引っ越しで今の家に来たら、とてもとても寒いのです。
    足が冷えて眠れない私は電気カイロ、猫には猫用ホットカーペットを
    使っていたのですが、「一緒に寝たら暖房不要では?」と考えました。
    不純な動機で、すみません・・

    猫は布団に入るのを嫌がりませんし(むしろ嬉しいようです)、
    私は足元が暖かくなって助かります。節電にもなっています。

    なので、少なくとも冬の間は、猫in布団を続けたいと考えています。

    ちなみに足の間に入るのは、猫の希望です。それ以外の場所では
    絶対に寝ません。「猫が飼い主の腕枕で寝る」などと聞くと、
    私も!と思って猫を隣に置くのですが、必ず足元をめざします・・。

    長くなるので、続きます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 続き 2

    長くなって申し訳ありません。
    トピ主の温球希望です。

    猫が布団に入りたい時は、寝ている私の頭近くへ来て、
    前足で私の肩を「ちょっと、ちょっと」とチョンチョンします。

    私が布団(の入口?)を少し持ち上げると、進入してきます。
    その時、猫は私の肩→胸→お腹の上を横断し、足の間へ降りていきます。

    7キロ近い猫なので、たまに顔や首を踏まれると、死にそうになります。
    そしてその後、恐怖の「肉球プッシュ」が待っています。

    「足を折りたたんで、しばらく箱座りしてから、布団に入ってくれない?」
    と頼んでみましたが、まるで聞いてくれません。

    「猫と一緒に寝る」という猫飼いの方は、
    肉球問題はどうしていらっしゃいますか。

    また、犬飼いの方は、こういう悩みはないのでしょうか。

    猫は肉球を温めたいだけで、悪気はないと思いますし、駄猫ですが
    大切な猫なので、できるだけ猫に負担のない解決法を探したいです。

    ご意見をいただけたら嬉しいです。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 3

    トピ主の温球希望です。
    ゆきんこ様まで拝読しました。

    皆様、温かいレスをありがとうございます。
    まとめてのお礼を、どうぞお許しください。

    昨晩も、冷たい肉球を押しつけたい猫と、よけたい私とで、
    布団の中の攻防が繰り広げられました。また私が負けました・・。

    羨ましい、癒やされると書いてくだった皆様、ありがとうございます。
    うちの猫で良ければ、お貸ししたいくらいです。冷肉球つきですが。

    レギンス(トレンカ)は、試したことがあります。
    冷肉球には有効だったのですが、「ずらそう、下げよう」と頑張る猫が
    両手と口でズリズリ、カミカミするので、爪と歯がレギンス越しに当たり、
    足がチクチク痛くて、降参しました。猫の爪は切ってあるのですが・・

    太ももや膝上丈ソックス、探してみます。ありがとうございます。

    肉球を当ててくる猫の飼い主様、お仲間がいて嬉しいです。
    「こちらがぬくぬくした頃」そうなんです、やっと身体が温まった頃に
    冷たい肉球で入ってくるので、眠気が一気に吹き飛んでしまうのです。
    一緒に寝たい気持ちはあるので、なんとか平和的共存を目指したいです。

    続きます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 4

    布団の中には、電気毛布が入っています。
    湯たんぽというか、電気あんか(表面布)を入れたことはありますが、
    猫はそちらには向かわず、いつもどおり私の足に冷肉球を・・でした。

    猫ばかで恐縮ですが、私もうちの猫は賢いと思います。愛しいです。
    でも冷たいんです・・。やはり愛と我慢が足りないのか・・悩みます。

    就寝前、読書やテレビ視聴をする私の足元で、猫は寝ています。
    ところが就寝準備を始める(布団を敷く、洗面等)と活動的になり
    玄関や階段を走ったり、風呂場に行って蛇口から水を飲んだりします。
    この時に、肉球がかなり冷たくなってしまう気がします。

    猫が布団に入るのは、私が入ってから、約10〜30分後です。
    最近では「そろそろ来る」「今日も冷たいんだろうな」と考えてしまい、
    猫がタワーに登って、こちらを見下ろしていたりすると、「来るなら
    早く来て!」と言いたくなってしまいます。ダメな飼い主です・・涙



