現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

家庭科が必修科目になったのはなぜ?

モルジブ
2012年4月6日 11:32

中学・高校の家庭科が必修科目になったのはなぜでしょうか?

戦後の教育システムでは、当初、中学・高校の家庭科は男女共学で選択科目だったと聞きました。

その後、中学や高校の家庭科は女子だけ必修になったようですが、当時は女子からの希望が多かったのでしょうか(→当時の事情をご存じの方がいらっしゃれば教えてください)。

また、最近では、中学や高校で家庭科が男女共に必修になったようですが、女子に加えて男子からの要望が多くなったのでしょうか(→これはないと思います)。

いったい誰が家庭科を必要としているのでしょうか。

家庭のしごとは誰にでも発生するので必要といえば必要ですが、必修は小学校だけでも十分なようにも感じます。

家庭科を必修科目にすれば、それによって他の科目の時間が少なくなってしまいます。
中学では技術科の時間数が315時間から88時間に減ってしまいました。
家庭科の時間数は、現在でも、小学校〜高校で300時間以上あります。
高校も体育や芸術など、他に必要な科目はいくらでもあります。

最近の高校家庭科では、キャリア教育(?)と称して「自分らしく生きる」といった道徳教育までやっているようですが、技術科や体育の時間を奪っておいて「自分らしく生きる」ことを説くとは笑止です。

女性差別撤廃条約によって家庭科を男女共修にしたという話しも聞きますが、女性差別撤廃条約で規定されているのは、一般教育と職業教育の男女同一課程の保証であり、当然ですが、家庭科教育については何の規定もありません。条約を守るためだけなら家庭科を全廃しても問題はありません。

話がややそれましたが、中学・高校の家庭科が必修科目になったのはなぜでしょうか?
今後も必修科目として続けるべきなのでしょうか?

ユーザーID:3354727725  


お気に入り登録数:69
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:36本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(2)

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
内容知らないの?携帯からの書き込み
年増女
2012年4月6日 12:30

家庭科の授業内容が、料理を作ったり掃除だけなんて思っていませんか?

栄養学や他にも現代では必要な内容がたくさん入っています。
女子には技術も科目になってますよ

ユーザーID:8227413645
育児があります
頭でっかちはいらない
2012年4月6日 12:31

核家族がメインである現代で、乳児に接する機会はなかなかありません。
私の子どもの学校では、赤ん坊の沐浴体験までありました。
中高一貫の男子校に通う息子を持つ親御さんは、羨ましいと言いました。
家庭科の授業は他の教科に振り替えられているようでした。

トピ主さんのような考え方の男性が、育児を手伝うとは到底思えません。
人の基本を学ぶというのは大事だと思いますね。
道徳の復活すら聞こえてくるような、
無秩序な時代背景もあるのだと思います。

ユーザーID:3809892980
教えられない親が多いから携帯からの書き込み
富士山
2012年4月6日 12:38

本来家庭科の内容は親が教えて子供に身につけさせれば済むことです。

しかし、教えられない親が多い(親本人も知らない・できない・常識がない)ので、子供に学習の機会が必要なのです。

ユーザーID:1992253355
時間数はともかく
マーナ
2012年4月6日 12:48

必修は必修でいいと思います。
小・中・高校と、内容も高度になっていけばよいかと。
家庭科は「家事科」ではありません。
人が健康に快適に暮らすための、コツではなく理論を学ぶ学科なんです。
私が高校で受けた家庭科は、高校ならではの奥の深さでしたよ。あれを男子が学べなかったなんて本当に損な決まりだったと思います。

どこで知識欲に火がつくかは人それぞれです。
高校レベルの家庭科で初めて勉強そのものの面白さに気付く子がいるかもしれないでしょう。
その機会は、主要教科との兼ね合いもありますが、ゼロにだけはしてはいけないと思います。

ただ・・・私の想像と違っているようですね、現状が。
高校を出て20年近く経ってますので完全にウラシマさんです。
家庭科は男女とも必修になったと聞いたので、技術科も当然そうなったと思っていました。
というのも傾向として、男子はやはり家庭科で学ぶようなことを家で学ぶ機会がまだ少なめです。逆に女子は、男子がとっつきやすい電気や工作関係が不得意です。
それを補うための「男女とも必修」だと思っていたのですが。
それとも学校によって違うのでしょうか。

ユーザーID:4085621619
単純でごめんなさい携帯からの書き込み
田舎のおっさん
2012年4月6日 12:50

過去の経緯は全く知りませんが…


家庭のことを、全員学習するのは、当たり前ではありませんか?


