嫁に関する法律を作ってくれ!!

レス129
(トピ主1
お気に入り237

家族・友人・人間関係

強過ぎる母

小町にあふれている嫁姑問題を見ると、
その主因のほとんどはお互いの距離感の違いじゃないかな〜と思います。
結婚した=「うちに嫁いだ」「うちの嫁になった」と考えるお姑さんの
多い事多い事。

かく言う私も姑とは不仲です。
以前姑と言い合いになった時、「あんたはうちに嫁いだのよ!!」
と言われ、「違いますよ」とせせら笑ってやりました。(私も性格悪いです・・)

でも、うちの希望とは言え結納金はなし、さらに式の費用折半・婚約指輪なし・共働き。
それでよく「嫁にもらった」などと言えるなと呆れ返りました。
自分達に都合の良いところだけを良いとこ取りして、嫁にもらったも何も
あったもんじゃないわ(怒)

結納はなしとか式の費用は折半とか、そう言うところはすぐに浸透したのに、
なぜ「嫁にもらう」とか「嫁ぐ」とかそう言う感覚は無くならないのでしょうね。

TVなどで「○○に嫁いだ」とか、そう言った番組をやっているのも
古い感覚がなくならない原因だと思います。
こうなったらいっそ、政府に嫁に関する法律を作ってもらいたい。

「結婚とはお互いが家を出て、新しい家庭を作る事」
「苗字は便宜上どちらかに合わせるだけで、その苗字を名乗る事によって
その家に入る事ではない」
「結婚は両家対等なもの」

今もそうであるはずなのですが、それを改めて法律として具体的に明記して
公布してもらいたい。
そして嫁ぐ・嫁に行くと言う言葉は差別用語として禁止してもらいたい。
もちろん、古い観念がそれによってすぐに一掃されるとは思ってないですけどね。

以上、嫁にもらわれたつもりなどさらさら無い肝っ玉母さんの嘆きでした。

ユーザーID:6029369513

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数129

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • マスオも禁止

    嫁!嫁!と書かれていますが、最近のリアルな風潮は、妻の実家にのみ夫までがベッタリになり挙げ句夫がマスオになり、夫の実家は疎遠にする、ということに変わっていると思います。

    嫁ぐ風潮を廃止にすることには賛成なので、同じように夫をマスオ扱いするのも廃止してくれないと平等になりません。

    そこもお願いしますね。

    ユーザーID:2522032464

  • 完全同意!!

    トピ主さん。本文を拝見して、ここ数日義理の家族間との
    諍いで怒りが頂点に達していた私は、お蔭様で少し溜飲が下がりました。

    本当にそうですよねー。
    私も結納なし式なし。
    せめて写真だけでも、と思って撮影した写真代も私持ち。
    挙句の果てに、今度行う親族との食事会の車代のことで
    揉めています。
    一銭も出してないくせに、口出ししないでーー!!
    私の身内の交通手段のことなんか、微塵も考えてくれてないくせに。

    けれど「●●家に嫁に来た人間」
    扱いはするんですよね。
    私はお宅の息子と結婚しただけであり、家と結婚したわけじゃ
    ありませんので。
    と常に思っています。

    法律作ってほしいです。
    トピ主さんが挙げてらした、三点だけで充分ですから。

    ユーザーID:5734873324

  • 実現性の是非はおいておいて、お気持ちはわかります

    この小町でも、「嫁ぎました」「嫁ぎます」と自分でいう人たちが案外多くてビックリです。
    まあ、長年の慣習を変えるのは難しい話ですからね。
    法律とまでいうとまた大いに噛み付いてくる御仁も多いでしょうが、そこまでいかなくても声を大にして言い続けていくしかないでしょうね。

    ただ一方で、まるっきり夫婦単位だけで生きていけるものでもないですし、家制度という話だけでなく、結婚すれば互いの親族とのお付き合いはどうしたって出てきます。
    こういうことを主張するのであれば、その主張なりに相手の実家も尊重してお付き合いしていかなくてはいけないと思っています。

    ユーザーID:0931200412

  • 賛成!

