キャリア・職場

体調不良で休職の末、退職。でもやっぱり空を飛びたい

レス7
お気に入り4

にゃんこ

働く

こんにちは。トピを開いて下さってありがとうございます。20代後半の独身OLです。
大学卒業後新卒で日系の航空会社に就職し、客室乗務員として勤務していました。しかし、仕事のストレスと過労が原因で体調を崩し、休職の末、退職。その後、無事に体調は回復し、現在は一般企業の事務職として働いています。

元々、小さい頃からの夢や憧れがあって客室乗務員になったわけではないのですが、在職中は同期にも恵まれ充実した毎日でした。
ただ、休職時は仕事のストレスで精神的にかなり参っており、CAの仕事が好きという想いよりも、もうあの仕事には戻りたくない…という気持ちの方が大きかったです。このご時世、何の資格もスキルもない私が現職に転職できただけでもラッキーだと思いますし、現状に不満があるわけではありません。

ただ、ふとしたときに、またフライトしたいなぁ…と前職が恋しくなってしまうのです。元同期とは今でも頻繁に会っているので、彼女たちの仕事の話を聞いて羨ましく思う気持ちもあるのかもしれません。
もちろん、今から何処かのエアラインに応募したとしても内定を頂くチャンスは少ないと思いますし、また、年内に結婚を控えており、婚約者が激務のためおそらくCAの仕事との両立は不可能だとも思っています。

それでもやっぱり、また空を飛んでみたい。これって無いものねだり?思い出に縋っているだけでしょうか…。職業問わず、同じようなご経験がある方、ぜひお話を聞かせて下さい。

ユーザーID:2552635613

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • やめたほうがいいと思う

    人間て、忘れる生き物なんですよ。

    あれだけ辛くて、身体まで壊したのに、時がたって元気になるとまたその仕事につきたくなる。辛さを忘れてるんですよね。

    そしてまたその仕事に戻ってみてしばらくして気がつくんです。
    ああ・・・そうだった。こういうのが嫌なんだった。って。

    万が一戻っても、また過去の繰り返しになると思います。

    過去は振り返らず、結婚されて幸せになってください。

    ユーザーID:5543083312

  • 現実ではなく

    思い出になってるから、良く感じるのでは。

    大変だからお辞めになったのが現実です。

    今ならまた違った頑張りが出来たかもしれませんが、それはかもしかですから。

    美しい思い出の方が良いかもしれません。。

    空を飛ぶ、世界を飛び回るイメージは華麗ですが、私が飛行機乗っても特別あこがれる職種ではありませんでした汗

    ユーザーID:6997306818

  • そういう人多いです

    約15年勤めた者です。

    私は育休中、仕事は好きではないと思っていなかったのに、恋しくなり、張り切って復帰しました。
    半年たったら、また、疲れてしまって、仕事が恋しい気持ちはなくなり(笑)
    でも、一度離れた時の気持ちを思い出し、ズルズルと辞めずにいました。

    当時、OG採用をしていて、その方々と話す機会が多くありましたが、皆さん、辞めた時は納得して辞めても、時間が経つと飛行機と空が恋しくなったそう。

    会社破綻で契約採用のOGさんは、真っ先に全員切られてしまいましたが、OG採用自体は一定の評価があったので、今後復活するといいですね。

    OGの方は皆さんお子さんもそれなりに大きい方も多く40代も結構いたので、また空の上で働ける可能性はゼロではないのでは?

    まずは、新婚生活をエンジョイしてくださいね!

    ユーザーID:4224230216

  • 懐かしいです♪

    国際線で7年乗務して、結婚して主人の米国駐在が決まっていたので、残念ながら職しました。
    7年間、ホントに楽しかったですね〜。
    ステイ中の観光やお買い物、オフも多いしお給料もけっこう頂いてました。
    福利厚生もとても良かったので、日帰りで北海道にお寿司を食べに行ったり。
    先輩や仲間もステキな人達ばかりで、恵まれた環境でした。
    たまに現役の人たちに会うと、みんな輝いてます。
    彼女たちからは、私のほうが羨ましいと言われますが、きっとお世辞だと思うのです。

    なので、にゃこさんのお気持ち良く解ります。
    月に1回くらいヨーロッパ、アジア、アメリカを順番にフライトしたいな〜とか・・。
    今は主人の収入だけでCかFで旅行しているので、ありがたく思ってますけど、何か自分の仕事をするとしたら、また戻りたいと思ってました。

    長い不妊治療の末やっと子供を授かってからは、別の仕事の選択肢も考えるようになりましたが、
    親戚の女の子などには、CAの職業をつい勧めてしまいます。
    20代でしたら経験者ですし、外資系にまだチャンスがあるのではないでしょうか?

    ユーザーID:3109976973

  • うらやま鹿。

    再放送でスチュワーデス物語を観てから
    CAになりたかった30代です。
    今は医療系の資格を取るため大学に通ってます。
    できればフライトナースになりたいなぁ、などと淡い夢を抱いてます。

    ところで
    エアライン関係の事務職はダメですか?
    CAの受験対策の専門学校がありますよね。
    CAへの情熱を後に続く者の教育に向けるっていうのも
    いいんじゃないかなぁ。

    ユーザーID:0040455848

  • それは・・・

    あの会社だったから、身体を壊したけど、別の会社だったら、もっと頑張れたかも?という気持ちも有るのではないですか?

    私は別の業種ですが、やはり身体を壊して退職。
    燃え尽き症候群みたいな感じになり、負け犬みたいに自分を感じたりして、苦しかったです。
    でも、数年経つと「もうちょっと上手くやれたんじゃないかな?」みたいな気持ちとか、日常生活でも「私だったら、こう作るんだけどな(メーカー勤務でした)」と昔の仕事を思い出したりしてました。

    それを過ぎた今は、やっぱり二度とあの業界には戻りたくないですね(笑)
    まぁ、悪い思い出ばかりじゃなく、楽しかった事、充実していた日々が有ったという事なんですよね

    ユーザーID:2354641277

  • チャレンジした方が・・・

    現役中年CAです。
    私も、かつて産休中に、産休が終る頃、もう辞めようと思ったことがありました。もう99パーセントそれを決めて、会社に伝えるばかりにしていた時、同期が数人で「どうしてる?」って、家に訪ねて来てくれ「えっ、やめちゃうの」という話になりました。
    いろんな話をしました。その最中、彼女たちから、空の香り?空の雰囲気?が(うまく言えないけれど)漂ってくるように思ったのです。
    自分にからは消えてしまっている雰囲気が。
    その途端、涙があふれてきてしまったのです。ふと周りをみると同期の目にも涙が・・・。「やりなさいよ、もう一度」との声。
    疲れきった身体のなかでも、飛ぶ前のクルー打ち合わせの辺りのあの昂ってくる気持ちと緊張感・・・
    なんともいえない独特の気持ち。
    というわけで、ずるずるまだ続けています。

    外資への再挑戦をお勧めします。

    ユーザーID:7884796657

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