合わない上司とのつきあい方

レス5
お気に入り3
トピ主のみ0

PJ

働く

このトピのレス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ただのバカなのか確認してみませんか?

    上司の対応がトピの内容通りならば

    >私は納得はせずとも、意見を一通り言ったら取り合えずその後は上司に従います。そして後日実際上司案で問題がおき始まると、あたかも自分が提案したかのように私がもともと提案した内容で指示が入ります。ここ数ヶ月これの繰り返しです。


    最初はストレスがたまるかもしれませんが、何も提案せずに上司の言うがまま
    に行動し、問題が起きたときに上司がどんな対策案を出してくるか見てみるの
    はだめでしょうか。もしくは、関係のある周りの部署の人を交えての話し合いをするとか。
    とにかく問題の上司に考えさせる。
    そして、なるべく多くの人に上司のダメさを認識させてから
    クビを覚悟で更に上の上司にPJさんを取るか上司を取るか
    掛けあってみるくらいしかないと・・・・

    ユーザーID:5988755829

  • お気持ち分かります

    私も同じように上司で悩んでいます。
    社内で有名なきつい女性上司です。100%出来て当たり前だと思われていて、9割出来ても1割出来なければ0%と一緒、といった感じで相手をヒステリックに責め立てます。本人が理解し反省しても言い足りないのか何度も怒りと落胆を表現される方で、他の人が言われていてもいたたまれませんし、自分に言われるとよくトイレで泣いてしまいます。
    ですが、PJさんは立ち向かわれていてすごいと思います!怒鳴られても自分の意見をちゃんと言えたり、部下をかばったり…環境は厳しいようですがPJさんは立派だと思います!
    すみません、役に立つ知恵はないのですが、頑張ってください!!

    ユーザーID:9760717014

  • あめみやさんも、素晴らしい

    私にも困った上司がいます。
    それでちょうど悩んでいたところなので、
    PJさんには共感し、
    あめみやさんの解決法に、励まされました。

    PJさんはいい上司なんですね。
    でも長い間口論していたら
    PJさんこそが疲れてしまいますし、
    上司も意固地になるだけかな…と思います。

    他人を変えることはできない。
    だから自分が変わるしかない。

    という言葉があります。
    悔しいけれど、その上司はいまさら変わらないと思います。

    部下の方が賢くならねばならない場合が
    たくさんありますね。
    そんな上司のために大きな労力を使うのは
    もったいないですよ。

    ユーザーID:9032380515

  • ありがとうございます

    こんな返事のしようのないトピにご返答頂いてありがごうございます。
    上司を矯正するのが本来の仕事ではなく、仕事をうまく回すかを考えなくては
    いけない、この言葉が身にしみました。

    頭では仕事さえうまく回れば。。と分かってはいても、上司まで矯正出来るものなら矯正したいという気持ちが強く出てしまっている事に気がつきました。上司が矯正されれば今まで過ごしてきた無駄な時間を過ごさず、はじめからお互いに納得する方法でゴールに迎えるのに、と思ってしまうからなんですけどね。前からぶつからずに少しずつ軌道修正を心がけ、長期戦で上司部下の信頼関係を築いていくように頑張ってみます。意見が合わなくても理不尽な事でどなられなければもっと建設的に仕事ができるんですけどね。
    こうして、叉頑張ってみようと思う反面、上司が移動になるか私が我慢できなくなって転職するかどっちかがくるまで解決しないかもと思ってしまう自分も否めません。

    ユーザーID:9258368958

  • お気持ちはよくわかります

    個人的には上司と意見を衝突させるのは愚策と思います(気持ちは分かりますが)。意見を衝突させてしまうと上司は飲める意見も飲まなくなってしまうからです。

    基本的には相手の言ってることをこちらで飲み込んで、上司の指示に従うフリをしながら、内容の確認や詳細の詰めの時に徐々にこちらの意見を入れていき、さりげなく軌道修正するとか出来ないのでしょうか?

    私は困った上司に対しては姑息に対応するやり方をしています。そのためにも上司の性格や思考パターンはしっかり頭に叩き込みます。上司と話し合って行っても無駄な状態なら見切りを付け、異なる切り口で攻めたり、交渉の余地がある部分だけでも有利にさせるよう働きかけます。
    極力対立せずに取れるとこだけをしっかりとるやり方です。

    上司を矯正するのは本来の仕事じゃなく、仕事をいかにうまく回すかを考えなければなりません。労力対効果を考えたらこういうやり方を選択することになりました。
    仕事のやり方としては正攻法ではないですが、実利を取った次第です。

    ユーザーID:5339360073

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