女の敵は女の子

レス12
お気に入り16

チークん

働く

大学2年生の男です。
某大企業の調査で女性社員で管理職以上のキャリアを望むのは3割弱しかないそうです。
この結果だと男と女でくくった場合男性社員に期待して点数稼ぎのチャンスを多く与えるのは至極当然だと思うのですがどうでしょうか。

なんか女性をもっと高い役職につかせろとか、女性議員を増やせとかいう地位向上デモみたいなのをよく見ますが、なぜ自分たち女性の意識から変えようと思わないのでしょうか。

こんなんだといつまでたっても男と同じ土俵には立てないと思うし、男になめられても仕方ないと思います。

この前テレビで、もっと女性が快適に気持ちよく働ける職場にしろとか、ある役職に女性枠を設けろとか女性がおっしゃってて、仕事で男も女も関係ないだろと思いトピを立てさせていただきました。

女性の皆様の意見をお聞かせください。

ユーザーID:5102260698

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同感です。頑張ってる女性の足を引っ張ってる女性もいる。

    女性を一括りにしてはいけませんが、女性と言う事を武器に(社会的に弱いと事も含め)美味しいとこ取りしたいんだと言う印象はありますね。

    男性と同じように働きたいと言っても、学生時代から仕事に対する意識が薄い人も多い(最後は家庭に入ればいいと言う意識からか)

    同じ社会人で同水準の給料なのに、女性だから奢られて当たり前。
    男性は奢って当たり前と思う人も多い。

    普段ニュースも見ないし、選挙にも関心がないのに、増税には文句を言ってみたり。

    頑張って男女関係なく働いてる方がいる一方で、こういう女性がいるのも事実。

    ユーザーID:3424641330

  • 敵?

    意識改革の途中なんだと思いますよ。

    女性が訴える・意見を述べる、
    その姿を見る事で女性の社会進出や地位を得る事を
    促進させるのではないでしょうか

    何百年と続いた男性優位の社会を覆し、
    女性が社会的な平等を得るには
    たかだか数十年で意識改革するのは難しいと思いませんか?

    チャンスは平等に。

    家庭内で父親や祖父が大きな顔をし、家長は男だと言っている世代、
    もしくはその意思を継ぐ息子世代、
    そのような男性の意識の改革も必要です。

    さまざまなケースがあるでしょうが「女性が意識を変える」ではなく、
    男女共に意識改革をしてゆかなければ社会的な平等は成し得ない事だと
    思います。

    トピ文の後半を見る限りでは
    テレビの女性枠とかは意識改革が迷走していると感じましたが・・・

    ユーザーID:9484336385

  • そもそも同じ土俵ではない

    相撲の土俵だって、女は入れません。
    100m走だって、男女別です。
    性差と出産がある以上、同じ土俵に立つ必要なし。

    ユーザーID:8044214627

  • 難しい…

    女性は20代30代で決断しなくてはいけない事が多いからだと思います。
    男性が社会的地位を高められる間に結婚出産育児がやってきます。
    最近は保育園やご両親の援助である程度社会復帰も出来ますが、全ての会社が女性の出産や育児に理解があるわけでもありません。
    私も子供4人で仕事もしてますが、両家の実家も遠く子供が病気の時や学校の行事が重なる時は会社でだらし無い女と言われました。子供が高熱な時に子供の心配ではなく仕事の心配ばかりしている自分になんとも言えない気持ちになります。
    また自分の子供がインフルエンザで4人終わったと思ったら3人の学級閉鎖がばらばらにあり、学級閉鎖中は公的機関は全て預けられません。
    子育てもまともにした事ない人が社会の仕組みや公的制度を作るので歪みが出るのだと思いますが、もう少し真の意味での理解や助け合いのある社会にならないとよっぽど能力の高い、理解ある伴侶に巡り会えないと女性は何かを諦める事が多いと思います。

    ユーザーID:5747114798

  • 難しい… 続き

    もしお互い昇進のかかる大事な日に子供が熱をだしたら絶対に奥様に譲れますか?
    会社で育児出産で大事な時に抜ける上司を認める事は出来ますか?
    子供が重病でも他人に預けっぱなしの母親をどう思いますか?
    社会的地位のために頑張って、出産のタイムリミットが過ぎた女性を今の日本はどれだけの方が伴侶として選びますか?

