プロポーズを断りました。しかし。。。

レス120
お気に入り280

あい

男女

社会人4年目26歳のあいと申します。
大学進学と共に上京し、大好きなアパレルで正社員としてプライドを持って働いています。
同郷の彼とは高校時代からの付き合いです。
(ずっと付き合っていたわけでなく、大2に彼の他好きで振られ、大学卒業間近に私の説得で復縁です。)

そんな彼氏にプロポーズされましたが、悩んで悩んで悩んだ結果お断りしました。
何故なら彼は3月いっぱいまでは都内で勤務していましたが、4月に家業を継ぐため実家に帰ってしまうからです。

彼のことは好きです。
頭の回転が速いので話していてとても刺激的で、頼りになる強い人です。
振られたときも諦めきれず2年以上片思いし続けました。

しかし私は彼のために大好きな仕事、友達、自分の手で作りあげた生活基盤を捨てられませんでした。
趣味の少なかった私が見つけたやりがいのある仕事。
(地元にはこのアパレルは展開していませんし、地方ですので時給800円の世界です。)
心から信じられる友達たち。
(高校まではそんな友達がいませんでした。)

彼なりに私のことは考えてくれていたと思います。
家業を継ぐけど、同居はしなくていい。
経理をやれと言わないし、他に働きに出てもいいと。

最初は結婚しようと考えました。
しかし私の人生、本当にそれでいいの?という疑問がずっと頭の中を離れませんでした。

プロポーズを断って彼が実家に帰った今、この判断が正しかったのかわからなくなっています。
帰り道、わけもなく不安になり涙が出てきます。
彼の声が聞きたい、笑顔が見たいと。
彼以上に好きになれる人なんてもういないんじゃないか。
彼が他の人と付き合うことを想像すると頭が狂いそうになります。

しかしやはり自分の立場は捨てたくないんです。
心が分裂して苦しいです。

ユーザーID:2907723777

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数120

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うーん

    そこまで苦しいって事はやっぱり彼と一緒になった方が良かったのかも。。
    彼も、あなたを第一に考えて出来るだけ,あなたの望みに沿うようにしようとしていたようですし。

    今の職場で一生働く訳でもなく、親しい友人にしても本当に親しければ結婚して遠く離れても友人であり続けてくれます。
    この先、出会いはあるでしょうが、彼ほどあなたを思ってくれる人が現れるかは分かりません。

    今の気持ちを彼にぶつけて、断った事を撤回させてみるのも手です。
    但し、一度断っているので真剣に接しないとダメですよ
    頑張ってください

    ユーザーID:3949211883

  • 不思議な心の仕組み

    マンガでわかる心療内科というコミックで読んだ話です。

    例えば、1万円拾ったとします。すごく嬉しいですよね。
    それが、拾ってすぐ1万円を落としてしまったとします。
    すごく勿体ない気分になって落ち込みますよね。
    よく考えれば、拾う前の状況に戻っただけなのに。

    このように、人の心理的に、同じものであっても
    得た喜びよりも失った悲しみの方が大きいのだとか。


    人生とは、選択の連続。
    選択に悩むという事は、双方に同様の価値があるから悩むわけで。
    どちらかを選べば、もう一方は失う事になる。
    つまり、得た事より失う事への辛さが大きい事から
    何か選択した後は、必ず後悔する仕組みになっているのだそうです。

    人生に正解などありません。
    自分で悩んで決めた事なら、今は後悔したとしても、そのうち前向きに考えていけるはず。

    大丈夫、トピ主さんは、選択を間違えた訳ではありません。
    陰ながら応援しています。

    ユーザーID:1778346437

  • 素直に認めることも必要

    この道でよかったと強弁するもよし、素直に残念なことだったと認めるも良しです。いうなれば、後悔先に立たず、覆水盆に返らず、提灯持ち後に立たず、後悔と槍持ちは先に立たず、はまった後で井戸の蓋をするというところでしょうか。昔の人は上手に言ったものです。頑張ってください。

    ユーザーID:0211772058

  • 分かります。

    お気持ち、よく分かりますよ。

    本当にこれでよかったのか。後悔しないのか。やっぱり結婚を選べばよかったのか。彼以上に好きになれる人は現れるのか。いろいろ考えてしまいますよね。

    でもね、もしこうしていたら、ばかり考えていても仕方のないことなんですよ。今、自分で決断したことが大事なことなんです。これからは自分の道を信じて進むだけですよ。頑張って!

