5年振りの恋(どきどき)

レス14
(トピ主4
お気に入り45

恋愛・結婚・離婚

まき

トピを開いていただき、ありがとうございます。

ひさびさに恋に落ちたようです。

友人主催の食事会で、面識のない人同士同じテーブルだったのですが(男2女2)
既知の友人のように話が盛り上がり、連絡先を交換し合いました。

私が惚れてしまったのは、その中の1人、4つ年下のアーティストです。
(私37、彼33)

昔から知っているような雰囲気と、人懐っこい笑顔、温和な人となりと、彼が創る作品の緻密な世界観とのギャップに、話をしているうちに彼への興味がむくむくとわいてきてしまいました。まったく惚れっぽくない私としては久しぶりの感覚です。

彼が、一ヶ月先に東京で個展を開催するための準備で昼夜逆転の生活になってしまっている、なんとかしなくっちゃね、と言ってたので、忙しいだろうし連絡もないかな、と思ってたところ、後日「楽しかったです」「今後もよろしく」というメールがやってきました。

「こちらも楽しかったです」「個展期間中に東京出張があるので、時間をみつけて行きますね」とメールしたところ、「ありがとう!」「休憩で席を外してるときは携帯に連絡くださいね」と返事がきました。

彼ほどの人懐っこさと、アーティストという作品を人に見てもらってなんぼの職業であれば、この内容は想定の範囲内だと感じています。今は制作に打ち込んでいる時期なので連絡せずに、個展で直接会うまで、そっと恋心を温存中です。

あまりにも久しぶりの恋の予感なので、小町のみなさまに客観的なご意見をいただきつつ、この恋を育てていきたいと思います。

年齢的にはいろいろアレですが、できることならば、ゆっくりじっくり人間関係を作り上げていきたいと考えています。男性としても魅力的ですが、作家としての彼も見守っていきたい気分なのです。

好きな人が、同じ空の下生きてる、と感じるだけで笑顔になれますね。

ユーザーID:8762982597

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ロマンスが始まりそうですね

    いいんじゃないですかあ。制作に打ち込んでいるでしょうが短い明るいメールなら送ってもいいと思いますよ。個展楽しみにしてますって。あちらもそれで励まされるかも。4つ違いなんて最近そんなにめずらしくない。うちの旦那は3つ下です。
    好きな人が同じ空の下に生きてるってのは本当にいいですねえ。トピ主さんの恋が実る事を祈ってます。

    ユーザーID:6700816281

  • レス、ありがとうございます。

    ロッキーチャックさま
    前向きになれるレス、ありがとうございます。

    彼のメールに「新作、楽しみにしていますね」とあっさり返したところで現在メールのやりとりはしてません。

    好きな人にメールをするなんて久しぶり過ぎて、どうしてもビジネスライクになってしまいますね…難しい。。仕事の交渉ならすらすらでてくるのに。。

    次回、無事会うことができ、自然に次の約束に繋げることができればなあ…と妄想していますが、こういうのは準備するものでもありませんし、反射神経よく会話できるように素振りしておくしかありませんね。

    朝早くから制作にいそしんでいるという彼のことを考えていると、私も早起きになってしまいました。
    恋をすることで自分が変わるなんて、何年振りだろう…と、いい歳をしてちょっと恥ずかしい気分です。

    ユーザーID:8762982597

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • いかんいかん

    連投、申し訳ないです…
    一度会ったぐらいの人に用もないのにメールをするのも憚れますので
    (個展まで1週間を切って大忙しでしょうし)、
    日常を淡々と過ごしていますが、仕事にかまけていると
    「おっさん化」に拍車がかかり
    せっかく人を好きになれそうなのに
    男性ホルモン全開で、脳内のすべてが仕事モードになってしまっている自分に
    気付いてしまいます。
    「人を好きになるって、どういうことだっけ…」と呆然としてしまいます。

    5年の空白は大きいです。

    私自身がそんな感じなので、
    彼も現在集中してお仕事をしている最中、一度会った程度の相手のことなど、
    遠い記憶になっている可能性を否めませんし。

    とにかく、早く、会いたい。
    この気持ちだけは変わりません(これが恋というものか)。
    あまり盛り上がりすぎず、盛り下がりすぎず、次回まで気持ちを温存するって難しいですね。

    ユーザーID:6982356526

  • あ、似たような状況ですね

    ここにも一人、似たような状況でドキドキしている人間がいます!

