心や体の悩み

(余命宣告)父親が嫌いな方、嫌いだった方、ご意見が欲しいです

レス82
お気に入り190

くまじろう

健康

主婦(37)です。実家は車で2時間です。
父が、余命2年の宣告を受けました。
昔から父が嫌いでした。

1.中学時代に、毎日のように「お前はアホだ、バカだ」と言われ続けました。思春期だったこともあり、中学以来ずっと父が嫌いです。
2.同居の祖母(母の母)が認知症になり、おもらしして、悪臭がすることがありました。父は「汚い、臭い」もっとひどいことを言い続けました。母と私がいくらやめてと言っても、祖母が亡くなるまでいい続けました。父はかなり潔癖症です。
3.父は焼酎を飲むので、体臭がすごいです。家族でなければ耐えられないほどです。他の人が家に来たとき、恥ずかしかったです。
4.私が風呂に入っているときに限って、今まで寝ていたくせに、脱衣所兼洗面所でうがいをしたり、たんをはいたり、長居をしました。私が結婚して家を出るまでほぼ毎日です。風呂から出るに出られず、いやらしくて嫌でした。

そして余命宣告です。「ふうん」と思うだけで、実はあまり何も思ってないのです。看病する母親を元気づけるために父を心配する電話をしています。
父には小さいころかわいがってもらった記憶がありますが、中学からまともに向き合って話したことはないのです。

実際父が亡くなったら、昔を思い出して後悔するのかもしれません。
後悔しないように、父を元気づけるように頻繁に帰省しようと思っていますが、「父が嫌い」という感情は、どう整理するといいのか、モヤモヤ・ぐしゃぐしゃしています。

何でもいいです、ご意見が欲しいです。父親が嫌いだった方、どうされてますか。
余命宣告が、私の父嫌いを整理する機会に思うのは変でしょうか。

ユーザーID:9234765501

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数82

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 後悔しません

     わたしは父が嫌いでした。尊敬できない人でした。父を尊敬できない、ああいう人になってはいけないという思いが、わたしをちゃんとした社会人に育てたと思っています。

     父はわたしが29才の時に癌になってなくなりました。余命半年と言われて、10ヶ月くらい生きました。
     生きている内はあれこれ悩みましたが、死んでくれたおかげで今はとてもすっきりしています。早く亡くなってくれて良かったと思っています。

     トピ主さんは、後悔が心配だとおっしゃいますが、何を後悔するのですか?
     父親を尊敬できなかったこと? 妻の親に乱暴な口をきく人を尊敬するのは、間違っていると思いませんか?
     父親を愛せなかったこと? 自分を馬鹿だと言う人を愛するのは、愚かだと思いませんか?

     愛せなくても、尊敬できなくても、当然なのです。
     後悔するはずないじゃないですか。

     わたしは後悔していません。まったく。
     父の看病に疲れている母をしっかりいたわり、しっかり手伝えたので、自分は良くやったと思っています。
     あなたもお母さんを大切にして、その点で後悔しないようにしましょう。

    ユーザーID:1957618408

  • 心の整理はとても大切

    くまじろうさま

    私には毒母親と、地球上で自分にしか興味がなく、さらに突然逆上する性癖を持った父親がいます。子供たちが結婚して家を出ると、母はその毒を父に向け始め、父は今自分が痛い目にあっており、それを娘の私に癇癪とともに投げつけてきます。その逆上ぶりには、ベテランのケアマネさんも驚いています。

    それを私は軽やかにスルーできます。言いたいことはいわせておけばいい。心穏やかに、老いていく父を眺めています。こういう心境に達するには、長い年月を要しました。

    父を表す適切な文字は「卑怯」です。
    思いやりのかけらもなく生きてきた人です。
    己の本能が他人を苦しめる事実をなぜ直視できなかったのだろう。
    なぜ、自分を良い方向に変えられなかったのでしょう。

