今だから思う、父親の教育

レス40
(トピ主1
お気に入り52

男性から発信するトピ

桃親父

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の場合は「理を通す」でした。

    私は昭和40年代後半生まれ、父は昭和19年生まれです。
    私は大学院修了(奨学金+授業料全免で)、父は中卒(ただし独学で電気関連、危険物処理関連など各種資格保有者)。
    私が思春期だった頃の父は、価値観としては大変古く…
    ・門限厳守(大学進学して実家を出ても数年、抜き打ちに固定電話がかかる程)
    ・「女らしい」振る舞いの徹底化(晩酌のビールがなくなりかけたら私が無言で取りに行く)

    代表的なエピソードは何と

    「おなごに学は要らん。高校進学なら商業。でなければ就職しろ」

    でした。
    しかし、私が

    「将来教師になりたいから、進学は普通科」

    と主張すると(ごねられましたが)許してもらいました。
    そういう点では、理にかなっていれば応援してくれる父でした。

    甘い接し方をされていれば、今の私はありません。
    反面教師でもあり、尊敬できるところもあり。
    私にとって現在の父は「理性で遣り取りできる」人です。

    教育方法というよりは、
    どこでどう筋を通すかが大切だなあ、と感じます。

    ユーザーID:6249435564

  • 父親と仲良しです

    私は、父親ととても仲が良いと思います。(勿論母親との関係も良いです)
    周囲からもそう見られていると思います。

    私が中学生になるまで、父は海運関係の仕事で、半年以上は家にいない人でした。当時はネットなどもなく、連絡手段は手紙か電話。(電話も殆どかけられなかった)家にいないときは少々影が薄かったです。

    父は、基本的マナーに厳しい人です。小さいときは面倒だと思いましたが、今は感謝しています。
    あとは、仕事のことを沢山話してくれました。そのお陰で仕事をすることの大切さ、勉強の大切さ、世間の動きを知ることがどれだけ大切かを学んだと思います。
    今は週一回電話するだけですが、父と世の中の動きや学問に関して話すのが、楽しみになっています。

    ユーザーID:0363443147

  • いつも見守っていてくれたこと

    甘やかされたわけではないけれど、振り返るといつも笑顔。
    3人の娘が何より大事なのが、行動の端々から伝わってきました。

    自分が親になったとき、「ああ、父は私たちを無条件で愛してくれていたんだ」と気づきました。

    それでよかったこととしては、異性に対して自分を卑下したりせず、理不尽な扱いをされたとき、きちんと「嫌だ」と思え行動できたことです。
    そのおかげか私(娘)たちは夫(パートナー)と良好な関係でいられています。

    あまり格好つけず自然体だったのもよかったかも。偉そうなウンチクや説教はせず、父の言葉、気持ちで話してくれました。
    今思うと、子どもを見下していなかったからだと思います。

    先日中学生の娘がお父さん(私の夫)の好きなところは「(家族に対して)円満なところ。優しくていろいろしてくれるところ」だと言っていました。
    夫は決して声を荒げたりしませんが、なぜか娘は私より夫の言うことに従います。
    父の威厳は威張ることじゃないな、としみじみ思います。

    ユーザーID:9477961634

  • 教えてくれずに苦労したこと

    両親から色んな事を教わり厳しく躾けられとても感謝しています。
    が、唯一教えてくれなかった事は恋愛(男女)についてです。
    家庭で恋愛関係の話が出ることが一切なく、
    全く免疫無く守られて育ちました。

    ですので社会に出てから痛い目を見たこと何度か。。。
    その度にピンクレディのあの歌が頭をよぎりました。
    (男はオオカミなのよ、気をつけなさい♪)
    デリケートな話題ですけど、とても大事ですよね。

    ユーザーID:8173702532

  • おしゃれ

    お金の教育は感謝しています。

    もらったお金の帳尻があうように使うレッスンを小学校のときからしてくれました。
    大学のときの生活費の仕送りも収支を報告しないと次の入金がないシステムでした。