    ユーザーID:3931729314

  • 近い将来

    風の便りにでも、その彼氏が地元で結婚して子供もいるなどを聞いたら激しく後悔することは確実だ。その時頭は更に狂うだろう。
    だからトピ主はとにかく今選んだ世界ではいつくばってでも成功しなければならないと思う。涙なんか流している暇は全くない。

    ユーザーID:6641756176

  • きっと

    それがきっと正しい。
    あなたなりの理論がちゃんとあるから。
    感情のみで動いてもうまくいきません。結婚なんて得にそう。

    今は辛いですが、本当に縁がある人が現れたら、悩まずにスッとプロポーズが入ってきますよ。

    ユーザーID:1914416665

  • 大丈夫、大丈夫!!!

    あいさん。

    大変な、苦しい決断をしたんだね。

    でも、大丈夫だから。

    あいさんが自分自身で考えて悩みぬいて前向きに出した結論なら、今はつらくても、やがて後悔はなくなるよ。

    出会いもチャンスも、人生に1度きりじゃないんだよ。
    自分さえ前向きでいるなら、出会いもチャンスも、人生に何度でも無限に訪れるものなんだよ。

    そこまで好きだった彼。
    彼もきっと、地元に帰って幸せな人生を送るでしょう。
    それじゃあ、ダメ?
    彼も幸せになる。あいさんも幸せになる。

    それでいいんだよ。

    人生には、何かを諦めなきゃならないときがある。
    何かを諦めて、何かを選んだら、選んだほうに向かってひたすら歩いていけばいいんだよ。

    諦めたほうにも、選んだ方にも、これから悩みと一緒に大きな幸せが待ってる。

    大丈夫、大丈夫!!!

    ユーザーID:7486790730

  • 自分で選んだ「今」が正解なのですよ。2

    そして、1度断っていることから、復縁した場合は彼含めて彼の親族からもかなり「冷遇」されるかと思われますよ。

    同じパターンでプロポーズを断わられた私の知人男性ですが…家業は遠くからサポートはするが自分は直接継がない事、彼女と結婚したい思いを優先したい、と実家を説得して都会へ戻ってきて再度プロポーズしていました。結果的に、その情熱に押された彼女は、「あと数年だけは都会で仕事を続けたい。でもその後は貴方の地元へ行ってご両親と一緒に家業を手伝いたい。それでいいですか?」と言い出して、丸く収まっていましたよ…。
    果たしてそこまで彼がしてくれましたか?

    まだ26歳、東京ならまだまだ婚期前です。
    これから同じ方向を向いて歩いていける人との出会いがきっとありますよ。

    ユーザーID:9151880667

  • 自分で選んだ「今」が正解なのですよ。

    彼についていくべき、と書かれる方が多いようですが、どなたが書かれていたように、過去に浮気して他の女性へフラフラ、その後トピ主さんの説得でフラフラ戻ってくるってタイプの男性ですよね?
    今回の実家を継ぐ話も、彼が東京に残るという選択もありでの真剣な話し合いは何度行われましたか?おそらく、彼が譲歩したのは「今すぐに家の仕事は手伝わなくていい、今すぐ自分の親と同居しなくていい」だけですよね?しかも、1度断られた今はすんなり地元へ帰っています。
    彼は、近々地元で親と同居して、家の仕事を手伝ってくれる女性を見つけてとっとと結婚すると思いますよ…自分の家業を継ぐタイプの男性なら、プライドを傷つけられたはずですので貴女が土下座して頼み込まない限りは自発的には戻ってこないでしょう。
    実際にそういうパターンよく見ています。仕事に誇りを持つ彼女に振られて、すぐに地元の「家庭的&反抗しないタイプ」の女性を見つけて結婚しちゃうの…。

    選んだ「今」が正しいんですよ。

    ユーザーID:9151880667

  • 私もそうするかも

    >ずっと付き合っていたわけでなく、大2に彼の他好きで振られ、大学卒業間近に私の説得で復縁です。

    って、言ってみれば浮気でしょ。
    そんな男には自分の未来は任せられないよ。

    ユーザーID:1714605949

  • 何を犠牲にしても…。

    何を犠牲にしても彼と一生を共にしたいと
    思えなかったのなら、ご縁がなかったのだと思います。

    東京で見つけたやりがいのある仕事。
    信頼できる友人たち。
    これらのものは、その時々で変化していくとは思います。
    でも、今、捨てたくないと思うのなら、仕方ないのでは?