    私はそんなふうになるまい。夫や家族のために温かい灯をともす人間になろう。

    あの人は私を追い出さなかった。
    あの人は私を殺さなかった。
    あの人は父としての務めは果たしてくれた。
    そう、あの人は可哀想な人なんだ。

    トピ主さんは、お母様に心を寄せて、お母様とご自分の心をいたわれば良いと思います。

    ユーザーID:5638472101

  • 嫌いなものは嫌い

    私は三人兄妹の真ん中でした。でもなぜか殴られるのは、罵られるのは私でした。父親は殴る、母親から庇ってもらったことはありません。

    子供の頃私が少しでも機嫌を悪くすると母親は私を罵った。

    父親とは取っ組み合いのケンカもしましたが、私の力が強くなり、私が勝つようになると手を出してこなくなりました。

    自分の機嫌だけで可愛がったり殴ったり。
    バカバカしくてやってられません。

    私が結婚ししばらくすると余命半年、と宣告されたようです。

    手術、入院に当たり、親戚の手前があるから看病につけと言われ、それでも一度くらいは看てやろうかとおもい、子供を姑に預け1日だけ病院に居ました。

    その後亡くなってからもなんかピンとこなくて、これであの怒鳴り声も訊かなくて済むのか、と、冷静に思ってみたり。

    もう亡くなって10何年にもなりますが、特別な感情はないです。

    ユーザーID:9268105057

  • 気持ちに正直にでいいのでは?

    羅列された事だけでもちょっと嫌悪感を抱かざるを得ないお父様だと思いますので、仕方ないのでは!?と感じますよ。

    私もトピ主さんとは少し違うのですが、離婚した父が嫌いで未だに根に持っていますので、余命宣告を受けても正直何も感じないという気がします・・・
    母の場合は悲しいという感情が持てるのですが、もうそれは仕方ないと自分でも思います。
    お母様は好きでしたら、力になれるように協力されてみては!?

    ユーザーID:2978557314

  • 嫌いでした

    私も父が嫌いでした。トピ主さんとは、1番目と4番目が同じでしたね。

    家は母のほうが学歴が上だったのでコンプレックスになっていたのでしょうね・・。
    事有るごとに、「女は馬鹿だ、男の言うこと聞いてればいいんだ、女は浅はかだ。」が父の口癖でした。そして、男の子が欲しかった父は
    二人目も女だったので、がっかりしたのか父は私に小さな時から「バカ」と言い続けました・・こんなこと日常的に言われれば
    尊敬なんて無理。

    そんな父が、余命4ヶ月と宣告。私は当時20歳を過ぎたばかりでした。正直な気持ち、母や私を侮辱し罵倒し続けたから罰があたったんだと思いましたね。
    私は、母が介護のため毎日病院に通ったので、母をサポートする形でお金を出したり病院への送迎、家事手伝いはしました。
    父が亡くなったとき涙が出ましたが、悲しかったのか、それとも最期まで打ち解けられなかったのが悔しかったのか、よく分かりませんでした。

    もう亡くなって20年近くになりますが、そんな父ですから実家に帰っても仏壇の前にはなかなかいけません。

    ユーザーID:1483489711

  • 同じでした。

    3年前に父を亡くしました。ですが、トピ主さん同様父が嫌いでしたので、闘病中から心中複雑でした。入院しても周りに暴言を吐き、私や母は終始頭を下げてばかり、なんでこの人は家族や周りに迷惑ばかりかけるのだろう、もう生きていなくていい、そんな思いで毎日を過ごしていたと思います。
    その頃は、とにかく母が倒れてしまわないように、そこに意識を集中させていました。

    亡くなった時はいろいろな感情が渦巻きました。薄情な娘だったのではないか?親孝行をしなかったのではないか?否、ひどい父親だったから十分だ、、、結論は未だに見つけられずにいますが、
    人間は生きているときにどういう事をしたか、その生き様が「死」を左右すると思います。

    私はともかく、母は忍耐だけの結婚生活だったと思います。
    文句言わず看病し、最後を看取りました。

    今、母は解き放たれて今まで父の束縛によりできなかった友人とのおしゃべりや外出を謳歌しています。

    父にはあの世から恨まれるかもしれませんが、残ったのが母で本当に良かった。
    心底そう思います。

    ユーザーID:1122664753

  • 生きてますが

    ワタシも父を人としてスキになれません。

    まだ生きていますし、普通に接してますけどね。
    年とともに「キライ」⇒「可愛そう」に変化しつつありますが、
    だから優しくしなきゃ、大切にしなきゃ、、とは思いません。


    一昨年母が亡くなりました。
    父だったら良かったのに、、と今でも思います。

    キライなままでいいんじゃないですか?