    ユーザーID:5747114798

  • 学生の意見ですね

    実際に働いてみればわかることですが、チャンスは性別で与えたりしません。

    やっぱりその人の実力ですよ。


    また、女性が管理職を望まないのは、男性に任せられないライフイベントが多すぎるからです。


    妊娠〜出産、子育てで、8年位はロスすると思います。

    男性のパートナーがその間全面的にバックアップしてくれれば良いですが、子育ては女の仕事にされることがまだまだ根強いですよ。


    特に管理職は家族の事情で休みにくいですし、日本でもワークライフバランスがもっと柔軟にならなければなりたくてもできない、といった事情があります。

    また、女の敵は女なのか、PTAなどの社会貢献を、仕事を理由にやらない訳には行かないと声高に言われており、仕事を優先できない事情もあります。

    女性が人間として当たり前の人生を送ろう(男性と同じように)としても、ハンデはとても重いと思います。


    ただ、じゃあ女性は社会に出てこなければというのは見当違いで、女性が加わったことによる良さというのはとてもあると思います。


    やはり一定数の女性管理職を確保することで、経営にも違う着眼点ができるのではないでしょうか?

    ユーザーID:5418779352

  • 時と場合による

    ”女性”に快適な職場というより、”人間”に快適な職場といい換えたほうがよいかもしれないです。原則男女平等な職場で同じ給料をもらって働いているかぎりは女性であることを理由とした過度のわがままは許されないと思いますが、男性優先の考えで構築されたシステムの職場ではそれなりの配慮がされるべきと思います。「ある役職に女性枠を」、という話も女性が簡単には上に行けない仕組みとなっている所では、マイノリティ保護という意味が大きいのでは。

    ユーザーID:7548696812

  • 言いたいことはわかる

    私としては「仕事で男も女も関係ないだろ」と思っていただけるのは大変有難いですね。
    一方で「男性に点数稼ぎのチャンスを多く与えるのは至極当然」との事で結局よく分かりませんが(笑)

    確かに企業側の立場に立てば、女性より男性を雇用する方がロスが無いというのは正しいかもしれません。
    しかしそれでも雇うのには、それなりの理由があります。
    採用側の立場から言わせて貰えば、
    ◯出世欲は幹部候補生とごく優秀な一部に有れば良く、男女とも全員には必要ない。
    ◯男性職員だけだと、商品やサービスから女性目線が省かれ需要と乖離してしまう。
    ◯実際に、ロスを考慮しても仕事ができる女性が存在する。
    といった所です。

    うちの企業では男も女も仕事が出来なければ平等にクビですし、夫も協力的です。
    しかし共働きだからとお弁当や夕飯を交代で作ったり、育児休暇を取れる男性がどれだけいるでしょうか。
    育児や介護、転勤で泣く泣く辞めていく女性社員はたくさん居ます。
    男性の七割が「家庭人」としての土俵にあがれないのと同様に、女性の七割も「社会人」としての土俵にあがれないのでしょう。

    ユーザーID:5525950094

  • 敵は男女平等に。

    現在40代女性、数年前まで管理職をしていました。

    私の場合では、敵は…沢山いました。新しい分野の開拓という、注目を集めやすい分野だったので尚更叩かれ方は半端なかったのです。でも、男性でも女性でも、きちんとした人は理解があり、私と仕事を認めてくれました。

    意識改革は、無理です。(苦笑)
    私の場合は圧倒的に男性から妨害されました。やはり現在でも、「女性は使うもの、使われる側にいるべきではない」と思っている男性が多いんだなあ…と本当に悔しかったです。そういう男性が周りの若い女の子に色々吹聴して、私の足を引っ張らせたこともありました。。。