    引き続き、ご意見をいただければ幸いです。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 5

    レスをくださった皆様、ありがとうございます。
    チョコ様まで拝読しました。

    思いの外、肉球押しつけ猫さんは多いこと、また猫飼いの宿命として
    皆さん粛々と(嬉々として)受け入れておられることを知り、
    おのれのふがいなさを、あらためて噛みしめております。

    ネコスキー様宅と同様、うちの猫も夫の布団には入りません。なぜ・・

    ポコ様。布団に入るタイミングは猫が後。抱えて入れても出てしまう。
    ほどよく冷えた頃に布団に入ってくる。・・わが家と似ています。
    ただし、うちの猫は「かなーり(肉球が)冷えた頃に」入ってきます。

    ホットカーペットの上で寝ていて、せっかくホットにゃんこになっても、
    私が寝支度を始めると、玄関のたたきに座り込み、寒い階段を往復し、
    風呂場へ行って水を触り、冷え冷えコールドにゃんこになって戻ります。

    なんというか、「さぁ、もうすぐ就寝だ−!」とテンションが上がり、
    嬉々として寒い場所へ突撃し、肉球を冷やしに冷やして、戻るのです。

    「あー冷たかった!」という感じで、よく後ろ足を上げ、プルプルッと
    振っています。・・だったら、寒いとこ行くのやめたら(心の声)

    続きます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 6

    続きです。

    チョコ様。うちの玄関ドアにはミラーガラス?(中から外は見えるが
    外から中は見えない)があり、猫は就寝前、玄関のたたきで外チェックを
    しています。たたきが冷たそうなので、クッションフロアとマットを
    敷きましたが、猫は平気そうで、その後布団に入られる私が泣いてます。

    長いと30分以上玄関にいるので、寝巻のまま呼びに行ったり・・
    お腹の上を冷たい肉球で歩かれるのも、つらいですよね。うちの猫は、
    たまにお腹の上で止まって、毛づくろい始めます。お願い、やめて〜。

    猫は本当に可愛いです。
    可愛いけど、寝不足で翌日の仕事がつらいんです(泣)

    とりあえず今夜は、パジャマズボンとくつ下の間にサポーターをはめ、
    猫が布団に入る時は、そっと握手をして、前足の肉球を温めさせて
    もらいます。うちの猫は「お手」をするので、せめて前足だけでも。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 7 昨晩の結果と、猫の肩たたき

    皆様、ありがとうございます。
    まか様まで拝読しました。

    うちの猫の肉球は冷たいですが、皆様のコメントはとても温かく、
    大きな励みになっています。とても感謝しております。

    犬飼いの皆様もコメントくださり、とてもありがたいです。
    私も以前犬を飼っており、肉球がそんな冷たかった記憶はないので、
    猫の肉球がなぜこれほど冷たいのか、不思議です。

    犬の肉球は結構硬くて乾燥しているのに対し、猫の肉球は犬のより
    柔らかく湿っているため、猫の方がしっとり冷たいのかと感じます。

    昨晩は、布団に入るため肩たたきに訪れた猫の前足を温めようと、
    そっと握ったら、「入るのやめる」とUターンしてしまいました。
    猫ごめん・・

    そしてまた30分後くらいに肩たたきに来ました。
    足の間に入り、パジャマズボンと靴下の継ぎ目に当てたサポーター
    をずり下げようと、かなり頑張っていましたが、かなわず。

    諦めてくれるかなと思ったら、今度は反対側の足のサポーターに
    取りかかりました。根負けです・・

    長くなって、すみません。続きます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 8 猫版「ゴチになります」

    猫は、私が布団に入って電灯を消してから、肩をたたくまでの間、
    部屋の隅(フローリング部分)で、おもちゃでサッカーをしたり、
    タワーに登って遊ぶのですが、何度か私の枕元へ来ることがあります。

