• ホーム
  • 学ぶ
  • よく考えたら、怖い体験だった(汗)おばけとかではありません。

よく考えたら、怖い体験だった(汗)おばけとかではありません。

レス137
(トピ主2
お気に入り1,260

趣味・教育・教養

みっし

この前、マンションでガスの点検がありました。その時に思いだしたんですが…。

前のアパートに、一人で住んでいた時

出勤時間に、丁度玄関で水道管の交換という名目で、業者らしき人が来ました。
私は仕事に遅れると、伝えたら
おじさんは何故か?すぐ引き下がらず、しぶしぶ帰って行きました。

今にして思えば、こういう場合事前に連絡入りますよね?
それに、それ以来、私が引っ越すまで水道管の交換はありませんでした。(怪しいですよね?)

でも、その時は怪しいとすら気づきませんでした。

もし、あの時家に居れてたら?…。

正直、私の住んでる所は田舎だし、まさか!!という気持ちだったんですね?
オレオレ詐欺にあってしまう事とか、こういう事なのかなぁ〜と考えさせられました。

皆さんも、こういう経験ありますか?

この場を借りて、予防策として知るだけでも少しは違うかなと思いまして、トピを上げました。

変な事件が減ります様に…。

ユーザーID:5423590770

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数137

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします

    無闇にドアを開けるのは、やめましょう!

    ライフラインの点検には、必ず事前にアポイントを取って来ますよ。

    ユーザーID:2888803471

  • 水道局のほうから来ました

    私もそれ系会いました。
    上記のように言われ、家に上げ、
    ありきたりの塩素濃度測定をされ
    「トリハロメタンがうんたら・・・・」
    浄水器の訪問販売だったんです。
    当時高校生、ちょうどそう話しているときに
    母が帰ってきて追い返してくれました。
    よく考えると知らない人を誰も家にいないときに
    入れてしまう私。違う意味でも恐ろしい。。。
    年頃の娘さんをお持ちのお母さん!
    お母さんが訪問販売や怪しい人を家に入れないことは
    もちろんわかっているとは思いますが
    お子さんにも同じようにその意識を伝えてください。

    あとはひったくりに遭いました。
    後ろからバイクの二人乗りが近づいてきて、やられました。
    なぜかその時、手提げかばんを握りしめていたので奪い返せましたが、
    もう少しで持ってくれるの?ありがとう!
    という勢いで渡してしまいそうになりました。
    ひったくり失敗して、バイクの人驚いていました。
    もっと恐ろしいのはそこが飛行機で行った旅先だったこと。
    すべてのお金と帰りの航空券もその中にありました。
    盗られていたら、どうなっていたんだろう。。。おそろしい。

    ユーザーID:9625237086

  • 電車の中で

    それほど怖くはないのですが、夜遅くの電車に乗っていたときのこと。眠かったので目を閉じていましたが、眠ってはいませんでした。
    周囲はほとんど空席なのに、私の隣に座った人がいました。薄目を開けると、自分の足元に紙袋を置いて、しきりとのぞきこんでいる風。

    私は自分の降りる駅に来たのでそのまま立って降りました。
    後で友人に「こんな人がいたよ」となにげなく言ったら、「それ、あなたが眠っていると思って、持ち物を盗もうとしてたのかも!」と言われ、はっとしました…。

    よくテレビ番組で「犯罪の現場!」等々やっていたやつですね。まさか自分が狙われるなんて思っていませんでした。

    ユーザーID:2392314916

  • 私家にあげちゃいました・・

    十数年前、まだ社宅住まいの若かりし頃です。水道の浄水器のセールスで中年の男性が訪問に来ました。
    私もそのときはちょうどくつろいでいたせいか、あまり頭が回ってなかったのか、家の中に入れてしまい水の点検をさせてくださいとのことで流し台のところまで入ってきました。なんで入れてしまったのか自分でも理解できません(汗)