昔のように、男は外で仕事、女は内で家事という時代ならともかく、現代は共働きが普通ですからね…

ユーザーID:2321566673
家庭科は家事ではありません。
riri
2012年4月6日 13:22

家庭科は単に家事のスキルを養うジェンダー教育ではありません。

料理は味のバランス、手順、手際の良さ、見栄えのセンスも発揮できますし、
裁縫は、デザイン、色の組み合わせ、細かな作業の習得にもつながります。


勉強とは違った一面で、個々の評価ができる教科だと思っています。

私は洋裁の講師ですが、服を一着つくるのに、平面から立体に仕上げる計算力も必要ですしね。化学繊維も増えていますから、素材の知識も必要です。
結構、バカにできませんし、この世界でも誰でもできるものでもありません。


必要な科目だと思います。

ユーザーID:3809690052
肥満大国にならないため
Whatever
2012年4月6日 14:07

私はアメリカ出身なんですけど、日本人って栄養とか料理に関しての一般知識レベルがものすごく高いです。

アメリカ人の平均は多分日本人からみれば「なんでそんなことも知らないの?!」くらいの知識しかないです。

日本人は成長過程で自然に身につけている知識だけど、アメリカ人は健康志向で特に自分で色々と学んだり気をつけている人しか知らないという感じ。

例えば栄養の基礎知識とか全然知らないからバランスよく食べることがどういうことかなんて全然分かっていない人も多いし、寿司屋で油ギトギトの揚げ物食べて「スシレストランだからダイエット」なんて真面目に信じる人もいます。

そして包丁をほとんど使わない・使えない大人も存在します。子供がいる人でさえほとんど冷凍とか。

その結果アメリカは国民の半数近くが肥満で、過半数が太りすぎの肥満大国です。

それに比べて日本が健康的な体型を保っているのは遺伝とか体質もあるでしょうけど、栄養とか料理の基礎知識がハンパじゃなく高いというのがあると思います。

国外からの一意見でした。

ユーザーID:6931503224
エコエコアザラク
2012年4月6日 14:22

家庭科についてのみ書かれておられますが・・・、家庭科ってそんなに特別無駄な教科でしょうか?

家庭科もやっておくにこしたことはないと思いますが。

どうして家庭科だけなのですか?主様は男の子のお母様ですか?

男の子でも家庭科に才能を発揮する子はいますよ。

ユーザーID:2827552737
予想して反論
chacha
2012年4月6日 14:38

家庭科は生きる上で必要たから必修、という意見を予想して…。
数学や英語は生きる上で必要だから必修なの?

家庭科の成績悪い子は生きる能力がないの?

ユーザーID:4380803189
技術・家庭科、賛成です
のの
2012年4月6日 14:43

男子中高生が家庭科必須になった、女子も技術科が必須になったわけですね。
詳しい経緯はわかりませんが、個人的には大賛成です。

家庭科は衣食住の生活の学問で、技術習得ができるため直接役に立ちます。
人が自立して社会で生活するためには男女に関係なく必要だと思います。
技術に関しても全く同様です。

家庭科は医学や化学、生物学、経済学など…ともつながっています。
技術は工学、農学、物理学、化学など…ともつながっています。

基礎科学があり、それとつながる実生活の学問として家庭科、技術があると
考えれば小学校で終わりというのは底が浅いかもしれません。
技術の習得という面から、高校まで学んだほうが使える科目です。


主さんがおっしゃる自分らしく生きるというのをざっと検索したら
男女共同参画教育というものでしょうか?