    こうしてほしかったなと思うのは、
    父は、”女だからお洒落したい。お洒落にお金かけてあげたら年頃の頃、役に立つ”
    ってことをぜんぜん考えない人でした。
    欲しいものを買ってほしいという機会もなかったです。結果我慢して、欲しいものもいえない女になりました

    とにかく男性に甘えるって経験がなくて、それが恋愛でマイナスになっています・・
    結局社会人になって自立しても、お洒落するほどの稼ぎもないし。。結局生涯女の喜びであるお洒落ができないまま終わりそうでなんかむなしい。

    娘にお洋服やアクセサリーをかう父親にあこがれます。。

    ユーザーID:5469229436

  • 男性から発信するトピランキング

    一覧
  • 無口で、あまり子供と積極的にかかわることがなかった父。

    でも勉強は聞けば必ず教えてくれ、人生のアドバイスもたくさんしてくれました


    当時はわかりませんでしたが、父に言われた



    「父さんができることなら全部やってやりたい。父さんが勉強してお前が東大に入れるなら、父さんは死ぬほど頑張るよ。でも、そうはいかない。これはお前の人生。お前が頑張るしかないし、父さんはアドバイスすることしかできないよ」




    って言われたことば、今になれば、無口だった父がどれだけ私を愛していたのか痛いほどわかります。








    家庭を持った今では、感謝でいっぱいです。

    ユーザーID:2106294693

  • 熱烈ファザコンなので…

    強烈なファザコンなのであまりこうしてほしかったと言うことはなく、
    感謝ばかりですが…
    とにかく父はいつも好奇心旺盛で楽しそうです。
    大人になったら色んな事が出来るようになるんだ〜と思っていました。
    人生は楽しいものだと刷り込まれています。

    他には小さい頃からちゃんと意見を聞いてくれました。
    押し付けることはなく、好きなようにさせてくれましたね。

    あとは母の態度です。常に父を立ててました。
    だから子供たちも父を下に見ることはなく、父の教えは絶対でした。


    強いて言えば教育費を湯水のごとくかけたことは
    父の教育の失敗だったかもしれません。
    おかげでさっさと諦めて浪人するわ、お金の事を気にせず記念受験するわ…
    なかなかお金の有り難みが解らないまま成長しました。

    会社に入って貯金するようになってからようやくマトモな金銭感覚になりました。
    単に父もお金を大事にできないタイプなんですが。

    子供たちは金銭感覚だけは「ああはなるまい」とかなり堅実に生きてます。
    反面教師としては結果オーライ?

    ユーザーID:4028542741

  • これについては感謝してます

    私の父親は、どんな小さなものでも自分のお財布(お小遣い)から私のために物を買うという事を全くしない人でした。
    何か必要な時は母親にもらうか自分で買いなさい、というスタンスでした。
    子供心に「友達はお父さんにいろいろ買ってもらってるみたいなのに」と思っていました。
    おそらく自分のお小遣いが減るのがいやだったんだと思います(笑)
    その結果、「男の人は人に物を買ったりおごったりしないものだ」と思って大きくなりました。
    おかげでプレゼントや演出は下手だけど、堅実な夫を見つける事ができました。

    あと、いつもは口出ししないけれどここぞという時に冷静な判断をする所を尊敬しています。
    今まで数回しか見ていませんが。

    子供の頃は不満ばかりでしたが、結婚してから父親に感謝することが多いです。

    ユーザーID:6750392601

  • いろいろあるけど。

    一番大きかったのは、子供の事を否定しないこと。
    罪を憎んで人を憎まずというのでしょうか。
    「悪い子だ」とは言わず「こういうことをやってはいけない」という叱り方だったから、反発しませんでした。
    あと両親の仲が良く、夫婦で意見が割れたり、ぶれなかったのも良かったです。