    でも何をしているのかよくわからなかったし、段々これって・・やばいよね!と気づき(気づくの遅すぎ!!)あわてて今急いでいるから、と言って追い出しました。

    それを主人に言ったら案の定、激怒されました。これからは誰が来ても出るんじゃない!!ってね。

    そのときまだ赤ちゃんだった息子も今では中学生。今でも思い出すとゾゾゾ〜、とします。生きててよかったぁ・・。

    ユーザーID:5454171697

  • 子供の頃の話ですが

    川で友達と3人で遊んでいたとき
    おじさんと仲良くなりました。
    夏休みで3日連続くらいで会って
    (特に約束はしていません)
    優しいおじさんで3人ともすごく仲良くなりました。
    コンビニでお菓子やジュースを買ってくれたりも。
    私もおじさんを大好きになりました。
    そんなある日たまたまおじさんと二人になった瞬間に
    おじさんから
    「明日、ひとりで来たら
    君だけに他の二人には内緒でおこづかいあげるよ」と言われ
    「うん!!」と答えました。
    すごく仲良くなったから素直に嬉しかったので
    行く気満々だったのですが・・・
    なんだか当日になったら怖くなっちゃって行きませんでした。
    そのときは怖い理由が自分でも分からなかったのですが
    大人になってから行かなくて良かった〜と改めて思いました。
    怖い怖い。

    主様も良かったですね!
    お金で済むならまだしも命も・・・って事もありますし!
    お互いすんでのところでかわすことができて何よりです☆

    ユーザーID:3487919141

  • オートロックなのに

    20代の時に一人暮らししていたのはオートロックマンション(1階)。
    インターフォン鳴らずに直接ドアを叩いた業者風の若い男。
    ダンボールを抱え「約束の品をお持ちしました」との事。
    覚えがなかったので受け取らず。
    玄関ドアを誰かについて入ったのかしら?と不気味に。
    それから一週間後の早朝、誰かがベランダに入ってきて窓を開けようとする音が。
    カーテンの隙間から見るとあの時の業者風の男。開かない窓に諦め去って行きました。
    女性の一人暮らし(特に1階)は注意しましょう。

    ユーザーID:3109136748

  • 20代のころの話

     ・大学生のときに、友人と横浜旅行しました。山手?の住宅街を歩いていたら、20代の男性二人が自分たちの車の前で立っていて「写真を撮ってもらえますか?」と声をかけられました。 「こんなところで写真?」とは思っていたものの、私はとってあげてもいいかな?とおもっていたのですが、一緒にいた友達が、何も言わず私の腕をとって別方向に歩きはじめました。それ以上、追いかけられるということはなかったのですが・・
     あとあと考えると、あの場所で写真を撮るのは、不自然。日中だったのですが、車に近づいたら強引に中に連れ込まれた可能性もあったかも?と思って気をつけないといけないなと思いました。
     
     ・一人ドライブが好きな私。ある平日、紅葉が有名なお寺へ行きました。そこは、山の中にあって、ハイキングコースがいくつかあるのです。往復1時間ぐらいのコースがあったので、行ってみました。途中で何組かの方とすれ違ったのですが、途中ではっと気付きました←気づくのが遅い(笑)ハイキングコースといえど、うっそうとした山道。コースはずれると藪の中。色んな意味で、女一人は危険じゃないかと・・でも見晴らし台まで行きました(笑)

    ユーザーID:3733119521

  • レスありがとうございます。

    レスありがとうございました♪

    改めて思うんですが…、本当にその時は、気がつかないと言うか、そこまで頭が回らないんですよね!?

    しかし、皆さん何事も無く本当によかったです!!

    今は、私も家族に気を付ける様に言ってます。
    何事も無く居られるのは、本当大事ですよね!!

