• ホーム
  • ひと
  • 「育ちの悪さはにじみ出る」ってどういう意味ですか?

「育ちの悪さはにじみ出る」ってどういう意味ですか?

レス115
(トピ主3
お気に入り473

家族・友人・人間関係

華子

レス

レス数115

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うん

    主さんも友達も正しい事言ってる気がするけど。

    まぁ親だけじゃなくて学校とか友達とか環境に左右されるから絶対とは言えないけど友達の言ってる育ちのいい子って主さんの言ってる部分に結構当てはまるよ。まぁ確率論だけど。

    自立する人間を育てるにはある程度愛情という投資が必要ってことでしょ?

    ユーザーID:9837063233

  • トピ主です

    みなさん、引きつづきご意見ありがとうございます。

    確かに、よたろうさんやもてこさんがご指摘されるような、最低限のマナーというか、モラル、社会性の身についていない方には「育ちが悪い」という印象を受けてしまいますね。

    また、ぷーすかさんがおっしゃるとおり、「好き嫌いの多いひと」というご意見には大きく納得です。そういえばそうですね・・・。やたら食べ物でも対人関係でも、「嫌い」が多いひとは、「育ちが悪い」にあてはまってしまうのかも。私の職場にもひとり、社内のほとんどのひとを「嫌い」と言い切って、「信用出来ない」「意地が悪い」などコキおろす女性がいるのですが、私が彼女に感じている違和感は、「育ちの悪さ」と言い換えられるような気がしてきました。

    ごごのコーヒーさん、私の親友の意見にご賛同下さり、有難うございます。自分が尊敬する人物を肯定いただけたと、きっと親友が喜びますので、こちらのトピを印刷して彼女に見せようと思います!もちろん、他のみなさんからのご意見も全て大いに参考になりますので、彼女とじっくり読ませていただきます。

    引きつづきご意見をお聞かせ下さいね。

    ユーザーID:9824196611

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 下ばかり見ている

    育ちのよい人は下を見ない。

    底辺から這い上がろうとか、他人を蹴落とそうとか、あの人に比べたら私はまだましとか、下と比べない。
    ハングリー精神は育ちの悪さの証。精神状態がギリギリの状態でいる人は育ちが悪い。

    育ちのよい人は目の前や上をみて生きている人。

    ユーザーID:2188626908

  • 2度目です

    私がトピ主さんのお友だちの言っている事に少々違和感があるのは
    「愛情をたっぷりかけて育てられた」は「育った環境が良い」とか「親の教育が良い」とかの部類かな、と感じるので。

    私は相手が育ちが良いにしても悪いにしても、それをあまり「良い意味」で使わない気がします。
    それこそ、イヤミっぽく
    「お育ちがいいからね〜」とか「やっぱり、育ちが悪いから」とか。

    さらに、誰かを「育ちが良い」と褒める時、そこには純粋な感嘆もあるかもしれませんがもしかしたら自分に対する卑屈な思いもあるかもしれないと思います。
    羨望とか妬みみたいなものかもしれません。
    「やっぱり、私たちとは違うのね」とか「所詮私は庶民だから」みたいな。

    育ちが良いより品格があるの方が素直な褒め言葉の気がします。

    ユーザーID:1974537886

  • アラン・ドロン

    トピのタイトルでパッと思いついたのは俳優のアラン・ドロンの逸話です。

    どれほど完璧にテーブルマナーを身に付けても、本当の上流社会出身ではなかった彼は貴族の役を演じきれなかったと。

    所作に本来の育ちが透けて見えるんですね。

    ユーザーID:2525840233

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 自制できる心

    育ちの善し悪しは、自己の抑制力に現れるのではないでしょうか。
    自分を抑えられる人、「お先にどうぞ」という冷静な姿勢が「育ちの良さ」として映るように思います。

    以前は、「個性的」であるとか、「自己アピール」が達者であることが求められていましたが、自分を主張することを優先する個性的な人が疎まれはじめてから、世間では突然「品格」が重要視されるようになりました。
    企業がやたらに「コミュニケーション能力」を気にし始めたのも同じころですね。

    欧米の厳しい市場では、えげつなくても競争に負けないことが大事ですが、日本の社会は、他者との足並みに重きがおかれているので、世間では「他人と間合いをとって適度に譲りながら前へ進む」人が「育ちの良い人」として受け入れられているように思います。

    ユーザーID:2259127086

  • 地域差があるのかな?