    教えではないけど、父に色んな事を相談すると、視野が広がるような気がしました。
    小1でいじめに遭った時は「俺は友達100人の歌が嫌いだ。無理して友達作るより、一人で居る方が良い時もある」とか。
    職場の後輩が仕事が出来なくて愚痴った時は「お前が仕事できない方じゃなくて良かったじゃないか。出来ない方がつらいだろ。わからない上に怒られるんだから」とか。
    そんな考えもあるんだなとちょっとブレイク出来たんですよね。

    父が亡くなって4年経ちますが、未だに父に話したら、どう答えてくれるかなと考えることがあります。

    ユーザーID:9512724962

  • 言葉は少なく、行動で示す

    ・・これが理想の父親ですね。

    我が父に一度だけきつく叱られた思い出があります。
    それは私が約束をやぶったから。
    滅多に叱らない人だったので、今も大切な思い出として重く残っています。

    ヒステリックな母を見捨てず、黙々と働いていた父を尊敬しています、今も。

    なのに・・

    うちの夫は、真逆で
    ・口うるさく、小言が長くしつこい
    ・言動が一致していない(片付けろと文句つける割に、自分は出しっぱなし)
    ・上から目線で、火星でやってるんだ、感謝しろ、と押し付けがましい
    ので、娘達からはATM扱いで、尊敬されていません(本人は無自覚)。
    気付かないって恐ろしいなあ、とため息です。
    (さりげなく指摘してるけれど、自分が正しいと思っているから無理)

    お子さんの素直な気持ちを引き出して、理解することが出来たら
    いいんじゃないかと思います。
    そして、信用すること。信用を裏切られたときだけ、本気で叱ってください。

    うちの夫の過ちの轍は、お踏みになりませんように。

    ユーザーID:1319656524

  • そういうこと聞くだけでもいい父親だと思います

    まずは娘さんと信頼関係を築くことです。それが大前提です。
    どれほど娘さんを愛しているのか、いつでも自分は娘の見方だ、と毎日うっとおしがられても教えてあげてください。

    いつまでも子供と思わず、一個の個人としていつも誠実に話しを聞き対応してください。
    感情で怒っては駄目です。冷静に説明すること。
    夫婦仲がいいのも大事です。

    感謝してること:
    食事のマナーとか挨拶などについてはうるさかった。
    規則正しい生活。いつも見守ってくれたこと。
    私を信じてくれたこと。

    父にもっと教えて欲しかったのは大きな意味での
    将来の指針でしょうか。
    それから世界観とかモノの見方、考え方も。

    節目節目で無理やりにでも話させてくれたら、と思います。
    面倒くさがりですから当時は拒否してしまったんですね。
    それで父も切り上げてしまった。癌で闘病生活でしたし。

    今思えばあの時諦めないでほしかった。私が悪いのは承知です。
    30代後半の今はもっと話しておけばよかった、と後悔してます。父というひとをもっと良く知りたかった。

    トピ主さん、娘さんと会話してくださいね。
    思春期になると激しく嫌われますがあきらめちゃ駄目。

    ユーザーID:9221396971

  • うーん

    1「(昔は嫌だったが)今になってみれば言われてて良かった事」
    →よおおおおおく過去を振り返ってみたんですが・・・残念ですがないです。嫌なことばかりでした。
    嫌なことの例:姉ちゃんなんだから・女の子なんだから(兄弟・男女の差別)

    2「教えてくれなかったがために今になって苦労する事(言ってて欲しかった)」
    →箸と鉛筆の持ち方。きょうだいで私だけ変な持ち方です。現在矯正に苦労してます。

    3「教育のつもりだったようだけど、結局意味が無かった事」
    →不幸な事情で大学へ行けなかった経緯を持つ父から口酸っぱく「女の子でも大学に行け。お金は3人分大学に行けるように貯めている」と言われて育ったこと。
    自分のコンプレックスを子供に解消させようとする所が透けて見えて結局行かなかった。
    更に母は高卒なので「お金が無い。女の子は大学なんて行かなくていい」といつも父の居ない場所で言い、私の進路を商業高校にしろと決め付け、両親のエゴで人生台無しです。
    今更後悔してます。

