お夕飯を作るのが辛くてたまりません

レス53
お気に入り93
トピ主のみ9

夕飯怖い

男女

このトピのレス

レス数53

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です1 夫の性格について

    皆さま、こんなつまらぬグチトピに叱咤激励のレスありがとうございます。
    ありがたく拝見いたしました。
    (2012年4月5日 17:27猫好き一般人さんまで拝読しました)

    思いのほか多くのレスを頂戴いたしましたのでまとめてレスすることをお許しくださいませ。

    夫の考え方はそらさんの例にあがった男性がまさに(!)その通りです。
    夫から件の男性と同じことを言われ、そらさんと同じことを返答したことがあります。

    そして、とらかぶりさんの“海原雄山きどり”もまさにその通りです。

    以前、私が今日は親子丼作ろうかな、と言うと、
    「出汁は俺に味見させて。海原雄山並みにコメント出してやる。」
    などと言いました。
    「そんなやる気なくすコメントはいらない。」
    と即答しましたが・・・。

    夫はかなりの負けず嫌いなので、おっしゃる通り優位に立ちたいのかもしれませんね。
    ・・・面倒くさいです(笑

    蛇足ですがご指摘いただいた内容のエピソードを書いてまいります。。
    長文になりますので、お手すきのときにご覧いただければ幸いです。


    (続きます)

    ユーザーID:6877901615

  • トピ主です2 夫の料理の腕

    夫は料理にあれこれ口出ししてきますが、夫の料理の腕は“かじった程度”。
    一人暮らしの時に少しやったものの、面倒なので外食がメインだとのことでした。

    ただ、私よりも料理がうまいと豪語しております。
    しかし私は夫の料理らしい料理を食べたことありません。

    以前、私の実家から上等の牛肉を頂いたことがあります。
    その時、割り下を夫が作ると言うのでお願いしました。

    すると夫はお鍋に牛肉投入、ドボドボ醤油をかけて炒めながらすき焼きのうんちくを始めました。

    「すき焼きはな、『焼く』という言葉にもあるように、焼いたものに味付けするのが本来の食べ方なんだ・・(以下略」

    しかし、私は上等の牛肉が醤油で塩っ辛くなっちゃう、、、と気が気ではなく・・・。
    案の定、お肉は固くなり塩辛い仕上げとなりました(泣。

    夫も食べた瞬間、失敗したという表情をしたので、すかさず「残りは私に任せて!」と調理したことがあります。

    夫の得意と言うたこ焼きでも同じパターンでしたが、それでも私より料理がうまいと言い切るのです。

    夫とは時に本当に不思議な生き物になることがあります。


    (続きます)

    ユーザーID:6877901615

  • トピ主です3 実母の味 義母の味 お料理教室の味

    両家の母の味付け、夫と私の味覚も似ていると思います。
    そして、実母の方が手のこんだ料理も作ることができます。

    今年の正月に私の実家に帰省したのですが、夫は実母の作った料理をおいしいとめずらしくかなりの量を食べておりました。
    特に牡蠣雑炊が気に入ったようで、しばらくあの雑炊を家でも作ってとおねだりされました。


    また、お料理教室についても通って正解だと思っております。
    本では分かりづらい下処理や手際を良くするポイントなども教えてくださいますし、やはり餅は餅屋。
    まるで一流の懐石料理屋さんに来たようにおいしくて顔がほころんでしまいます。

    味付けも夫好みのようで、先日習ったぶり大根を夫に出してみたところ、
    「人生でいちばんおいしいぶり大根」
    と感激していました。


    私が味音痴であるのでは、というご意見もいただきましたがそういう自覚はありません。

    料理のメニューにこだわりはないものの、どんなメニューでも味がおいしくないものは苦手です。
    作るにも、簡単レシピでそれなりの味付けのものよりは、多少手間がかかってもおいしいものを頂きたいと考えております。


    (続きます)

    ユーザーID:6877901615

  • トピ主です4 昨日はボイコットしました

    おととい、いつものように文句を言われ
    「本当、文句ばっかり。そんなこと言うならもう作らない!」
    とふてくされました。

    そして仲直りしないまま昨日の夕方、お夕飯の準備をしなければならないのに
    「どうせ作ってもまた文句言われちゃうし。」
    と思うと悲しくて仕方なくなりこのトピを立ち上げました。

    さらにその後、

    どうせ文句言われるなら手抜きで文句言われた方がいい、余所様の味の方がお好みなんでしょう?

    などと一人で暴走、ヤケを起こし、スーパーのお惣菜売り場のコロッケとキャベツの千切りを買って、皿に盛り付けラップしました。

    夫は最近、繁忙期で昨日も0時過ぎに帰宅。
    私は出迎えもせず、どうするのか耳をそばたてておりました。
    (いつもは帰宅する夫を出迎え、すぐにお料理を温めて配膳し、すぐに食べれるようにしております)

    すると、夫は一度コロッケを出したようですが、お惣菜だと気付いたのか元に戻して外出してしまいました。
    おそらくラーメンを食べに行ったのだと思います。

    こうして文章にすると、私もなんと子どもっぽいことか・・・。
    反省いたしました。。


    (続きます)