    「結婚とはお互いが家を出て、新しい家庭を作る事」
    「苗字は便宜上どちらかに合わせるだけで、その苗字を名乗る事によって
    その家に入る事ではない」

    大賛成です。

    「長男、次男、長女、次女、一人っ子、義父母、実父母の各家庭において、それぞれの家庭に対する責任は、それぞれの家庭にある。助け合うことは必要だが、あてにしてはイケナイ。」

    等もプラスして欲しいです。

    ユーザーID:1783848793

  • 分かります!

    里帰りするのも、姑の許可が必要
    子ども(乳児)を実家に連れて帰るのも姑の許可が必要

    金と手は出さないけれど口は出してくる姑・大姑にうんざりです。
    今と昔の考えは違うんだ!と言いたいです。


    嫁に干渉されたくないから同居はしたくないけれど
    自分の介護の為に敷地内に家を立てて欲しいと言ってきました。
    自分の介護ばかり心配して私の親はどうでも良いと・・・
    そんな姑にイライラです。


    「嫁にもらった」って・・
    私は姑や家となんて結婚してない!!!と怒鳴りたくなります。

    最近
    「兜とこいのぼりは女家が買うのが常識だ」と大姑に言われました。
    自分たちは金を出さず、嫁家には金をださせようとする行動にも腹が立ちました。
    あ〜嫌だ嫌だ。

    ユーザーID:7159296074

  • イヤだ

    たかが個人の嫁姑問題で法律なんてイヤだね。ピンからキリまであるこの問題は個々のケースバイケース。だから小町には愚痴が溢れるんでしょ。愚痴ならいくらでもどうぞ。だけど法律なんてとんでもない、ごめんだね。

    ユーザーID:7701550827

  • 確かに!

    法律で定めて貰えば理解しやすいですもんね〜。

    私の姑は、「嫁に貰った」ではなく「若い娘が出来た」と言われます。
    旦那には姉が二人いるのですが、既に40過ぎ…しかも姑同様気が強い!
    それに対し私は何の口ごたえもしない20代前半。
    「嫁いできた」というよりは「家族が増えた」感覚のような…?

    旦那の家族に入った覚えはないんですけどね。
    旦那と家族になっただけで。

    あと、「嫁」表記ではなく「妻」にして欲しいですよね〜。
    旦那の立場だったら「夫」ではなく「婿」ですもん。

    ユーザーID:9675681722

  • 激しく同意します!

    署名します!!
    法律作ってもらいましょう!!!

    ユーザーID:2427258325

  • 世知辛い…

    気の強い嫁だから、姑もつられるのでは?

    あなたも悪いと思うよ。

    ユーザーID:5548406739

  • 必要なのは法律ではなくて

    罰則だと思います。
    法律という観点からいくと、戸籍法(?)だとか何かしらによって
    すでに決まっているでしょう。
    トピ主さんの言うことを実現しようとすると必要なのは
    「嫁扱い」が侮辱罪に当たるとか、そういった罰則ではないでしょうか。

    ユーザーID:1256001754

  • 無駄な事

    無駄な事です

    法律を定めても、罰則規定を設けても、
    あなたたちは女同士で無駄な諍いを繰り返すのです。

    「言葉狩り」だけはやめて頂きたい。
    日本の歴史・文化・生活を紡いできた言葉を、消滅させる権利はあなた達には無い。
    敢えて言おう、ファシズムであると。

    ユーザーID:5182178990

  • 私も不思議でした。

    戦後大分経つのに世間ではまだまだ「女は夫の実家に入る(舅の戸籍に入る)」「嫁にやった・もらった」「長男は跡取り」という風潮。私の父も、兄が結婚して戸籍から名前がなくなって「長男の名前がない!」と物凄くビックリして、「嫁の実家へ養子に行ったのではないか!」と大騒ぎでした・・・(恥ずかしい)。

    私の夫が妻姓を名乗るといったときも大騒ぎ。「うちには長男(兄)がいるから、跡取りは2人も要らない!」と(恥)結婚したらどちらかの姓を名乗るだけ、嫁に行った、婿に貰ったなんて言葉はないと何度説得しても理解できないようで・・・もう放っておきました(呆)

    孫が5人いますが、もちろん兄の長男を特に可愛がっています。もう死んでも治らないと思います・・・

    幸い、兄の奥さんは現代感覚の女性で、「嫁ではありません」と宣言しており、あまりの衝撃に父はおとなしいです(笑)

    ユーザーID:6731585291

  • わかる!わかる!!

