歯科どこを選びますか?

レス11
(トピ主4
お気に入り12

心や体の悩み

智恵子

すみません。すごーく迷ってます。助言を下さい。インプラントを一本、入れたいのですが、

A歯科 自宅から車で40分。歯科医は歯科大でもインプラントを教えていたそうで、スウェーデンにも留学経験あり。30代後半だか、質問するとこわい。話すと怒られそう。噛み合わせとかにも熱心。
B歯科 自宅から車で40分。歯科医、優しい。常に満員。インプラントについては、研修にて学ぶ。歯磨き指導にも熱心。噛み合わせとうにはあまり…。インプラントの症例はとても少ないが、今まで失敗はないそうです。
C歯科 自宅から汽車で3時間。県外。気さくな先生。噛み合わせについてはじめて指摘され、矯正も勧められる。一回法、フラップレスを強く勧められる。

続きます

ユーザーID:5110947964

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続けます

    全てCT完備です。噛み合わせを考えるとインプラントの前に矯正するのかなと思うのですが、A歯科B歯科ともに矯正は勧められませんでした。C歯科でもながいめでみると矯正がいいけれどまあしなくてもみたいな言いかたです。持病があり家が近い方がいいですが、失敗したらより体に負担が。とにかくA歯科医は同業の歯科医からは評判がいいですか、DHはびくびくして私も怖くて質問し辛いです。
    B歯科はあんまりインプラントはしてない印象で、先生もあんまりしてないそうです。安全な症例だけすると。C歯科は先生は話しやすく都会でインプラントも沢山しておられますが、一回法でフラップレスって今は下火と聞いたんですが…。またいちから探した方がいいのか不安です。どうすればいいでしょうか。

    歯科関係者の方、インプラント体験者の方、どうかアドバイス下さい。

    ユーザーID:5110947964

  • メインテナンス重視

    トピ主さんは、たぶん、お若い女性だと思います。
    1本インプラントを埋入するということですが、臼歯部でしょうか?前歯部でしょうか?
    若干、歯並びも悪いような印象ですが、他の歯はほとんど残っている状態ならば、
    症例としては、そう難しくないケ−スかと思います。

    インプラントはその手術自体も重要ですが、その術後のメインテナンスも大変重要です。
    そういう点では、電車で3時間の遠方にあるC医院は、定期検査や不具合の時に
    大変でしょう。インプラントは数多くの種類があり、自院で採用していない他院で埋入
    されたインプラントを診ることは、難しいです。

    腕の良し悪しは別にして、C医院は長期的に見ると、お奨めではありません。

    A医院、B医院、1本インプラント、通常のレントゲンだけでもまずOKですが、
    3D−CT画像を撮影してくれる医院がまず、安全かと思います。

    ユーザーID:0969627920

  • ありがとうございます

    kazzさまご意見ありがとうございます。

    私はすでに30代で下の第二大臼歯です。

    今まで行っていた歯科はインプラントはやっておらずA歯科をおすすめされ、A歯科の先生は地域でインプラントを教えるくらいの技術力だそうです。とにかく威圧的なので、長い間、あの人の患者でいると思うと…。でも薮よりはましかな〜と悩みます。

    友人はなんと地元の総合病院でインプラントを失敗してC歯科で再度埋入して成功しています。友人いわく近くの薮よりいいところでやる方がいい。三ヶ月ごとのメンテもいずれ6ヶ月ごとになったそうです。

    どの歯科もノーベル、ストローマンで、一応信頼できるメーカーかと。

    結局、技術も最低限のコミュニケーション能力、設備、近接性、すべてを満足するのはど田舎では難しいです…。

    ユーザーID:5110947964

  • Cで相談

    まず3件ともに行ってみて相談かなぁ…
    かみ合わせをみてくれる所じゃないと後が大変ですよ

    ちなみにインプラントは「技術指導」みたいなものなので、教えられるから上手じゃないですよ。
    パソコンのインストラクターみたいなもので、器具の使い方を教えるだけなので、教えているから技術があるという訳じゃないと思います。

    ユーザーID:5723904580

  • 技術(腕)がるから、

    <<<<ちなみにインプラントは「技術指導」みたいなものなので、教えられるから上手じゃないですよ。
    <<<<パソコンのインストラクターみたいなもので、器具の使い方を教えるだけなので、教えているから
    <<<<技術があるという訳じゃないと思います。

    大学でも、一般開業医でも、インプラント機具の使い方だけ教えてる歯科医はいません。
    それなりの症例数があり、実績があるからこそ、人前に出て、しかも専門家(歯科医)相手に
    教習や指導をするのです。たぶん、インプラントメーカーの営業マンと勘違いされているのでしょう。
    営業マンは、機材についても、インプラント自体にも大変、詳しいです。しかし、ライセンスがない
    以上、絶対に手術そのものはできません。

    大学でも学会でも、一般講習会でも、歯科医相手に講習する人が、技術がないということは
    ありません。その技術がどの程度か別問題ですが、少なくとも、機具だけの使い方なんて、、
    機具の使い方を教えて、専門家と名乗れるほど、
    それほど、いい加減な世界じゃありません。