    好きな人が、同じ空の下生きてる、と感じるだけで笑顔になれる、という気持ち、本当に良く分かりますよ〜。

    私も、さりげないメールをやり取りしつつも、内心は心臓バクバクで、会いたくてたまらないのです。

    いいんじゃないですか?個展の準備中だからって遠慮しないで、準備どんな感じですか〜、みたいなメールとか入れてみれば?興味がなければ彼だってお返事なんかしないと思いますよ。

    焦らず、でもそっけなさ過ぎず、いい関係を作っていけるといいですね!応援してます!

    ユーザーID:8857133980

  • あと一週間!

    ぱなりさま、レスありがとうございます。

    心臓バクバク、たまにはいいですよね!
    着信があった時のそれは、もう心拍数200越えしそうですよね(笑
    今の状況を共有できる人がいて、うれしいです。ありがとうございます。

    以前、理由をつけてメールを送り続けた片思いの男性とこっぴどい終わり方をしているので、メールでつなぐという行為にトラウマがあり、今回は必要最小限におさえてしまっている自分がいます。相手に意思があれば絶対繋がるし、なければ繋がらない、というのを痛いほど理解したのです。

    恋愛経験も、惚れられて一気に押し倒されるか、前述のような実らない片思いの二種類しか経験したことがないので、この人!と思った人との距離を徐々につめて行くのは不得意という自覚があります。

    私の住む街でも桜が咲き始めました。街はうきうきとした空気に包まれていますが、こんな中でも彼は制作にいそしんでるのかな、花見ぐらい行ってるかな…なんて、今日は考えてました。彼のこと、彼女がいるかどうかもよくわからないんですよね(涙

    再会まであと一週間…笑顔で彼と会えるように充実した日々を過ごしたいと思います。

    ユーザーID:6982356526

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 春ですものね!

    タイトルを拝見して、自分のことかと思いました(笑)
    (私の場合は10年振り?位の恋ですが)
    本当に好きな人ができただけで、毎日が楽しいですよね。

    私はもう恋することなんてないだろうなぁ…と気楽な寂しさを日々満喫してきた39歳ですが、
    今、この春出会った方に恋してます(←小町なので思い切って断言してみました・笑)

    お相手の方のアートのジャンルが分かりませんので、的外れだったら申し訳ないのですが、
    私自身、ある分野で作品展に出展したり、個展を開催した経験から感じたことを書かせて下さい。

    個展って本当に大変です。パワーが要ります。
    複数名の作家さんとの作品展は、それはそれで気配りが必要ですが、個展は本当に自分自身との闘いです。
    (制作も展示も集客(←販売の有無は別として)も自分一人だけのネームバリューが試されます)

    制作自体に魂を込め、それをひと様に観て頂くまでの準備に心血注いでますので、かなりエネルギーを使います。
    もちろん好きで打ち込んでいることなのですが、本当に消耗します…。
    ですので“今はそっと見守る”のは賢明かと。
    (つづきます)

    ユーザーID:7445431836

  • 春ですものね!(つづき)

    もちろん“自分の作品を観るために”“会場まで足を運んで下さる”ことだけで十分嬉しいのですが
    (…販売がメインの場合は、違う考え方になるとは思いますが)
    やっぱり“頂き物”があると、印象付けには効果的かもしれません(笑)

    僭越ながら…私のお勧めはやっぱりお花です。
    事前に会場の規模にもよりますが、小振りですっきりした寒色系のアレンジメントだと受付や
    会場内に置いてもらえる可能性大だと思います(←ここがセンスの魅せどころです!)
    (ちなみにカード(立札?)は必須です。これがないと紛れてしまう可能性も大です。。。)

    そして好きな作品や気になった作品について感想や質問を寄せてもらえると制作者は喜びます。
    作品は自分の分身ですから、作品に興味を持って下さる方は制作者にとっては皆様神様です♪

    まずは笑顔で、“○○さんの作品を拝見できるのをとても楽しみにしてました♪”というお気持ちを素直に伝えて下さいね。
    それが制作者にとっては1番嬉しい言葉だと思います。

    どうぞ楽しいひと時を過ごされますように、そしてそのときめきが実りますように…
    心より応援してます

    ユーザーID:7445431836

  • ありがとうございます!

