夫に余命宣告。

レス150
お気に入り2,074
トピ主のみ44

kurusii

ひと

このトピのレス

レス数150

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主さん夫婦へ

     夫婦の優しい優しい時間ができるだけ長く続きますことをお祈りしています。

    ユーザーID:1173444493

  • 素敵な

    ご夫婦ですね。
    涙が出ました。

    私もトピ主さんご夫婦のようになりたいと思いました。
    大変だとは思いますが、頑張ってください。
    感想になってしまいすいません。

    ユーザーID:6324752454

  • 複雑な心境

    明日は夫がCT検査を受ける日です。

    Drが【検査の結果で抗がん剤投与を決める】と言ってるのに夫は5回目の抗がん剤治療を受けると決め込んでいてカレンダーの19日に入院と○印で記入しています。

    もしDrから抗がん剤が効いていないようだし投与は体力を消耗させるだけだから投与を打ち切り緩和ケアだけにしますと言われたらもう為す術も無いと宣言されたようなものだから夫の落胆のする心情を思うと…

    夫を安心させる為に入院し栄養剤でも抗がん剤だといって点滴出来ないだろうかと真剣に考える私。

    副作用に苦しむ姿を見たく無いから抗がん剤投与は止めてもらいたいと思いながら夫の安心の為に抗がん剤投与を望むなんて矛盾してますね。

    一挙手一投足を注意深く見守っていますが足が痛いと言い出したので足の骨に転移したのか?とこれも心配の種。

    近頃は昼食を終えると2時の薬服用迄と服用後3時の珈琲タイムまでベットで横になる習慣がつきました。

    薬の副作用で眠いのでしょう。

    軽い寝息をたてて寝てしまっています。

    横で愛猫も一緒にスヤスヤ。

    辛いけど平穏な日が続いています。

    ユーザーID:8394501909

  • ステキなご夫婦

    私はまだ子供が生めるかもしれない年齢ですが、
    子供がいない夫婦です



    主様の強い結び付き、思いやるステキなご夫婦

    何と言っていいかわかりませんが頑張って下さい!

    ユーザーID:6504230923

  • つらいかもしれませんが

    抗がん剤を使用しない選択もあります。
    私の主人の父はDrで76歳です。つい先だって胃がんの手術をしました。進行がんで5年生存率は30%位です。術後抗がん剤を1クール服用しましたが、吐き気と下痢に悩まされました。父は抗がん剤の治療は行わないを選択しました。母は「本当はのんでほしい、少しでも長生きしてほしい」と言っていましたが苦しむ父をみて、今は飲まない選択をした父を応援しています。
    余命をお伝えしていないようですが私は主様一人の胸にしまうのではなくお話したらと思います。父がDrだからそういった選択ができたのだと思われるかもしれませんが、私はそうではないと思っています。ご主人の人生はご主人のものです、治る見込みのないつらい治療をし続けてよいものなのでしょうか?疑問です。もちろん余命を知った上で治療を続けるという手段もあると思います。ご主人に選択権をと思ってしまいます。

    ユーザーID:3237420950

  • 頑張って!

    お一人で抱えて大変ですね

    ご主人様もあなたのような方が奥様でお幸せですね

    最善が何かは私にはわかりかねますが、
    主様もお体おいとい下さいね

    ユーザーID:6504230923

  • 入院決定。

    5回目の投与継続が決まりました。

    Drは投与を休んだら?と言われましたが夫の意思が固く予定どおり19日に入院する事に。

    5,6回目からの抗がん剤の効力は期待できないと最初の治療を始める前にDrから説明はありましたが夫は5回目も希望。

    私は黙って夫の決定事項に従うだけですが夫の希望がとおり少しホッとしています。

    歩くのも今迄は夫が先を歩き後から私がついて歩くパターンでしたが昨日は夫が私の後ろになっていました。

    それだけ体力も弱ってきてるのでしょう。

    「俺は必死で歩いているのにお前はサッサと行ってしまう」とぼやいていましたから。



    でも薬のお陰で痛みもなく毎日を普通に過ごしていられるのに感謝です。

    私が行っても良いのですがわざと愛猫の砂を買いに行って貰いました。

    普段と変らないように振舞うって大変です。

    ユーザーID:8394501909

  • 女優さんですね

    愛する旦那様のために頑張って平静を演じていらっしゃるのですね
    (テレビでそんな女優さんがいた気がしました)

    旦那様はそんなあなたを見て、少しでも長く一緒にいたい、諦めたくないと頑張っていらっしゃるのでしょう

    気を張っていらっしゃると思います。お体おいとい下さいね

    私は主人に意地を張ってしまいます。主様のトピックを見て夫を大事にしなくてはと思います。

    ユーザーID:6504230923

  • 特効薬

    大変ですね。お察しします。

    「がんの特効薬は発見済みだ!」という本をご存じでしょうか?