    ユーザーID:0991337688

  • 歯学部教員です。

    私はまず、トピ主さんの全身状態評価が必要ではないかと考えます。

    心疾患や代謝性疾患、自己免疫疾患、精神疾患等々病気がありますが、それを考慮したうえでの歯科疾患であるべきです。

    それぞれの歯科医院にて持病のお話をされた後、それに親身になって誠実に対応するというところが良いのではないのでしょうか。

    また、歯科疾患の全てに診断基準、明確なプロトコールがあるわけではありません。

    それぞれの歯科医師の技量によって「判断」されます。
    つまり「私だったらできるだろう」という「判断」のもとで行われ、もしも「私にはできなそうだ」と「判断」されればできないことになります。

    そこに二次医療機関があってしかるべきと思われがちですが、開業医ベースの歯科は大学病院がそれに準ずる施設とは言い切れません。

    それをふまえてお話をしますと、十分な実力がある先生にお願いするという事にこしたことはありません。
    しかし受診自体がトピ主さんのストレッサーになるのであれば、少し考えたほうが良いかもしれません。

    単なる一症例として取り扱われるより、トピ主さんに親身になってくれる先生が良い可能性もあると思います。

    ユーザーID:5959993678

  • ありがとうございます

    ご意見ありがとうございます。内分泌の疾患がありましたが、すでに正常値です。ちなみに糖尿病ではありせん。

    A歯科医はもともと大学の教官でインプラントについても論文等多数かいていたそうです。でも、コミュニケーションがとりずらいのではあきらめようと思いましたが。私の住んでいる田舎で顎関節規格写真装置やペリオセーバーやクリーンルームなど、個人病院にしては設備がいいし、インプラントだけでなく包括的な治療を心がけているそうです、ホームページでは。ただ、実際行った患者さんからはすごーく歯科医の評判が悪いんですよね〜。

    別のトピにも医師の技術と人柄、悩むところです。

    都会ではこんな悩みないでしょうか…。

    意見を参考に決断したいと思います。

    ユーザーID:5110947964

  • 歯学部教員です。

    その気持ちご察知します。

    認定医や専門医などの肩書きや、その先生の経歴は患者さんに対するお知らせであって、法的な拘束力はありません。

    また、治療者の専門性が高くなればなるほど、患者さんに対する歯に対するモチベーションの高さを求めてしまいがちです。

    つまり、「うちにかかる患者さんはこれだけ積極性をもって治療を受けているのだから、その意識の高さをもたないといけないよ」と患者に求めてしまうということです。

    特に歯科の場合、治療者にとってのモチベーションと患者のそれとの違いはことさら問題となります。

    治療者を選択されるのはトピ主さんですが、どちらかというとそのような態度で接する治療者に長期間、治療を提供され続けることへのモチベーションを大切にされた方が良いかもしれません。

    歯科の場合、卒業後の勉強会というのが重要視されることが多いのが事実です。

    また、いかに自費率を上げるかというキーポイントを掲げる講習会が多いのも事実です。

    そのような現状で、私は常に患者の立場にたって治療できる医療者を育成するような教育を心がけたいと反省しましました。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:5959993678

  • B歯科

    >B歯科はあんまりインプラントはしてない印象で、先生もあんまりしてないそうです。安全な症例だけすると。

    出来る、と思う場合しかしないのでは?Bで出来ると言われたら出来るのでは?

    Bで断られたらAでどうですか?

    Cはあまりに遠すぎて、問題が起きた時にすぐに行けないのでやめた方がいいと思います。

    ユーザーID:3445433839

  • 歯科部教員さま、既婚さま

    ありがとうございました。歯科部教員さま、その通りです。A歯科はデンタルIQが高い患者しかみないと、ご自身でおっしゃってました。でも、その先生、歯科大の教官までしていて、自身のコミュニケーション能力の低さに気がつかないんだろうかと思いますが…。

    やっぱり教育段階でしっかりした倫理観を学べば変わってくると思うので、がんばって下さい。

    既婚さま、B歯科の先生は優しく話しやすいですが、症例数が少なく不安でした。年に2、3人程度。B歯科では私のインプラントは受けてくれると言われました。田舎だと、わざわざ飛行機で首都まで行きインプラントや他の高度?治療を受けます。選択肢がないので地元で我慢するか都会までがんばっていくかです。田舎は田舎のいいところもあるので、医療格差は患者ががんばって埋めるしかないかなぁとか思ってます。でも何かあったとき、汽車で3時間は大変ですね〜。よく考えます。

    ユーザーID:5110947964

  • 下顎管までの距離

    トピ主さんは、医療関係者の方のようですし、所謂【デンタルIQ】も高い方だとお見受けします。

    第二大臼歯一本インプラントですと、ケ−スとしてはそう難しくないほうだと思います。
    第二大臼歯の場合、下顎骨内中央にある下顎管(太い血管と神経組織)を損傷しない距離(長さ)
    を埋め込みをするというポイントに尽きると思います。3D−CT画像を撮影にて、最近は、0.1mm単位で
    骨の厚みが計測できますから、その数値より3mm以下に接近しないような長さのインプラントを設定
    すれば、まず、大丈夫かと思います。ただ、一番奥の歯なので、術者(歯医者さん)からの視野が狭いので
    少々、やりにくい部分もあります。
    骨の厚みは別問題として、下顎に関しては、第一大臼歯、第二小臼歯相当部が、リスクが少なく、一番
    やりやすいところです、次が、第二大臼歯、第一小臼歯ですね。両者とも、神経管に近くなるケ−スがあり
    ますので、少々注意が必要です。下顎前歯は、神経や血管の心配は少ないですが、骨の厚みが少なく、
    どうしても、ワンサイズ細いインプラントになります。

    ユーザーID:0969627920

レス求!トピ一覧