    ユーザーID:6877901615

  • トピ主です5 まとめ

    みなさまのコメントを拝見して元気が出ました。本当にありがとうございます。
    夫の言葉を真に受け過ぎ、顔色をうかがい過ぎだと自覚しました。

    今度、心当たりない文句を言われたら毅然と言い返そうと思います。


    余談ですが今日、主婦友達(子持ち)のお宅にお邪魔してランチをご馳走になりました。

    その時、この話を相談してみたところ、友人も同じことを言われると言っておりました。
    友人の料理ももちろんおいしいですし、盛り付けも素敵なのにも関わらず、です。

    夫って本当に不可解な行動とるよね、と盛り上がりました。

    ただ友人と出した結論は、結婚してくれた夫に感謝しましょう、と。
    家庭を持つという喜びに気付かせてくれ、幸せな生活を送れるのは夫のおかげ。

    腹立つときもあるけれど、夕飯や片づけができないなどの日常的な不満は本当に取るに足らない些細なことで、今ある幸せに感謝、感謝。


    そして帰路につき、今日は気持ちよくお夕飯を作りました。
    この気持ちを忘れないように、不条理だと思ったら毅然とした態度を取りつつも、今後も頑張りたいと思いました。

    みなさま、お付き合いいただき本当にありがとうございました。

    ユーザーID:6877901615

  • トピ主です6 みわさん

    私の相談内容でみわさんの結婚まで不安な気持ちにさせてしまいまして申し訳ありません。

    今回、私がふてくされてしまいましたが、この問題は心の持ちようで何とでもなる些細なことですのでどうぞお気になさらないでください。。

    まだ結婚して間もない私がお話しするのも恐縮なのですが、相対的に考えると結婚生活は幸せですよ!

    今の彼氏さんがはっきり言ってくれないことでお悩みのようですが、では他の男性を見つけて結婚すればうまくいくかと言うと、その男性はその男性で何かしらの癖があると思います。

    私の友人、母の友人の話を聞いても、どの家庭も何かしらあります。
    ちなみに母世代の家庭問題はヘビーなものが多いです。

    それに比べれば、今回の私の相談など小さな塵みたいなものだと思います。

    みわさんの彼氏さんについては、みわさんを傷つけまいとした優しさが、お料理の味を言いだせなかった理由ではないでしょうか。
    いたずらに文句を言われるよりも愛を感じますよ。

    おたがい、いろいろあると思いますが切磋琢磨、頑張りましょう!

    ユーザーID:6877901615

  • トピ主です7 私が専業主婦な理由

    引き続きレスをありがとうございます。
    皆さまのご意見ありがたく拝読しております。

    匿名さんから頂いた専業主婦を辞めればというご意見ですが、私も仕事を続けられれば続けていたかったです。

    夫も私も技術系の仕事をしておりそれに注力して生きてきた人間です。評価もそれなりに頂いておりました。
    この仕事は深夜残業で午前様に帰宅することはよくあることで、深夜3時に帰宅する事も。

    平日に家事をするのは不可能、そして家事を折半しないと厳しい状況でした。
    しかし、夫は疲れたと頑なにやりません。さらに散らかし魔。私も体力に限界があり手が回りません。食事も9割外食。

    稼ぎは一般家庭の平均よりは入っているかもしれないが、掃除の行き届かない家、粗末な食事、不健康な生活。こんなに命を削って何のために生きているのか分からないと考えるようになりました。

    夫婦共に子どもを望んでいることもあり、苦渋の決断でしたが私が退職しました。評価を得るには激務は必至。仕事には未練ありますが今は必死で忘れようとしているような心境です。

    匿名様は仕事は高評価、家事は折半してくれる優しい旦那様をお持ちなのですね。羨ましいです。

    ユーザーID:6877901615

  • トピ主です8 その後 ご報告

    皆さま、引き続きレスをありがとうございます!
    一つひとつ大切に拝読いたしました。
    皆さまの体験談、本当に参考になりました。

    その後の経過報告いたします。

    ボイコットした翌日、お夕飯の準備をしていたものの夫の仕事が徹夜になってしまったので無駄になってしまいました。

    さらに翌日の金曜日、同じく徹夜になったためお夕飯は不要。

    そして土曜日の今日、やっとお話ができた形です。

    夫は気まずい空気を感じてか、お昼はまた一人でどこかに出かけてしまいました。
    帰ってきても普段通りを装いながらもショゲた雰囲気で、話しかけてくることはありませんでした。

    そこで私の方から話しかけました。

    「お夕飯ボイコットしてゴメンね。今日はお夕飯作るけど文句言うのはやめてね。」

    すると夫は、少し涙が出たもののそれをこらえつつ、小さく頷き、平静を装いました(小さい子どもみたいですね)。

    そしていつも通りお夕飯を作り出してみたところ、
    「うん。おいしい。全部おいしい!」
    と元気よく言い、あっと言う間に食べてくれました。

    夫もやりすぎた、と反省したのかもしれません。


    (続きます)

    ユーザーID:6877901615

  • トピ主です9 その後 ご報告2

    食べ終わると
    「ごちそうさま。おいしかった。」
    と言い、手を合わせました。
    何だかとても夫がかわいく思えました(ノロけて申し訳ありません)。

    怒っている姿を見せたことで分かってもらえたようでよかったです。

    もしほとぼりが冷めてまた何か言うようになったら、なちょさんのご提案通りに伝え、自分で対応してもらうことにします。


    夫と同じようにケチをつける方の事例のレス、叱咤激励のレス、本当にありがとうございました。こちらに相談できて本当に良かったです。

    ユーザーID:6877901615

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