現代は男女共働きが主流なので、
昔のような女性が専業主婦で家事育児をして、男性が働き収入を得るという
男女役割を固定化すると不都合な時代になったのでしょう。

教育は社会の様相が反映されますね。

ユーザーID:1697270390
教える人がいなくなったからじゃない?
みー
2012年4月6日 15:33

共働きが当然になって、男も女も家のことを一通りできなきゃいけないのに
親も共働きで家庭科を教える人がいないからじゃないですか?
女性から、男性から、というより親からの要望が大きいと思います。

道徳やら家庭科って知らないと生活に支障をきたす「常識」ですから
社会に出たら技術や数学なんかより断然必要です。

ただ、体育は必要だと思いますけどね。

ユーザーID:6423090742
長い目で見たら必要な授業だと思います
ミシン
2012年4月6日 16:24

トピの趣旨から離れるかもしれませんが、40代前半の女性の経験と感想を述べさせていただきます。

家庭科で習ったことがすべて現在の生活に役立っているかと言うとそうではないと思いますが、役に立っていることも現実にあります。裁縫ならばボタンつけやチャック付けなどは今も役に立っています。また高校の家庭科の一環で「保育」という授業もありましたが、保健体育とはまた違ったアプローチで性に関するテーマ、女性の妊娠、子どもの誕生などをビデオで見せられ、興味深く見たのを覚えています。あの頃は若くて家庭科の授業が退屈に感じたこともありましたが(家庭科室から外で体育をしている男子をうらやましく見ていたのを覚えています)、今もたまに当時調理実習に使っていた料理本を参考にして料理することもありますし、廃止すべき教科だとは思いません。当時と比べて制度を変えた方がよいのでは?と思うことは、家庭内も男女平等が叫ばれている今日、「家庭の仕事は女性のもの」という考えを植えつけさせないために、男子も同様に家庭科を必須にすべきでは?とは思います。

ユーザーID:4699698661
正直言って・・・
じょあんな
2012年4月6日 18:30

家庭科が高校で男女共修になった当初は「男女共同参画社会」の実現と言うのが大きなテーマだったんじゃないかな、と思います。
その後、ゆとり教育になったおかげで、教育現場はかなり混乱したと思います。
受験科目の先生方は授業のコマを取り合っていました。
家庭科は導入当時は4単位が多かったのですが、その後完全週休二日制のあおりを食って2単位になった所がほとんどだと思います。
家庭科の教師からすれば、全然、時間数が足りないのですが
それでも受験科目の先生方は「遊びの科目」に2単位も割り当てるのは無駄と思っているようです。

昨年、数年ぶりに高校の教壇に立ちました。
短期間ですが離れているうちに驚くほど生徒のレベルが落ちました。
昔だったら「小中学校」で習ってきたレベルができません。
たった2単位で小学校のレベルからのオサライをしなくてはいけなかったのです。
結果として高校で一から(それこそ「道徳」から)教えなくてはいけませんでした。
私はいずれ親になっていく彼らに必要なのは「保育」と「食物」だと思いました。
「自分らしく生きる」は、次世代の子供を育てていくベースとしてとても重要な事だと思います。

ユーザーID:0635835833
続きです
じょあんな
2012年4月6日 18:31

高校で教える側の理想としては小学校、中学校でキチンと家庭科の基礎を叩き込んでおいてくれる事。
確かに、今は「お金さえ出せば」なんでも簡単に手に入ります。日本の主婦は他の国の主婦に比べるとはるかに「家事」を自分の手でやっています。
でも、今はあまりにできない人が増えています。
例えば「ボタン付け」ができないのでボタンの取れた服は「捨てる」と言う人もいます。
恥ずかしながらうちの高校生の甥っ子は、この時代に「栄養失調」になりました。
カロリーは足りていますがビタミン、無機質などの「栄養」が足りなかったのです。
小学校、中学校でもう少し基礎をやっておいてくれたら、高校生にもなってそんな事が理解できない事もなかっただろうに、と。

生活スタイルは変わり、一人暮らしや核家族が増えました。
便利な世の中ではあるけれど、でも基本を知らない人も多いのでは?
私は「生きていく基本」を家庭科で教える事は意義があると思います。
次世代に繋ぐと言う意味でも。
ただ、正直言って受け手が「家庭科なんて遊び」程度に思っていたり、他の科目の先生方も「息抜き」の「無駄な科目」と思っている事に虚しさを感じます。