    子供の前でネガティブな発言ばかりしていると不安定な子になります。
    見守る、困ったら助ける、信用する。これをして欲しかった。

    ユーザーID:8439709227

  • 高校生の時

    私に彼氏がいたので、多分心配してたんでしょうが、門限を守らないと、ちょっとでも遅れたら
    「遅いっ!」
    とめっちゃくちゃ叱られました。

    最初は、7時か8時だったのが、最後は4時とか言われて(苦笑)

    あの頃はうっとうしかったが、厳しく言われて良かったかな。
    まだ高校生だったし、何も言われなかったら、10時とか12時とか、お泊りとか、きっとしちゃってましたね。

    でも、就職してからは一切言われなくなりました。
    何故なら、父は女作って家に帰らなくなりましたから(笑)
    のちに、両親は離婚して、今は父とは疎遠で何年も会ってないし、多分もう一生会いません。

    そんな父ですが、高校生の頃は、異性関係に対してすごいうるさい厳しい父でした…。

    まあ、OLになってからは、飲み会で12時過ぎたり、彼氏とお泊りしたから、早いか遅いかだけの問題ですが、今考えると、高校生でそういうのはちょっとね…ってやっぱり思いますから。

    ユーザーID:5509154771

  • こんばんは

    厳しく言われてよかったことは箸の持ちかた、魚の食べ方、包丁を早く使えるようになるため林檎やナシの皮むきは母親に頼むと「自分でやらんか!!」と言われました

    魚の食べ方が綺麗だと社会人になってからポイント高かったです。(笑)
    包丁を使えるようになると自然と母親の手伝いをするようになるし、関係あるかないか分かりませんが調理師免許も今持っています

    ユーザーID:8882210608

  • 謝ること

    私の父は、自分に非があったと思えば、ちゃんと子供に対しても謝り反省する人でした。

    「子供に対しての躾」ではありませんが、大人になってみて、それができない(しない?)人が意外に多くて、驚いています。

    説教臭くなってしまい申し訳ありませんが、その場限りの躾(言葉や態度)ではなく、日常の姿勢や態度などの方が、子供の教育には大事なのではないかと思います。

    ユーザーID:8786370752

  • 小言は母親に任せよ

    娘としてそう思います。

    私の父は単身赴任、深夜帰宅、スポ少のコーチなどで幼い頃からふれあうことはあまりありませんでした。
    家族旅行以外で父に遊びに連れていってもらった記憶は無く、運動会などの学校行事に来たこともありません。
    勉強を教えてくれたこともありません。

    ですが、私は父が大好きです。結婚して家を出てからさらに好きになりました。

    父は威厳があり、背中で語るタイプです。
    細かいことは子供には言いません。
    しかし、困ったときには必ず助けてくれます。
    何があっても絶対に受け止めてくれます。

    一回だけ、夜にリフティングを教えてもらったことがあります。
    涙が出るほど良い想い出です。


    娘さんのことを否定せず、受け止めてあげてください。

    ユーザーID:2900636744

  • 父親は「人間としての要点」重視がいい

    …と思います。

    例えば「約束は守る」とか「嘘をつかない」等の
    大事な基本を押さえる。その基本だけはぶれないのが
    おそらく理想の父親です。

    正直な所、お父さんが娘に細かく立ち入って躾けた家の
    女の子は、長じて男性との関係が何かおかしい事が多いです。
    これは、お母さんがいちいち何かと世話をし続けた男の子が
    ちょっとおかしいのと似ています。

    例えば「子供を育てる能力もないのに奔放な性に走るのは
    無責任な事」というのは正しい教育です。しかし根底が
    「お父さんは清楚な女の子が好きだから」では
    教育というより洗脳ですよね。

    で、男の子に強いられそうになると、芯のある対応が
    出来ない子が育つ事もあるわけです。だって好きな男の子は
    お父さんと違ってそういう女の子が好きだから。そして
    父親に「男の好みには従え」と刷り込まれてるから。
    要点、そっちであってますよね。