    私の住んでいる地域でも、「育ちの良い」と言う表現をよく使います。


    ほぼ純粋に誉め言葉ですね。


    「育ちの良い」子のほとんどは、やはり裕福な家庭の子が多いですが、裕福な家庭の子だからと言って、「育ちの良い」子とは限りませんね。


    文化の差が感じられて、面白いトピになりましたね。

    ユーザーID:7512950684

  • 愛情だけではないですよね

    愛情いっぱいに育てられることは、良いことだと思いますが、
    愛情いっぱいでも、甘やかしていたら、育ちが悪いと言われるような子に
    なる可能性もあるでしょう。

    私のイメージは、トピ主さんと近いですが、
    加えて最重要だと思うのは、清潔感とか、食べ方の所作、言葉遣いでしょうか。
    結局、“育ち”ってすごく生理的な根源的な印象のこと様な気がします。
    それらは、マナーでもあるんですけど、
    育ちがいい人というのは、それをマナーとも意識せずに
    自然にできるようになる生活環境で育った、ということだと思います。

    性格的なことでいえば、
    卑屈じゃない、というひと言につきるかな。

    ユーザーID:3232741737

  • ビックリしました

    知人の食生活に唖然としました。

    ご飯のときにジュース飲むんだ・・・とか。
    朝からクリームたっぷりの菓子パンとジュースなんだ・・・とか。
    お魚や野菜が食べられないんだ・・・とか。

    また、折り目折り目での挨拶もきちんとできませんし、
    学歴が高い割に一般常識を知りません。

    お気を悪くされる方がいれば申し訳ないのですが、
    その同僚はご両親が離婚しています。

    性格は悪くないですし、しっかりした学歴ももっていますし、
    お母様は頑張って育てられたのだと思います。

    が、お仕事などに必死で、
    食事やしつけがおそろかになってしまったのでしょうか。

    人様を見て「育ちが悪い」と初めて思いました。

    ユーザーID:3615189969

  • メッキがはげてるよ〜という時に使うかな

    育ちの良し悪しを「上品・洗練されている」という前提で話をしているのであれば…

    そもそも「生まれ育った環境が悪い」から駄目とはおもってません。人間性を評価するときはそれよりもまず「性根」の方を優先しますので、いわゆる「生まれ育った環境が悪い」と言われるような人でも性根がよければ良しと思ってますし。

    ただ、良家の子女ですよ〜という風にふるまっている人で、本当にそういう育ちをしてきた人と、取り繕っている人とではやっぱり「にじみ出るなにか」が違っていて、メッキ禿げてますよ、と思う人に対してはそういうセリフが出ますね。

    >他人の悪口や愚痴を極力言わない、ウワサ話をしない

    私は↑をする人も度を過ぎなければそんなに嫌いじゃないのですが、「私はしないのよ」と言いながら実はやっているのに気付かない人よりは、「しない」なんて言わない人の方が印象良いですね。

    トピ主さんの挙げる例を満たしている人は素晴らしいけれど素でソレが出来る人は滅多に居ないし、いくつか出来ない部分があってそこを欠点と認めて気にかけている人の方が、私は人間味があって好きです。

    ユーザーID:6264046527

  • トピ主様がおっしゃるように

    私もトピ主様と同じく、お金を含めて自分のことは自分で、ということが身についている人が
    育ちがいいな、と思います
    また私が思うには、すぐ流行に飛びつかない人です
    基本的に自分のセンスや趣味を流行に関係なく持っている人
    成金趣味を感じさせない上品さを身につけている人
    会話や教養などでわかります
    またレスにもありましたが親の愛情を受けて育つのはいいですが
    過保護や甘やかしにならないことです
    実家の裕福さを鼻にかけて結婚相手を見下すような大人はお育ちが悪い部類になります
    カストロやチェゲバラを引き合いに出すなんてお友達は相当な知識人でしかも読みが深いですね
    確かに二人とも上流階級出身で、ゲバラは医師ですし革命家にしてはがつがつしていないですものね
    お育ちがいい人は残酷性がない穏やかさがありますよね
    経済的な面はあまり関係ないと思います
    両親がいない人でも独学で勉強した人はマナーもとても上品です
    しかし両親に甘やかされまくって育った人は色んな意味でお育ちが良くないです

    ユーザーID:3302684839

  • 欲望(物欲)丸出し

    自分のお金で物を買ったり、食事代を払うならいい。
    おごってもらう・タダで欲しいと、さもしさ満々の人。
    たかる気質で、他部署にきた手土産まで貰いに行く。
    自分からは出さないけど、要求は人一倍。
    会社にいました。もう定年になった女性だけどね。