    亡くなって何年か経って後悔したとしても、
    その後悔は「亡くなった」という事実が発生してから生まれた後悔ですから、今から考えなくてもいいのでは?

    >実際父が亡くなったら、昔を思い出して後悔するのかもしれません。
    時間が巻き戻っても、お父様はお父様、、理想の父親が帰ってくるわけでもないですし。


    親と子であっても人と人です。
    美しい関係である必要はないです。


    大丈夫です。
    誰も主さんを「親嫌いな悪い娘」なんて思わないです。

    ユーザーID:2588451659

  • 素直になりたい

    私も父が嫌いです。
    未熟な自分が唯一勝てる相手であった家族に暴言と暴力、一歩外に出ればヘタレのくせに。

    祖父の臨終時、泣いて頼んだのにムダな延命治療を止めなかったことを憎んでいます。長年不仲だった祖父を合法的に苦しめるためだったのだろうかとすら思います。

    今絶縁していますが、毎日心穏やかです。でも先方の余命が告げられた時、どういう風に自分が思うのか想像がつきません。その時の自分の気持ちに素直に従いたいと思っています。

    心苦しくて駆けつけるかもしれないし、関係ないと無視するかもしれない。

    自分でも分かりません。

    ユーザーID:6732511565

  • お気持ちわかります

    50代の主婦です。 
    中学生の頃から、自分勝手で、家族を大事にしない父親が大嫌いです。
    父親のせいで、いつも家庭は暗かった・・母はいつも泣いていた。


    20代で結婚し家を出て、やっと幸せになれました。

    今は、父親は認知症で施設で暮らしていますが、面会にも
    行きません。顔も見たくありません。

    この感情は一生、消せないと思います。仕方ありません。
    ここまで娘に嫌われることをしてきたのですから、自業自得です。

    あなたの気持ちに無理に整理をつけようとする必要もありません。

    どうぞ、お母様を大事になさってね。

    ユーザーID:0387027000

  • その人の生きざま

    将来子供に大事される親は、子供を慈しみ愛情をもって育ててきた親です。

    愛情を注いでもらわず大事にされていなければ、今さら急に大事にできなくて当然ですよ。

    だけど、後悔してしまうと考えるのなら、無理の無い程度でいいのでは?

    顔だけ出して、あっ無理と思えば用事ができたと帰ればいいし。

    タイムリミットが2年で、確実に目減りしていくのだから、自分に素直でいるうちに父親に接する気持ちに変化が表れるかもしれない。

    父親の体も当然悪化していくわけだから、心の持ちようも変わって、あなたへの接しかたに変化が表れるかもしれない。

    親孝行したいときには親はなし。

    ユーザーID:4489759323

  • 私も

    昨年、父をガンで亡くしました。
    主治医の余命数ヶ月という宣告どおり、4ヶ月で旅立ちました。

    主さん、お父様にいろいろ言われたり、イヤなことをされたりして大変でしたね。
    私も父が元気な頃はあまり実家に寄り着つきませんでした。

    父は頑固な昔ながらの九州男児で、融通が利かなく面白みのない人間でしたが、父なりに私を愛してくれていたと亡くなってから感じています。
    どう表現したらいいのか自分でもわからなかったのだと思います。

    父が入院してから亡くなるまでは本当によく病院に通いました。
    でも、今いなくなって、意識がしっかりしているうちにもっと優しい言葉を掛けてあげればよかったと後悔しています。
    最後の1ヶ月はほどんどモルヒネで寝ていて、私は昔を思い出してこっそり手をつないだり、頭をなでたりしていました。父は私の子供のようでした。