    ユーザーID:5423590770

  • サイレントドライブ

    20数年前の遠い昔の話。

    家族で九州地方に帰郷、親戚も同乗した、夜のドライブ。

    大賑わいで楽しくドライブをし、あとは、親戚宅にお泊りのため、帰りの道を走っていると、ドライバーの伯父が「なあ、さっきから、後ろの車がずっと後を付けているんだが、君らの知り合いかね?」と。

    家族で、後ろをそっと覗くと、そこに見えたのはフルスモークのベンツ。
    それも、かなり大きい車。

    そんな高級車に乗る知り合いはいないので、「気のせいじゃないの? 田舎は、みんな、ゆっくり走るんでしょう?」と言うと、「いや、俺も最初はそう思ったんだ。でも、20分も後ろにぴったり付いているんだよ。ちょっと、おかしいと思わんかね?」と、冷や汗の伯父。

    車内に緊張の一瞬。
    誰も知らないと言い、家に帰るのは危険だから、近くの山のホテルのお茶を飲みに行こうと、Uターン、車のルートを変更。が、ベンツも山道を来る!

    車内はシーンと静まり返り、もう、誰も口を利きません。
    事件のはじまりかと想像がぐるぐるめぐり、ようやく、到着。
    ベンツも到着。

    お茶の記憶はいずこへ。
    無事で良かった!?

    ユーザーID:1928028591

  • 学生のとき

    ど田舎から地方都市の(三流)大学に出てきてすぐのことです。

    (一流)大学名が背中に入ったユニホームを来た男子学生に、「〇〇アパートって知りませんか?」とたずねられました。
    知らないと答えたら、「じゃあ一緒に探してもらえませんか?」と軽自動車に乗るように言われたのですが、趣味で習っていた書道教室に行く予定だったので、「用事があるので無理です。」と断りました。
    たぶん用事がなかったら親切心で車に乗ってたかもしれない…、それくらいあの頃は人を疑うことを知りませんでした。

    ユーザーID:3843809529

  • ヨコですいません。

    浄水器の押し売り、来ましたよ〜。玄関先で「お電話した者ですが。」(絶対に電話なんてもらってない。)と、図々しい若い業者でした。
    私は「押しに弱いハッキリ言えない若妻」を演じ、家にあげました。
    その業者、かなりテンションあがって、さらに押し付けがましい口調になり「いや〜、本当に奥さん、運がいいですよ!今だけ無料点検なんですから!」と。

    実は・・・古い友人が8人も来ていてどんちゃん騒ぎ中でした(笑)
    まあ女も8人集まればすごいパワーですから、
    業者「今は無料で点検します。」女友達「どうせ浄水器売るんでしょ!浄水器を無料にしてよ!」「えー!浄水器無料?ウチにもちょうだい、ちょうだい!」
    業者「水道水ですと、こんなに試験用紙が変色するんです。」女友達「どんな水でも変色するんでしょ!」「その変色を化学式で説明してみてよ。」

    まあ、みんな、わざと悪ノリで煽る煽る(笑)
    帰ろうとする業者を、私は引き留めました。はい意地悪です。
    女9人に囲まれ、ヤジられ若い業者も泣きそうに。
    引き留めたのに、すごい勢いで帰っちゃいました。

    ユーザーID:0581350222

  • 印鑑

    印鑑で運勢が良くなると信じられていた数十年前。
    私は仕事もうまくいかず恋愛にも縁がなく、何とか浮かびあがろうと
    銀行印が傷んだのをきっかけに「期間限定・開運印鑑フェア」なるものに足を運びました。
    中にいたのは初老の男性ひとり、お客も私一人。
    私が事情を話し印鑑を見せると即「あーこりゃいかん、すぐ作り直さないとアンタは孤独な一生を送るよ」と言われたのですが
    続けて「いいのを作ってあげるから、そしたら女の幸福についてもおじさんが詳〜しく教えてあげる」ときたときには
    なんか変!絶対変!と気味が悪くなりました。
    家族に相談してからと言って、「すぐ作らないと不幸になるよ、孤独なままでいいの?」という叫びを後に飛び出してきました。
    言われるままに変な印鑑を作って高いお金を請求されたかも、住所を教えていたら下心のある高齢者に付きまとわれていたかも、と思うとぞっとします。