    岡崎公彦というドクターが書かれた本です。

    amazonでも購入できますので一度読んでみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:6341901747

  • 父も肺ガンでした

    初夏に胸の痛みを訴え、狭心症でかかりつけの病院で相談しましたが
    異常なしということで、医師は父の話を信用しませんでした
    それどころか「年寄りは医師の前ではおおげさ」と診察の度に罵倒し
    相手にしてくれず、父はうつ状態になってしまいました

    秋に大きい病院で余命2ヶ月、手術不可能と。
    気の弱い父でしたので架空の病名にして頂き、抗がん剤を数回。骨にも転移が始まっていましたが、痛み止め治療で退院し自宅で過ごすことができました

    春に突然認知能力が低下し、緊急入院しました。脳に転移でした。
    詳しくは書けませんが、完全に意識不明になるまでは入院中大変でした(看護師さんも同部屋の方も)

    いつでも入院の準備はしておいたほうがいいですよ。我が家は入院セットと称して細々とした物を用意していました

    末期には重大な決断を迫られることも有ります。私は3回。
    考える時間はなく、即断しなくてはなりません。悩みますが、その時に一番良かれと思うことしか出来ませんね
    入院中と自宅ではおだやかな生活をおくれたのは幸いでした

    主さん、ご主人と共に充実した生活が少しでも長く続きますように

    ユーザーID:2585893521

  • 予定通り6回の抗がん剤治療を終え

    昨日11時に退院して帰宅。

    貧血が酷いらしく入院中に白血球を増やす注射を4回輸血を3回。



    友人が「済陽式バランス献立」「今あるガンが消えていく食事」の本を送って下さいました。

    レシピどおり作りましたが3日で食べる本人がギブアップ。

    私も付き合って食べているんだから頑張ってと説得しましたが駄目でした。

    でも朝・昼・夕の野菜ジュースだけは不味いと言いながら飲んでいます♪。

    後10ヵ月と余命告知されてから6ヵ月過ぎました。

    充分な日帰り圏内ですが体力を消耗させないよう涼しくなったら1泊で夫の故郷を訪ねる予定を立てています。

    ○○を見て○○を食べようと楽しくプランを練ってます。

    夫が少しの間でも闘病の辛さを忘れてくれるのを願って。

    しかし

    帰宅して昼食を終えた夫に3時にお盆のお参りでお坊様が来られるからと仏壇掃除をさす鬼嫁でもあります。

    「俺は病人なんだけどな〜人使いの荒い妻を持ったものだ」って笑いながら仏壇の掃除をしていました。

    ユーザーID:8394501909

  • 病院との違い。

    入院中は食が細く朝のパンだけは食べたようですが昼食・夕食は1カップの御飯で作ったお握りと自家製のジュースだけだった(副菜は受付けなかった)のに退院した途端の食べっぷりに吃驚しています。

    病院では容器の蓋を開けた時に漂う匂いで食欲が無くなるとの理由で副菜は保温無しで味噌汁も冷たいのにして貰っていたのに拒否…です。

    冷たい味噌汁を拒否し持参のオニオンスープは熱く匂いもするのに飲むって我儘な味覚ですよね?。

    帰宅した昨日の昼は野菜ジュースをグラス1杯に切り餅を4切れ&冷やしソーメンを一人前。

    3時の珈琲タイムは珈琲と駄菓子を2個。

    夕食はティクアウトの寿司ですが握り2人前と1個の握りに一匹の穴子を使った握りを4個平らげました。

    何でも良いから食べて体力をつけ病状が現状維持できるよう私も食事に気を配らないと♪

    ユーザーID:8394501909

  • 私も進行がんです

    私も癌に付いて随分調べました。
    迷い迷いの選択で、全ての治療を受けました。

    癌は全ての人に毎日発現していて、それを自分の免疫で毎日叩いているそうです。
    そして免疫が低下すると、癌の固まりが大きくなって、病名が付く事になるそうです。

