趣味・教育・教養

写真失敗しました

レス13
お気に入り20

まっち

学ぶ

はじめまして。
写真素人の主婦です。
失敗したのは子どもの写真です。

子どもの写真を、生まれた直後から撮り貯めてきました。
以前から使っていた10メガピクセルのデジカメ。
カメラの手元の画像ではなかなかいいショットもあり満足していましたが
PCにおとしてがっかり、現像してがっかりでした。

子どもはとにかく動きます。
そして、生まれたて、かつ冬だったので
ほとんどが室内での撮影(フラッシュなし)です。
多くの写真が、ピントがどこにあってるかわからないような
ぼやっとしたものになってしまいました。
足や手など一部が動いてしまっている分には気になりませんが・・・。
せっかくのかわいい表情もピンボケ?です。

今までは被写体が大人、かつほとんどが屋外だったので
現像しても画質はそんなに気になりませんでした。
「きれいに残したい」という執着もあまりなかったのかもしれませんが?!

一生懸命撮り貯めてきたのに本当にがっかりです。

カメラについてよくわからないのですが、
これ(ピンボケ)は既存のソフト等で修正等できるのでしょうか?
また、低い画素数で撮ってしまったものは、
これ以上きれいに(くっきりと)印刷することはできませんか?
今は写真をL版ではなく、小さいサイズで焼く、ということを考えています。
解決ではなく、ごまかしですが・・・。

また、子どもを撮るのに適したカメラの条件も教えていただけるとうれしいです。
(シャッタースピード・画素数等)
デジカメではなくフィルムカメラも使っていればよかった・・・。
10年まえの銀塩写真のほうがよっぽどきれいな気がします。

もちろん、自分も撮り方を勉強していかなければなりませんね。

本当に素人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:3209501114

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ピンボケ、それもまた記念

    お子さんが大きくなって、写真を見て思い出す折にはピンボケもいい思い出になっていることでしょう。
    何も、写真がなくたって、記憶で残ってるってものもいいですよ。

    さて、これからの写真ライフですが。
    後悔を繰り返さないために、勉強しましょう。

    画素数は、L判印刷なら2〜300万画素あれば十分です。
    逆に言えばL判しか印刷しないのに1500万画素とかは不必要です。PCのHDDを圧迫するだけです。

    写す大前提として、しっかりピントを合わせてからシャッターを押すことが第一でしょうか。
    しかし、動く子どもではじっとしてくれないですよね。そこでシャッタースピード(SS)を上げるわけですが、子どもの遊んでるときなら1000/1もあれば十分。
    ではそのSSを稼ぐには?  明るさが必要です。
    屋内より晴天屋外で撮影する、ストロボをたく、F値を少ないものにする、ISOを上げる など。
    また、レタッチで明るく補正することも考えるといいでしょう。


    そう考えると一眼レフ、いいですよ。
    用途に合わせてレンズを変えると本当ウットリするいいのが撮れます。

    ユーザーID:9849805373

  • 弘法筆を選ばず

    私はセミプロですから常に最新のボディーとレンズを使ってる。
    照明を除いて約200万円はするけど、
    数万円のカメラでもいい写真は撮れる。


    ソフトも最高のしか使わない!
    撮影に依っては、助手が2〜3名。

    ・・・それでもゴルフと同じ、いい写真は道具では無い
    感受性が全てだよ。

    カメラの多様な操作は当たり前、ストロボをフラッシュと言うな!
    まさか、液晶画面で撮影してないよな。

    ユーザーID:1760319742

  • トピ主さん、カメラは悪くありませんよ

    10メガピクセルのデジカメは1000万画素です。
    デジタルハイビジョン放送の画素数(1,920×1,080=2,073,600)より5倍も多い。
    大きすぎて無駄にメモリーを消費している位の画素数。
    家庭写真は300万画素あれば十分なのです。
    トピ主さん、カメラは悪くありませんよ。腕が悪い。知識が乏しい。

    >これ(ピンボケ)は既存のソフト等で修正等できるのでしょうか?
    出来る出来ないで言えば出来ます。ある程度までは出来ます。
    ただしトピ主さんが満足するかどうか、それはトピ主さんが判断。
    「ピンボケ 補正 フリー」を検索してください。

    >また、低い画素数で撮ってしまったものは、
    低い画素数ではありません。多過ぎる画素数。

    >これ以上きれいに(くっきりと)印刷することはできませんか?
    元が悪ければ出来ません。

    >10年まえの銀塩写真のほうがよっぽどきれいな気がします。
    35ミリ写真フィルムの画素数は3,600×2,400=864万画素と言われている。
    綺麗なのは照度が十分か、レンズが明るかった。
    補足
    デジタル一眼レフにしても、知識がなければ同じ失敗。

    ユーザーID:5050183687

  • 多少の撮影の知識があった方が幸せになれる

    それはピンぼけではなく被写体ぶれではないですか?
    被写体ぶれは、暗いところではシャッターが開いている時間が長いため、その間に被写体が動いてしまうために起こる現象です。
    これを防ぐにはフラッシュを使用するか(効果に限度はあります)、高感度に強いカメラなら感度を上げて、シャッター速度が1/125か1/250秒以上の高速になるように調節します。
    また撮り方として、室内の照明を明るくする、子供が静止する瞬間を狙う、一度に何枚か連写して成功しているコマだけ残す、という工夫も必要です。

