銀行員の定年後

レス9
(トピ主1
お気に入り112

家族・友人・人間関係

りんご

夫30歳、妻31歳、共働き夫婦です。
国立難関大大学院卒業し、
夫は大手都銀(本社勤務)、私はIT企業勤務、ともに正社員です。

年収はそれぞれ、夫が今年からおそらく900万、私は860万ですが、
私が産休中のため、来年復帰しても年収は減ると思います。

銀行員は定年が早いことが気になっています。
ですが、実際に話を聞ける方が身近にいないため、
例えば55歳などで出向などとなった場合にどのような生活をされているのか知りたいです。
(年収や生活費など)

出来れば私も定年まで勤めたい(夫が転勤になれば休職するなど)とは思ってます。

夫は、住宅ローンの繰上げ返済や貯金をなるべく早めにしないと、
銀行員は定年が早いから不安があるといっていますが、
そんなに(そこまで)不安定なのでしょうか。

また、住宅ローンは6000万弱の家を購入し、
これから返済予定です。

以上、よろしくお願いいたします。

ユーザーID:4621169815

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 出向中は原籍会社の給与です

    私は銀行員ではないので、銀行では55歳で出向となるのか知りませんが、出向というのは、原籍の会社(銀行)に籍がある状態で他社で働くことなので、給与は原籍の会社のままです。
    出向=定年退職ではありません。

    それが「転籍」となると、原籍会社を退職して転籍先の会社に勤めることになるので、転籍会社の給与となります。

    旦那様の銀行の規定はわかりませんが、大手企業ならば普通は、転籍となる時点で、定年退職と同等の退職金が支給され且つ将来の企業年金の受給権も発生する、という
    建てつけになっているものと思われます。

    心配ならば一度会社の制度をよく調べた方がいいですね。

    ただ、30歳前後で、大手企業で共働きで、転職の予定もない状態で、55歳になった時のことを今から心配しなくてもよいのではないでしょうか。

    満額の退職金と将来の企業年金の権利を得て55歳で銀行を退職し、転籍先まで用意してもらえて、激務からは解放され、パートナーも働いていて収入があるという状態なら金銭的には心配はそんなにいらないと思います。

    心身ともに元気な状態で、シニア世代に突入できたらの話ですけど。

    ユーザーID:8247408802

  • 再雇用制度がありそうですが

    叔父が地銀におりますが、再雇用制度があって希望すれば70歳?まで働けるようです。
    すみませんが年齢はうろ覚えなので、本当に70歳までかはわかりません。
    お勤めの銀行に確認してみてはいかがですか?

    まだ30歳でそれだけ年収がおありになるのに定年後の心配をなさるんですね。
    ちょっと驚きました。
    我が家がのんびりしすぎなのかもしれませんけれど。

    ユーザーID:0291910816

  • 父が都市銀行銀行員でした

    定年は55歳、三社くらいを転々と出向し今年で60歳。まだ嘱託で働くみたいです。年収は出向してから結構下がったみたいですよ。私の主人の年収の半分と言ってましたから。

    ちなみに私達は夫婦で総合商社勤務。主人29歳で年収1600万(単身駐在中)と私28歳850万です。家は8000万のマンションを買いましたがローン自体は3800万です。

    ローンはいくらくらい借りましたか?年収が下がるといってもローンがなければ大丈夫そうです。

    ユーザーID:0092115729

  • 友達の息子さんですが

    理系で銀行員になった変わり者ですが、在職中からコンピューターのスキルを積み(時代でしたが)その関係の仕事に転職しました、部下が70人ほどだそうで、それなりの地位なのでしょう、
    せっかく難関大学を出たのなら、経営を修めて「社長」を目指しては如何ですか、
    大切な事は将来必要になるであろうスキルを習得することです、これが難しい、
    一寸先は闇です、大会社といえども、無事で無いのは今みんな判りました、
    将来ニーズが増加しそうな仕事を目指しましょう、
    難関大学を卒業された、と言う事はその事自体大変な財産です、年数がたつにつれてお友達も出世していきます、そのネットワークも有効にやくだてましょう、万事慎重に事故を起こさないようにいきましょう、お幸せに。

    ユーザーID:9835828440

  • 金融機関によって違いはあるとは思いますが。

    某メガバンク。

    合併と支店の統廃合で人があまって、どんどん放出。
    (子会社や関連企業へ出向、転籍の嵐。当然収入下がります)

    出向先や転籍先にも限りがありますので、イヤガラセかと思うほど遠い地域に転勤させるというワザもあり。
    地方から地方へと引きずり回すのが効果的。

    移動を断れば、窓際どころか別部屋へ。
    (不要な人ばかりを集めた、一日座っているだけという拷問部署です)