    「鏡の法則」という本を読んでみてくさい。
    きっと何か感じられることがあるかと思います。

    ユーザーID:5628954207

  • わたしも嫌いです

    昔身勝手な理由からうちの家族をめちゃくちゃにした経緯があり、反省もしていないので大嫌いです。
    わたしも中学・高校くらいからまともに会話もしていません。
    うちの父親は今のところ普通に生活していますが、歳なのでいつ主さんのところのようになるかわかりせん。
    生きてるうちに親孝行を、とは思いますが思うだけで行動に移せません。移したくないのかも。
    歳老いた姿を見ると今何かしてあげようかとも思いますが、普通に会話するのが精一杯です。
    そんな自分が悲しくもなりますが…無理にすることもないんじゃないかなと思います。
    考えずに体が動くまでは本気で何かしようとしてるとは言えないかもと思ったり。
    主さんも、自然にそういう機会が訪れなければそれでいいと思いますよ。
    家族だからって無理に接する必要はないんじゃないかな?

    ユーザーID:9630329106

  • 全く関係ない

    父は最低の人間だと思っています。

    そんな父から逃げてようやく家を出て結婚、落ち着いた時、父が身体をこわし生活保護を受けることになり、国が、娘である私に援助をしろと言ってきましたがもちろん断りました。

    一生父に関わるつもりはありません。父がどこかで野垂れ死んでも、私には関係ありません。

    世の中にはそういう父娘もいますから、親の生死にどういう対応をしようと、それは本人にしかわかり得ないことです。
    トピ主さんが冷たいとは思いません。

    ユーザーID:4228047912

  • 嫌いだけど……許す

    私も父は大嫌いです。

    顔も見たくないし側に近寄られるのも拒否反応を示す位、無理な相手です。
    私が父を嫌いな理由は長くなるから省略しますが……。

    それでも、
    どんな仕打ちされてても父は父なんですよね…。
    腹が立ちますがその事実は変わりませんよね…。
    人間、許さない許せないと断固拒否するのはとても簡単な事です。
    誰でもそう思うよね。

    でもそれでもその中でも
    [許す、許してあげよう]
    と思うのはとても高貴な事だと思うんです。
    誰でもが出来ない事だからこそ、
    それでも仲良くは出来なくても許してあげようと思うのは尊い事ですよね…。
    人間、許すのもとても大事な事だと思います。

    私自身はまだ人間が出来てないからかそんな心境になれないけど、
    いつまでも根に持っててもダメだなとは感じています。
    そうならないといけないなと……。(父はまだ健在ですよ)

    ユーザーID:3663207646

  • 何もせずとも後悔しないと思いますよ

    私がそうでした。母のときはショックで気がおかしくなりそうだったけど。

    ユーザーID:1284456592

  • うちと一緒

    自分の父も同じようなものでした。
    焼酎を飲み、家族のことを「馬鹿だ馬鹿だ」と罵り、
    「赤ん坊がうるさい」と赤ん坊を抱いた母を雪の日に一晩中追い出し、
    酔っぱらって線路で寝転がり警察に連れて行かれ
    パパーと駆け寄った子供時代の自分を「うるさい」と両手で突き飛ばす。
    高校時代に部屋の蛍光灯が切れたので買いに行ったらサイズを間違えしまったことがありましたが、
    それに対し父は「おまえは馬鹿だから店員に馬鹿にされて違う物を買わされたんだ」なんてことも言われました。
    が、不思議なもので大人になってからは嫌だという意識が消えました。
    不器用で口が悪く偏屈男ですが、自分にとってはかわいい父です。