    写真は光がなければ写りません。どんなカメラでも、です。
    光が足りないと、カメラは撮像素子に必要な光の量が当たるように、絞りを開けるかシャッター速度を遅くします。カメラとしては最初に絞りを調節しますから、シャッター速度が遅くなるということは室内が(カメラにとって)かなり暗いということです。
    その状態で動き回る子供を撮れば、被写体ぶれ・手ぶれを起こしますし、時にはカメラがピントを合わせることすら困難になります。
    漫然と撮るのではなく、成功写真が増えるように、少し頭を使ってみましょう。

    ユーザーID:1306701793

  • 高感度時の画質

    お子さんが小さいようですので
    まだまだ室内撮影の機会が多々ありますよね。

    何より優先されるのは高感度時の画質だと思います。
    ISO3200くらいまで感度を上げても、それなりに画質を維持できるカメラ。
    (あくまで“それなり”です。画質は確実に落ちます。
    しかしブレるより絶対にマシです)

    ・・・となると、一眼レフやミラーレス一眼になります。
    最近のカメラは本当に画質が良くなっているので、
    変にケチらない限りは、ある程度は感度を上げても大丈夫だと思います。

    大都市圏にお住まいであれば、
    各社メーカーの専門店があるはずなので、
    試し撮りもできますよ。

    あとは明るいレンズですね。





    室内の子供を撮るためには投資か妥協が必要で、
    両方を満足させるものは絶対にありません。

    (安いカメラで綺麗に撮ろうと思う人があまりに多いので
    「世の中そんなに甘くない」と、よく思います・・・)

    うまく妥協点を見つけてくださいね。

    ユーザーID:1958636888

  • ありがとうございます

    レスありがとうございます。

    ピンボケ写真が多いのはカメラのせいではないことがよくわかりました。
    (液晶画面しかないカメラなのでそこは難点なのですね、よくわかりました)

    前述していますが以前からずっと使っているカメラで、現像もしています。
    子どもの写真を撮る前には不満はありませんでした。

    出産前に撮った写真と比べてみたら、以前はほとんど屋外での撮影、
    今回はほとんど室内でした。
    ですので、全体的に失敗したという印象を受けました。
    なるほど外で撮ったものは良く撮れています。
    明るさの問題なのですね。

    シャッタースピードですが室内だと1/8秒くらいになっていました。
    ストロボは使いたくないのですがどうしたらいいのでしょうか。
    ISO感度をあげる、部屋を明るく、でしょうか。
    素人はオート撮影の方がいいと聞きましたが
    オートだと光ってしまいます。

    画素数が多ければいいということでもないのですね。
    多ければ多いほどいいのかと思っていました。
    わからないことだらけです。
    勉強したいと思います。

    ユーザーID:3209501114

  • ちょっと勉強した方がいいかもしれませんね

    写真の勉強を少ししてみたほうがいいかもしれませんね。
    あと、カメラの機種などを書いた方が、もっと具体的なアドバイスがもらえるかもしれませんよ。

    とりあえず、主さんが書かれている内容をもとにちょっとアドバイスを。

    > シャッタースピードですが室内だと1/8秒くらいになっていました。

    シャッタースピードが遅すぎます。手持ちで動く被写体をとるならば、最低でも1/125秒くらいのシャッタースピードは必要です。
    この場合、部屋を明るくするか、ISO感度を上げるしかありません。ただ、ISO感度はあげすぎるとノイズが増えますので、試し取りなどをして、許容できるISO感度の最大値は知っておいたほうがいいですね。最近のコンデジでは800とか、1600くらいまであげてもそれなりに写るとは思いますが...。

    ちなみにストロボを使いたくない理由はなんですか?ストロボの光が強すぎるなどであれば、ストロボの前にスーパーのビニールの切れ端などを貼付けて、光を柔らかくして撮るという方法もありますよ。

    ユーザーID:7325944741

  • 「おまかせ」がいちばん。

    私も子供の写真では苦労します。
    主さんは「一眼でバシバシ撮る!シャッターはこうで絞りはこうで!」っていうタイプではないですよね。
    だったら「オート」でおまかせが一番です。
    カメラはいつのものですか?最近のカメラはおっそろしく良くできています。
    オートで十分です。ただ、子供を撮るのはその瞬間を逃さないことが大事ですから、動かないお花を三脚立ててゆっくり撮るときのようには行きません。何十枚も撮って1枚成功があればいいほうです。
    オートで何十枚も撮って、さらにフラッシュをOFFしてとってみたり。
    デジカメですから失敗したのは消せばいいのです。
    それと、プリントですが、「フォトブック」やったことやりますか?
    トリミングや色の調整、拡大縮小が自分でできるので、ボケてしまったものを「それっぽく」見せることができます。(ここはセンスのみせどころ)ソフトは必要ありません。