    私事ですが、信頼関係ができた方とは、今後も絶対応援すると決めています。その方の仕事や利益のためにかなり動いてきたので、感謝されています。私は「厳しい環境の中」でも理解をしてくれたことに対しての恩を感じているので、感謝してくれた時には本当にうれしいです。
    また、しっかり邪魔してくれて、私の立場の変化に対して急にすり寄ってきた方には…これから何らかの形で「復讐」していきたいと思います。(笑)

    「情けは人のためならず」です。

    ユーザーID:0576068409

  • う〜ん 2

    >女性をもっと高い役職につかせろとか、女性議員を増やせとか
    >もっと女性が快適に気持ちよく働ける職場にしろとか、ある役職に女性枠を設けろとか
    私は85年の均等法施行より少し前の新卒就職組ですので、「寿退社が当り前」の時代も「均等法施行当時」も体験しています。
    その経験を踏まえてですが、単純に女性を優遇するだけの男女共同参画には疑問を持っています。
    新卒で就職した時から丁度重なっていると思われますが、この間の雇用政策のキーワードとして挙げられるのは「均等法」と「高年齢者雇用安定法」です。
    この2つの法律によって女性の社会進出・60歳を過ぎても働けるようになりました。女性と高齢者が社会進出している分、仕事の枠は増えていたのでしょうか?答えは否です。その分の皺寄せを受けたのが男性です。職を失ったり職に就けない男性が増えてその結果男性の自殺者の増加を産んでいます。(特に改正均等法の施行後増加しています。)
    寿退社だったのが働き続ける→他の空いているポストへ進出
    60歳定年から65歳定年制へ
    片や均等法があり、片や助成金支給ですからね。
    あおりを食っているのが男性です。 続く

    ユーザーID:7184110469

  • う〜ん 3

    女性が結婚・出産後も働き続けるのには、旦那の稼ぎだけでは生活出来ないから働き続けると言う理由の場合もあります。
    >もっと女性が快適に気持ちよく働ける職場にしろとか
    育休とか女性の働き易いようにとか、女性を優遇するだけの政策であれば、逆に男性の職を奪う事となるだけです。
    女性が働き易いように優遇する事は自分で自分の首を絞めているだけなのに気付かずに言っているのは愚かな事です。

    女性が働き続ける事は別に良い事であると思いますが、女性枠とか女性を優遇しての男女共同参画は逆に女性自身の首を絞める結果にしかならないので反対です。

    機会は同じ様に与えられてその結果であれば、単純に実力の差ですが、女性枠とか結果の平等、女性優遇にしか過ぎない制度には疑問を持ちます。


    男女平等と言うのは、何もかも一緒と勘違いされているようですが、
    性差と言うものがある以上、何もかも一緒とはならない訳で。
    機会を与えられるのは平等に、でしょうか。

    ユーザーID:7184110469

  • 男性ですが、ちょっと

    意識を変えるべきは女性なのか、男性なのか、あるいは双方なのか。女性が昇進を望まないのは、苦労することが目に見えているからでしょう。企業の中で男性と伍して仕事をしようと思えば、女性は男性以上の努力・苦労を要求されます。これを否定することはできないと思います。

    現状では、女性は仕事か家庭かの二者択一を迫られます。しかも、男性のそれとは異なって、結婚自体を諦める覚悟さえ要求される場合があるのです。
    女性が気持ちよく働ける職場や女性管理職枠を要求するのは、そういう現状を改善するための(男性の意識改革も含めて)手段と考えられます。

    「女の敵は女の子」の「女の子」は、入社数年の平の女性社員が、管理職となって苦労を強いられている先輩女性社員の姿を見て、ああまでして昇進しなくていいわと諦めてしまう(ひどい場合はバカにする)、そういう女性を指しているのかと思われますが、それは、女性どうしが敵対すべく分断されてしまう現在の企業社会の在り方の反映なのです。
    したり顔で「女の敵は女だな」と言っている男性こそ淘汰されるべきであり、優秀な女性を生かせない日本の企業・社会に未来はないでしょう。

    ユーザーID:0638366318

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