    シシィさま、レスありがとうございます。
    1人は孤独ですけど、安定した「ほっこり感」はありますよね…
    今はそれとは違う「ほっこり感」を味わっています。
    いいものですよね…楽しみましょうね!

    アーティスト視点のご意見も、ありがとうございます。
    私自身も、ものづくりを生業としてますので、締切間近の切迫感は理解していたつもりなのですが
    やっぱりそうですよね。ゼロからの創作、自分自身との戦いはもっとシビアなんでしょうね。

    お花も考えたのですが、やはり一度しか会っていないというのもあり躊躇してしまいました。
    出張時に「わざわざ」個展にお伺いするのもやりすぎかな…と思ったり…
    でも、たまたまの機会を最大に利用すべし!と今回は思い切った次第です。

    彼のジャンルは工芸品です。
    なので、展示だけでなく物販の売り上げも大事なことだと理解しているので、
    彼にあれこれ尋ねながら、気に入ったものを記念に購入しようと考えています。
    仕事柄、もの作りの過程に興味があるので、作品について直接尋ねられるのも、
    とても楽しみなのです。

    シシィさんの恋も実りますように、心よりお祈りしております!

    ユーザーID:6982356526

  • 会ってきました!

    一ヶ月振りに、会ってきました。
    ギャラリーに到着するまでは、ドキドキして、一回しか会ってないし覚えてないよな…とかなり悲観的だったのですが、
    彼の作品が見たい!という思いが強くなって、清水の舞台から飛び降りてみました。
    閉館間近の時間に到着すると、彼は接客中(彼の昔からのお友達でした)だったのですが、
    すぐに気付いてくれてフルネームで「◯◯まきさんですよね!」と迎えてくれました。
    作品を眺めてると、本当に素敵で、熱く作品について語ってくれる彼の横顔も愛おしく、見惚れつつ、聞き惚れつつ、
    一つの作品に目が止まってしまいました(作品が出来上がったエピソードも素敵でした…!)

    彼も他にお友達がいたので、私には「ゆっくりしていってくださいね」と声を掛けてくれ、
    そのまま素敵な作品たちを眺めてました。
    先客のお友達を見送ってから、接客してくれたのですが、くしくもギャラリーは閉館時間に…
    私が欲しかった作品は採寸が必要な作品だったので、「家族と古くからの友達が近所で飲んでるので合流しませんか?そこで採寸しますね」と誘っていただきました!
    (続きます)

    ユーザーID:6982356526

  • 会ってきました2

    素直にお誘いをお受けして、道すがら、これからお会いするご家族やお友達のお話をしながら、なんて自然な気配りができる人なんだろう…と感動してしまい、思い切って会いにきてよかった…と心の中で涙しました。

    ご家族やお友達もとても気持ちがいい人たちで、小さなころの彼の話などをざっくばらんに話してもらい、昔からの知り合いのような錯覚に陥ってしまいました。
    どんな人が紛れ込んでも、彼の周囲の人達はこうやって包みこむのだろうなあ…とほっこりしたのです。

    ますます、彼のことが好きになり、作品のことも大好きになってしまいました。

    …ただ次に会えるのが作品のお直しが出来上がる2〜3ヶ月後…超マイペースな彼の本質も確信しましたし、会いたい!なんて急かす相手ではないと直感しました。

    2ヶ月ほど忙しい時期が続く…とのことですし、多分、何かがあれば彼から連絡あるよね…と期待せず、彼の活躍を祈りつつ、このほっこりした気持ちを維持しながら生きていきたいと思います。私自身もすでに焦る年齢ではないので…(アラフォー…苦笑)

    ユーザーID:6982356526

  • ドキドキ良いですね!

    トピ主さん、まだトピをのぞいていらっしゃるかしら?こんなに素敵なドキドキを分けてくださってありがとうございます! 

