夫に余命宣告。

レス150
お気に入り2,074
トピ主のみ44

kurusii

ひと

このトピのレス

レス数150

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 150
次へ 最後尾へ
  • 秩父の名物

    埼玉県の秩父市で生活して居た時に、良く食べました。

    おやつですが、味噌ポテトと言います。

    茹でたジャガ芋の皮を剥き、よつ割にして天ぷらにします。

    味噌は赤白どちらでも、お好みで出来ます。

    弱火にして味醂で、伸ばして甘さは、お砂糖で加減します。

    私は赤白の同量の味噌だれが好きです。

    秩父は観光地で有名です。

    お二人でご旅行した気分で、食べて見て下さい。

    観光客に人気のおやつです。

    父と私達の家族で秩父を旅行した事が有ります。

    「一緒に食べたお蕎麦や味噌ポテトが美味しかった」

    といつも話すので味噌ポテトを作りました。

    「美味しい」
    と喜んでくれました。

    茹でた里芋を串に刺して焼き、この味噌をからめれば、群馬県の旧中里村の郷土料理
    「芋串」になります。

    鯉のぼり祭りが有名な山の中の、静かで綺麗な所です。

    こんにゃくで味噌おでんも美味しいです。

    父は毎日食べたい物が変わります。

    食べたいと希望する物を差し入れて居ます。

    乾燥椎茸と舞茸の様な茸類が、食事療法になると聞きました。

    皆さんのレスを私も、参考にさせて頂いて居ます。

    ユーザーID:3030876901

  • 離乳食はいかがでしょうか?

    私の祖父も同じ病気で亡くなりました。
    食欲がなくなってレトルトの介護食を片っ端から試していた頃、私が当時6ヶ月の息子を連れて会いにいくと、持って行った離乳食に興味が出たのか予備のものを一緒に食べていました。離乳食は柔らかく栄養価も高く塩分控えめ。しかも見た目カラフルに作ってありますから、レトルトのもので試してみては?
    ただ、ものによっては塩気があまりに足りないので、味見して調整して下さいね。

    ユーザーID:6548007546

  • 私の父も…

    肺癌になり、余命1年と宣告されましたが6年、生きました!もちろん、抗がん剤治療、放射線など定期的に受け、また抗がん剤は色々な種類を試しました!本人も肺癌と分かってたんですが、生きたいという気持ちが強かったと思います。周りにいる私達が病気だと忘れるくらい元気でした。が、最後の時は突然で肛門から出血したと言って入院して1週間でした。
    あちこちに転移してたんですが年が年だけに進行は遅かったみたい。トピ主さんの旦那様とちょうど同じでした。何をしても後悔はすると思います!ただ平凡な毎日が私には無性に懐かしいです。

    ユーザーID:7649707770

  • トピ主です。

    皆様の親身なアドバイスに感謝しながらコメントを拝読しています。

    現在は鎮痛薬・吐き気止・整腸剤・睡眠薬等の服用だけで抗がん剤は使用していません。

    どさんこパンダ様

    夕張メロンピュアゼリーは普通サイズと小さいのがあるでしょ?