    うちは義親と不仲というほどではないですが、舅がすごく古い考えの人です。
    「君はうちに嫁にきたのだから」とか「嫁にきたのだから将来は頼むな」とかもうとにかく嫁嫁のオンパレード。義親宅から離れた場所にマンションを購入した際も「嫁なんだから、うちの近隣に住むのが当たり前だろう!」と言われ「嫁の自覚がない!」とお叱りも...。

    いつまで続くんでしょうかね。この風習って。
    世の中、色々便利なものが出来て、時代は進化しているのに、こういった風習だけは何故かなくならない。嫁は義親のメイドじゃねーよ!!と思ってしまいますね。
    将来、私も姑になる立場ですが、息子のお嫁さんになる人には絶対「嫁いできた」とか「うちの嫁」など言わないようにしなくちゃと思っています。

    ユーザーID:8239002894

  • あっぱれ!

    トピ主あっぱれですね!

    そうそう、結納してないのに嫁だの言うのって図々しい。

    私も意図的に結納はしませんでした。
    結婚資金はほとんど私が持ちました。
    でも、今は主人に食べさせてもらってます。

    何事もやるべきことをやって主張が当たり前。
    それがわからない残念な人もいるので、
    法律あると助かりますよねぇ。

    ユーザーID:2296610971

  • そう!

    激しく同意!!
    嫁ぐ、嫁に行く、貰うは差別用語として浸透してほしい!
    姑さん、今日も10日連絡しなかっただけでおこってました。
    あなたの息子は私の両親の電話番号さえしらないよ。
    それなのに私には期待するんですね。
    私は普通の姑にはならないと宣言してたけど、「嫁」であることを求めてきますよね。
    はあ‥‥名字変えなきゃよかった‥‥。
    ま、変えたくないといっても変えさせれたんですけどね。姑に。

    ユーザーID:7232015108

  • それは人それぞれの価値観で

    何が正しいということはないと思います。

    今時は、どの考え方が主流という言い方はあると思いますけど

    だから法律はナンセンスだと思います。

    ユーザーID:3549118982

  • 姑は、嫁のなれの果て

    姑は、嫁のなれの果てだと言うことに何故気付かないのでしょうか?
    今は嫁の気分ですが、もうすぐ息子が結婚すれば姑の気分になります。
    それだけのことです。

    そうならない人も居るでしょうが、そうならない人が少ないから
    嫁姑の関係がいつまでも変わらないのです。

    自分は、「姑よりも優れた嫁だ」と勘違いした嫁が
    自分は、「嫁よりも優れた姑だ」と思う姑になり
    ”嫁を貰う”のです。

    ユーザーID:4048894541

  • 法律を作らなくても

    それぞれで対応すればいいんです。

    わたしは還暦女。主さんの姑世代です。
    わたしたちが結婚した頃にはもう特別な場合を除き、結婚は家同士のものではなく
    本人同士のものでしたよ。

    わたしも結婚費用から何もかもほとんど私の親持ちだったこともあり、
    「嫁に行った」という意識を持ったことがありません。

    姑がさりげなく同居を持ちかけてきても、夫の仕事の都合やら何やら
    理由を作ってノラリクラリかわしてきました。

    要するにどんな相手であれ、自分の生活を守るためなら知恵を使って
    守るのです。

    わたしには結婚した息子たちがいますが同居するつもりはありません。
    何故同居したがるのか不思議です。
    お互いに気を使って疲れるばかりなのに。

    適度な距離と思いやりを持ってはじめて良い人間関係が保てると
    思うのですが。

    ユーザーID:9438963427

  • 法が庶民まで浸透するのに時間がかかる

    共感します。

    でも、まだまだ日本の多くの地域で、
    嫁が家業の担い手、次の世代を産み育てる役割と、
    双方が納得している場合もあると思います。

    小町でも、姑世代のほうが新しい考え方なのに、
    嫁の立場の人が、古い感覚で書き込んでいるのをみると、
    世代より、個人の価値観の違いのほうが大きいように思います。