    その後印鑑に頼ることなく優しい主人と出会い、子供も二人生まれて幸せです。

    ユーザーID:0918554835

  • レスします。



    大人になってからの出来事です。
    夜8時位だったと思います。
    近所の大きめなスーパーで買い物をしていました。
    買い物途中や車へ戻る間に、ずっと男性につけられている様(見られている?)な感じがしました。
    車に戻り、携帯で電話をしようとしていた時、男性から『車の中にコンタクトを落としたので、探してくれませんか?』と、話し掛けられました。
    その男性の指差す車は、ワンボックスの大きな車。
    買い物中の嫌な感じもあり、車に押し込まれてどうにかされても…って、不安になり『ごめんなさいっ』って言って車を出しました。
    本当の所は分かりませんので、自意識過剰だったかもしれませんが…。

    ユーザーID:5230805549

  • 私がまだ小学生の時・・・。

    昭和30年代の前半でした。まだ日本中が貧しかった頃のことです。きっと泥棒も沢山いたんでしょう。その当時私は東京に住んでいました。確か夏休み中だったと思います。その日は家に私しか居らず、奥の部屋で本を読んでいました。そうすると玄関から若い男が、ずかずか入って来るではありませんか。出て行った私は『何のようでしょうか?』と聞いたら、『ここに××さんは居ますか?』と居るはずもない人の名を言うじゃあありませんか。びっくりした私が『居ません』と答えると『あっそう』と言って出て行きました。大人になって考えると、あれはたぶん空き巣に間違いないでしょう。このほかにも、ドライバーを使って窓を無理やり開けようとした後もありました。その当時は父が永く入院し、母ははっちゃきになって働いていて、家に誰もいない時が多かったので狙われたのだと思います。

    ユーザーID:0479038025

  • 横ですが、匿名さん

    匿名さん、全く自意識過剰じゃないと思いますよ!

    コンタクト探してって…(怖)
    何事も無くよかったです。

    ユーザーID:5423590770

  • 子供が幼稚園の時に近所を散歩していたら

    前からフラフラと若い男性が歩いて来ました。
    真冬なのにサンダルにジャージ姿で、怒っているように周囲を睨んでいます。
    2〜3mの距離で気付いたのですが、右手に鋭く尖った何かを持っていました。
    何も言わずそのまますれ違い行ってしまいましたが相当ヤバい感じでした。
    いざ何かあったら横にいた我が子をとっさに守れたか?
    その後すぐ通報すれば良かったと今でも思っています。

    ユーザーID:8539157182

  • 逆に怖い体験させた?

    とあるショッピングセンターに買い物に行った時、
    駐車場で錆びた包丁が放置されているのを発見しました。
    子供が見つけていたずらしてケガでもしたら大変!と思って
    サービスカウンターに持って行くことにしました。
    そのまま持っていると危ないし不審者になるのでバッグに忍ばせて、
    「駐車場で拾ったんですけど…」と中から取り出したら引かれました。
    カウンターで包丁を取り出す客。怖いですよね…

    ユーザーID:8539157182

  • 二つほど

    小学生のとき帰り道におばさんがいきなり寄っておいで、と言い家にお邪魔させて頂きましたが、子猫と遊んでお菓子ももらいハイテンションな私と友達でしたが、少し経つと男性がいきなりやってきておばさんと何かを相談してこちらをチラチラ見てなんか怖いと思いすぐに退避しました。


    広い車が一台も停まってない駐車場にて、低学年くらい小学生が私に時間を聞いてきたから教えてあげました。そして、私はもう一度腕時計を確認したら既に小学生はおらず、冬なのに半袖でしかも広い駐車場で低学年が走った所では姿はいなくならないのに一瞬でいなくなったんです。あの子供は一体何だったんだろう?友達に話たら幽霊なんじゃないかと言われました。