    東京の生活を捨て、地元に戻って、彼と家庭を築く。
    そういう幸せの形もあったと思います。
    でもきっと、どちらにせよ、後悔するものだと思いますよ。
    人間って、欲張りですから。

    それと、この人以上に好きになれる人はいないと
    思っていても、意外と次の恋愛をしたら、女性は脳内が
    上書きされちゃいます。
    次の恋、見つかると思います。

    ユーザーID:4038368465

  • それが正解!

    もう決めたことなんだし、自分の選択に自信を持っていいと思います。大好きな仕事とはなかなか巡り会えないもの。私は結婚しているけど、結婚生活なんかより仕事のほうが刺激的で大きな喜びを与えてくれます。私も仕事か男か、だったら仕事を選ぶかな。大丈夫、いい男はたくさんいるよ!

    ユーザーID:3170281299

  • 人生は選択の連続

    よく言われてる事ですよね。
    人生は選択の連続。
    ただし、どちらを選び取るかは自分次第。
    他者の意見は、参考にすることはあっても、答えにはなりません。
    結局、正解は自分にしか決められないんです。
    一度しかない自分の人生、自分がしたいように生きたらいいんです。

    結婚したから、必ずしも幸せになるわけでもない。
    一番大切なことは、あなたがあなたらしくいられる事。

    私は、女性は男性の生き方に合わせなければならないの?って
    いつも疑問に思ってました。
    結婚して、男性に寄り添って生きていく。
    じゃあ、その男性とうまくいかなくなったら?
    私に何が残るの?
    そんなリスキーな生き方は選択できないです。
    慎重な性格だから、そう思うのかもしれないですが。

    まだお若いんですし、あなたが好きな事をしてキラキラと輝いていれば、
    素敵な出会いもありますよ。
    悲観しないで、前を向いて歩いていきましょう!

    ユーザーID:5293061279

  • 天使のくれた時間

    をぜひ見て下さい。

    私はこれを見て、本当に大事なことにようやく気付きました。
    でも、私は間に合いませんでした。

    数年後、同じ選択を迫られた時は、間に合いました。結婚、出産で約2年専業主婦でしたが、今年から再就職しました。

    ユーザーID:5954454639

  • 結局のところ…

    時給800円の販売員さんでも「あの販売員さんが勧めてくれる服なら
    間違いない。」と思えれば、多少高くても買いますし、何度もお店に足を
    運びますよ。

    トピ主さんは、アパレルの仕事が好きなんじゃない。
    東京にしかない希少なブランドショップで華やかに販売員をしている自分が好き
    なんでしょう。
    同じアパレルでも時給800円の世界は考えられない…というところでしょうか。

    ユーザーID:4125618178

  • 間違ってはいませんよ。

    貴方が彼の為に、仕事や友人を捨てて彼の故郷に行けなかったのと同じ様に。
    彼も、貴方の為に「家業を継ぐ」「実家に戻る」の選択肢を捨てなかった。

    貴方が彼の元に行った場合、彼はすべてを手に入れるのに、貴方は彼しか手に入らない。
    辛いですよね。納得も出来ないし不公平とも思うでしょう。

    だから間違ってはいませんよ。

    私は兼業時代、仕事が捨てられなかった(普通のサラリーマンの3〜4倍は稼いでいた)ので、
    夫には三回にも及ぶ海外単身赴任をして貰いました。

    両親や義理両親は、そりゃもう(笑)
    でも、当事者の二人が納得していたので全く問題は無かったです。

    トピ主さんも、「別居婚」とかが出来れば良かったのですが・・・

    今回も、結婚して彼の元に行ったとしても、何年後かに「あの時の選択は正しかった」と
    言い切れるかどうかは、博打みたいなもの。
    ならば、確実に「今ある幸せ」の継続を望むのは決して間違っていませんよ。

    早く、新しい彼が見つかれば良いですね。

    ユーザーID:8030894337

  • 悩みぬいて決めたことなら正しい

    20代なら家庭よりすごくやりがいがある仕事や夢を選ぶのは当然だと思います。
    迷わず家庭を選ぶべきだと言う人はやりがいがある仕事などしたことがないのでしょう。