    でも、本当に、テレビの特集などで、
    今の婚姻制度はこうです、嫁入りという制度はもうありません、
    と大々的にやってほしいものですね。

    ユーザーID:8037978250

  • 法律ではどうにもならない

    法的には、すでにそうなってるじゃないですか。

    なのに意識が変わらない人がいるのが問題なのだと思います。

    そして、年配の人が「古い」だけじゃないのが大きな問題だと思います。
    20代、30代の若い世代でも「嫁に行く・もらう」「婿を貰う」など家制度的思想を持つ方がまだまだいます。

    名字も、「妻が夫の姓を名乗る」が大半ですよね。
    本来はどちらでもいいけど、多くの人は夫の姓を選ぶ。
    個々の事情も色々あるだろうけど、多くは
    「女は嫁に行く、男は嫁を貰う」という考えが浸透してるのではと思います。
    そこまで露骨に考えてなくても「え〜名字は旦那さんの方になるもんでしょ」と思ってる人も結構いると思います。
    女の子の名付けですと、「結婚したら名字は変わるし‥」と普通に言われてます。

    人の意識は法律だけじゃ何ともならないと思います。

    ユーザーID:5208662045

  • うーん

    >結納はなしとか式の費用は折半とか、そう言うところはすぐに浸透したのに、
    >なぜ「嫁にもらう」とか「嫁ぐ」とかそう言う感覚は無くならないのでしょうね。

    そういう言葉を使う世代がまだ多く存命しているからでしょうかね。
    私は40代前半なのですが、まだたまに「お嫁にもらう」などと言ってしまいます(例:「従兄が若い女の子をお嫁にもらって…」)
    「嫁ぐ」は使わないのですが…。

    よく聞く話で、男性が彼女宅で「お嬢さんをお嫁にください!」と言ったらお父さんが「娘はモノじゃないからあげられないなあ」と言う話がありますよね。本当、物じゃないんだから、お嫁にもらうって変ですね。

    法律化は…無理でしょうねえ。
    法律つくってるほとんどが男性だし。

    子供が生まれたら
    ・将来妻(夫)を自分の実家に同居させようという考えを持たせないように
    ・自分の身の回りのことは自分でするように
    個々で自立心を持つよう教育してった方が早いかな。

    あと、親は自分の老後の準備は自分でしなきゃダメですね。
    お金も健康も自分で管理しないと。

    ユーザーID:0525682350

  • 同感です!!!

    私もそう思います。義母もそんな感じです。
    旦那側の親戚の集まりでは「長男さんのお嫁さんだから大変ね。次男さんのお嫁さんならいいわね」という会話が普通にされていますし、田舎なものでいまだに本家、分家、跡取り、婿養子、長男の嫁など今でも家制度があるかのごとく話が進んでいきます。
    もう家制度はとっくに廃止されてるの!
    と一括したいです。廃止されているのにどうしてこうなんでしょう。数年前「僕は長男だから卒業したら地元にかえる」といっていた男性もいました。洗脳されているのでしょうか。

    トピ主さんの、せせら笑ってやりましたのところ胸がスカッとしました(笑)その強さ最高です

    ユーザーID:3220292469

  • 今が過渡期

    私たちは子どもたちにそんな風な考え方を教えてないし、次の世代には嫁は婚家のものなんて思想、ほとんどなくなってるでしょう。

    とはいえ完全には中々無くならないでしょうが…なぜかというと夫の兄嫁さん(40代)がなぜかこの長男思考のようで、お姑さんにつくしています。尽くすのは個人の考えなので問題ないんですが、具合の悪い実両親さんを今は優先したらいいのに…と思っているもので。
    それを見ている姪っ子もそれが当たり前だと思っている可能性があると思いました。
    だとしても少数派に間違いはないでしょうけどね。

    ユーザーID:1805063021

  • そうですよね

    よくわかります。
    でも、なぜ、えっ、と思うのです。
    私は姑ではありませんが嫁時代にいびられ苦しんだ同年代の人たちが
    今はりっぱな姑振りを小町で披露しています。
    きっと息子を持つ母親は恋敵の女が現れると
    般若と化してしまうのでしょうか。
    嫁姑問題は永遠なれですかね。

    ユーザーID:7547504655

  • 大賛成!