    抗がん剤投与中に札幌在住の友人がわざわざ見舞いに両方持って来て下さって小さいほうを冷やし日に2個食べていました。

    るっし様

    舌苔(ゼッタイ)歯ブラシ使用は知りませんでした。

    パイナップルは酸味が有り苦手なので舌苔歯ブラシを試させます。

    腹式呼吸法の事はDrは何もいってませんがしたほうが良いのでしょうか?。

    >ピーと吹いてしゅるしゅると

    玩具の「吹き戻し」の事ですね。

    Drは対処療法だけでリハビリの事は何も話しませんが吹き戻しで肺に負担がかかる事は無いでしょうか?。

    猫と遊ぶ玩具だと夫に渡し試す値打ちはありそうですね

    ユーザーID:8394501909

  • 信じましょう

    私の父(72歳)も肺がんステージ4の末期患者です。
    病気が分かった時は、医師から「半年」と告げられ、
    本当に辛く苦しい毎日でした。
    元々肝臓が悪かったため、医師は抗がん剤治療を勧めませんでした。
    しかし、父は「このまま何もせず病気に負けたくない」との
    気持ちで、抗がん剤治療を始めました。
    肝臓に負担が少ないよう抗がん剤の量を減らしたり、工夫してくれました。
    おかげさまで、2年半が経ちました。
    余命半年宣告された時には、こんな日が来るなんて思いませんでした。
    本当に父本人や医師、神様に感謝です。
    実家は手放し、病院近くの老人ホームで夫婦で暮らしています。
    具合の良い時には車も運転し、普通の日常生活を送っています。
    トピ主さんのご主人も余命10カ月と言われたそうですが、
    誰にも余命なんてわかりません。
    少しでも今の病状が良くなるよう、少しでも進行を抑えることが
    できるよう祈っています。
    信じましょう。

    ユーザーID:1789195664

  • 複式呼吸が肺に負担とご心配。

    肺に負担をかけない呼吸法として、横になっていても腹筋を使って、楽に呼吸をする練習です。
    Doctorは信頼すべきですが、実際に患者の身体に触れて下さるのは看護師の方が比重が高い。
    そこで優秀な訪問看護師グループを見つけた事により、母と私は、納得の行く父の自宅看取りが出来ました。
    優秀なケアマネ=優秀な看護師グループにつながり、=優秀な看護師は優秀なDoctorにしかついて行かない。 結果、優秀な呼吸器科往診医師との出会いにつながり、、、そして、その看護師さん達の職業病の痛みを助ける、優秀な往診鍼灸院につながりました。
    穏やかに自宅で見送って二年半余り経ち。。今も感謝して止まないドリーム・チームでした!

    ユーザーID:0037605060

  • 素敵な奥様ですね

     私のひとり言。
     巡回にいくたびに、時間を聞いてくる患者さん。朝になるとそわそわ。10時になると、奥さんが面会に来て、その患者さんが笑顔になる。
    全然食べれなくても、動けなくなっても、脳に転移をして、ここが何処なのか分からなくなっても、奥さんの声を聞くと安心して穏やかな顔になる。
    そばにいてくれること、面会にきてくれること、自分のことを大切におもってくれる人がいることが幸せなんですよね。

    何をどれくらい食べたのか、とっても気になるし、少しでも食べてもらいたいけど、なかなか食欲がなくて、食べれない。なんだか、もやもやした気持ちになる。
    だけど、いつも面会にきてくれるだけで、旦那さんってとっても幸せなんじゃないかなって思います。

    無理をさせる時期ではないので、リハビリは、本人が希望しない限りは、医師は進めないと思います。


    肺がんの末期の患者さん。前日まで話してたのに、意識が低下して、次の日にお話ができないってこともあります。だから、面会にきて、帰るときには、笑顔で
    帰ってあげてほしいです。

    ユーザーID:4649875794

  • 昨夜のバカ話。

    私の花嫁写真を「この別嬪さん誰かな?日本人形みたいに可愛い〜」って夫に見せたら「小さくて見れん」と言うので目の前に突き出しても「天眼鏡でも見れん」としらばっくれるので2人の写真を見せると「わっオットコマエが居る・こんな男前が此の世に居たのか」だって。

    それで「貴方が先に逝ったら淋しく無い様この花嫁さんの写真をお棺にれてあげるから私が先に逝ったら2人の写真をお棺に入れてね」と言ったら

    「お前は俺以外に貰い手が無いだろうから入れてあげるけど俺は掃除の好きな優しい別嬪さんをあの世で見つけるから要らんわ・男前で優しい俺だから直ぐに見つかるから」って憎たらしい台詞の応酬に大爆笑。

    楽しい一夜でした。

    今朝、注文していた吹き戻しが届き夫に「私の日記を読んだ方が貴方の為に食べ物や他の色んな事をアドバイスしてくれてるから実践しようね」と話したら素直に「うん」との返事。

    発芽玄米を混ぜた御飯も黙って食べてるけど野菜ジュースは止めたいと言い出し嫌がるのを無理に飲ますより「いのちのスープ」の玄米スープに変えようかとおもいます。

    そうすると献立を見直さないと。

    ユーザーID:8394501909

  • 乳児用ミルクはいかがですか

    ゆいさんがレスされていた、離乳食に加えて、赤ちゃん用のミルクは
    いかがですか?消化に良くて、カロリーが高いです。
    そのままお湯で溶いてのむと、なんだかな〜な味なので、
    お料理やお菓子に使ってみてはいかがでしょうか。