    しかし「肩たたきかな」と心の準備をすると、私の顔や頭のニオイを
    嗅ぐだけで、立ち去ります。そしてまた遊び、また寄ってきて・・

    以前「ゴチになります」という番組を見たら、料理の金額を予測した
    出演者たちの後ろを司会者がウロウロし、肩をたたきかけてはやめて、
    立ち去る。という光景があり、「うちの猫と同じだ」と思いました。

    大金がかかったお仕事と、猫の肩たたきを一緒にしては申し訳ない
    ですが、「来るか・・来たか?」のドキドキは似ています。

    最近は、自分が布団に入ってから、猫が入るまでの間、
    少し動悸がするようになってしまい、困っています。
    知人に医師がいますが、恥ずかしくて理由を言えません。

    ちなみに電灯をつけたままだと、猫は布団に入りません。
    電灯を消した暗い部屋の中で、走ったり飛んだり遊んでいます・・

    昨晩、うちの猫の肉球の冷たさを検証(素人ですが)したので、
    後ほどご報告いたします。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 9 寒さに強い猫?

    こんな悩みにお答えくださり、皆様本当にありがとうございます。
    皆様に猫のご加護があることを、お祈りいたします。

    40代・兼業主婦様まで拝読しました。

    うちの猫は、もちろんホットカーペットや毛布に乗りますが、
    どうしても!という感じではなく、廊下や玄関でもそう困らない・・
    という顔をしています。先祖に寒冷地の猫がいるのでしょうか。
    ごく普通の日本猫なのですが。

    留守中は、寒さ対策に猫用ホットカーペットと毛布を
    置いていきますが、使った形跡がないこともしばしば。
    帰宅すると、寒い階段の途中で寝ていたりします。

    とびお様、ありがとうございます。
    就寝前は、ヤケクソで(赤面)いつも猫と遊んでいます。
    主にオモチャ投げで、猫は階段や部屋中を飛び、走り回ってます。
    彼の辞書に「疲労」の文字はありません、たぶん・・

    20分ほどで終了、猫はその後一人サッカー。フローリングの方が
    オモチャが滑って楽しいせいか、カーペット部分には乗りません。

    レンジで温めるタイプの湯たんぽ、探してみます。
    タオル巻きペットボトルに、ぬるま湯を入れる
    簡易湯たんぽも、再チャレンジしてみるつもりです。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 10 冷たい肉球検証

    うちの猫の肉球がどれくらい冷たいか、昨晩検証してみました。

    被験者は夫。玄関に座っていた猫の肉球と、冷たそうな物を
    交互に夫の太ももに押し当て、どちらがより冷たいか調べました。
    (念のため、私は同じものを頬に当てて、比べてみました)

    結果は、冷たい順に

    冷凍肉まん>冷蔵単一乾電池=肉球>冷蔵こんにゃく>台所みかん

    でした。冷蔵こんにゃくは、水気を軽く拭き取ってあります。

    冷蔵単一乾電池のお尻部分と、玄関のたたきに座った肉球は、
    かなり良い勝負でした。大きさ的にも近いです。感触は、
    こんにゃくが近いのですが、瞬間的な冷たさで乾電池に軍配。

    ただ、猫の足4本分=単一乾電池4個を、太ももとふくらはぎに
    当てて最終検証しようとしたら、夫が「もう勘弁」と逃げたので、
    冷蔵単一乾電池4個での検証はできていません。不完全燃焼・・

    猫は全然嫌がらずに協力してくれたので、これを機に
    「ダンナの足でもいっか」と目覚めてくれないものか・・。

    猫っこ様とまか様のレスを拝読し、うなりました。
    今は涙の冷肉球も、いつか良い思い出に。考えさせられます(号泣)

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 11 ペットの寝相と開脚

    名指しですみません。
    ワンワン様、 <↑> での睡眠、お疲れ様です。

    うちの猫は、布団に入ってすぐは、 |↓| ですが、
    時間が経つうちに |↑| や /→\ になります。

    とくに /→\ で、猫が両手両足を一文字に伸ばしていると、
    かなりの開脚。股関節は痛いわ、足の先が布団から出て寒いわ。

    そこで・・

    毎晩苦しい姿勢で耐えている皆様には、申し上げにくいのですが

    /→\ の状態になると、私は足で猫を動かして
    |↑| または |↓| に換えています。

    猫はされるがままで、体勢が変わった後も、そのまま寝ています。
    ひっかいたり噛んだり、抵抗することはありません。

    また、|↓| から、猫が布団の先の方へはみ出していたら、
    手だけで猫を探り、猫の両腕、または両足をつかんで、
    ずずーっと上まで引っぱります。この時も、猫はされるがまま。