    ユーザーID:7770930559

  • ISOを下げる

    暗い所専門の写真撮影の仕事をしています。ISOを下げるとくっきりはっきり写りますよ。そのためには照明を明るくするかストロボを使ってください。「室内・ストロボなし・オート」でとるとISOがかなり高くなるはずです。高くなるほどノイズが出て画像が粗くピンボケのようになります。

    屋外で晴れていればISOは100位に抑えられているのできれいに撮れているのです。

    ユーザーID:4415626942

  • 写真は残念でしたが…

    せっかくの写真がうまく撮れず、残念でしたね。

    既出ですが、やはり一番にISO感度をあげることを考えてください。
    他の方のコメントにあった
    「許容できるISO感度の最大値は知っておいたほうがいい」というのは、
    大切なことだと思います。
    フィルムカメラと違い、撮影時にISOを変更できることは、
    デジタルを使う利点の一つだと思います。

    それから、
    >オートだと光ってしまいます。
    とありますが、オート撮影時に「発光禁止」を設定することはできませんか?
    カメラの説明書で確認をしてみてください。


    失敗は残念でしたが、勉強したいと思われる
    素敵なきっかけになりましたね。
    私は銀塩、デジタルとも一眼ユーザーですが、
    高いから、いいカメラが撮れる…とは思いません。
    ただ、カメラが何であれ、知識は必要になります。
    子供の撮り方については、本やネットでも
    たくさん紹介されていますから、ぜひ頑張ってください。

    ユーザーID:0227458177

  • 歩留まり

    撮影に歩留まりという考え方があります。
    100回のシャッターチャンスがあって、そのうち何回ものにできるか?ということです。
    例えば3組のカメラが在るとします。
    Aは、ハイアマチュア向けデジ一+相応のレンズ
    Bは、初級者向けデジ一+相応のレンズ、或いはミラーレス機
    Cは、普及型のコンデジ
    撮影者は、私とします。
    それぞれの歩留まりは、
    Aで10%、Bで2%、Cでは、ほぼ0%(撮ることができません)
    腕が良ければ、この差はもっと縮まるのですが、ちっとも上手くならないので仕方なくカメラの性能に依存しています。
    失敗はカメラのせいではありませが、カメラの性能が良ければ失敗の確率は下がると思います。
    私は、ヘタクソほどより高性能なデジ一と明るく早いレンズを使った方が良いという考え方です。
    高感度耐性はあるし、手ブレ補正も強力、AF精度も高くて早い、レリーズタイムラグも小さいし、連写も速い、画素数も大きいから撮影後のトリミングにも依存できる、その上自分のクセに合わせてカメラをカスタマイズ出来るんです。
    ヘタクソにとってこんなに有難いことはありません、どんなに助けられていることやら。

    ユーザーID:6758311313

  • ストロボ?

    日本では一時、使い捨てのマグネシウム発光でないキセノンランプを「ストロボ」と言う文化があったようですが、あれはやはり「フラッシュ」と呼ぶみたいです。少なくとも日本以外では「strobe」は通じません。「ストロボ撮影」は、高速移動物の「分解写真」みたいなのを撮ったり、回転物に同期させた発光で止まっているように見せたり(自動車のエンジンの調整など)のことですよ。

    本題に戻って、いい写真を撮りたければ、入門者向けでいいから一眼レフを買いなさい。焦点調整速度、フラッシュの光量、何をとってもコンパクトカメラとは大違い。どんなカメラも光がなけりゃ写らない。真昼間の3m以上でなければ必ずフラッシュを焚くつもりで。暗いところではフラッシュをマウントして、フラッシュを正面に向けたり天井に向けたり色々工夫しましょ。

    素人写真の構図で典型的なのは、頭の上に広大な空が写っていて足が切れているもの。これは人物の顔を画面の中央に構えるから。「後で見たときどうなるか」をぱぱっと考えて、上下をバランスよく収めると立派に見えるよ。

    低い歩留まりでも、銀塩時代と違って金の心配せずに沢山撮れるから練習しましょ。

    ユーザーID:2367164695

  • アドバイスありがとうございます

    どれもとても勉強になるレスばかりです。
    お忙しい中お時間をさいていただきありがとうございます。

    今まであまり考えずに撮ってきましたが
    今回は立ち止まって考えるよいきっかけとなりました。

    今持っているカメラで色々試してみています。
    撮影時は部屋の明かりを全部つけて、低い感度でも撮れるようにしたり
    感度を上げてみたり、発光させたり、
    オート撮影にしたり、そこで発光禁止にしたり(できました)。

    フラッシュを敬遠していた理由は
    発光したときの色味があまり好きではないのと
    思わぬ部分に反射光が写ってしまったりすることです。
    ストロボ部分にビニール、というのはステキな案ですね。
    早速実行しています。

    それと、何十枚も撮る、という基本的なことをしていませんでした。
    連写もやってみています。

    フォトブックも試してみたいです。

    一眼レフは…憧れですが、今の私では選ぶことすらできませんので
    もっと勉強してから考えます。
    そうしている間にも子どもは日々成長していっていますので
    少しでもいいものが残せるようがんばります。

    ユーザーID:3209501114

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