    朝晩気温の低い日が多くなりました。
    どうぞ、お疲れなど出されませんように。

    ユーザーID:6894364837

  • kurusii様の笑顔のために

    kurusii様の笑顔が、
    旦那様にとっての一番の薬だと思いますよ。

    体力がないと笑顔も続きません。
    そこで私は、
    忙しい時には味の素の「アミノ酸含有機能性食品」を飲みます。
    本来はスポーツ選手のために開発されたようですが、
    私のような“おばさん”でもこれを飲むと頑張りがきくので、
    仕事で連日帰宅が遅くてもなんとか過ごせ、家事もこなせます。

    また、
    移動時には、落語や音楽を聴いて気分転換を図っています。
    図書館でCDを借りられるので、大いに利用しています。

    私の住むところでは、急に秋が深まったようです。
    どうぞご自愛くださいね。

    ユーザーID:9863587526

  • つらいですよね

    私の父が末期ガンで余命3ヶ月と宣告され
    その年に亡くなりました

    家族で宣告しない方法をとりました
    それで良かったと思ってます

    というか 言わなくても気づいていたと思います


    とにかく痛みをなくするように先生にお願いしました


    私たちはほぼ毎日泊りがけ みんなで悔いのない看病をしました
    正直痩せていく父にお願い神様となんども。。。。涙

    母は最後まで気丈にふるまってました
    父に最後まで普段通りに
    そんな母は火葬場で泣き崩れました
    最後まで気丈に振舞っていた母でしたが


    主さん旦那さんが意識あるうちに
    やり残すことがないようになさってください
    看病は体力勝負です
    主さんのお体もご自愛なさってください


    旦那様素敵な方ですね

    ユーザーID:8676220547

  • 母を肺ガンで亡くしました

    抗がん剤は、延命のためとはいえ、旦那様はかなり辛いのではないでしょうか?

    私の母もわかった時は、末期一つ手前の肺ガンでした。
    母は治療をやめ、ホスピスに入りモルヒネで痛みを抑えて、過ごしました。
    痛みが抑えられてるので、食欲も出てきて外食したりできました。
    抗がん剤の治療が上手く聞いて、癌細胞の広がりが抑えられるといいですね。


    母は66歳で亡くなりました。
    もう少しそばに居てほしかったです。
    旦那様との時間を大切になさってください。

    ユーザーID:3382877234

  • kurusiiさんと自分がかさなります・・・

    今始めてこのトピックに出会いました。
    経過を拝読しながら貴方様のお気持ちが
    痛いほど心に感じられて涙がでてしまいます。

    主人が68歳で亡くなって一年八ヶ月、
    肺癌ステージ4と告知を受けて5年数ヶ月、
    本来余命約2年と医者は予測していたようです。
    主人は全て自分で把握しておりました。
    当初強い抗癌治療を受けその後
    メインテナンス治療薬と彼の相性がよかったのが幸いでした。

    私達は結婚34年、子供はおらず10匹の猫との暮らし(米国)。
    抗癌治療は様々な副作用をもたらしましたが、
    闘うというより折り合いをつけながら
    癌と付き合ったという言い方のほうがあっていると思います。

    抗癌治療は通いで入院は10日ほどでした。
    主人はポジテイブの塊のような人で
    仕事優先(仕事が本当に隙だったようです)、
    仕事のスケジュール優先で抗癌治療をアレンジしたほどです。
    打ち込めるものがあったのは幸運だったと思います。

    看病する側が倒れては大変です。
    日常大切にし、自身の管理を保ちながら
    息抜きの時間を持つことも必要だと思います。
    私は猫たちに救われました。

    ユーザーID:8839225317

  • 平穏な日々。

    穏やかに日が過ぎていってます。

    私の誕生日には「幾ら当たるか夢がみれるだろ?」と宝くじを20枚プレゼントされました。

    結果は末等の当り2枚。

    昨年迄は是で何か買いなさいと諭吉さん1名だったから今年は何か残る物をと考えていたので残念ですが誕生日を覚えていて祝ってくれる気持ちは嬉しいですよね♪。

    笑顔で絆様。

    乳児用ミルクは離乳食と共に夫が固形食を食べれなくなった時に併用します。

    食事は普通食なんですが好き嫌いが激しいので困るのです。

    野菜ジュースを拒否したので今は風邪の予防にもなるので蓮根ジュースを飲ませています。

    吹き戻しも肺のリハビリだからと言うと素直に吹いています。

    猫と遊ぶつもりでピーヒュルヒュルと猫に向けて吹き猫に嫌われガッカリしてますが(笑)