    同期と一緒に昇進できないと、その瞬間居づらくなるのはダントツ。
    (以前は「昇進出来ない=退職」でしたが不景気でしがみつく人増えました)

    金融機関は、認められて順調に昇進しているうちはいいのですが、基本あまり安心して働いていられる居心地の良い職場とはいえませんね。

    ストレスで心身を壊す人も多いです。

    55歳どころか35を超えたあたりから分かれ道がやってきます。定年が早いどころか、定年までたどり着くことすら、なかなか難しいと覚悟して生活設計しておいた方がいいですよ。

    ユーザーID:3456665330

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • リアルな話・・・・・1

    元銀行員 57歳です。
    私の場合は 50歳で 銀行から斡旋された取引先へ出向
    53歳で転籍 今に至ります。

    わたしは メガバンクのうちの一つにおりました。
    在籍している銀行、そして ご主人の出世具合で 銀行員の懐具合は
    天地ほどに異なります。ですから 一般論はありません。

    出向も 私の場合は上記のとおりですが 早い人では 45歳ぐらいから始まります。
    昇格も 新幹線と 鈍行列車があります。鈍行の最たるものは 一生ヒラです。
    この場合 年収6百万円で止まりますが、そのかわり 60歳まで銀行にいることができます。
    ただし 最速の課長代理は32歳ですから 自分の子供のような年齢の上司に 怒鳴り散らされることになります。

    一方 最速の昇進と年収を例示しておけば(あくまで 私のいた銀行の例です、当然銀行によって全く異なります)
    課長代理 32歳 1000万円
    課長 35歳 1200万円
    副支店長 37歳 1400万円
    支店長 40歳 1600万円 です。
    続きます。

    ユーザーID:9547211833

  • リアルな話・・・・2

    続きます

    さて 仮にあなたのご主人が 無事に出世して 課長にはなりました。
    だとしても 銀行は どうあっても 47歳前後から 出向転籍の雰囲気が漂い始めます。
    1.勤続25周年の研修・・・・ 転籍後の経済状態に関することが中心で 覚悟を求めてきます。
    2.人事部からの呼び出し
    3.転籍の希望を書面で提出など
    また 数年上の先輩の転籍話や 送別会などがあり 徐々に真綿で首を絞められます。

    そして ある日 人事部から呼び出されます。
    転籍打診です。銀行員で 人事に逆らう勇気のある者などいません。
    人事には忠実な人間しかいませんから。
    そこで 指示される行先はいろいろありますが たとえば銀行の関連会社だとしましょう。
    (私の知人の大半は 関連会社に行きました)
    最初は出向扱いですから 給与は銀行の給与ですが 上記に書いてある課長の給与はもらえません。

    ご主人はご存じだと思いますが 銀行は職務対応給与と言って たとえ課長級でも勤務部署によって
    全く給与賞与は異なりますので 大幅に下がります。
    また 賞与は半減します。

    ユーザーID:9547211833

  • リアルな話・・・・・・3

    続きます
    さて 出向後ですが たとえば一年後に 人事部から通知がきます。
    ○月○日付で 退職を認めます、という通知です。

    ありがたいことに ○月○日付で 退職金がもらえます。

    そして それ以降は 関連会社の給与になりますが、これがすごいんです。
    課長で 1,200万円であった人が 年収600万円になります。
    これには みな愕然としていました。

    ただ これ以上は掲示板では書けませんが
    1.退職金の水準は  相当に高いこと
    2.銀行独自の企業年金があり これが相当な水準にあること

    これを加味すれば 少なくとも 私自身は 銀行員であって良かったと思っています。
    また さらに申し上げれば 
    1.支店長までなれば 転籍後も年収1000万円は保持できること
    2.私のように 民間会社への転籍を受け入れれば 給与水準は高く 
    (私の場合は 自社の生え抜きとは 別格の報酬をいただいています)
    ま その辺で 考えればあまり悩むことはないようにも思います。
    まして 奥様であるトピ主も 高額給与のようですから 心配はないように思います。

    ユーザーID:9547211833

  • ありがとうございます

    トピ主のりんごです。
    皆様のお話、参考になりました。
    ありがとうございます。

    油断はせず、かといって心配し過ぎもせず、
    日々を過ごしていきたいと思います。

    個人的には、夫には将来転籍してもらい、
    激務から解放され、2人でゆっくり過ごしたいなぁ。
    今は忙しく、大変な部署で少し可哀想で。

    私も出産後復帰し仕事を続けていきたいです。
    幸い、出産後復帰して働くのも当たり前のような会社風土になってきていますので。

    色々なお話をいただきありがとうございました。

    ユーザーID:4621169815

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