    つまり免疫を落とす事が最も危険な事になります。
    抗ガン剤を使ってがん細胞を殺しても、本人の体力免疫力が落ちてしまえばアウトです。
    それをどう判断するかが難しい所です。
    場合によっては、騙し騙し癌とともに生きる方法も有るからです。

    気持ちのあり方が重要で、病院での宣告はハイハイと聞き流しておきなさい。
    今は、余命◯◯というのは”少なくとも”そのくらいは大丈夫と言う意味で、生還する人が多くなった。

    また、死と言うのは恐れるものでも有りませんと言う事です。

    ユーザーID:7552964599

  • 思いは伝わりますよ

    私の主人は先月、突然、何の前触れもなく
    あっけなく逝ってしまいました。
    47歳でした。
    私は、いまだに信じられず、ボーっとした日々を過ごしています。
    子供が二人いるので、子供の世話をして生きているという感じです。
    子供がいなければ、今、生きていないと思います。

    今思うのは、寝たきりでもいいから、少しでも生きていてほしかったということ。
    祖父が胃がんで、がんの苦しさもわかりますが・・・・
    余命宣告を受けてもそれ以上長く生きている方は多くいます。
    好きなことをさせて、一緒にいる時間があることだけでも
    私にはうらやましい限りです。
    ひがみになってしまいますけど…。

    抗がん剤のつらさ・がんの痛みは、まわりが見てても辛いものです。
    でも、本人もきっともっと辛いはずです。
    でも、抗がん剤治療を受けているということは
    「生きたい」という気持ちがあるからでは??

    トピ主さん
    いつでも一緒にいてあげてください。
    充実した日々が送れます様…に

    ユーザーID:3372457815

  • 奇跡のようなこと

    我が家の主人は、今日が66歳の誕生日でした。
    まさか、去年はこの誕生日を迎えられることはないと思っていました。
    物が二重に見える。と言い出し、去年の10月には大学病院を受診しました。
    結果は、脳幹と側頭葉に腫瘍がありました。
    脳腫瘍!!それも脳幹に!!
    即日、入院。
    私はお医者様に「ご主人は、いつ息が止まってもおかしくない状態。今でも、明日でも呼吸が止まるかもしれません。」と言われました。
    脳腫瘍が二つあるということは、体のどこかにガンができ、それが転移したものと考えられる。と言うことでした。
    「どうしますか?呼吸がもし止まってしまったら、人口の呼吸器をつけて延命しますか?」と言われたのです。
    私たちには子供がいません。夫婦二人の生活で、ワンコを子供のようにかわいがっている生活でした。
    前から、夫婦で延命処置はしないようにしよう。と話し合っていたので、先生には、延命処置はしないでください。と話ました。
    主人の命は長くても2か月くらい。と診断されたのです。
    そうして、大学病院を無理やり退院して、治療をすべて拒否すると、主人は決めたのです。

    ユーザーID:4185610958

  • 奇跡のようなこと。続き

    主人は脳幹に腫瘍があることを知ってしまったので、人生をあきらめました。
    そうして、お酒に逃げました。
    毎日、飲み続け、体の具合はどんどん悪くなりました。
    お正月には吐血し、何度も何度も失神してしまいました。
    私は救急車を呼びました。
    救急隊員のかたに、脳腫瘍があるので大学病院に運んでほしいとたのみました。
    無事に医大に入院。お医者様は脳が心配だからと、急いでMRIを撮ったのです。
    すると、なんと、主人の脳腫瘍がきれいに消えていたのです。
    いくら調べても、もうありませんでした。
    お医者様は言いました。
    「本人の力なんですよ」と・・・
    先週から主人は検査のためにまた入院してます。
    でも、今のところ異常はありません。
    こんな奇跡のようなことだってあるんです。
    奥様は本当に大変だと思います。
    ご主人様のこと祈っております。

    ユーザーID:4185610958

  • 味覚が変わるって、分かります

    母がそうでした。
    毎日食べたいものがコロコロ変わりました。
    牡蠣を食べたい。
    白菜を煮込んだものが食べたい。
    炊き込みご飯が食べたい。
    焼きそばバゴーンが食べたい など。
    牡蠣は季節外れだし、焼きそばバゴーンなんて、もう何年も前からこの辺りじゃ売ってないし…。毎日コロコロ変わる食べたいものリストに、ひたすら合わせる日々でした。