    ユーザーID:7236567284

  • ご意見ありがとうございました

    これまで私のまわりに「育ててくれた父親が嫌い」などという人は居なかったので、父親を好きになれない自分が特殊で、恩知らずで、冷たい人間なのではないかと思っていました。
    しかし、皆様のご意見を聞くと、身内に嫌いな人間がいてもおかしくないと、少し客観的になれました。
    いぬねこ様、まつ様の「後悔していない」というご意見に、ほっといたしました。
    もちろん自分が結果的に「これからしぬ人間を許せばよかった」と、後悔するかはわかりません。
    しかし、桜待ち人様のように父親を
    「私を育ててくれた。父親としての責任を果たしてくれた」
    「でも人の心がわからない、かわいそうな人だ」
    そんな風に整理しました。落としどころ?がなんとなくわかったような気がします。
    母をいたわり、父には悩まず、がんばります。
    ネガティブな悩みに丁寧なご意見、ありがとうございました。

    ユーザーID:9234765501

  • 後悔はしません

    親子の愛情が絶対というのは、逸話にすぎません。
    確かに、普通は親が無条件に自分の子供を愛するのが本能です。
    でも、子供に愛情をもてない親がいるんです。
    毒親は存在するし、毒親と子供の間に本来の愛情は存在しない。
    無条件の愛を受けていないのなら、嫌って当然。
    今さら、関係修復は不可能です。
    嫌いなものは、嫌い。
    迷う必要はありません。

    ユーザーID:6757936963

  • 問題ないのでは?

    3人兄弟の真ん中で、兄と弟がいます。
    私も父が許せません。というか人として認めてません。
    ついでに母もです。
    物心ついた頃から気分でボコボコに殴られ鼻血を出しながら登校した事もしばしば。
    母は庇うどころか同じように気にくわなかったらすぐに暴力。可愛がられた思い出なんて何一つありません。
    得意な言葉は
    「出て行け」「お前等は最低な人間や」「役に立たん人間は死ね」「育ててやってるのをありがたく思え」
    でしたね。勝手に作っといてバカか?
    でも年を取って自分の立場が弱くなってきたら
    「子供が親の面倒を見るのは法律で決まってる」
    とか言い出す始末。当然相手になんかしません。
    数年前母が乳ガンになったので大人として実家に帰りましたが、こっちは仕事もしていて残業もしているのに自分たちはテレビを見て笑ってるだけで完全に家政婦扱い。
    こちらが第一子出産時に母に頼るとなしのつぶて。
    それを機に疎遠にしようとしたら今度は癌が再発したと嘘をつく始末。去年は本当に再発して手術したそうですが、完全無視です。死を間近だからっていちいち構ってやる必要なんてありませんよ。そーいう人間はどこまでいっても一緒です。

    ユーザーID:5010615039

  • 今の自分

    36歳既婚、女性です。

    私は、親に誉められたことがありません。
    何かとライバル心むき出しに私と張り合い、世間体という下心のある愛情が目に見える母親。
    父は私を可愛がってはくれましたが、私が社会人となってから、頻繁に多額のお金の無心。
    借金を親戚から問い詰められた時、両親共、私を盾にしました。

    なんだか、嫌いというよりも、残念な人達だな、と。
    両親に対して、育ててもらった恩はあるし、とても感謝しています。
    しかし、世間一般とは感覚も違いすぎる。現状でも物理的にお付き合いできるレベルではありません。
    親とは絶縁して何年にもなります。もう、親に対する感情もありません。
    好き、嫌いで表せるうちはまだ良い方だと思います。

    トピ主さんが悩むのは、心のどこかに、まだ、楽しかった思い出があるから。
    思い出はいつ、どんなところでも、その時に帰ることができる場所。
    信じていたい。そんな時もあったのだから。しかし、自分の中にある、恨み、憎しみ。
    でも、そんな感情も、自分で整理しなくちゃ。
    今生きているのは幸せなこと。今の自分を大事にしたら、答えが出ると思います。