    ユーザーID:9901616171

  • トピ主です

    みなさん、ご意見ありがとうございます。たいへん考えさせられます・・・

    静の十字星さん、「楽しいトピになった」と言っていただけて、嬉しいです。有難うございます(トピを立ち上げてみて良かった♪)。

    田舎のおっさんさんのご意見には、特に深く考えさせられています。そうですか、ゲバラやカストロという人たちは、「ひとに与えるのが当たり前」という「利他的」な人たちなのですか。私は親友と違って、別に彼らのことはよく知りません。これを機会に、本でも読んでみて、どんなことをしたひとたちなのか、勉強してみようと思います。もちろん、親友にも尋ねてみますね。

    あ、そうそう。親友は、レディー・ガガが何かするたび、「育ちが良いから」と言ってます。そ、そうなのかな・・・?

    みなさん、引きつづきご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

    ユーザーID:9824196611

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ああ、私かも・・・

    育ちの悪そうな人とは

    箸の持ち方がおかしい
    早口
    猫背
    家では言葉遣いが汚い
    基本的なマナーに欠ける
    髪がボサボサだったり、服に皺がよっていたり等身だしなみがなっていない

    これ全部私です(汗)
    実家の親は共働きで、全く躾してもらってないし、家族の言葉遣いも汚かったです。

    周囲で「育ちがいいな」と思った人は・・・

    幼稚園前から家族でホテルにお食事に行くという名家のご子息と
    フレンチディナーをご一緒した時、ナイフとフォークのさばき方、身のこなしが綺麗なのにため息が出ました。

    大学教授のお嬢様。身なりは地味ですが控えめで上品。人柄に嫌味がなく、言葉や文章も綺麗ですが気取らず自然。
    噂話や愚痴などはなく話題もさらっとしていて、人付き合いも「君子の交わり淡き水のごとし」という感じです。

    ユーザーID:7624712169

  • 私が見た育ちの悪そうな人…

    以前食品工場で少しアルバイトをしました。

    敬語を使わない、親くらいの年齢の目上の人と雑談をしていても「はあ〜?なにいってんの〜」などと言うびっくりな20代半ばの女性社員がいました。
    本人は楽しく雑談してるから構わないとすら思ってないのでしょうね。

    極めつけは、食品の入った番重(コンビニなどでも使ってる、お弁当やパンなんかを運ぶのに使うプラスチックの通箱)を足でけって移動させてました。

    育ちのいい人はこういうことしない、と思った一瞬です。

    ユーザーID:4106179431

  • 同じ兄弟でも

    長男の夫と次男の義弟は何故か全然違います
    夫は食事の仕方も綺麗、人前でお金の話をしない
    普通に上品で常識的なのですが
    義弟は会うと必ずお金の話をしてくる(自分のボーナスの自慢話
    あと私たちの生活ぶりも気になるようです)
    食事も好きな物だけ異様な速さでガツガツと食べる
    (義母の手伝いをしていたら私の分が無くなるくらいの勢い)
    同じ育てられ方をしてもこんなに違うのね、と毎年帰省するたび驚きます

    以前働いていた時の先輩です
    私よりはるかに育ちが良さそうな家庭環境の方でしたが
    口を開けば愚痴、人の悪口しか出てこなくて
    ゲンナリした覚えがあります

    ユーザーID:3215396302

  • 氏より育ち

    義理の母を見ていて、育ちが良いなあ、と思うのです。

    謙虚で、言葉が綺麗で、相手や周囲に好ましい印象を与える言葉を選んで話します。
    人に不快感を与えたり、傷つけたり、嫌な思いをさせるような言葉を発したことがありません。
    所作物腰は、おっとりとして、やさしく、しとやかです。
    もちろん、食事のマナーも。
    ほんのちいさなこと、ささいなことをも、喜び、感謝してくれます。
    様々なひとと、様々な分野で話しを合わせられます。
    日本の伝統芸能から、政治経済、芸能人のゴシップ、美術、旅行、音楽etc

    そんな義母は、生活保護世帯の家庭に育ち、最終学歴は中卒です。
    男の子を切望していた親に、疎まれて育ったそうです。

    対して、わたしの母は、中学校から大学(当時短大)まで、私学のお嬢様学校(地元)でした。
    母の実家、親族は、そこそこに資産があります。
    子供の頃から「ホテルのフランス料理屋で食事」が当たり前だったそうです。

    そんな母ですが、箸の持ち方を知りません。
    平気で、人の悪口を言い見下し、嘲ります。言葉が汚いです。
    人がしたことを、すべて悪意にとり、非難してきます