    あれから5年。元気です。
    抗がん剤も全く効果がなかったのに。


    笑って過ごせますように。

    ユーザーID:4204050451

  • 何と申し上げたら良いのでしょう…

    ご主人に余命を明かさず一人で胸にしまい込み
    懸命に看病を続けるトピ主さん。頭が下がります。

    うちも私も主人も家系的に癌の多い家系なので、もしかしたら
    どちらも最後は癌で人生を締めくくるのかな?などと
    考える事がよくあります。また我が家も子供がいないので
    病に倒れたら頼れるのはお互いのみ。トピ主さんご夫婦と
    同じです。それなのでこのトピを他人事のように思えず
    思わずレスしてしまいました。

    もし自分がトピ主さんと同じ立場に置かれたら、私は
    あなたのように強くいられるだろうか?
    去年主人が体調を崩し、病院でたくさん検査を受けた時も
    「大丈夫よ!私がついてるから」なんて主人の前では
    強がって見せたものの、内心は彼以上に不安で仕方が
    ありませんでした。幸い検査に異常は見つからず
    ホッとしたものの、今後いつこういう事があっても
    おかしくない年齢に達しているんだという事を痛感しました。

    主人に何かあった時にトピ主さんのように強く明るく
    支えてあげられるような妻でありたい…。
    トピ主さん、あなたは私のお手本です。

    ご主人の病状が少しでも良い方向に向かってくれることを
    お祈りしています。

    ユーザーID:3019343787

  • 皆さま有難う御座います。

    24日の通院結果は癌は縮小されているが骨転移してる人に月1回打つ注射を他のDrと検討して打つなら来月からとの事。

    帰宅したら疲れたのが判るほどグッタリし先日の親類の法事出席も移動時間を含め3時間程でしたが帰宅したら疲れたと直ぐ横になり夕食の時間まで寝ていました。

    徒歩15分の駅まで3回休息しないと駄目なようで体力の衰えは否めません。

    コスモス様

    >気持ちのあり方が重要で、病院での宣告はハイハイと聞き流しておきなさい。

    有難うございます。

    そのように気持ちを持っていきます。

    逢いたいよ様 

    47歳で突然の御逝去とはお慰めの言葉も出ません。

    >好きなことをさせて、一緒にいる時間があることだけでも
    私にはうらやましい限りです。
    ひがみになってしまいますけど…。

    ひがみには思いませんよ。

    せめて1週間でも御世話できたら御心の持ちようも違うのにと御心情お察し致します。

    続きます

    ユーザーID:8394501909

  • 続きです。

    辛くても子供さんの為に生きて下さいね。

    御主人の為にも…

    >抗がん剤治療を受けているということは「生きたい」という気持ちがあるからでは??

    そうでしょう。

    Drの説明を途中で遮り抗がん剤治療を選んだのですから…

    y様

    奇跡のような事がおきるのを期待して日々を過ごします。

    26様

    食べたいって言ってくれるだけでも嬉しくてリクエスト品を探し求め昨日は東に今日は西と東西奔走しています。

    ココロ様

    イザとなったら女は強いから大丈夫!。

    ユーザーID:8394501909

  • すてきなご夫婦ですね

    拝見しまして、60才で他界した私の父の事、思い出しました。
    肺がんだとわかったときには余命6カ月。もし、治療をしなければ1カ月ももつかどうか。
    父はがんの告知は受けましたが、余命は知らせませんでした。
    母は私たち子どもに、父ががんであることを知らせようとしませんでした。
    看護師である、私の妹がすぐにきづいたけど、私たち姉妹へ迷ったあげくに言いました。母は私たちに父のことを言うと、お父さんががんだと認めたことになるからいいたくなかった、と言ってました。
    家族でできることはなんでもして、一年半も長く私たちと父は一緒にいてくれました。

    父は食べるのもつらかったようですが、私たちが差し入れたものはなんでも残さず食べてくれました。だけど、一番喜んでくれたのはチューハイやビール、たばこでした(笑)
    のみこみにくくなっても、ゼリーにしたりしてもっていったなぁ。
    その頃はホスピスだったので、アルコールも大目に見てくださってました。