    異性への細かい子育てや教育は、無意識のうちに
    「自分好みや都合の良い異性」に仕立てたい欲求に
    すり替わる事も多いのです。

    勿論、多少は可愛いものですが、父親は「性を超えた
    人間としての要点重視」がベストだと思います。

    ユーザーID:5829857522

  • 追加

    よく言われてたのは、
    「人の気持ちが分からないやつは鬼と同じだ。」です。
    ほんとにそうだな〜と思います。
    とにかく、子供は父の背中はよ〜〜〜〜く見てます。
    真摯に接していれば大丈夫です。
    あっという間に大きくなりますよ。

    うちは、私が小言派で厳しめなので、
    主人は一切何も子供に言いません。大きなことしか。
    それでいいと思います。

    ユーザーID:7100146920

  • 思うことはいっぱいある

    とにかく地に足ついた生活に送れるようなことを言われましたね。
    浮ついてると容赦なかったですね。
    商売人家庭でしたので、あいさつや礼儀もうるさかったかも。
    非礼があると怒られました。

    妹もおりますが、だいたい父に抱いている思いというのは同じですね。
    第一に、子供の頃からずっと言われてたこと。
    それには助けられてますが、
    (自分が出来てないじゃん)
    大人になり、ずっと心の中でつぶやいてます。
    自分が出来ないことは言わないか、出来るよう常に努力すべきです。
    私のように(自分ができないことばっか言ってたのね)と思われ、
    権威は失墜しますから。
    あと、妹も私も忘れられないのは、
    怒ってる時に感情まかせに言った、理性を欠いた言葉です。
    その言葉で傷つくと、一生覚えてます。
    どんなに愛されたからって、忘れるものではないんので。

    結局、教育は母親にまかせて、
    父親は背中を見せるか、態度で示す。
    何かあった時に力になれるよう間口を広げておく。
    これが一番いいのでは?
    妹は、妹が助けを求めた時(妹は真剣だった)、適当にあしらわれたので恨んでますね。

    ユーザーID:7100146920

  • 夫婦仲良く!

    ある年齢にきたら娘は父親を嫌うようにできている生物です。
    それは生物学的にしょうがないこと。

    もしも父親を必要以上に嫌わない方法があるとしたら
    妻を大切にするお父さんだってことだけです。

    だから、娘より奥さんを大切にしてあげてください。

    私は、父親が子供を大切にしてちょっといい事しても
    母親、自分の妻を大切にしていない事に矛盾を感じ
    父親は今になっても壁があります。

    矛盾やダブルスタンダードが一番よくない。

    娘は女ですから、生理的に母親側に無意識に立つ物です。

    子供より奥様を大切にすること、それが大事だと思います。
    子供は思ったより子供ではありませんから。

    (私には子供がいませんから、子供目線での発言です)

    ユーザーID:8489175002

  • 結構あります

    生活面
    ・箸の持ち方、焼き魚のきれいな食べ方、姿勢をよくする、キレイな歩き方
    ⇒おかげで上司や彼氏「先方との会食に恥ずかしくなく連れていける」と太鼓判。

    ・「誰かが家事をしているときは手伝うか、別の家事をしなさい」
    ⇒相手がされて嬉しいことを自分もするということらしい。

    ・車の知識や興味
    ⇒簡単な修理はもちろんある程度の興味が持てる為、男性との雑談の際には話題に困らない。

    勉強面
    ・「成績をよくしておけば好きな職業を選べる」
    ⇒そのとおりと思いましたが、小さい頃は勉強の習慣がつくまでは一緒にやって欲しかった。(あとで苦労した)

    恋愛面
    ・「美人だろうが不美人だろうが、謙虚さとひたむきさに男は魅かれる」
    ⇒私は十人並ですが、父のこの教えと正反対だと思われる女性は確かに男性から敬遠されていますね〜。

    我が家は父子家庭でしたので思春期には「母の教え」が必要なときもありましたが、社会にでると父の教えが役にたっている事が多いです。

    きっと結婚して子供や義両親で悩むとまた「母の教え」が必要なんだろうな〜。

    ユーザーID:2345391913

  • ありがとうございます。

    とぴ主です。

    皆様のご意見、メチャクチャ参考になります。
    あるいは自分は古い親父像みたいな感じかも(しつけ・ハシの持ち方・時間守れ)
    ・・と思った事もありましたが、
    皆様の意見を聞いていると、(言い方なのかもしれませんが)悪いようには感じませんでした。

    ありがとうございます!