ユーザーID:0635835833
民法携帯からの書き込み
ロディー
2012年4月6日 18:49

民法第752条には、夫婦は同居、協力、扶助の義務があると書いてあります。

家事も育児も介護も二人で協力することなので、家庭科は女性だけの為ではないと思います。

ユーザーID:8328590730
うーん。
サンポップ
2012年4月6日 19:19

お茶汲み、雑巾がけすらできない男性はいりません。

社会に出たとき、家庭科レベルのことも知らない人は、仕事できませんよ。
数学の■やlog(ログ)なんて、まず使いませんから。

ユーザーID:8274918198
家庭科で習ったこと
しーな
2012年4月6日 20:24

栄養のこと。
クレジットカードの使い方や、家庭の経済について。
結婚、離婚に関する法律について。
アメリカにおける合理的な衣服の考え方。

色々な事を家庭科から学びました。
親からはとても教えてもらえない知識です。
今でも継続して役にたっています。

家庭科全廃なんてとんでもない。

ユーザーID:6236947098
家庭科、役に立ちました携帯からの書き込み
アオイ
2012年4月6日 21:11

ボタン付けや縫い物の運針、乱切りや桂剥きというやり方。

親に習う機会が無かったので、20代後半の今でも役に立っています。

もちろん、やろうと思えば本なんかでも学べるけど、英語や数学など他の科目だって、やろうと思えば本で勉強出来ますよね。

ユーザーID:8413573384
社会人講師でキャリア教育に関わっています
酔うぞ
2012年4月6日 21:49

>最近の高校家庭科では、キャリア教育(?)と称して
>「自分らしく生きる」といった道徳教育までやっているようですが、
>技術科や体育の時間を奪っておいて「自分らしく生きる」ことを説くとは笑止です。

まあ、確かに表面的にそのように見えるし、キャリア教育の中に何か創ってみる
調理(献立を考えて買い物から調理まで)といった授業をしているところもあります。

しかし、キャリア教育の本質は「技術・技量」の教育や練習ではありません。
もしそうであれば、得意不得意がはっきりするだけですから、希望者だけに
訓練として実施すればよい。

なぜ、必修で全員でやることに意味があるのか?
一言で言えば、社会性の涵養です。

往々にして、学校では生徒と先生という「一対一の関係」になってしまい
集団生活は遊びの中で学んだのでしょうが、最近の子どもは非常に表面的にしか
仲間とつき合いがありません。

その結果、協力してなんかやる、自分と相手の得意不得意をカバーする
といった集団生活の基本が全く分からない

知力だけの評価で上下で見てしまうから、助け合いがない、
自主的に遊びを創ったり出来ない

家庭科以前なのです

ユーザーID:9112437287
壮大な理念や綺麗事は犠牲者を増やすだけ
春が来た
2012年4月6日 22:24

幾つかの記録、文献を読みますと、仰る通り男女平等が発端のようです。それから家庭科教師が路頭に迷うのを防ぐため必須にしたようですね。日本に、もはやそんな余裕無いのに、何我儘言ってるの?と言いたくなります。

このまま続けるべきかどうか?の回答です。
必須化はどうかと思います。税金注入家庭科授業による社会利便効果のデータも出ていない。盲腸のような科目で、昔から廃止論が有ったようで。話が飛びますが、家庭科よりもっと必要性を感じさせないのが、高校歴史・地理・国語・古文・漢文、中高問わず美術、音楽ですね。カルチャーセンター的科目は、廃止までと言いませんが、本来、好きな人がやれば良い選択科目でしょうね。

ユーザーID:6579854737
必要だというなら
chacha
2012年4月7日 0:09

家庭科の成績の悪かった元女子は、こそこそと生きていかなきゃならないでしょ。婚活なんて図々しい、家庭科2のくせに…って。

必要じゃないでしょ。学校でしつけてもらわなきゃならないなんて、どんなご家庭なの?

ユーザーID:4380803189
だってほら
uni
2012年4月7日 0:20

現在では国が共働き家庭を推奨していますから。
基本的に男女とも料理をし、
同じように子育てできないといけなくなりました。

私の子供の頃の家庭科は中学から女子だけでした。
当時はサラリーマンの父と専業主婦の母の家庭がスタンダードでした。
男子厨房に入るべからずみたいな言葉もまだ生き残っていました。
本当に男子には家庭のことは必要なかったんです。

そんな背景の違いでしょう。

ユーザーID:5428027813
絶対必要。但し・・・
Tama
2012年4月7日 1:39

絶対に必要な教科だと思います。但し、もっと内容を盛り沢山にして。
本当は家庭科で日常で必要な知識や情報を子供たちに入れてやって欲しいんですよね。税制とか法律とか、くしくも一人親になってしまった場合にも優遇して貰えるものがある、とか。ちょっとしたDIYくらいは知っていないと、壊れたらすぐに捨てて新しい物を買おう!になってしまいますしね。