    「はみ出したら寒いだろう」と、親切のつもりだったのですが、
    皆様のレスを読むうちに、心配になってきました・・



    とりあえず、急いで猫に謝ってきます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 12 進展ありました(1)

    皆様、おはようございます。
    まずは昨晩の報告です。

    ペットボトルにお湯を入れた簡易湯たんぽを、再度試すことに
    しました。以前は、思いっきり素通りされていますが(涙)

    タオルを巻いたペットボトルに靴下を履かせ、疑似足を作ります。
    500mlのボトルで準備していたら、夫が1.5リットルボトルを出し
    「足と同じくらいの太さのが、いいんじゃない?」。怒怒怒怒

    フリース素材の大きな靴下をかぶせ、猫はいつも(初めは)私の左足に
    肉球を押しつけるので、左足、ペットボトル、猫、右足となるよう配置。

     | i ↑ | で、i がペットボトルです。

    猫は横向きに寝て、両手両足を前に出し、コの字型になるので、
     | i コ | の姿勢で、肉球を(とりあえず)温めてくれれば。

    左足の内側にボトルを置き、さらに猫が入れる隙間を開けて、猫の
    進入を待ちました(どう考えても正視に耐える寝姿ではないです)。

    肩たたき後、いつものように進入してきた猫は、ペットボトルの横で
    少し固まって?いましたが・・やがて、ゴソゴソ。フリース靴下を
    いじり(脱がせ?)始めました。ハーレルヤ♪ ビバ湯たんぽ!

    続きます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 13 進展ありました(2)

    ペットボトル疑似足作戦の続きです。

    猫がペットボトルの靴下を! と喜んだのもつかの間、
    また私の右足に手をかけ、サポーターをずりずり・・
    右じゃない、左だよ、左! 指示出しも虚しく、撃沈。

    どうしても(最後は)人肌じゃないと、ダメなのかも知れません。

    朝、夫に「湯たんぽを2本にして、| i ↑ i | で寝れば」
    と言われました。うう、ますます奇怪な寝姿になってしまう・・

    しかし収穫は大です。ペットボトルの靴下を脱がそう(?)と頑張る
    間に、猫の肉球が「超冷」から「冷」程度になった気がするのです。

    後ろ足の肉球は、靴下脱がしでは温まらないので、猫が私のお腹の上を
    通る時に、電気毛布の上で少し止まってもらえないか、工夫してみます。

    皆様からいただいたアイデアと励ましのおかげで、ひとすじの光明が
    さしてきました。心なしか、昨晩の睡眠はいつもより深く、
    猫の下腹は、いつにもましてフカフカだった気がします。幸せです。

    猫には猫のこだわり、マイルールがあると思うので、
    お互い気持ちよく眠れるポイントを探します。

    また報告させていただきます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 14 実は・・

    羨ましいと書いてくださる方が多く、
    内心冷や汗をかいておりました。

    甘えん坊、私のことが好き・・実は違うのです。
    うちの猫は抱っこが嫌い。5分が限度かも知れません。
    首に巻くのは、あまり嫌がらないのですが(ごろごろいいます)

    この冬は寒く、この家は寒いので、今でこそ時々膝に乗りますが、
    昨年までは、膝に乗ることなど皆無の猫でした。
    後追いもしませんし、いたってクールな関係です。

    羨ましいと書いてくださる皆様の夢を壊すようで(?)
    恐縮ですが、うちの猫は、寝相が相当悪くなければ、
    おそらく誰の足の間ででも寝ます。

    以前、猫を知人に預けた際、彼女のご主人(初対面)の足の間で
    寝たそうです。喜んでおられたので、気に留めませんでしたが、
    もしかして「冷肉球プッシュ」もしたかも知れません・・汗