    ぬーん様。

    疲れた時にお奨めのを飲んでみますね。

    林檎畑で眠りたい様。

    お母様のお気持ち身につまされました。

    どんなにお辛かった事か…

    私も大声で泣きたい時があります。

    夫が入院中は1人なので思いっきり泣けましたが今は夫が居るので泣けません。

    ユーザーID:8394501909

  • 弟妹との面会。

    田舎を出て此方で就職し居を構えたので父母も此方の寺で御供養していますから先日、夫は三人の弟妹と駅で待ち合わせ我が家の菩提寺となった寺に案内して御住職とも面会し葬儀を行うであろうセレモニーホールも教え昼食を共にして楽しい一刻を過ごせたようです。

    幸い天気にも恵まれ暖かい日でした。

    弟妹に会うのは十何年振りかな?。

    父母が他界してから交流は用件の電話のみでしたから。

    夫は体力の衰えで感じる事があるのかメアドも交換したらしいです。

    兄妹水入らず時を過ごしたらと私は遠慮しました。

    こんな穏やかな日が続くとDrの宣告は間違いだったのでは?期待しています。

    退院してから食前・食後に血圧を計り風邪を引いたら肺炎になるから&転んだら骨折し易いからと凄く健康に注意するようになりました。

    後、2年は生きたいと言ってますので頑張って欲しいです。

    ユーザーID:8394501909

  • 穏やかな日が続きますように

    私も妹をがんで亡くしました。
    元気だけが取り柄のような彼女の突然の病に
    母はうろたえ、闘病中は今のトピ主様のように
    私一人の胸に秘めておくことが多くて・・・。

    ある時、医師の友人が言ってくれた言葉があります。
    「医師としては言えないけど、友人として言う。
    余命宣告はあくまで統計。一人一人の患者にとっては
    全て生きるか死ぬかの1/2しかない。だから数字に
    惑わされてはいけない。余命宣告よりも長く生きる人も
    いれば、短い生涯を終える人もいる。全ては統計では
    計れない。だから、ずっと先の約束ではなく、
    今日1日の中でたくさんの約束をして、それをひとつでも
    多く、実現して、たくさんの思いを共有しなさい」と。

    今も亡き妹を思うと、寂しいことばかりですが、
    抗がん剤や辛い闘病でも、その時はそばで見ているのも
    辛かったけれど、今は寄り添い、共に過ごせた時間を
    かけがえの無いものを思っています。

    トピ主様とご主人の穏やかな時間がずっとずっと続きますように。

    ユーザーID:5489206097

  • お辛いですね

    ご主人様が余命宣告を受けたとのこと、心中お察しします。

    私の母は胃癌で、4年前に余命約1年との宣告を受けました。
    実際には3年生き、昨年の今頃、65歳で亡くなりました。

    ですから、大切な人が少しずつ弱っていく姿を見ることの辛さがとてもよくわかります。
    トピ主さんのコメントを見て、その時の自分の気持ちを思い出し、また、トピ主さんの気持ちを思い、涙してしまいました。
    辛い気持ちを必死にこらえて毎日を過ごすのもお辛いと思います。
    どうかご無理なさいませんように。


    そして、私の母のような例(余命宣告よりも長生きすること)はよくあることなのだそうです(知人の看護師談)。

    「引き寄せの法則」というものがあります。
    これは不安に思っていることもこうなるといいなと思うことも、引き寄せるというもののようです(詳しくなくてすいません)。
    ですから、(不安に思うこともあるとは思いますが)不安に思うことよりも、ご主人様も余命よりも長く生きてくれるのだと強く思ってお過ごし下さい。
    私も、ご主人様が1日でも長くトピ主さんとお過ごしになられるよう、願っています。