今の家庭科の授業で習ったこと、私は日常で役に立っています。やはり、触ったことも無いものは手が出しづらいのではないでしょうか。ミシンにしてもハンダにしても。

ユーザーID:9618925667
アメリカ在住ですが
yobo
2012年4月7日 1:48

家の中学生にも家庭科があります。
学生のうちは必要の無いことでも社会人になれば知っておかないといけないことは学生のうちに知っておいたほうが良いと思います。
子供に聞いたら銀行にローンを申し込んだ場合の利率の違いに因る
返済の違いとか、タックスリターン(確定申告)のこととか、勿論家事に関することも教わっているようです。
年金のこととかももっと知る必要があると思いますが。
家庭科は主婦業の勉強ではありませんよ。

ユーザーID:7147517057
最近っていうか…
33歳
2012年4月7日 14:09

男女必修科目になってからもう20年ですよ。
33歳の私の学年から男女共通科目になりました。
おそらくアラフォーの方で息子が家庭科必修になってて驚いたってとこですかね?
経緯は知りませんが男女平等ってことでしょうね。
確かその頃に出席番号も男女別ではなく混合になりました。
個人的には技術は女子も学んでおいて損はないと感じます。
カラーボックスすら組み立てできない女性にはガッカリします。
逆に簡単な裁縫も料理もできない男性にもガッカリです。

ユーザーID:3150218015
その理屈だと
いくみ
2012年4月7日 14:30

家庭科の内容は「実生活に関わる内容」なので誰がやっても無駄ではないと思います。

というか、無駄か無駄でないかと言う話なら、英語の必修のほうがどうかと思いますよ。
はっきりいって、仕事等で本当に英語を必要とするのは何割ですか?
優秀な一部の層のそのまた限られた仕事の人以外は、現実的には使っていませんよ。旅行だってツアーでいけば別に問題ないですし、そもそも海外旅行だって縁のない人は新婚旅行でいくか行かないかくらいのもんです。
国際化の時代だから〜といってもそれが現実です。

でも、学校の勉強は無駄か無駄でないか、即役に立つかたたないか、で量るものではないと思います。
総合的に人間形成をするには、偏らずバランスよく知識教養を身につける機会があったほうがいいですからね。やってみて初めて興味がわくこともありますし。



>高校も体育や芸術など、他に必要な科目はいくらでもあります。

要するにあなたが技術や体育や芸術が好き&家庭科やりたくない、ってだけですよね。
でも、公教育に必要かどうかは好き嫌いで決めるものでもあなたの主観できめるものでもありません。

ユーザーID:6832315285
高校に普通科はあるが、大学に普通科はない
特殊な高校を出ました
2012年4月7日 14:37

その違いを考えたら、納得のいく答えがでるのではないでしょうか?

主さまのような考え方もあって良いと思いますよ。
でも、それだと、将来の可能性が狭くなるような気が私はします。

ユーザーID:1201418535
男女共同参画社会への補完的方向づけ。
孝子
2012年4月8日 7:19

かつての、男子は技術科、女子は家庭科という教育内容は、固定的性別役割の踏襲であって、女性差別撤廃条約の締約国としては整合性がとれないと言う批判がありました。

そこで、性別によって異なった教育をする不合理性の是正を求める上で、いっそのこと、技術・家庭科そのものを止めてしまえという議論も一部にはありました。しかし、男女共同参画社会への方向付けという観点で言えば、
男子の技術科の内容と女子の家庭科の内容は、両性にとって必要だし、それを踏まえたうえで、今後の家庭教育をさらに充実させるという事で、新しいカリキュラム内容を増やしより発展的に家庭科を充実拡張するという方向を選択したということだと理解できると思います。

かつてのジェンダーロールだと、料理好きの男子は、家庭科を学べなかったし、工作の好きな女子は、料理や裁縫に無理やり興味の対象を固定化されたわけですから、それをふまえれば、良いのではないでしょうか。もっとも、
私の個人的感想では、教育しても料理嫌いの人は結局やらないし、そこはどうするの?って思うのですけど。。。