    ユーザーID:2735084073

  • それを言った人の育ちも出る魔法の言葉

    育ちの善し悪しの基準は千差万別です。

    家柄、家系の事だったり、施された教育や教養の水準だったりと、親や親族の資質や行動を問題にしていることもありますし、本人の精神的成長だったり学力の向上だったりする場合もあります。
    対象が親族なのか本人なのか、見ているものは表層的なことなのか中身なのか、表層だとしてそれは何なのか、中身とは何なのか。

    語っている人の人間観や人生観が滲み出てくる言葉なんです。
    どこを見てその言葉を発したかによって、その人が実は血統主義者や民族差別主義者だったり、学歴至上主義だったり、人間性を重んじている人だったりと、その違いが透けて見えてしまう。

    他者を批評、裁定する言葉を発すると、その批評、裁定する基準、視点を通して自らが批評、裁定される。
    そういうよくある形式の一つです。
    言葉だけ取り出しても意味はありません。文脈が大事です。

    ユーザーID:4086464242

  • そうですね…

    育ちの善し悪しが「にじみ出る」のは
    ふとした時に本人の意思に関わらず、
    本人の素性が出るものだと思います。

    例えば、上品を心がけている人が
    (心がけているのが見えている時点で「にじみ出ちゃって」いますが)
    誰かの弱みを知って優越感に浸り、ほくそ笑んでいたり、
    他人の幸せを祝福できないで不機嫌でいるとか、見かけます。

    逆にあまりパッとしないんだけど、
    何か居心地の良さを感じる人が、
    家庭の管理の仕方や人付き合いの面で賢さがあったり
    子どもに対するポリシーや哲学を持っていて
    なるほど彼女はこういう人だったか、とハッとさせられることもあります。

    ユーザーID:4121583619

  • 育ち=躾

    通りすがりの猫さんが書いておられることに大体同意です。
    育ち=裕福さではないと思います。

    以前、そこそこ裕福だと言う家庭の子を家にお招きした所、
    家の中を点検するように歩き回ってじろじろと見て回り、
    家主に断らずにあちこち引き出しを開けてみたり、勝手に物に触ったり、
    無断で本やCDを取り出したりする様子を見て唖然とした事があります。
    そのことのみならず、その子は他に男の人もいるのにタンクトップ1枚で
    人前で化粧をし始めました。
    「恥」という意識を持っていないのだと思いました。
    その子の振る舞いを見て、
    「ご家庭でろくな躾をされなかったんだろうなあ」と鬱欝とした気分になりました。
    でも、その子は普段はそんな下品な振る舞いをするようにはまるで見えなかったのです。
    逆に、人の家に招かれてもあちこち歩き回ったりせずに通された場所に
    きちんと座っている人を見ると、それだけで
    「きっとこの子はいいご両親に育てられたんだな」と思えます。
    普段の日常に親の躾は現れます。
    マナーや常識を無意識に守れる=躾が身に付いている人が、上品な人に見えるのではないかと
    思いました。
    自分でも気をつけたいことです。

    ユーザーID:5312156043

  • お友達に同意です

    お嬢様学校卒の裕福な同僚がたくさんいましたが、不思議なことに8割方育ちがいいようには見えませんでした。

    この人、何となく育ちがいいな…と思う人は、よく聞いてみるとご両親の仲がよい普通かそれより少しいい家庭の人が多かったです。

    私が見て育ちが悪いな〜と思う人は、職場で人が見ている時とそうではない時の態度が違う人です。

    例えば店長がいない時、お店の物を食べちゃう子とか。
    食器の漂白をしていたら「他人の使うものなんて、適当に洗えばいいのに」って言う人とか。
    自分がこうすることによって、人が困るという思考ができないというか、自分本位な考え方しかできない人でしょうか。

    マナーや教養や悪口言わないとかは、自立とかは努力でどうにかなるんですが、こういった思考パターンって、ある程度に年齢になるともう変えるのは至難の業だと思います。

    ユーザーID:8038241682

  • 今よりも

    もっとはっきりとした区別があった時代に、自分が属する集合体を守りたいがために「育ち」とか「お里」等といったのだと思います。それが高度成長期になりわずかな差異に一喜一憂する主婦たちが「育ち」「お里」と口にするようになってから変わったのではないでしょうか。

    現代においては頻繁にそういったフレーズを用いる人には要注意といったところでしょうか。経済状態やマナー、躾といったものに絡めて育ち云々を言う人がいたら、知性の低い人かその人自身が重大な問題を抱えていると思って間違いないと思います。