    「猫と一緒に寝たい」方にお貸しできないのが、もどかしいです。
    実物はかなり愛想のない猫なので、ガッカリされると思いますが。

    皆様の猫話犬話、とても楽しく、参考になります。
    友人や近所の方とは「一緒に寝る」は話せても、
    「内股に肉球が!」は言えないので、ここで書けて嬉しいです。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 15 少し疲れています(1)

    皆様、ありがとうございます。

    ナッツ様 残念ながら、うちの猫の色柄は違います。
    私もこのトピで「同じことをする猫(犬も)がこんなにいたのか!」と
    驚いたクチです。そして皆様なぜか喜んでます。ドMでしょうか・・

    さきこ様 お褒めの言葉ありがとうございます。猫の側を応援・・汗
    私は皆さんのレスで、何度もお茶を吹いてます。パソコンやばいです。

    acchonate様 すみません、笑いすぎて、お腹が痛いです。

    よく恋愛や夫婦関係トピで「こんなに尽くしても報われない」相談に
    「そんな夫(妻)とは別れなさい」レスがあるのに、猫に報われない
    飼い主様は「そんな猫とは別れなさい」とは絶対言われませんね・・

    ドンコル様 さらっと書いておられますが・・中間管理職猫って(爆) 

    昨晩は、就寝前の猫のテンションがいつもより高く(?)、
    布団に入るまでに1時間以上かかり、待ち疲れしました。

    声をかけましたが、
    猫はガン無視。オモチャをくわえて枕元へ来て、「投げろ」と
    言うので、私も無視したら、頭の上にオモチャを落とされました。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 16 少し疲れています(2)

    まくら様 冷え冷え肉球 vs 冷え鼻先を首筋に。検証してみました。
    結果は(うちの猫の場合)肉球の圧勝でした。肉球超冷、鼻やや冷。

    鼻先は確かに濡れて冷たいですが、面積が小さく、周囲に毛がある
    ためか、小指の先ほどの豆腐を、ちょんと押しつけられた感じ。

    肉球は濡れてはいませんが、保冷剤のように、冷たさを内部に
    保っている感じです。ちなみに、つらさとしては、内股 > 首筋。

    ただ私たちは首(つら)の皮が厚いので、他の人なら違うかも。

    昨晩は、猫が布団に入るまで長かった上、深夜に布団から出て
    (たまに、身体が温まりすぎると?、放熱のためか出ます)
    またウロウロ、布団に入り直し。目がさえてしまいました。

    私がずっと眠っていれば、猫はそのうち諦めるでしょうから、
    これはやはり猫ではなく、私の問題。

    ちょうど猫が正座して、顔を洗っていたので、私も正座して、
    「申し訳ないけど、このままだと、ちょっとつらい」

    猫が膝に乗り、頭を膝の方に向けて箱座りしたので、
    猫の後頭部に向かって話すという、間抜けな対話。

    重い猫を乗せた正座は、まるで江戸時代の拷問・・

    後ほど、またご報告します。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 17 仕事中眠いです(泣)

    今日は目がシバシバしてます。「花粉症?」
    いえ、猫の運動会と肉球で・・言えない(泣)

    猫かわいがり様 肩たたきドキドキしますよね。もし私が「ゴチ」に
    出たら、途中で「払うから、もうウロウロやめて」と叫びそうです。

    pupu様 
    >股に来ました・・・・
    >子猫たちが生まれました・・・・私の内またで・・・・。

    アゴが外れました(痛)
    皆さん、結構すごいことをサラッと書かれて、眠気がふっ飛びます。

    猫だましい様 
    >閉じた腿の上に乗り、ずりずりとお尻をめり込ませてきます。

    可愛い・・(鼻血)

    うちの猫は、到着して足が閉じていると、足の上で延々と
    ほりほりほりほり・・両前足で、足の間を掘り続けます。

    夫が昼寝してると、よく足の上に乗って、ほりほりやってます。

    夫は爆睡でまったく気づかないので、仕方なく私が片足を動かして、
    猫が入るスペースを作ります。

    夫は無意識に足を閉じるのか、|↑| から |○| だったのが
    |U| になり(猫二つ折り)、時々猫が両手で押し返してます。
    (人のを見る分には楽しい)