ユーザーID:8775231455
家庭科が必修科目なのはなぜ?#2
モルジブ(トピ主)
2012年4月9日 22:36

一部の(主に女性の)方々が熱烈な家庭科支持者であることはわかりました。

以下、家庭科の簡単な歴史です。

(1)戦後、家庭科は男女共通の選択科目として始まりました。中学は職業科の一部でした。高校家庭科は自由選択科目だったようです。

(2)理由はよくわかりませんが、家庭科教師組合が「家庭科を女子のみ必須にすること」を要求して男女別編成になりました。この結果、女子は技術・職業教育から締め出され、「男は仕事、女は家庭」の価値観が強化されました。

(3)女性差別撤廃条約に関連して、家庭科の女子のみ必須が女性差別ではないか、という疑問の声があがりました。女性の中に「男も家庭科をやらないのが悪い」と言い出す人たちが現れました。外務省の見解は「生徒が選択できればよい」でした。文部省は「男女別で問題なし」でした。後に政治的に「条約違反状態である」ことが決定されました。

(4)男女共修の影響で技術科の時間が大幅に削減され(小中高で315時間から88時間に激減)、男子も技術・職業教育の機会を奪われることになりました。

(5)家庭科の授業でキャリア教育と称する道徳教育が始まりました。


つづく

ユーザーID:3354727725
家庭科が必修科目になったのはなぜ?
モルジブ(トピ主)
2012年4月9日 22:38

そもそも家庭科は技術・職業教育の一部として男女共学の選択科目として導入されたものです。
技術・職業教育として家庭科を実施するのは世界的には普通のことで、日本のように良妻賢母教育や主婦・主夫教育として家庭科を実施している国はめずらしいのです。

食物や被服について学ぶ場合でも、それは職業教育を視野に入れたもので、低学年のうちは生活に関する内容を中心に学びますが、学年が進むにつれて職業生活への準備として生産に関わる内容を学習します。

これは就労対策として技術・職業教育が不可欠であるだけでなく、女子に対する科学・技術・職業教育の拡充が男女平等の促進に有効であると考えられているためで、女性差別撤廃条約にも同様の考え方が反映されています。

日本でも高等学校の家庭に関する学科や大学の家政学部では職業教育や専門教育を行っています。普通教育の家庭科だけが特殊なのです。

改めて質問させていただきます。

・戦後の民主化に抵抗して家庭科を女子のみ必修にした理由は何ですか?

・技術科を大幅に削減した人たちは本当に生徒のことを考えているのですか?

ユーザーID:3354727725
教育で必要なのは、反復と最新知識です。
マクロ
2012年4月10日 23:12

海外の大学で生物学の教員をしていますが、小学校や中学時代に当たり前に習ったことを、何となくしか覚えていない子は沢山います。

どの教科でも、小学生の授業で習うことと高等教育で習うことは範囲も違いますし、同じ内容でももっと掘り下げて追求しますよね。そして、どの分野にも10年前に事実として教えていた事柄が、現在は通用しない、間違っていることが証明された等あります。ライフスタイルや法律、医療知識の変化によって、育児、保育、食生活、金融、社会保障、性教育の常識だって変化します。家事は家庭での躾でどうにかなることもありますが、これらの知識はアップデートされている教科書から学ばなければいけません。

必要、不要を言えば、専門知識が必要でない教科はいくらでもあります。技術科知識だって家庭でパパに教えてもらう、体育は毎日の自主トレ、近所のスポーツサークル、部活に入るなど、個人で出来ることも多いでしょう。

私は反対に私立女子校で技術科などなかったので、夫は家事分担をしてくれるのに、DIY知識で劣る自分に不満ですけど、インターネットの時代ですから、自分で情報を得て対抗しています。

ユーザーID:8946568162
技術分野の時間も増やすべきですね
のの
2012年4月11日 9:22

自分に教育課程の知識がないことと主さんの家庭科への悪感情が目立って、
トピ文が理解しにくかったです。

技術家庭の男女必須は賛成ですが
小学校から高校までの教育課程でみると家庭科に偏っているのですね。

現在の技術科分野は、小学校・高校(普通科)にはなく、中学のみ必須であること。
職業高校には学科によって職業教育としての技術分野があるのですね。
また、中学校では技術分野は家庭科分野よりも少ないということでしょうか。