    ユーザーID:5956984854

  • 泣かないで

    私が辛いときに、友人が素敵なことを言ってくれました。
    「今泣きたいくらい辛いかもしれないけど、泣くな。最後までやり抜いたら、泣きたい程嬉しい筈。今の涙はそのときの為にとっとけ!」
    旦那様を失えば今以上の辛さがあるかもしれません。でも、それまでに出来る限りの事をしていれば(実際なさっておられますが)、そのときには、あぁ、自分はやり切ったぞ、とやりきった嬉しさに涙がこぼれると思うのです。
    涙は、どうぞそのときの為にとっておいてください。
    来るべき日の為に私の涙はとってあるのだ、そう思えば、「泣けない」と思うより、幾分気持ちが楽になるのではないでしょうか。

    トピ主さん、応援していますよ。
    そして、旦那様の髪の毛も応援しています!
    理髪店、行けたようで良かったですね!

    今日も送ります、髪の毛よ、頑張れ!生えるのだ!
    そして、頑張っているトピ主さんに目一杯の幸せが訪れますように!

    ユーザーID:6820965930

  • 緩和ケアーの勧め

    Drが私に余命を告げた時

    「時期が近くなればご主人にそれとなく私からお伝えします。
    ご主人も身辺整理等あるでしょうから」と言われてました。

    それが1日の診察で
    「癌が大きくなってきているし腫瘍マーカの数字も多くなっている。
    また抗がん剤を打つか緩和ケアーを考えて下さい。早急に決めなくても良いので体力の有る間に旅行でも如何ですか」と。

    帰宅してから色々話し合い夫は「治るなら我慢するが其の場凌ぎの治療ならあの苦しみはもう嫌だ」と抗がん剤を拒否し緩和ケアーを選ぶようです。

    ホスピスは「俺は寝てるだけだからお前が通い易い病院に決めたら良い」と病院選びは私に一任してヘソクリ場所まで教えてくれました(笑)

    こっこ様もお辛かったでしょう。

    Mariene様

    人間毛生薬様

    他の皆様方のメッセージの御陰で救われています。

    その日がくるまで決して私は諦めません。

    昼食に夫の好きな栗ご飯を炊きましたら「美味しい」と♪

    ホスピスにはどの段階で面談に行けば良いのか悩みます。

    ユーザーID:8394501909

  • 心中お察しします

    私の知り合いも、肺に癌が発見され
    2012年の桜は見れないだろうと
    お医者様より言われたものの

    桜を見、花火を見
    そして、紅葉はおろか、雪まで見る勢いで
    頑張っている方がいらっしゃいます。
    お医者様の見立てなんて、当てになりませんよ。

    その方曰く
    「愛する人の為に、1日でも長く生きたい」と
    思う気持ちが、病に勝っているのだそうです。

    旦那様も、同じお気持ちだと思います。
    新婚時代に戻ったお気持ちで
    旦那様と甘い日々をお過ごし下さい。
    愛のパワーと笑いで、病気退散です。

    ユーザーID:9120216669

  • どこにお住まいか知りませんが

    まず、見守り家族制度を利用しましょう。
    いざとなった時には身内となって、あなたの代わりに何でもしてくれますし、あなたの今後もずっと支えてくれますし、相談にも乗ってくれます。
    お金で身内を手に入れるのです。
    忙しいかもしれませんが、そういう企業団体を見つけて病院まで来てもらい、契約された方がいいと思います。
    まずは安心の基盤を作りましょう。
    子供がいなくても、今はこういうのもあるんですよ。

    ユーザーID:3744911511

  • 家族がステージ4

    心中お察しします。
    ステージ4と言われ、抗がん治療中の家族がおります。言葉にならないいろんな思いが湧き上がり、つらくとも悟りの境地にはいりました。

    緩和ケアは、我が家もいずれは選択すると思います。
    主様のお医者様のおっしゃるように、うちもいまのうちに旅行や外食にいくなどして、今日生きていることを笑顔で楽しむようになりました。

    どうぞ、精一杯幸せな時間を過ごしてください。

    心から、応援しています。

    ユーザーID:5132337287

  • ホスピスの準備は早目に

    医療関係の者です。

    例え末期で体調が悪くなったとしても、すぐにホスピスに入院出来るとは限りません。
    誰かが退院しないとベッドは空きませんので、大抵は順番待ちで自宅待機となりますし、
    病状だけでなく、ご本人・ご家族両方の病気のとらえ方、過ごし方の希望、家庭環境、性格など、
    きめ細やかな対応を求められるホスピスケアに必要な情報を把握するのには時間が掛かるからです。