    お相手の方のご家族やご友人に会えて、ますます彼の違う面がみられてよかったですね。しかも短時間でマイペースな本質や急かす相手ではないとわかってしまうトピ主さんの洞察力がお見事です!

    私も久しぶりのドキドキです。もう分からないくらい年ぶりのドキドキで、しかも相手は5歳年下の、同じくアート系の、しかも外国の方です(笑)男女関係の文化が全然違うし、遠距離片思いだし、また会えるのかどうかもわからない相手。その人のお姉さんが私の大親友なんです。

    会えるかもわからない相手だから、そんな気持ちほっておこうと思ったのですけど、無理に忘れるのは辞めました。”あー好きなんだな”って素直に感じて、今は一人でドキドキを噛み締めています。片思いって切ないですね。

    ユーザーID:1931665837

  • トピ主です

    夢子さん、レスありがとうございます。
    ただの独り言のようなトピになってますが、近い境遇にある方たちと思いが共有できて、嬉しいです。

    彼に出会うために、今までの孤独があったとしたならば、その孤独を与えてくれた神様に感謝したい…という気分です。

    会ってるときはびっくりするぐらいドキドキしないんですよね…毛布にくるまっているような安心感と既視感が共存する、不思議な感覚です。

    隣で威勢よく白ゴハンをかき込む横顔や、おかずを小皿に取ってくれる様子、わあこれ美味しいねと2人でつぶやき合う感じは、昨日もこうだったよね、というぐらい当たり前な雰囲気だったのです。

    この感覚があまりにも久しぶりに恋に落ちたからなのか、彼が特別なのか…これは後者にかけてみたいです。

    もの作りをする人特有の距離感は保ちつつ、彼にとっても毛布のような存在になれたらな…と思います。
    マイペースで自分の世界が大事な彼に対して、どうアプローチするべきか悩ましいのですが…

    夢子さんの恋もよい方向にいきますよう心からお祈りしてます!
    (無理に忘れることはないですよ!お友達を介して繋がることは可能ですよね!)

    ユーザーID:8762982597

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です(その後)

    トピをご覧いただきありがとうございます。

    春から夏へ季節は移ろっていますが、ちょびっとだけ進展がありましたので
    ご報告します。

    共通の友人がホームパーティを主催してくれました。
    彼も参加してたらいいな、ぐらいの気持ちで参加しましたが
    やっぱり姿を探している自分に苦笑しました。

    彼は遅れてやってきて、私の顔を見つけるなり笑顔で隣にきてくれ、先日はありがとう、とお礼をいってくれました。
    大勢参加してたので、あまり2人だけで話す機会はなかったのですが楽しい時間はあっという間に過ぎ、遠方から参加の方もいたため、夜11時に帰路に着きました。

    彼は自転車、私は歩いて帰れないこともない距離(最寄り駅までの電車はまだ動いてました)彼と少しでも一緒にいたいという気持ちがありました。電車利用の人を駅まで送る道すがら「まきさんは、歩いて帰れますね」と彼に聞かれたので「そうですね」と答えると「じゃあ、一緒に」ということで、彼も自転車を押しながら徒歩で家まで送ってくださいました。

    続きます。

    ユーザーID:8762982597

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です(その後2)

    1時間半ぐらい、2人で帰る道すがら、彼の仕事に対する想いや悩み、ご家族との関係などを聞き、仕事に対する真摯な姿や、くすっとするキャラクターなどがかいま見られ、2人でいる居心地のよさに、ますます好きになってしまいました。

    家に到着したのは1時過ぎ、自転車に乗ってばいばいしながら去って行く彼の姿を見送りつつ
    その姿があまりにも爽やかで、アラフォーにとっては一周回って新鮮でした。

    次回の約束などはできていませんが、別れ際にお互い「また、会えるよね」という感じで、なんとなく「次がある」と予感しています。

    彼の性格的に劇的な展開は望めませんが、恋なんて忘れ去ってた私に、こんな温かい気持ちをくれてありがとう、という感謝の気持ちでいっぱいです。
    彼にとっても、落ち着ける居場所になればいいなあと思いますが、そこは彼の意向もありますので、ゆっくりと人間関係を深めていければと思います。

    ユーザーID:8762982597

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