    主さま、お体には気をつけてくださいね。やるせない日もあるとはおもいますが、私は主さま、応援しています。

    ユーザーID:9713846775

  • 今のうちに

    夫婦二人きりで大変だと思います。ただお子様がいないということで余命宣告を受けているなら、御主人を説得して今のうちに全財産を妻に譲ると書いてもらっておかないとご主人に兄弟姉妹がいた場合、死亡していてもその子供たちがいる場合、御主人名義の財産のいくらかを分けないといけない法律になってます。たとえば住んでいる家が御主人名義で他に預金もないのないなら、その家を売却して財産を分けて兄弟姉妹に渡さないといけないこともあります。

    冷たいようですが、今、御主人が少しでも動けるうちにやっておかないと、今後の残された奥様の生活が成り立たない可能性もありますので、もし遺言書等何もしていないなら、すぐ手を打たれることをおすすめします。

    今の状態では何も考えられないと思いますが、安心して看病ができるためにもそういった保険が大切だと思いますよ。

    ユーザーID:5940443226

  • 未来日記を書く

    余命宣告を受けた人が、その残された時間に会いたい人に会う、やりたいことをする、といったことをして過ごしていたそうです。
    自分が会いたい人もいるでしょうが、自分に会いたいと思っている人もいます。
    そんな生活を送っているうちに癌がなくなったそうです。

    旦那さまはかなり体力が低下しているようなので、外出も大変だと思います。
    それなら、明日したいこと、明後日したいこと、来年、再来年としたいことを書いていくのはどうでしょうか?
    余命なく、10年後、20年後、エンドレスで書けます。
    実際出来なくても、あれが食べたい、ここへ行きたい、誰に会いたい、と思うことは生きることにつながります。
    日記は過去を振り返るだけじゃなく、未来に希望を思い描いてもいいと思います。
    旦那さまだけじゃなくトピ主さまも書いたり、書いたものを一緒に見て、その話をするだけでも楽しいかもしれません。
    新しい日記帳買ってこなきゃ、くらい沢山書きましょう。
    そのうち書くだけじゃなく、実現したことも増えるかもしれません。

    ユーザーID:8974019862

  • 今後の事ですが。

    ちょこ様

    御父様が宣告より永く生きられ良かったですね。

    お酒や煙草の差し入れを喜ばれたとは(笑)。

    夫は10年位前に酒も煙草も止め嫌いな物は多いのですが好物の無いのが悩みの種です(笑)。

    たいへんでしょうが様

    御心配有り難う御座います。

    「家は子供が出来てから」と思っていましたが授からなかったので賃貸。

    夫婦だけだから預金が有るように思われますが夫が一時競馬に凝り収入を殆ど注ぎその日暮しの生活で預金も無し。

    退職金だけが残り今は退職金を崩し入院費に充当してる状態なので遺言状も不要かと。

    3人の弟妹がいますが遺産要求無しと思っています。

    強欲な妹が1人居ますが要求してきたら競馬に凝っていた事を弟を証人にして断ります。

    甘い考えでしょうか?。

    hisa様

    夫の望みは帰郷ですが特急で2時間半、車で30分の片道3時間を耐えられるか如何か?。

    長時間座るのが苦痛で直ぐ横になりたいので無理と本人の判断。

    この問題をクリアしないと望みを叶えるのは駄目と困っています。

    日毎に体力は落ちていくので焦ります…。

    ユーザーID:8394501909

  • お疲れ様です

    何とお言葉をかければ良いのか分かりませんが・・・
    私も先月、義父が88歳で亡くなりました。心臓が悪く、いつ何が起こっても、と言われ10年。入院は絶対嫌だ、と自宅にいることを希望したため、余程体力が落ちたときにだけ、無理矢理1週間入院させる->ちょっと元気になる->点滴を抜く->帰らされる、をこの数年何度か繰り返し、今回もその一ヶ月前にも入院して退院したばかり。
    「お義父さん、一週間だけ点滴してきましょう」と、ほぼトイレに行くこともできなくなった義父を入院させ、でも、また一週間後には帰るよなー、次、なんて言って病院連れてく?と、先のことばかり考えていました。なのに、入院三日目、医者に呼び出され、腎臓も肝臓も機能していません。もって二日。。。その日の深夜、逝ってしまいました。
    朦朧とする意識の中、最期は娘(義姉)や孫が見守る中でした。
    覚悟はできていましたが、本当にもう一度、話がしたかったなーと、義父でしたが、心に残ります。
    トピ主さん、もう一度、と思うことはきっとたくさんあると思いますが、出来る限り、顔を見てお話しておいてくださいね。