    私のいる病院では、実際の入院までに3〜6ヶ月掛かる方が多いです。
    その間は、疼痛管理などの目的でホスピス病院へ外来通院される方もいらっしゃいます。

    これから寒くなると体調を崩される危険性も高くなるでしょう。
    御家族だけでも早目にホスピス病院へ受診し、イザ必要となった時の準備を始められる事をお勧めします。

    どうぞ、お二人で心安らかな日々をお送りになられますように。

    ユーザーID:6939578434

  • 寿命が少し延びた♪

    入所するホスピスも決め夫も面談に行くと言ってますが面談の時期は?。

    12日の夫不在時に病院の緩和ケアー相談員さんに電話相談しました。

    すると「カルテを見る限り3ヵ月以内に危なくなる事はなさそう。そして通院が無理になれば往診を入所希望ホスピス関連の診療所を紹介します」との嬉しい返事。

    poti様

    アドバイス有難う御座います。

    早く申し込みたくても何処のホスピスも余命3ヵ月以内での申し込み受け付けで現在の夫は該当しませんので嬉しい反面複雑な気持ちです。

    16日に受診し次回の診察日は12月14日に決まり外見は本当に病気?と疑うほど元気になりましたが眩暈・耳の異常・喉の渇き等の訴えを聞くと病気なんだと再認識。

    10ヵ月と余命宣告された日からは1ヵ月が過ぎる度に私の寿命も縮む思いで11月の来るのが辛かったです。

    食べたいと一言でも漏らせば品物より送料のほうが高くついても其の品を取り寄せたり。

    11月22日の「いいふうふの日」もお正月も無事に迎えられそう(喜)

    今回は匿名様

    見守り制度は知ってますので1人になったら利用しますね。

    ユーザーID:8394501909

  • 新しい年をお二人で

    ずっとご様子が気になって、トピを読ませて頂いています。
    以前にレスしたのですが、再び書かせて下さい。

    毎日を丁寧に大切にお二人で過ごしていらっしゃるようで
    見ず知らずの私も本当に嬉しく感じています。
    私も妹をがんで亡くしたのは前回に書かせて頂いた通りですが、
    最後は緩和ケアを選び、ホスピスで過ごしました。

    準備は早めに、周到にされていた方が良いです。
    急な病状の変化などもないとは言えないからです。
    (すみません。気を悪くなさらないで下さい)
    今、通院されている病院の担当医、ホスピスや緩和ケアの担当者と
    出来るだけ密にコミュニケーションをとりながら、
    トピ主さまも体調を崩したりしないようになさって、
    毎日を大切に過ごして下さい。
    そばで一緒に病と向き合っている人間も実際はかなりの肉体的疲労や
    心の疲れを溜めていますから。

    いい夫婦の日も、年末も、そしてお正月も、梅の花も
    桜の花もずっとお二人で穏やかに過ごされることを心から私も
    願っています。

    遠い、どこともわからぬ場所からですが、私もお二人を応援させてください。

    ユーザーID:5710687269

  • 呑気ですね・・・・

    無駄な抵抗でもいい、とにかくやれることはやってみましょう。

    1毎日朝2杯の緑茶、昼2杯の緑茶 夜2杯の緑茶を飲ませよう。
    2笑い転げる程の話ばかりを話したり(無理してネットでさがしたり)、聴いたりして楽しいことだけを思える環境を作る。
    3あなただけでも、朝晩のお勤めをする。

    あかんとわかっていても、10ヶ月のものを2ヶ月でも、3ヶ月でも余分に延ばせることは可能と思います。お祈りと努力で。心から、真心を込めておねがいしましょう。

    あなたは今は冗談いっていますが、実際、存在あるのとないのとでは大きいですよ。
    あなたができること。できる限りのことをしっかり果たしましょう。私も無邪気なその旦那様が召集令状が延期になることを祈ります。心のこもっったお祈りは必ず力をうみます。何も言われたとおり10ヶ月で行かせる事ないじゃないですか。
    こんな時こそ、こんなにもいい人だから、歯向かいましょう。無駄な抵抗に終わろうとも。