    ユーザーID:8369277109

  • あるある。

    若い頃、砂壁の古いアパートに住んでいましたが、怖い事が沢山ありました。

    まず、古いアパートのドアは郵便物を差し込める様になっています。ある夏の夜、パンツ一丁で読書に夢中になっていたら視線を感じました。振り向くと、郵便物様の蓋が手で開けられて覗かれていました。私は発狂&110番通報。

    ある冬の午前中、眠りの深い私がスヤスヤ寝ていると携帯が何度も着信。やっと出ると母親が喚いている。その頃そろそろお迎えが来そうな祖父がいたので危篤を告げられたと思い急いで着替えていたら、ドアがけたたましく叩かれました。出てみると消防士さんで抱えられる様に避難。隣りの家が火事だったのに私ってば気づかなかったのですね。

    生きてるってギリですね。

    ユーザーID:9281221996

  • ねずみ講

    田舎から出てきたばかりの若かりし学生時代、バイト先の友人に話が有るからとお茶に誘われ付いていくと雑居ビルの3階。え?こんなビルに喫茶店?そう、ネズミ講の会場でした。4時間の睡眠で7時間に相当する睡眠を得られると言う20万もするベットマット買わされそうになりましたよ(泣)
    しかも友達に5台売ると元が取れるとか。えー?
    気がつくと仲間に囲まれ「学生だしそんなお金は無いよ」「ローン組めるから♪」「地方出身者で売る友達も居ないから」「俺たちが仲間になるからさっ!」正にああ言えばこう言うって感じでしどろもどろ。出口にはスーツの男性二人組が見張っていて逃げられず困った挙句、トイレ行くついでに友人に電話を掛けて「今から5分後に電話して」と泣きつき掛かってきた電話に「え?事故?それは直ぐにに帰るわ!」と自作自演で何とか帰って来ました。良い勉強になったけど暫く人間不信になりましたね。

    ユーザーID:9240305444

  • 小学生の頃

    そろばんに通っていたのですが、その道の途中にふる〜い散髪屋さんがありました。
    中はいつも暗く、お店としてはやっていませんでした。
    住人はいつもシャツにステテコ姿の、50歳くらいのおじさんが一人

    そのお店の外にはケージで飼われたうさぎがいて、いつも友達や妹とうさぎを撫でているうちに顔見知りになり、
    おじさんが「暑いから中で麦茶でも飲んでいく?」「座敷でうさぎを抱っこさせてあげよう」とか言い出し、
    何人かで家の中までお邪魔するようになったんですよね。

    そろばんは毎日だったので、毎日行きにお邪魔してたんですが、ある日
    「今度一人でおいで。家の中に子ウサギがいるから、触らせてあげるよ」と言われました。
    私、小学六年当時、身長160cm、痩せ型で胸もCカップもあったのに、結構意識してませんで(汗)、ノースリーブのワンピースとかよく着てたんですよね。

    結局なんとなく不穏な空気を察したのか、行かなくなりましたが、
    今思えば「ぞ〜」です…。
    なんて無防備な子供だったんだ。
    そういえばそのおじさんによく、足を触られてたなあ…。こわっ。

    ユーザーID:2277891929

  • 二十歳の記念?

    ある日自宅に電話がかかって来ました。
    「二十歳の記念に○○の権利が当たりました!」
    呼び出されてのこのこと出かけた私を待っていたのはパーテーションで仕切られた部屋に、数人の同年代が説明を受けている様子。
    世間知らずな私は同じようにその一角に座り説明を受け始め…
    買い物をするときに親に相談するか聞かれたのを、しないと答えたのがいけなかった!
    いろいろと言ってくれたけど結局、英会話のセールス。
    気が弱いけど頑固な私は、当時就職が決まったばかりの金欠さん。
    「お金がない」
    「ローンもくめる」
    「親に相談する」
    「自分で決めるんじゃないの(笑)?」
    ホントにお金が無かったし、ローンは借金!だと親に言われてたし(笑)
    最終的に2時間粘って断りました。
    今ならあれが詐欺だって知ってるので、子供達に笑い話として話ながら注意喚起してます。

