ファントム(オペラ座の怪人)の小説

レス4
(トピ主0
お気に入り26

趣味・教育・教養

りりか

映画の「オペラ座の怪人」
宝塚の「ファントム」(宙・花・新花)を観ました。
すべて DVD ですが。

アンドリュー・ロイド=ウェバー版より
アーサー・コピット版が好きです。

それで、原作というか、小説を読みたいのですが、
お薦めはありますか?

できれば、アーサー・コピット版が好みなので、
キャリエールとエリックの父と子の名乗りや
森でのクリスティーヌとの場面や、
ウィリアム・ブレイクの詩などが出てくる場面が
あると嬉しいです。

スーザン・ケイの小説が近いのかと思いますが、
それでもまったく同じではないのですよね?

また、ガストン・ルルーの原作は、
どちらに近いのでしょうか。


劇団四季は「オペラ座の怪人」なので、
アンドリュー・ロイド=ウェバー版なんですよね?

歌もストーリーもかなり違いますが、優しい曲が多いので
「ファントム」の方が好きです。


お詳しい方、よろしくお願いします。

ユーザーID:7178465656

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 小説はないかも?

    「オペラ座の怪人」大好きです。
    関連書籍はいくつか読みましたが、アーサー・コピット版の元になる小説は?
    となると、思い当たりません。

    アンドリュー・ロイド=ウェバー版(劇団四季含)はガストン・ルルー原作、
    スーザン・ケイの「ファントム」はそのルルー原作の隙間を埋めるように、
    怪人の過去を中心に描いた小説。
    どちらもアーサー・コピット版を求めるなら、そういう場面はありません。

    例えばクリスティーヌのお相手がフィリップなのも(他作品ならラウル)、
    キャリエールという父の存在や母、森などの設定もコピット版だけのものです。
    クリスティーヌやエリックの生い立ち、二人の出会いとレッスンもまるで違います。
    カルロッタも支配人もラストも…って挙げていくと随分違いますね(汗)

    アーサー・コピット版の物語は舞台用として作られたものなので、
    敢えて言えば、英語の脚本&楽譜が原作になるかと。
    海外の方が二次創作的に小説を書いてらっしゃるかもしれませんが、
    (英語でのそういう作品はたくさん出版されているので)
    とりあえず日本語では出ていないと思います…

    ユーザーID:9172902904

  • 読み比べてはいないのですみません。

    ずいぶん前になりますが、ガストン・ルルー原作の『オペラ座の怪人』を読みました。

    スーザン・ケイの作品を読んでいないのでよくわからないのですが、ルルー原作の小説には、ラウルのお兄さんが登場していました。

    ユーザーID:8346385655

  • 私も好きです。

    舞台はアンドリュー・ロイド・ウェーバー版しか観てませんが、
    私もアーサー・コピット版のほうが好きです。
    舞台ではなく、テレビドラマで観ました。
    20年近く前に、NHKで放映されていました。
    前篇・後篇にわけて、2夜連続で。
    ファントムが、超人的な存在ではなく、
    生身の人間・エリックとして描かれていて、
    とても哀しくて切なくて素敵でした。
    森でクリスティーヌとピクニックするシーンもありましたよ。
    あと、舞台の上のクリスティーヌと客席?のエリックが
    歌い交わすシーンがあって、そこが一番好きです。
    アメリカで制作されたドラマで、VHSビデオが発売されて
    いたようですが、DVD化はされてないみたいです。
    もし発売されたらぜったい買うんだけどな・・・

    ユーザーID:6381305565

  • もっとレスがつくといいなあと・・・

    寝たきりの母を(遠距離で)介護していた時、「オペラ座の怪人」をTVで見ました。
    台所の小型TVで、切れ切れで、始めも終りも見れず。

    覚えているのは2場面だけ:クリスティーヌとエリックが歌い交す場面、
    クリスティーヌを妊娠している母親が、エリックの父が既婚者と知って
    毒(水銀?)を飲み、死ぬ積りでセーヌ川にどんどん入っていく場面。

    あの時代、フランス&イタリーの庶民の女性の恋は、生涯に一度だったみたい!

    死ぬまでに全部見られたらいいな、と思っていました。でも、その後作られた
    映画には満足できず。フライトの乗継でロンドン泊の時、コヴェント・ガーデン
    にも行ったけれど満たされず・・・。男性歌手の声がソフト過ぎ。暗い輝きを持つ
    硬い声だと良かった・・・。

    ニンジンマン様がご覧になったTV版が、私が固着している「怪人」でしょうか?
    それだと、私が見るのはもう不可能みたいですね。

    ユーザーID:5602326355

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