    少々思うところあり。
    今晩のトライアルで今後の方針を決めます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 18 人間万事塞翁が猫(1)

    長いご報告になります。

    昨晩、ペットボトル2本作戦失敗後、猫(と夫)に話しました。

    元々、猫と寝る習慣のなかった私が、あなたを暖房代わりにしようと
    思い立ち、一緒に寝てみたら思いのほか心地よく、とても幸せだった。

    でも、あなたがなかなか布団に入ってくれないこと、入ると冷たい
    肉球を押しつけてくることは、あなたに悪気はないと思うけれど、
    私には、とてもつらいことだった。

    小町の皆様が「春までの辛抱」と励ましてくださり、私もそう思った
    けれど、昨日は雪が舞い、今日は雨が降り、私は年度末まで忙しい。
    情けないけど、寝不足のまま、あと一ヶ月頑張れる自信はない。

    もっと睡眠に神経質でない人間が飼い主だったら、布団の中で寝て、
    肉球を人の足に押しつけるあなたの楽しみは、続いたかも知れない。
    私が飼い主であるせいで、楽しみが減るなら、本当に申し訳なく思う。

    でも正直、今週はきつかった。社会人として仕事を頑張るには
    週末きちんと睡眠を取り、休んでおく必要があると思う。
    疲れが取れたら、今後のこと、またゆっくり考えようね。

    だから・・

    (続きます)

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 19 人間万事塞翁が猫(2)

    つらいけど、少なくとも今夜と明日は、また猫部屋へ戻って、
    ハウスで寝てね。ほんの2カ月前まで、何年もずっとそうして
    寝てたんだから、大丈夫だよね。最初は、あれ? と思っても
    あなたもきっと、独り寝の気楽さを思い出してくれるはず。

    ホットカーペットと毛布は、もう敷いてあるよ。
    朝、迎えに行くよ。朝ご飯の後、たくさん遊ぼうね。


    猫は丸くなり、灯りがまぶしいのか、手で顔を覆って寝てました。
    聞いていたかはわかりませんが、猫を抱えて猫部屋へ行きました。

    寝ぼけまなこの猫は、目をショボショボさせながら、
    あれれ? という顔で、おとなしく猫ハウスに入りました。
    (というか、私がハウスに猫を置いて、毛布をかけました)

    猫部屋のドアにストッパーをかけ、自分の布団へ。
    今夜は久しぶりに、寝巻一枚で眠れます。
    ぐっすり眠れるでしょう。猫もゆっくり眠れるはず。

    わーお、わーお、わーお、わーお、わーお・・・

    滅多に鳴かない猫が、鳴いてます。そのうち諦めるでしょう。
    ここで折れたら意味がない。私は強い意志で決めたのだから。

    (続きます)

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 20 人間万事塞翁が猫(3)

    わーお、わーお、ゎ−ぉ、ゎ−ぉ・・・

    やっと鳴きやんだ。猫はもう寝たはず。なんの心配もない。
    さぁ、私も寝よう・・寝よう・・

    ・・・猫部屋のドアを開けてしまいました(泣) ← ばか

    猫ハウスを覗くと、既に丸くなってた猫が、きょとん。
    私の顔にスリスリ・・するはずもなく、まっすぐ廊下へ。

    階段前で捕まえて抱え、急いで布団に潜り込み、
    モゾモゾ動く猫を両足でカニ挟み!