    ユーザーID:7012227228

  • 2つ程あります。

    皆さんのレスを見ると本当に勉強になります。
    怖い事って結構世の中に転がっているものなんですね…。


    小学1年生の頃。
    車に乗った若いお兄ちゃんに
    「ここらへんに●●ある?道に迷っちゃって…」
    答えようとうっかり近づこうとした時。
    知らないおばちゃんがすごい勢いで間に入って説明して下さいました。私の方を(いいから早く家にお帰り)と言ってるようにちらりと見て。

    家に帰って母親にこんな事があったよ。せっかく道案内してあげようと思ったのになんて言ったら激しく怒られました。
    今もあの見知らぬおばちゃんに感謝しています。


    中学生。
    ある晴れた日、ホームで友人と談笑していると突然2、30代の男に傘で足を殴られました。
    男は即逃亡。ホームにある休憩所に逃げ込みました。
    あまりの事&痛みに呆然。一緒に被害にあった友人は
    「あいつ!!許せん、とっちめてやる!!!」
    と息巻いていたのですが、今度は刺されたらたまらない!!!と思い友人を諌め来た電車に乗りました。
    もし追いかけてたら…本当に刺されてたかも知れませんね。ぞぞ。

    再良策は駅員さんに不審者がいますと届けることだったのに
    恐怖で忘れてました。

    ユーザーID:2491600207

  • 20歳のころ

    サークルの飲みで、夜中の12時くらいに家に帰ろうとしていたときのこと。

    前から男二人が歩いてきていて、一人が私に気づき、
    「え? 女子高生?」と言って近づいて来ようとしました。

    そのときの服装が紺のプリーツスカートだったので、
    制服にも見えなくなかったようです。

    ところが、もう一人が
    「でも足太いじゃん」

    と言ったので、近づいてこようとした男共々
    すんなり私とすれ違っていきました。

    何事もなくてよかったとはいえ、ビミョーな気持ちになりました。

    ちなみに今に至るまで足は太く、おかげさまで危ない目にもあっていません。

    ユーザーID:4091671589

  • 今から10年位前だけれど....。

    まだ私がうら若い女子大生だった頃。

    親元を離れ上京し、一人暮らししてました。
    ある日の大学からの帰り道、最寄駅でサラリーマン風の人に道を聞かれ教えました。
    そしてその日の夜。
    ドアチャイムにドアを叩くコンコンという音。
    インターフォンで「どちら様ですか?」と言うと
    「夕方に道を聞いた者です」との事。

    つ、つけてきたって事!?
    恐怖でインターフォンは即切りましたが、暫くチャイムとドアノックが続いていました。

    すかさず震える声で警察に電話しました。

    ユーザーID:8979041861

  • 恐ろしや

    仕事の帰りに普通に車を運転していました。

    信号で止まったら突然前の車から怖そうなお兄さんが降りてきて怒りの形相で車の窓をどんどんとたたくのです。
    恐ろしくて窓を開けたら何かされそうで固まっていました。幸い一車線で信号が青になったためあきらめて車に戻りました。

    いつもの帰り道で良く知っていましたので普段は曲がらない信号を曲がり全速力で逃げました。

    もちろん追突したりもしていませんし、いったい何が悪かったのか未だにわかりません。

    ユーザーID:3766660352

  • 同僚の別れた彼氏が

    彼女(私と同じ会社)に「やっぱりあの人が忘れられない」
    と振られた友人(同じ会社の隣の県に勤務)が、
    日に日におかしくなっていってたのに気がつきませんでした。
    振られたはずなのに、会社の集会の司会をしていた彼が
    「愛している人が居ます!結婚します!!」といきなり宣言したり、
    私に向かって「彼と別れたほうが良い。彼は俺の元カノを奪った彼だ。
    お前の元夫は俺にそっくりだ。今からでも良い復縁したほうが良い」
    とメールしてくるようになりました。(もちろん全部妄想)
    最後の方には「今日彼といちゃついていた。アイツを殺してやる!」
    「話がしたいから熊谷のデニーズに来て明日の八時ね」
    とメールが。ただ単に話をしていただけなんですけどね。
    ここで説得するため早退をしようと上司に話をしたら
    「何があったの?」と言われメールを見せたら
    「絶対行っちゃダメ」って言われて上司が行きました。