    ユーザーID:8473772448

  • 食事関係

    私の父親は食事に関して特に厳しく、
    食前食後の挨拶、箸の持ち方などなどしっかり叩きこまれました。

    その中でトラウマになっているのが、
    嫌いな物を食べ終えるまで居残りさせられたことです。

    泣きながら食べたことをいつまでも忘れられません。
    そんな思いまでしても、結局その食べ物は今でも嫌いで食べられません。逆効果でした。


    反対に良かったことは、くちゃくちゃ食べる癖を指摘されて直せたことです。
    自分で気付いていなかっただけに注意してくれた父にはとても感謝しています。

    ユーザーID:1505499341

  • 子育ての答えは先にわからない

    >教育に生かしていきたい
    というお気持ちはわからないでもないですが、教育って十人十色、千差万別、結果オーライ(笑)的なところもあります。
    父親と自分を振り返っても…これぞというエピソードなし。
    逆にいつでも静かに見守られてきた結果なのかもしれません。

    個人的な考えでは、父親には「態度で示した教育」をしてもらいたいかも。
    (口で言いきかせる教育は母親向き)
    子供の言葉遣いが気になるなら、正しい言葉遣いで子供に話し、身の回りの整頓を身につけさせたいなら、自らも整頓を心がけるとか。
    要は口で言わず「背中で語る」みたいな感覚でしょうか?
    (時には口で補足したほうが速い気はします)

    娘さんだと、反抗期・思春期は父親を疎ましく思ってしまいますよね。
    そんな時でも、どっしり構え、いつもと同じ態度で過ごし、一歩引いていても愛情を忘れない、そんな父親が私的に理想です。

    どんな教育がしたいかの「柱」が決まっていれば、どう教育するかはトピ主さん次第だと思います。

    ユーザーID:0727671906

  • 容姿をけなさない、ほめる

    贔屓目にみても平均以下、3姉妹のうちでも一番ぱっとしない私の容姿
    について、母や姉は同性のよしみ(?)で本当の事をずばずばと指摘しましたが、
    父は絶対そんなことはせず、
    『そんなことはない、ぶうこは美人だ、おまえたちは見る目が無い』
    と言ってくれました。

    子供心にも嬉しく、『お父さん(=大人の男の人)が美人だって言うのだから自分の容姿は大丈夫だ』と思いこむことが出来、変なコンプレックスを持つこともありませんでした。

    女の子にとって父親は最初に意識する男性にもなります。
    容姿のことなんて、とお思いになるかもしれませんが、年頃の女の子の
    一番気にする部分でもあります。
    どうぞ親バカ全開で『かわいい、美人だ』と言ってあげてください。

    ユーザーID:0067387133

  • 友達

    根っからの九州男児の私の父はそれはそれは厳しかったです。
    そんな父からずっと言われてきたことが、「学校に行きたくなかったら行かなくてもいい。やめたかったらやめてもいい。勉強じゃないんだよ。学校行って友達つくれ。いっぱい友達つくりに行け」って言われてきました。厳しくも大好きな父から言われたとおり、友達いっぱい作りました。そんな父は去年亡くなりましたが、「お前のまわりには友達いっぱいいるな」って言ってくれたことがありました。「お父さんが言ったんじゃん」って思いつつも、とても嬉しかったし、そう言い続けてくれた事に感謝しています。
    今34歳!大人になった今でも友達は私の大事な大事な宝物です。小さな事かもしれませんが、お父さん大切なことを教えてくれてありがとう。って心から思います。