    やがて抵抗(?)がやみ、足を緩めると、猫は横向きになり
    前へならえ。もろ素足への肉球プッシュでしたが、直前まで
    猫寝てた → ハウス → 布団だったので、ぬる球でした。

    今朝、夫が「昨日やっぱ猫と寝たの?」と訊いてきました(汗)

    「ストッパー忘れて、猫がドア開けちゃって〜」 ← 猫冤罪
    「ふ〜ん」 ← 絶対信じてない

    今晩は、「布団に強制収容&足でカニ挟み」に再挑戦するか。
    それとも新たな策を練るか。

    とりあえず、猫がボーッとしてる寝込みを襲います。← 卑怯

    長文を読んでくださり、ありがとうございました。

    次回、今晩の結果報告をもって、
    最後のご挨拶とさせていただくつもりです。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 21 最後のご報告とお礼(1)

    皆様、この一週間ありがとうございました。

    こんなおかしな(不謹慎な? 贅沢な?)悩みに答えてくださり、
    また笑ってくださり、大いに励まされました。感謝しております。

    実はトピを立てる前は「猫を利用しておいて、肉球が冷たい?
    勝手すぎる!」「飼う資格なし」とお叱りを受けるのではと、
    ビクビクしていました。不快に思われた方、すみませんでした。

    猫との攻防ですが、一度は「ペットボトル湯たんぽ作戦、
    大成功?!」と舞い上がったものの、翌日は湯たんぽは
    ほとんど触れてもらえず、私の足へ、猫まっしぐら。

    パジャマズボン&靴下の時は、めくろう、下ろそうと頑張った
    猫は、継ぎ目にサポーターをつけたら、やっと下ろすのを断念。
    その代わりパジャマの上から、甘噛みを始めました(涙)

    マジ噛みではないので、皮膚が傷つくほどではありませんが、
    はむはむ・・ちくちく・・とても眠れません。

    またもや降参で、サポーターと靴下を取ると、「やれやれ、
    手間かけさせやがって」という感じで肉球を当ててきました。

    続きます。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 22 最後のご報告とお礼(2)

    賢いといえば賢いのでしょうが、もう笑えず、寝不足もあり、
    夫に「猫に何か教えた?!」と八つ当たりして、
    肉球だけでなく、家の空気まで冷えてしまいました。

    毎晩こうでは眠れない。恥ずかしながら白旗上げて、
    猫と一緒に寝ること自体を、諦めることにしました。

    猫部屋へ戻ってもらうと猫に告げ、いい年して涙目になりながら、
    猫をハウスに戻しました。以前、犬を飼っていた時に「どれだけ
    鳴かれても応じない」鬼飼い主だった私は、自信がありました。

    ところが猫のいない布団にとても耐えられず、猫を迎えに行って
    しまい・・(赤面)。別室で寝る夫にバレると恥ずかしいので、
    急いで拉致し、布団に潜りこんで、寝技で押さえ込みました。

    翌日の夜と昨晩も、寝込みを襲って布団に拉致&カニ挟みをきめ、
    猫はしばらくモゾモゾしてましたが、やがて諦めてくれました。

    実は「お腹の上に猫用ホットカーペットを置き、猫が布団に入って
    私のお腹の上を横断する際、少し止まって肉球を温めてもらう」
    作戦も考えていました。なんだか、追い込まれていたと感じます。

    次が最後です。

    ユーザーID:5044372417

  • トピ主です 23 最後のご報告とお礼(3)

    この一週間、皆様が励まし、笑ってくださったおかげで、
    『仁義なき戦い・肉球篇』を乗りきることができました。

    皆様の「うちも同じ!」体験談、私の話など足元にも及ばない
    「内股で猫が出産」「雨でびしょびしょ猫、積雪猫が布団に・・」
    「犬もやります」話には驚かされました。皆さん、お宝持ちすぎ。

    ほとんどの皆様の「肉球は冷たい。でも可愛い。愛しい」
    とのコメントを拝読し、おのれの不徳を恥じるとともに、
    皆様の猫愛・犬愛の大きさに、深い感銘を受けました。

    また、テンション高め猫飼い様の爆笑猫ライフ、犬飼いの皆様の
    嬉しいけど困った話は、テンション低め飼い主の私(赤面)には
    「こんな世界があったのか!」と、目からウロコ。

    思いきって、初めてトピを立てて、本当に良かったです。

    飼い主に似てテンション低めの猫と、これからも肉球を押し合い
    へし合い、生きていきます。皆様の熱い猫魂、犬魂は忘れません。

    長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。
    もうすぐ猫の肉球型の梅の花が、たくさん咲きそうです。