    あれで行っていたら刺されていたよ確実に
    と上司に言われました。
    詳しくは教えてくれなかった。

    ユーザーID:3167181432

  • 夜道に男

    学生時代に似たようなことが2回ほど。

    夜中2時
    原付バイクで自宅へ向かってる途中、
    昼は交通量そこそこだけど、夜はパッタリな道で、
    フとミラーを見ると、さっきから原付が後ろを走っていて
    「追い越したいのかな?」と思い速度を下げたら
    なんと真横に並び、男がにやっと笑いかけてきた。
    全速で逃げたが、あっちも全速で追いかけてくる。
    一番近いコンビニに走りこんで、店員さんに助けを求めた。

    夜23時くらいに
    自宅近くのレンタルショップから自宅へ、友人と電話をしながら歩いて帰っていて、
    これまたフと後ろを見ると、知らない男が真後ろを歩いていた。
    (私が急に立ち止まると、ぶつかるくらいの近距離)
    これまたダッシュで近くのコンビニに走り、助けを求め難を逃れた。
    1つめの道と同じ道だけど、
    この時間はまだ終バスもあり、車も走っているので、襲われなかった?
    夜中に怖くて電話しながら歩く人いるけど、注意力が散漫になるから注意を!

    女としての自覚がなさ過ぎると家族に死ぬほど怒られた。
    今考えると、恐ろしすぎる。

    ユーザーID:3511683299

  • ぴゃあさん! そ、それは

    今さらこんなこと言っても仕方がないのでごめんなさい…ぴゃあさん、それ、スリや置き引きでなく盗撮じゃないですか?
    床に置いた紙袋にカメラが入っていた可能性はありますよ…今さらですが。
    私も実は、何年も前に盗撮されたことが…ネットだから言います。
    繁華街のショッピングモール(百貨店とか特定の会社の看板で管理しているビルでなく寄せ集めの専門店街)のトイレを使って出ようとしたら…見えちゃったんですよね。掃除用具入れの中で、個室の中の画像を確認している掃除のおばさんが…そのときトイレの利用者は私一人でした。
    我ながらアホで情けないのですが、私は小柄で力がなく、おばさんをとがめるのが怖くなりました。たくましいおばさんに力で抵抗されたら負けると思い…そのまま出てしまいました。警備員を探したのですが、変な造りの建物で防災センターも見つからず。仕事があったので会社に戻ってしまいました。
    今でも通報すべきだったと痛恨です。あのモールの管理者がわかれば連絡したのですが、本当にわからなくて。
    以来、そのモールのトイレは絶対に使いません。どこのトイレに入るときも個室をかなりチェックする癖がついてしまいました。

    ユーザーID:0011770690

  • レスします

    2年前の真夏の日、主人が入院していた為、子供(当時5〜6ヶ月)をスリングに入れて病院に向かって歩いていました。
    早く涼しい所に行かなくちゃと思い、ちょっと足早に。


    私が住む地域では、ホームレスの方を見掛ける事は極めて稀なんですが、その時、恐らくそうであろう身なりの方と歩行者信号で隣になりました。


    青に変わり歩き出したものの、歩くペースがほぼ同じで抜かせるような抜かせないような…という感じでちょっと後ろを歩いていたら、

    急に

    「馬鹿野郎ーっっ!!!!!」と怒鳴られ、びっくり硬直してしまいました。

    相手は、晴れた日に傘、私は赤ちゃんと片手には洗濯物が入った大きい荷物を持っていたので、傘で攻撃されたら一たまりも無かったはず…


    心臓バクバクの出来事でした。


    幸い、車の往来が多い所だったので何事もありませんでしたが…

    ユーザーID:4325224037

レス求!トピ一覧