    ユーザーID:5022885337

  • そうね〜

    厳しい父親だったので、休みの日はいなければいいな〜っていつも思ってましたね。
    とにかく笑った顔もあまり見たことなかったです。

    今じゃその面影も無いぐらい、楽な父親になりましたが(孫が生まれてから)

    そんな父でも言われて良かった事は
    ご飯を残すな
    女だから(これはよけいな言葉で、反発してましたが)掃除をしろ、選択をしろ、家事を手伝え

    ま〜〜〜昭和の男でしたね。


    別に父だからとか、母だからとか
    そんなのあまり関係ない気がしますね。
    夫婦仲がよければ子どもはよく育ちます。
    最低限の社会ルールを教えてくださいな・・・。
    言うだけの親は子どもがよく見てますから真似します。
    やっぱり、身をもって示すことが一番大事なんじゃないでしょうかね?

    ちなみに我が旦那(50代)あまり家にいないぐらい忙しい人ですが
    成人した息子達は
    『お父さんの仕事する姿は尊敬するよ』って言われたのが一番嬉しかったです。
    子供は見てますよ。
    そしてそれを上手に伝えるのは母の役目でもあると私は思ってます。

    ユーザーID:8270573005

  • 人生は体力だ

    「体力だ!」を連呼していました。
    風邪を引けば「体力だ!」「お前らは基礎体力がなってないから、気力で踏ん張る。その気力が萎えたら頑張ることもできん。体力だ、体力だ、体力だ〜〜〜〜」


    現在43歳。ほんっと、体力だと思います。
    まあ、わかったところで、どうにもなりませんが、納得はしました。


    厳しい父だったので、家庭の中の「大人」でした。
    家庭という一番小さな社会と、一歩外へ出た大きな社会の接点にいる人。
    お願いする時には、例え、プリントの署名一つでもきちんと正座してお願いする。そうすると「授業参観か、頑張れな」と言って保護者欄に署名してくれる。実際に来るのは母。そんな家庭でした。母にも父にも感謝しています。

    娘が年長で、スイミングに行きたいと。ずーっと言っていました。
    「パパに、きちんとお願いしてごらん」
    夫の帰宅を待って
    「ねえ、パパ、私、スイミングがしたい。お願いします」
    『ちゃんと続けられるか?』
    「はい」
    『じゃあ、頑張ってみるか』
    「やった〜ありがとう」

    ちょっと、うれしい場面でした。

    ユーザーID:1971704208

  • ちゃんと理性的に話してほしかった・・・

    30代女性です。
    父が35歳の時に次女として産まれました。
    父は幼い頃に母親(私から見れば祖母)を亡くしており、育ちが良くなかったことは仕方ないと理解できます。
    いろんな苦労をして、何とか高校まで卒業し、真面目一本で生きてきた人なんだと尊敬しています。
    ですが、単なる反抗ではなく、私が私の意見を言うとものすごい勢いで怒鳴り散らしていました。私が大人になって、「私はこう思う」と言っても、全く聞く耳も持たず、ものすごい罵声でキレ始めます。
    普段は文句も言わず、マジメに働く父なのですが、子ども、特に次女である私が物申すことは許されませんでした。逆に、姉の言うことは聞いていたようです。
    「娘と父」難しい関係なのかもしれませんが、男だからといって威圧的に私を抑え込むのではなく、ちゃんと理性的に筋のある話をしたかったなぁ、と
    思います。それは父親が幼い子供を諭すのも同じだと思います。
    今は年に一度の帰省ですが、まともに向き合ってくれないことが分かるので、父に何を言われても「はい、その通りです」と聞き流しています。 やっと私も大人になったのですから、普通に話したいのですがね、、、

    ユーザーID:3866472538

  • これをしててくれればなあ

    安定した職を持ちしっかり働いて、中流家庭としての生活を保つこと。
    母親と仲良くし、家庭を持つことの意義を感じさせてくれること。
    進学や就活の際に、豊富な社会経験から有意義なアドバイスをしてくれること。


    これを父親がしてくれていたらなあと思います。

    ユーザーID:1356533544

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