    ユーザーID:2541166106

  • 素敵ですね

    私の父も、今 脳腫瘍で、延命目的の治療を終えました。
    あとどれだけ余命があるか、わかりませんが、家で過ごしています。
    長期入院で8ヶ月、突然発病してから、そのまま・・という可能性もあった中での退院でしたので、今という瞬間を奇跡と考え、幸せに思えています。

    旦那さんの思いを一番にわかっておいでなのはトピ主さんですよね。
    とても仲の良いご夫婦で羨ましいです。
    お二人らしく、過ごされますよう、影ながら応援させてください。

    ユーザーID:1614038841

  • 穏やかな日々。

    今は昼食後から2時の薬服用迄の昼寝が習慣になり2時になると起しそれから私は買い物に外出します。

    そうまま様

    「どんなに看病尽くしても心残りはある」と聞いています。

    良い御義父様だったのですね。

    キスイ様

    >突然発病してから、そのまま・・という可能性もあった中での退院でしたので、今という瞬間を奇跡と考え、幸せに思えています。

    御父様の生命力が勝っていられるのですよ。

    私の口癖は「病気と寿命は別」です。

    奇跡が続きますように♪

    今日パンとバナナだけを買いに外出するのは面倒だな〜と思っていたらWINSで馬券を買い戻った夫の手にスーパーの袋が…

    中を見るとパンとバナナ。

    嬉しくて思わず握手したら自分で頭を撫で撫で。

    それで私が手を差し出すと頭を持ってきたので「良い子・良い子」と撫で撫ですると嬉しそうな笑顔で部屋へ。

    茶目っ気たっぷりの夫です。

    以前は頼んでも嫌そうに渋々買ってきていたのに此の変化に驚いたり喜んだり。

    夫も病気になって相手を思い遣る心が出てきたみたいです。

    ユーザーID:8394501909

  • 介護の準備完了!

    要支援の認定を受けケアマネさんと話し合い夫が気にしている掃除を週1でヘルパーさんにして頂く事に…
    先週、初めてお世話になりましたが夫も「気が楽になった」と喜んでいました。
    出来るだけ快適に自宅療養して欲しいので介護用電動ベッドも購入♪
    介護でリースされてるようなベッドでなく木組みで夫の好きなラジオを置く為にコンセント2口&照明付きの宮付きで介護用には見えぬ木の温もりが感じられる木目調ベッド♪
    終末期には殆どの方が「家に帰りたい」と望まれます。

    先日の診察で骨転移してる人に月1回打つ注射の事をDrは何も言わないので夫から催促。
    するとDrは消極的で打つと長期間は歯の治療は出来ないので先ずは歯を治療してからとの返事で延期になりました。

    ユーザーID:8394501909

  • レスします

    歯医者が嫌いで痛くても我慢して歯医者に行かなかった夫が注射をして欲しいので歯医者に通い次回の通院日迄に歯を治すそうです。

    ユーザーID:8394501909

  • 夫の気持ち。



    従妹の御主人が夫と同じ病と判明したのが夫より1週間後だったのですが病気の進行が早く御主人が家に帰りたいと望んだ時には家は迎える準備も出来てない状態だったので希望を叶える事が出来ぬまま天国に旅立ってしまい悔やむ従妹の姿を見ているので介護ベッドも体が動かなくなってからでは部屋の模様替えも難しいと判断し急ぎました。

    100%は無理でも可能な限り夫の望む療養生活を送るようにするのが私の務めだと思っていますので是で入院する事態になり夫が帰宅を望んでも何時でも一時帰宅が出来ます。

    私の自己満足かも知れませんがね。

    先日「替り目」という落語を夫と聞いていました。

    酒に酔った旦那が酒を飲み足らず酒を嫁に買いに行かせので嫁が未だ居るとも知らず「俺には出来すぎた嫁だ、心の中では何時も手を合わせてるんだ」と詫びる台詞に夫が横から「俺も照れくさいから言わないけど本当に感謝してるんだよ」と…

    胸がジーンとして涙が出そうになったので聞こえていない振りをしましたがお互い言葉は交わさずとも「心は通じているんだ」と幸せを感じた夜でした。

    ユーザーID:8394501909

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