現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ええぇ!レオニードってそんなに若かったの! 携帯からの書き込み

かまど
2012年4月23日 12:07

はじめてトピいたします。よろしくお願いいたします。
池田理代子先生の「オルフェウスの窓」が終わって30年。少女時代からの熱烈なファンだったのですが、レオニード・ユスーポフ候が登場した時23歳だったなんて!
あの大人のたたずまい、ただよう男の色気、わー20代前半だったなんて、三十年間しらなかった!
小町のオル窓ファンの皆様、御存知でした?

ユーザーID:7754136736  


お気に入り登録数:12
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
23って
ふぇんすたぁ
2012年4月23日 13:37

実在したモデルのユスーポフ候のこと?

オル窓のレオニードさんは、登場する前に

30代前半の設定で
「男の魅力は30から、私好みのいい男がでてきます」

たしかそんな風に、池田先生、いってらしたけど…

ユーザーID:7820169481
ありがとうございます携帯からの書き込み
かまど(トピ主)(トピ主)
2012年4月23日 22:49

ふぇんすたぁ様

早々のレスありがとうございました。
私の情報が間違ってたのですね。あの会議での大物感は、やっぱり30代前半だったのですね。理代子先生のお言葉を教えていただいて、感激です。
本当にありがとうございました。

ユーザーID:7754136736
登場時は20代でしょ
おばさん
2012年4月25日 3:44

レオニードが登場したのはユリウスがロシアに渡って、暴動に巻き込まれてレオニードに保護されたばかりのころですよね?

コミックの注釈によると、ユリウスがロシアに入ったのが、1905年。
ロシア革命で、ロシアの皇帝が退位したのが1917年つまり。
つまりユリウスは、10年以上ロシアにいたことになります。

トピ主さんがおっしゃる「あの会議での大物感」のあの会議がどの会議をさすのかわかりませんが
ラスプーチン暗殺(1916年)から、ニコライ2世退位(1917ン3ン)までのレオニードが30代前半という雰囲気だと感じるなら、登場時の年齢が23歳なら数字はあいますよ。

ユーザーID:4491309708
ボーン トゥ アダルト?
クラウス派
2012年4月25日 14:21

オルフェウスの窓!なつかしいです
かまどさまのご指摘おもわずうなずきました〜
(他トピにて
星一徹さんが33だったという指摘もありましたが
たしかに改めて知らされますとびっくりしますネ)

思わず、いまコミック11巻登場シーンと
17巻最期のシーン見比べてしまいました。。。
(全巻当時のものを主人が愛蔵していたのです・・・!)

目の下のクマ以外
ちがいがあまり分りませんっ

ちなみにダーヴィトさんとマリアバルバラさんも
変わりがわかりません

やはり一番変化激しいのはイザークさんでしょうか

あらためてじっくりよみかえしてしまいました。。

池田先生30代にしてこの作品描いてらしたのですね
凄いですよね〜

結局
大人のかたは小さい時から大人ということですかね
生まれながらの大人
大人にならなくても大人
そんなお方が大人になったら凄い大人!

という人種だったということで。。。

私の謎は
レオニードさんとリュドミールくんは母親ちがうのではないか?
です(笑

ユーザーID:6012596515
ありがとうございます携帯からの書き込み
かまど(トピ主)
2012年4月25日 23:48

おばさん様
御指摘ありがとうございます!うれしゅうございます。
会議は、1905年の日露戦争の会議です。でも、よーく見ると、レオニードは、議長に指名されるまで発言していないのはやっぱり若かったからでしょうか。
最初の頃、ユリウスに対して好きな子いじめてる小学生のようだし(手まで踏んで)。
やはり20代でしょうか。
ありがとうございました。

ユーザーID:7754136736
ありがとうございます携帯からの書き込み
かまど(トピ主)
2012年4月26日 12:01

クラウス派様

星一徹さんが33歳であの渋さ!す、素晴らしい。大人な人は、最初から大人なのですね。
御主人がオル窓をもっておられたと。嬉しいです。男の方にも読んでいただけるなんて。やはりオル窓は名作なのですね。理代子先生は偉大だ。

ところでレオニードとリュド君ですが、私も腹違いだと思います。リュド君、すばしっこいし、臨機応変だし、かわいいし、ぜひ、新しい時代を生き抜いてほしいです。
楽しいレスありがとうございました!

ユーザーID:7754136736
公の場では年齢不詳
おばさん
2012年4月27日 12:57

このトピを見るまで、レオニードの年齢のことなど考えてもみなかったのですが
レオニード、公の場では年齢不詳ですよね
血気盛んと感じるときもあるし、かなり老成しているような感じもします

でも、私の場では年相応なのではないでしょうか

妹のヴェーラとは、年の近い仲の良い兄妹という感じがします
ユリウスのために、クラウス(アレクセイ)を生かしておいたところ
出来たらクラウスと対等な立場でユリウスを会いたかったと感じるあたり
クーデターの失敗で自殺を選ぶというのは、若いなという気がします
もし登場の時点で、30代で、クーデター失敗の時点で、40代にはいっていたら、もっと割り切っていて自殺は選ばずに亡命したんじゃないかと・・40代の自分は感じるのですよ

レオニードの見所といえばやっぱりユリウスが彼の元を去ってから、皇室を保とうといろいろ奔走するところで、そのあたりの時期がいけだせんせいのいう「男の魅力は30から、私好みのいい男がでてきます」ならば登場時は20代になっちゃいますね

初めて読んだ大学生のときは老成した大人という感じを受けて、自分と、そうかわらない年齢だとは思いもしませんでしたが

ユーザーID:4491309708
ありがとうございます携帯からの書き込み
かまど(トピ主)
2012年4月28日 23:59

おばさん様
深い解釈、感服いたしました。
レオニードは登場した時23歳。納得いたしました。
当時、23歳でも十分大人の男性でした。ユリウスにとっても、同年代にない包容力を感じていたとおもいます。アレクセイが、レオニードに対してだけ嫉妬を感じるのもそこらへんでしょう。
ユリウスの記憶喪失は、不評でしたが、父親の愛情をしらなかったユリウスにとって、ユスーポフ家でレオニードにまもられた日々は、娘でいられた大切な日々だったと、思います。
正直レオニードについて、こんなにまじめにレスしていただけるては思いませんでした。本当にありがとうございました。

※亡命するレオニードも みたかったです。きっとロフトフスキーもついて行くのでしょ。

ユーザーID:7754136736
 
現在位置は
です