    いずれにしても庶民の話であって、庶民ではない人たちにとって育ち等どうでもいい事武器にもならないといった感じだと思います。一昔前までは庶民の娘にとって処女性を守ることが結婚の最大の武器でしたがそれと似ているかもしれません。

    ユーザーID:7487772848

  • 美しい日本語

     私は、その人の話す言葉によって、育ちのよさを感じます。流行語を乱発せず、語彙が豊富で、正統的で美しい日本語を使う人を見ると、「このひと育ちがいい」と感じます。

     逆にいくら血筋がよくても、お金持ちの家に生まれても、貧弱な表現しか出来ない人には育ちのよさを感じません。その意味でDAIGOなんか失格です。
     トピ主さんのあげられている条件に反対ではないけど、必要・十分だとは思いません。

    ユーザーID:7927788996

  • 育ちの良さはにじみ出るが悪さは感じるもの

    育ちの定義は皆さんが一生懸命に考えていらっしゃいますがそもそも育ちの悪さと言う定義は無いと思います。
    誤用でしょう!

    育ちの良さがあり、育ちの良さ悪さはその対語として現れたものでしょう。従って育ちの悪さだけでは主語にはならないと思いますよ。

    英語では血統種のことでそう言う環境で育った種族と言う意味でしょうね。

    ユーザーID:7432466692

  • みりんさん、ペンペン草さんに同意

     「育ちの良さ悪さ」等を云々すること自体人間性を疑います。

     たとえ欲深く、卑しいとしてもそれは、貧しいことと関係なく、裕福であったとしてもそういう方はたくさんいます。
     
     よく、そういう会話を耳にする事がありますが、単に上から目線の意地悪い言い方にしか聞こえません。

    ユーザーID:5243427391

  • うーん

    育ちのいい人は口に出さないだけで心の中では分けてますよ
    表面上はわからないように当たり障りない付き合い方をして一線を引いてますね
    だって波長が合わないのは仕方がないですもんね

    ユーザーID:9689640062

  • 義兄

    姉の旦那さんは販売職なのですが、女性が圧倒的に多い職場だそうです。
    義兄が言うには、褒める事も特に無く・叱責する事も無い非常に没個性の人が居るそうです。 

    でも立場上は偶には褒めないといけない時に「○○さんは育ちが良いのが分かるよ」と褒めるらしいです。
    職場に敵を作る様な非常識な行動もしない・仕事は目立たないがルーチンワークを間違わない・礼儀を心得ている。
    悪く言えば平凡女王、良く言えば控えめな人を褒める言葉と言っていました。

    正直、これを聞いた時は内心で落ち込みました。
    「育ちが良さそう」は、昔から私が目上の方に何度か言われた言葉でしたから・・・。

    それ以来、育ちが良いと言われても疑い深くなりました。

    ユーザーID:2173565032

  • 旅行とお宅訪問

    なんかすごく難しく考えてるんだなーって思いました。

    育ちのいい人悪い人は、旅行行ったり家にあげてもらうとわかるかも。
    食事の時間が適当な人や、食事の仕方が汚い人は、親が子供に手間かけてない証拠です。
    インテリアや持っている物、整頓の仕方などを見ると、そういう家で育ったんだろうなってだいたい推測できます。

    ユーザーID:5173498786

  • 最終的に人の善意を信じてる人

    信じやすいとか馬鹿正直という意味ではなく
    根っこのところで人の善意やいいところを信じる人って育ちがいいんだろうなと思います。
    逆にいくらお上品にしてても根が疑り深い人は結局自分が同じ穴のムジナなんだろうなと感じます。

    そういう意味でよその人に育ちがいいだの、悪いだの、ジャッジする人は育ちが悪いと思います。

    ユーザーID:6752727681

  • 育ちのいい人

    私の周りの会話でも、育ちのよさがにじみ出る人の話ししか出ませんね。あえて、育ちの悪さといえば、にじみ出るものではなく丸出しになるのではないでしょうか?ボロがでる、とか、お里が知れる、なんて表現なら耳にします。

    育ちのいい人はやはり経済的に余裕のある家庭出身であることが多いですね。知り合いに、ホテルでのバイト的な仕事から、そこの女将にまで取り立てられた人がいます。たまたま仕事ぶりを目にした社長さんがスカウトされたそうです。やはり地元の名士のお嬢さんだそうで、学歴とかはそれほど目立ちませんが、しゃべり方、物腰に育ちのよさが表れています。

    そういう私は田舎の貧乏農家出身で、生まれついた育ちのよさとは無縁のはずですが、あまりボロは出していないそうです(友人談)。

    ユーザーID:5358025732

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