    ユーザーID:0739258263

  • あなたが幸せならば、伴侶も幸せ

    お辛い日々ですね。夫婦は「連理の枝・比翼の鳥」と形容されますが、どんなに愛し合っていたとしても、一緒には死ねません。代わってあげたい程の思いでしょうが、その様に思える方と巡り会えた日々は、お幸せな人生だった証左です。

    お子さんに恵まれなかった事を、子供好きのご主人に申し訳なく思う必要は、些かも有りません。夫婦は天秤りです。「あなたが幸せならば、きっと伴侶のご主人も、幸せ」な筈です。

    告知されない事は、ご主人の性格をお考えの事でしょうか?人は思った以上に、メソメソしますし、情け無いものです。然しながら、その苦境を乗り越えれば、苦難に立ち向かい、一瞬を大切に闘う強靭さも、併せ持っていると信じましょうよ。残された時間が、少なければ少ない程、告知してお二人の大切な濃密な時間を過される事も、もう一つの選択肢なのではないでしょうか?(受け止めるご主人の性格次第ですが)

    家事の一部をご主人に任されているのは名案です。私も60歳を越え、「家事手伝い」を自称しています。出来るだけ日常を保ち、静かに過そうとのお考えなのでしょう。縁有りて成ったワンペアです。辛くとも最後まで全うして下さい。

    ユーザーID:0103259362

  • いいふうふの日♪

    宣告を受けた時は此の日を迎えられるか不安でしたが横で喜び怒り笑っている夫の姿が♪

    無事に「いいふうふの日」を迎えられた感謝を込め夫にはすき焼きに。



    こっこ様

    妹様の辛い事を思い出すのに案じて下さり有難う御座います。

    >急な病状の変化などもないとは言えないからです。
    (すみません。気を悪くなさらないで下さい)

    其の変化は緩和ケアの看護師さんにも言われ覚悟して早目に動いていますからお気になさらないで下さい。

    ユーザーID:8394501909

  • 続きです。

    ストレス解消様

    有難う御座います。

    >1毎日朝2杯の緑茶、昼2杯の緑茶 夜2杯の緑茶を飲ませよう。

    緑茶で腹一杯になり他の食事が摂れ無いです。

    >3あなただけでも、朝晩のお勤めをする。

    是も駄目です。

    私の無宗教を知っているので不自然。

    恋次郎様

    >告知されない事は、ご主人の性格をお考えの事でしょうか?

    はい!

    最初の頃に書き込みしてますが夫の性格を考慮しての事です。

    健康な時に何気無く話していたのですが(告知された俳優さんの話の時等)「偉いな、どうせ助からないなら告知されないほうが良いのに」って。

    私「未だやりたい事も有るだろうし食べたい物も有るだろうから告知は必要では?」って言うと夫は「何も無い!したい事はした・欲しい物も食べたい物も是といって無いのに告知されたら生きる望みが無くなる」でした。

    >家事の一部をご主人に任されているのは名案です。

    有難う御座います。

    掃除と私の自転車の空気入れを生き甲斐にしているようで今日も自転車の空気を入れてくれました。

    夫が動ける間はこき使います。

    ユーザーID:8394501909

  • ありがとうの一言♪

    私は何かをしてもらう度に「ありがとう」ってお礼を言ってましたが夫に何をしても夫から「ありがとう」って言葉を言って貰った事が有りませんでした。

    妻が夫の世話をするのは当然と思っているからですし私も何とも思っていませんでした。

    それが最近かすれた声で「ありがとう」って言ってくれるようになりました。

    夜中に喉が渇き水を飲むのに起きて転倒するのを防ぐため枕元に冷水を入れた保冷ポットを置くようにしました。

    「此処に水を置いとくね」と声をかけると必ず「ありがとう」って言葉が。

    たった一言の「ありがとう」。

    その言葉を初めて聞いた時の私は何故か胸が詰まり泣きそうになり慌てて側を離れました。

    ガンになってしまったら寿命は天に任せるしか無いと言いながらも心底は不安で心細いのでしょうか幼子が母親に甘えるような仕草を見せるようになりました。

    幾らでも甘えて下さい。

    私に出来る事なら望みを叶えるようにしますから。

    ユーザーID:8394501909

先頭へ 前へ
91120 / 150
次へ 最後尾へ

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