それに比べて、家庭科は小中高と必須科目になっているのですね。

技術分野も小学校、高校とも家庭科分野と技術分野と半々にした方がいいのではと思います。

私は技術科は習ってない年代の理系女ですが
技術科の金属加工、木材加工など興味津々で、授業受けてみたいですね。
男女とも職業教育に限らず基礎知識としても
技術科を習う価値は十分あると思います。

日本は理工系や技術者が評価されにくく、文系優位なため
理工系は粗末に扱われていると思います。
理科の時数が減らされたのと同じく
技術が減らされたのかもしれません。

ユーザーID:1697270390
逆に聞いていいですか?
六華
2012年4月11日 13:43

どうしてここまで家庭科に拘るのですか?

・全員必修から女子必修へ戻したい?
・女子が家庭科なら男子も技術を高校でさせろ?
・必要ないから教科から撤廃?
・必修から技術・家庭科のいづれかの選択必修へ?
・いっそどちらも選択科目に?

どういうお気持ちがあるのか測りかねてます。

あと「家庭科の教科・評価・教師」に何か恨みでも??

なんか嫌悪感され抱かれているような…

ユーザーID:1326288700
当事者ではないので推論ですが・・・
ピギー
2012年4月14日 0:01

1.女子のみ必修化について
時代を考えれば、女性が会社等で働くという環境が整備されていなかったというのが大きいと思います。
元は職業科だったようですが、その中で技術科で教える内容を女子に教えても将来使い道がない、それより主婦に必要な知識を教えるのが社会の実態に合っている(逆もまた然り)→男子は技術科・女子は家庭科となったのではないでしょうか。
「戦後の民主化」といっても社会全体が変わるには時間もかかったのでしょう。

2.技術科の削減
これは男女共修も要因の一つでしょうが、もう一つ「ゆとり教育」も大きな要因でしょう。
詰め込み教育への批判から、昭和56年の指導要領改定を皮切りに、改訂毎にほぼ全教科授業時数や内容は減らされています。
ただでさえ時数が減らされているところに男女共修で更に減。
今度の改定ではゆとり批判から時数は増えたのですが、増えたのは所謂5教科と保体。
ですから、文科省は職業教育を軽視しているとは言えますね。
TOEICスコアやPISAのようなテストで結果が出る類のものには熱心なのですが…。

ユーザーID:3212942447
ここでその質問をする目的は何?
くるくる
2012年4月14日 5:44

それだけご自分で家庭科の歴史、成り立ちを調べた上で、さらに深く知る為に、なんでここで質問するんですか?
ここは不特定多数の意見を聞くには向いてますが、あなたが知りたいのは、家庭科に関する正しい成り立ちなんですよね?近くの高校に出向いて家庭科研究会に所属してる先生にでも質問してきた方が早いですよ。

あなたがわざわざここでそれを聞きたいのはなぜですか?
何か主張したいことがあるんですか?

ここを読んでいるほとんどの人は、家庭科にそこまで思い入れ(疑問視したこと)はないと思いますよ。つまり、
「そんなこと、知らんがな」

ユーザーID:6969163626
よくわかりませんが
まるこ
2012年4月15日 18:14

日本家政学会の過去の学会誌や、中高の家庭科教科教育法のテキストの最初あたりにヒントが書かれているかも。
学習指導要領なども参考になりそうです。

こういうことを知りたいとき、私ならまずはネットでざっと調べて、次に昔から家庭科教師の養成で有名な大学(お茶の水女子大、奈良女子大など)の図書館に出かけて資料を探し(遠方なら図書館のデータベースで検索して取り寄せ)、そこからさらにその分野の研究を専門としていそうな先生や研究会をリストアップし、論文や書籍を読んでいくと思います。

少なくとも歴史的な背景などは、これでわかると思うのですが。

40歳代後半より上の技術科の先生に尋ねるのもいいかもしれませんね。実情や本音が聞けるかも。

カリキュラムの改正内容を調べていないのでよくわからないのですが、減らされた技術科の授業時間がそのまま家庭科に回されたのですか? たしか同時期にコンピュータ教育の導入も決まって、教員養成の必修科目に情報科が加えられたような気がします。

ユーザーID:2192264283
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(2)

現在位置は
です