    ユーザーID:5044372417

  • 再び、トピ主です 一 近況報告とお礼

    ご無沙汰しております。トピ主の温球希望あらため、温球成就です。
    一ヶ月ほど前、こちらで猫との肉球闘争で相談させていただきました。

    その際コメントくださった皆様、読んでくださった皆様、そして最後の
    ご挨拶後もこちらをのぞいてくださった皆様、ありがとうございます。

    再度の書き込みがルール違反でしたら、申し訳ありません。
    また、一ヶ月前は睡眠不足でふらふらでしたが、現在は仕事の追い込みで
    へろへろですので、見苦しい文章、深くお詫びいたします。

    まず、近況報告です。皆様からいただいた数々のアドバイスを元に、

    ・床に毛布(ハーフサイズ)を敷き、そこに猫を寝かせておく
    ・猫のそばに電子レンジ湯たんぽ、ペットボトル湯たんぽを置く
    ・猫と湯たんぽの上から膝掛けをかぶせる

    いざ就寝時間になったら、毛布の四隅を持ち上げて(茶巾寿司を作る要領で)
    猫を捕獲し、そのまま布団に押しこみます。

    しかし、夫の前で「ほほほ、所詮猫アタマよね〜」と高笑い、実演しようと
    猫茶巾を持ち上げたら、あら今日はやけに軽い・・

    猫はいつのまにか脱走、寒い玄関で嬉しそうに冷えていたこともありました。

    続きます。

    ユーザーID:5044372417

  • 再び、トピ主です 二 露天おっさん猫

    脱走猫は、捕まえて再び茶巾にしていましたが、
    夫が「逃げたら猫の勝ちじゃないの?」

    そういう考えもありかと、猫が脱走に成功した日は「冷え冷え肉球ナイト」とし、
    猫は好きなだけ冷えた後、好きな時に布団に入る。私は我慢・・と決めました。

    現在、冷え冷え肉球ナイトは週1〜2度、毎晩ではないと思えば
    なんとか我慢できます。そして意外な(?)発見もありました。

    布団に進入し、私の足に冷え冷え肉球を押しつけて数分後・・
    猫が、はーーーっ、と大きな息を吐くのです。

    それはまるで寒い日に、おじさんが露天風呂に入り、湯舟につかった瞬間、
    「はーーーっ、極楽、極楽」と満足げに息をつく様子そっくり。
    (男湯覗いてません・汗。旅番組とかでやってるやつです)

    以前から放送に耐えられる寝姿ではなかったですが、冷肉球に震えながら
    見えない猫に「露天おっさんかよ」とツッコミ入れる私は、もはや放送禁止です。

    ユーザーID:5044372417

  • 再び、トピ主です 四 背中猫

    体幹を鍛えるポーズで、四つん這いの姿勢から、右手を前、左足を後ろへ
    伸ばすのがあります。秒針をにらみながら、あと30秒・・あと20秒・・
    猫、周囲をウロウロするの、やめてください・・

    背中に乗るのは、もっとやめてくださいっ!(泣)

    背中に乗られると痛いですね。初めて知りました。猫が背中で踏ん張るせいか、
    爪がくいこみ、冷たい肉球がキャミソールからはみ出た地肌に当たって冷たい。
    「重い・痛い・冷たい」の三重苦です。

    廊下を通りかかった夫が、ちらっと見て「あーそれ、俺も昔、部活の先輩に
    やられたよ。腕立てとかしてると、背中に乗られるんだよなぁ」
    そのままスタスタ去る夫。猫を下ろしてくれる気はないようです。

    皆様のレスを読むと、私も思い出します。今はテンション低い猫ですが、
    そういえば子猫の頃は、抱くとやたら人の顔を舐め、痛くて顔をそむけると、
    前足でぐいっと顎を引き寄せ「俺の目を見ろ」
    ラテン系情熱猫、アントニャオ・バンデラスでした。あの頃君は熱かった・・

    愚痴および一人語り、申し訳ありません。
    皆様のコメントはとても楽しく、日々の疲れがほぐれていきます。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:5044372417

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