    本当だよ!
    署名集めて国に掛け合いたいくらい!!

    ユーザーID:8434424240

  • 大賛成!1票入れます!!!

    強過ぎる母さんと同じ想いです。

    嫁 = 姑(舅)の専属家政婦だという自己中心的思考回路のお姑さん(お舅)の多い事多い事。

    (人として尊敬できる素敵なお姑様も中にはいらっしゃいます。全ての方を指してはおりませんので。)

    法律で長男(男子)が家督相続する時代を体験していないのに、長男跡取り伝説(風習)は今も色濃く、、、
    会社員がほとんどの世の中で、一体何を継ぐのでしょうか??

    先日のことです。私の話ですみませんが手短に書きます。
    舅に「あなたは僕の所に嫁いできたのだから、○○家の嫁にきたのだから黙って従えー!」と、理不尽なことで怒鳴られた私。
    『私は○○家に嫁いだ覚えは一切ございません!』ついに言ってやりました。義両親とは7年間いろいろあって、もう我慢の限界でしたから本当にスッキリしました〜〜〜

    嫁ぐとか嫁にとかいう言葉や漢字は、私の頭の中の辞書には存在しないものでしたから、未だ古語辞典に移動してないのが不思議です(笑)

    ついでに嫁イビリは刑罰化・厳罰化してほしいものです。
    いじめは犯罪です!!!

    ユーザーID:3503786268

  • 同感!

    トピ主さんがそういう法律作る運動してくれたら是非とも協力したいです。

    我が家も似たような状況です。
    結納なし、仲人なしの費用折半でした。
    うちの義理親は2人とも教師で共働きを続けていて、男女同権とか、平等公平を声高に言っていた人たちなので、私も結婚するまではてっきりそういう考えが徹底した人たちなのだとばかり…。

    しかし本音は
    「家事育児は嫁がやるのが当然」
    「嫁のくせに夫に意見するのは生意気」
    「女は男に従っていればいい」
    「うちに嫁に来た以上は、うちのやり方に従うのが当前」でしたよ。

    見事なまでにダブルスタンダードでした。

    >「結婚とはお互いが家を出て、新しい家庭を作る事」
    >「苗字は便宜上どちらかに合わせるだけで、その苗字を名乗る事によって
    >その家に入る事ではない」
    >「結婚は両家対等なもの」

    あと、介護のことも。
    息子の妻は他人なんだから、介護を手伝って貰う場合は、人を雇うのと同じだけの報酬を払わなければならない。

    ものすごく当たり前のことだけど、守られていないことが多いので明文化して欲しいです。

    ユーザーID:8173662887

  • もらわれたつもりはないんだけどね

    「結納」と言う物が、なんだか結納金というお金で買われるみたいな感覚で
    嫌だったので、自分から申し出て、なしにしてもらいました。
    なので、まったく「嫁に行った」つもりはないんだけど
    むこう(姑、小姑)はそう思っていないから始末が悪い。

    姓が夫の姓だから、嫁にもらったと思ってしまうんですよね。

    ならば、いっそのこと、役所の窓口にサイコロでも、クジでも置いといて
    それでどちらかの姓を選択するシステムにしてくれ、って真面目に思っちゃいます。

    ユーザーID:9858533006

  • だったら

    姑や小姑っていう言い方もやめないとね。
    後、実の両親もご主人の負担にならないように、義理の両親と同じくらい疎遠にしないと。

    ユーザーID:2549135172

  • へぇ〜

    戸籍法って法律じゃないんだ?
    (第16条:婚姻の届出があつたときは、夫婦について新戸籍を編製する)

    民法って法律じゃないんだ?
    (第750条:夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する)

    トピ主および同意している人って、どこの国の制度について言ってるの?

    ユーザーID:1614001821

レス求!トピ一覧