    それに悩みぬいて決めたことなのですよね。
    それならそれで正しいです。

    今はお辛いでしょうが、時が痛みをやわらげてくれます。
    あなたは間違っていません。前を向いて頑張って。

    ユーザーID:0261671166

  • あーあ。残念。

    アパレルだかなんだか知らないけど、要はあなたは他の生きがいや生き方を見つける気がないということですね。

    >プロポーズを断って彼が実家に帰った今、この判断が正しかったのかわからなくなっています。
    帰り道、わけもなく不安になり涙が出てきます。

    何故だかわかりますか?
    あなたはアパレルなんて大して自慢できるものでもない、下らないものだってしってるんですよ。
    でも今更それを認めたくない。それに今更新しい生きがいを見つける気もない、勇気もない。
    だからアパレルにすがるしかなかった。

    大して価値のないものに今のあなたは縋らざるを得ない。そのあまりの情けなさに涙が出てるんですよ。やろうと思えば、彼氏と新天地で、ゼロから生きがいを探すこともできたはずなのにね。

    ま、一度選んじゃったものはしょうがない。一生洋服売って暮らしなさいな。

    ユーザーID:6307447289

  • まぁまだ若いし。

    東京でまた男の人見つけたらいいよ。

    「仕事をとった」というと、まわりのみんなは褒めてくれるけど、
    たとえあなたが仕事を選んでも、会社は思いのほか冷たかったりするもの、
    ということは頭のどこかに置いておいたほうがいいです。
    会社はあなたの一世一代の決断に報いてくれるとは限りません。
    (アパレル業界はそこまで安定して働けるイメージがないので)
    もちろん目標となるキャリアモデルがいる、10年後の具体的な目標がある、
    とかなら大丈夫ですね。

    でも、「仕事好き」って言う人多いですけど、本当に好きなら、場所が変わっても
    会社が変わっても、それは変わらないんですよ。
    本音を言えば、「都会で仕事してる私が好き」なんだろうな。

    ユーザーID:5106107150

  • 東京が好きな人は東京を離れたら絶対後悔する

    おそらく彼と婚約して地方に行った瞬間東京が恋しくなると思います。
    何の華やかさも煌びやかさもないこの地で私の人生って一体…と。

    彼のことは縁がなかったと諦めて、どんどん出会いを紡いでいきましょう。
    悩まずに済む恋愛ときっとまた出会えますよ。

    ユーザーID:1606154900

  • どっちを選んでも後悔する

    人間というのは、得たものより逃したもののほうが大きく感じるものです。

    彼と仕事が同じくらい大切だったとしたら、
    どっち選んでも結局後悔するってこと。

    なので、悩むだけ無駄なことなんですよ。

    ユーザーID:6649397849

  • 大事なのは

    その判断が正解だったか否かではなくて、
    あなた自身がその判断を下したことだと思うな。
    私は、それは「良いこと」だと思います。

    そういう人はきっと、仕事で今以上に活躍して、
    必要なら理想の伴侶も得られますよ。

    私はありがちだけど、好きな彼か、結婚&出産の可能性か、
    で迷って、後者を取りました。
    今、別の人と結婚して子供も生まれて、幸せです。

    せっかく決めたのなら、仕事関連で資格を取るとか、
    新しい未来に向かって何か動き出してみては?

    ユーザーID:6782115688

  • 20代のうちは夢や仕事を優先して。30代以降は家庭を意識して

    38歳でクリエイター職をしている者です。
    私も、20代のとき恋愛より仕事を選びました。
    彼に未練もあったし凄く辛かったけども、
    恋愛は他の相手が自分を満たしてくれる可能性も十分ある。
    でも、夢は自分が手放したらおしまいなんです。
    という考えに至ったのが決断の理由です。

    そして仕事に生きる人生を謳歌しましたが、やがて
    仕事だけでいいの…?今後寂しくならない?と
    だんだん足元が寂しくなります。夢への勢いが衰え、
    家庭をもつ友人らに憧れが強くなりました。
    そして37にもなってからですが結婚しました。

    若いあなたは、今はどちらを選んでも未練が残るでしょう。
    ただ、まだ家庭への未練が薄い年です。夢を追って正解です。
    やはり彼を選んだ場合、喧嘩など理性が緩んだときに
    いつか彼のために仕事をやめた未練をぶつけてしまうでしょう。

    まだ十分夢を謳歌できる年齢です。
    あなたの選択に自信を持ってください。
    そして、彼しかいないと思っていても
    それ以上の人は今後、必ず現れます。
    あなたの人生に今後、たくさんの光が差します。
    これから出会う人たちを大事に、そしていい人生を。

    ユーザーID:0369388808

  • つらいですね

     
    辛いですね。あいさんの立場を思うと、私も苦しいです。
     
    バンプオブチキンの歌で「同じドアをくぐれたら」というものがあります。

    ぜひ、一度きいてみてください。

    たぶん、たくさん泣いてしまうかもしれません。
    でも、たくさん泣いたあとで、立ち上がる勇気をくれる歌だと思います。

    心が分裂するほど悩んだ、大事な二つのものです。
    どちらか一つを捨てるからこそ、残した方を大事にできるんじゃないかな。

    がんばれ!!

