記憶違い?昔のアニメキャラの脇役

レス7
(トピ主1
お気に入り12

趣味・教育・教養

みいやん

長年気になっていながら放置していました。
子供の頃観ていた男児向けの、多分コンバトラーVとかボルテスVだったと思うアニメキャラの脇役のことです。

敵役の顔が白く頭に角がある王子様?の側に時々登場する、同じく頭に角がある顔が白いお姫さまらしき少女。「ミーヤン」と呼ばれていたと思います。
真っ白な肌と切れ長の目がちょっと怖いけど、そんなに悪者でもなさそうだし結構美少女じゃない?と思って観ていました。この少女は王子様の妹だったのか、恋人だったのか?関係が知りたいです。

ネットで検索したら「ミーア」という上半身だけのキャラがいましたが、私の記憶ではもう少し若く可憐な外見で、王子様同様に全身があり自分で普通に歩いていました。私の記憶違い?または上記2つ以外のアニメキャラだった?

お心当たりありましたらレスお願いいたします。

ユーザーID:7310478373

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • カザリーン

    頭に角がある男性は、ボルテスVのプリンス・ハイネルだと思います。

    その女性は彼の側近で生物学者の、リー・カザリーン・ド・ファロアでしょうね。

    生まれてすぐ母を亡くしたハイネルは、カザリーンの母を乳母として兄妹同然に育ちます。

    いわゆる乳兄妹です。

    彼女の方はハイネルに想いを寄せていたのですが、
    彼らの住むボアザン帝国は、貴族主義のとても身分を大事にする国。

    叶わぬ片思いでした。

    ちなみに彼女の声は、昔の野比のび太君やドロンジョ様の、小原乃梨子さんが演じています。

    ユーザーID:2601692333

  • カザリーンのことかな?

    超電磁マシーン ボルテスVに「リー・カザリーン」と言うキャラがいます。
    敵役の顔が白く頭に角がある王子様(プリンス・ハイネル)の側に時々登場する、同じく頭に角がある顔が白いお姫さま。真っ白な肌と切れ長の目。全身があり自分で普通に歩いている。と言う条件に全て合致します。
    名前の方はコンバトラーVの「ミーア」と混同して覚え間違いをしていたのかと。

    ユーザーID:7245423118

  • カザリーンですね

    それは、ボルテス∨に出てきたカザリーンです。敵方のボアザン星の王子、プリンスハイネルの部下であり、ハイネルを愛していました。最後はハイネルをかばって死んでしまいます。
    ミーアは、コンバトラー∨で、ガルーダ王子に仕える上半身だけのロボットです。
    懐かしいですね♪

    ユーザーID:1470200118

  • 角があるならカザリーン

    敵に角がある昔のアニメといえばボルテス。

    他の方のレスのように、カザリーンはハイネルが好きでした。
    しかし色々な事情のあるハイネルは、決してカザリーンを嫌いでは
    ないものの、その手をとらなかった。
    カザリーンは、それでもハイネルを最後まで愛して守ろうとし
    彼を庇って死んでしまったように思います。
    ハイネルも、その後、自分の出生の秘密を知ったりするも
    結局、死んでしまいます。

    あとミーヤンですが、それはお調べになったミーアの事でしょう、
    似た立ち位置のキャラですので混ざったのでは。

    やはり金髪の王子様であるガルーダに仕え、竪琴などを奏でて
    彼を慰撫する侍女のようなロボットです。これも健気に
    ガルーダを慕い続け、命をかけて彼を守ります。

    そして瀕死の彼女を何とか助けようとしたガルーダは
    その為に、自分の生まれの秘密を知ってしまい…。似てますよね(笑。

    ただ個人的には、どちらも悲劇にせよ、恋心的には
    ミーアの方が、報われていたような記憶が…。
    カザリーンの願いを貴族の誇りゆえに退け続けたハイネルに比べ
    ガルーダはミーアの亡骸を抱いて戦い、最期まで離さなかったのですから。

    ユーザーID:9787970792

  • 二つのアニメがごっちゃになってます

    ■コンバトラーV
    大将軍ガルーダ・・・色白。角は無いけど、とんがった冠?のようなものを戴いている。
    ミーア・・・上半身のみのロボット

    ■ボルテスV
    プリンス・ハイネル・・・肌の色は、人間と同じようないわゆる「肌色」。白ではない。頭に二本の角がある。
    カザリーン・・・ハイネルの部下にあたる女性。同じく角が二本ある。部下とは言うものの、恋人どうしみたいなものでしたけどね。

    ボルテスVの敵方である「ボアザン星」では、角があることが貴族であるための条件で、たまに角のない者が生まれてくると、もの凄い低い地位に落とされる、という設定になっています。
    もちろん地球人にも角が無いので、ボアザン星人たちは、地球人を勝とう人種とみなして侵略してくる・・・というのが、おおまかな舞台設定でした。

    ユーザーID:7240733616

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ヨコですが

    プリンスハイネル大好きだったので、トピを見つけてうれしくなりました。
    最終回、泣けました。今風にリメイクして、もう一度放映してくれないかしら

    ユーザーID:5276089649

  • トピ主です

    ありがとうございます!

    王子様?が倒れたミーア?をお姫様抱っこして復讐を誓う場面を覚えています。
    どちらの番組も再放送で何度か見ているうちに、記憶が混在したようです。

    カザリーンを画像検索しました。こんなに大人っぽかったかな〜?王子様より年下で少女っぽい記憶でしたが…。でも検索しても私の記憶どおりのキャラが出てこないし、皆様のレスもカザリーン&ミーア。やはり私の記憶違いでしたね〜。
    「あまり悪人でなく、可愛い人だといいな」という願望が記憶を改ざんしたのかもしれません。

    ハイネルの女性ファンは結構多いのでしょうか?当時私は10歳以下の子供でしたが、もう少し大きくなってから見ていたら見る目が違ったかも。

    ユーザーID:7310478373

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