    ユーザーID:3958534548

  • 死んでから教えてと母にお願いしています

    私も父親が大嫌いです。
    早く死んでくれないかなといつも思っています。

    トピ主様は親を大切にしなければならないという洗脳をされているようですね。

    生き様が死に様なんです。

    私はホスピスで働いていましたが、子供が見舞いに全く来ず死んでから初めて病院へ来る人は沢山いましたよ。

    そういう人達を見て「親なのに薄情」なんて全く思いませんでした。
    そういう親子関係だったんだなと思うだけです。

    与えるものが受け取るものなんです。

    あなたのお父様はあなたから沢山のエネルギーを奪いました。
    これ以上奪われる必要はありません。

    大人になったあなたは自分で自分を守る選択が出来るんです。

    死んだ後、後悔なんてありません。

    あなたを誰も責めません。
    あなたを守れるのはあなたしかいません。

    自分を大切にしてあげて欲しいと思います。

    ユーザーID:8781267333

  • 写真も骨も捨てました

     私は子供の頃から横暴なモラ男の父が嫌いでしたが、離れて暮らすようになって表面上は普通に接することができるようになりました。しかし末期がんの母を労らず、家事までさせていた父は憎くなりました。 
     母が亡くなった後父はすっかり大人しくなりましたが、葬式の準備や諸手続き等は娘にまかせきりで泣くばかり。挙句のセリフが「俺に優しくしてくれ」でした。ぞっとして鳥肌が立ちました。

     ありすさんは毒親を亡くされた経験者でしょうか?ご自身が接し方が変わった親に優しくできるようになったのでしょうか?
     掌を返してきたら「都合のいいこと言うな!」と嫌悪感を持つ人が多いと思います。
    綺麗事のように「親孝行したいときには…」などと言って欲しくありません。これはヘタに使うと悩んでいる人を追い詰めるセリフです。

     生活力ゼロの父は、母が亡くなったあとすぐに逝きました。私は母の写真しか飾ってませんし、お線香も母にしかあげません。父のことは「あんなこともあったな…」と思いだすことがあっても悲しいと思うことはありません。

     悩むのは時間と労力の無駄です。どちらであれ、今の心の声のままにどうぞ。

    ユーザーID:7065536805

  • 死に際に恨みを言ってもいい

    そのくらいに思います。
    言いたくなければ別にいいですが
    思春期に悩まされた言えなかったいまでもトラウマな不快な思いを冷静に父親に伝えて心の整理としたらいいと思います。
    「私はあの時凄く嫌だった 悲しかった」と。
    緊張がとけた時に涙がでるでしょう。それは父親の死が悲しいのではありません。長い間つらかったでしょう。これから穏やかに生きていく為に自分の傷付いた心を癒してください。守ってください。心の整理はとても大切です。

    ユーザーID:3025160823

  • 私も嫌いでした

    私と仲の悪かった父は、私が大学生の頃にガンになり、その後5年ほどして死にましたが、余命宣告のときも、死ぬときも、それほど感慨のようなものはありませんでした。

    今、10年以上たってみて思うのは、父も気の毒な人だったなということです。
    今は日常でイヤなことを言い合ったりしないせいか、父の環境を客観的に見ることができて、それなりに大変だっただろうし、楽しみもなく死んでいったのは気の毒だったと思えます。
    また、私にいろいろ言ってきたのも、そんなことで世の中でやっていけるのかという、父なりの心配の表現だったのかもしれないと思います。

    ただ、だからといって、あの頃もっと親切にしてあげていれば…とは思いません。
    あの頃はあの頃で、お互いああいう関係だったんだし、それも含めての親子関係だったと思うからです。
    親が死んだあと、親の人生も教訓に、冥福を祈れるようにきちんと生活していければ、とりあえず親不孝じゃないと言えるんじゃないかなぁと、勝手に思っています。

    後悔したくないなら、歩み寄ってもいいでしょう。嫌いなままでいるつもりなら、お亡くなりになったあとの自分の感情の責任は引き受けるつもりで。

    ユーザーID:9254374856

  • うちの夫がそうです

    うちの夫が被害者として大惨事の渦中にあった時に夫の父から馬鹿呼ばわりされました。夫が小学生時代から父親主導で夜中の夜逃げと転校が繰り返されました。ゴミ漁りも父親に強要されマトモな教育は受けさせてもらえませんでした。浅ましく身内間で財産を狙った裁判ばかり起こして敗訴ばかり。こんな話あるんだと耳を疑う程。
    義父として私も全く尊敬できません。避難で遠方に引っ越しました。夫は父親を毛嫌いし「葬儀は絶対に出ない」と言い切っています。下手な情けは無用との事です。主さん、気にすることありません。嫌いは嫌いなんです。