    ユーザーID:3179225741

  • 彼は唯一

    アパレルで働いていましたが、売り上げ至上に嫌気がさして転職しました。

    私ならば、服屋なんてどこに行ってもあるのだから彼を選ぶと思います。

    また、上を目指せるような大きなブランドでしたら全国展開してますし
    年齢が上がっても別のラインに転属させてもらえますよね。
    そういう企業だと転勤願いを出す等方法があると思うのですが。

    実際同僚で結婚後彼の故郷の北海道に移動願いを出し受理され、北海道の店舗に移った人がいました。
    その後そこで店長になったらしいです。

    ユーザーID:6966839209

  • 私の友人の例

    今は30代半ば独身。

    別れて5年たった今、後悔してるみたいです。

    元カレは地元に帰り、間もなく他の女性と結婚。

    友人もトピ主さんと同様に、この土地から離れたくない、仕事もなく友達もいない遠い場所で生活なんて出来ない、と結婚を渋った結果…です。

    5年の間にいつの間にか、地元や職場の友達は結婚して遠くへ転居。

    彼女も仕事の状況が変わり退職。

    女性の人生は変わりやすいからね。

    トピ主さんはまだ若いから大丈夫だと思うけど。

    今、手放したくないものも、数年経つと同じように手元にあるとは限らないよ。

    「今」はずっと続きません。

    自分がどう行きたいか、一度真剣に考えてみたらどうかしら。

    ユーザーID:2396131896

  • 振り返ったら、負け。

    人生の選択に用意された正解などない、と言うのが
    私の信念です。

    選んだら、振り返らない。
    選んだ道を進んで、幸せになったとき、その選択を正解にすることが
    できます。
    だから、選んだ道を少しでも良いものにするために、全力で走ります。
    振り返って悩む暇はありません。
    今の選択から良い結果を導ければ、「正しかった!」と感じられる日が来ます。
    その日まで、どうぞ頑張り抜いて下さい。
    応援しています。

    ユーザーID:0133140763

  • 結婚を選んで後悔しています。

    私は十数年前にトピ主さんと似たような選択を迫られ、結婚を選びました。

    それなりに幸せにはなれましたが仕事を続けた友人たちが眩しくて苦しくて疎遠にしてしまいました。

    子供の手がかからなくなった今、もしあの時仕事を選んでいたら、と考えてしまいます。
    子供たちがまだ幼い頃に夫が浮気した時も「これが大切な仕事を捨ててまで選んだ結婚の結果」かと思うと
    あまりの虚しさに涙も出ませんでした。

    私はトピ主さんの選択を応援します。頑張ってください!

    ユーザーID:6721344995

  • どんな選択であっても

    私はまったく逆の選択をしました。

    一流企業の本社勤務、国際部の総合職。大好きな仕事でした。

    しかし、大学の同級生だった夫も会社は違えど同じ国際部門で海外に転勤。
    一旦海外転勤族になってしまえば、長期の別居は避けられない。

    彼を取るか、仕事を取るか?

    私は彼を取りました。29歳の時でした。

    しばらくはうなされるほど仕事の夢を見ました。
    でも、後悔していません。

    なぜなら、どんな選択であっても、
    「後悔しない、今が一番幸せという人生にする」

    という強い意志をもって日々を送っているからです。

    今専業主婦ですが、子どもに恵まれ、学生時代のスポーツを
    再開し、子どもやPTAを通じた友人との付き合いも楽しく、
    とても充実していて幸せです。

    でもきっと、仕事を取って彼と別居婚して、子どもを持たずキャリア
    まい進していたとしても、今が幸せと思っていたと思います。

    「私の選択はいつも正しい」

    後を振り返らないことです。その選択を正しくするかしないかは
    その後の自分の意志の力に他なりません。

    どんな選択であっても、絶対にそれが正しい答えなのです。

    ユーザーID:2276231455

  • 正しかったと思う

    このご時世、次の男はすぐ見つかっても、次の仕事はなかなか見つかりませんよ。あなたは賢明な選択をしたと思います。

    あなたまだ若いんだし、大丈夫!

    ユーザーID:5278933791

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