    ユーザーID:2292299944

  • 私も

    私もです。トピ主様ほどでもないにしろ、あまり好きじゃなく、社会人になったら実家の近くでひとり暮らししてました。(母は好きだった)

    そして父がガンになり闘病が始まり長くて1年と言われました。
    母が少し精神的に辛そうだったので、ここはひとついい娘ぶるか(笑)と思い、自分のできる範囲のこと母に協力しました。

    やっぱり一番大変なのは一番近くにいるお母さんじゃないかな?
    お母さんを助けてあげればいい。お母さんの為。それを胸に行動なさってください。

    ユーザーID:0684271550

  • 同じです。

    父が亡くなる時にやむを得ない事情で、立ち会えませんでした。

    嫌いだからこそ尚更自分の目で亡くなった事を、変な意味ではなく‥確認したかったです。

    わが家は父に代わり母が名義を貸したので離婚もできず、家は火の車でした。
    暴力亭主でした心も身体も傷だらけでした。

    限界でした何かに頼る手立て考えも浮かばないくらい、全てに限界でした。

    知人に協力を頼み母を連れて逃げました。

    身内には恵まれませんでしたが友人知人に恵まれ、今もその時の返済があり生活は苦しいですが‥心は穏やかに過ごせています。

    人としても親としても父が私達にした事は、許す事は一生できません。

    死にめにあわなかった事で、亡くなった事が現実に思えず今だに追ってくる気がして、苦しい日々でした。

    事情を知っている病院の方で最期を看取られた方が、亡くなる前に父から母に伝えてほしいと‥
    伝言を頼まれたと電話をいただきました。

    その内容は書けませんが…。

    その伝言を聞いた時に、
    父はもう、そういうふうにしか生きれなかった、不器用な人間だったのだと‥今は思っています。

    おこがましいですが少しでも、お役にたてたら幸いです。

    ユーザーID:0348856757

  • 嫌いな気持ちを持ちつつも…。

    嫌いな感情を持っているのには過去の経験があり理由があるので、無理に好きになろうとしなくていいと思います。

    私も結婚で家を出るまで父からモラルハラスメントを受け続け、心に傷があるのでトピ主さんの葛藤は共感できる部分があります。

    私なら嫌いな感情は密かに心に秘めつつ、やっぱり父のために何かやってあげたほうがいいと思います。父親は世界に一人しかいないから。花を飾ってあげたり、勇気がわくような本をあげたり、そういう無理のない、淡々としたシンプルなことならできそうだと思いませんか?父親が天国へ召された後に後悔したくないし、最低限のことだけはしたから大丈夫って思いたいです。

    そのかわり、心の中で「こんにゃろー!散々人のこといじめたくせに…」といくらでも毒づいて許されると思います。

    ユーザーID:0242689284

  • 嫌いなままでいい

    死が誰にでも訪れる以上、免罪符にはならないのです。
    そんなろくでもない父親、無理に嫌悪を消化する必要なんてないでしょう。

    今までの恨みをあの世への念仏代わりに語り尽くしてやるくらいでちょうどいいのでは?
    出し切っておかないと、やり場のない気持ちがたまるだけ。

    お父上に残された役目は、あなたの負の感情のゴミ箱になること、ですかね。
    それくらいしたって主さんに罰は当たりますまい。

    いい子のふりしたってストレスためて自滅しちゃいますよ。

    ユーザーID:6129896452

  • 過去の私です。

    あなた程度の嫌いの理由ならば、後悔すると思います。母親孝行も兼ねて、お父様が亡くなるまでは優しくしてあげて下さい。
    私は高校生で亡くしていますが、家庭を持った今なら、もう少し父を理解できたし 優しくできたと思います。

    ユーザーID:0370178317

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