アンパンマンを不潔と言う夫

レス90
(トピ主2
お気に入り104

妊娠・出産・育児

りーのーこー

夫30代外国人。私30代、子供もうじき1歳になります。
今回、相談したいのは、夫の「アンパンマンは不潔」発言についてです。

子供には、アニメとかいろいろみせています。
その中で、アンパンマンは自分の顔をたべさせてる、野蛮だし不潔じゃないか。子供にはみせたくない、だそうです。
その意見を受けて、アンパンマンとはこうなんだ、新しい顔がもらえるんだと説明してますが、理解してもらえません。

オモチャや、アニメが流れるだけで毎回この発言です。だんだんこの発言がめんどくさいし、嫌になってきました。
日本の子供は少なからず、どこかで出会うはず。アンパンマンは正義の味方なのに。

どなたか、夫に理解してもらえるようにどう話せばいいか、アドバイスをください。
ちなみに、夫は日本約15年。日本の文化は理解してます。

ユーザーID:4879548731

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数90

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちも

    私の親戚(外国人)は
    「アンパンマンは暴力的」
    と言い、子どもに見せたがりません。
    また不潔ではないのですが
    「ほいほい人に物を与えるのが心配」
    だそうです。

    今だ平行線です。

    ユーザーID:1332069085

  • 不思議な設定ですよね

    確かに不思議な設定ですよね。自分の顔を食べさせて困っている人を救うなんて。私もこのことを知ったのは最近です。交換した顔もどうなってるんだっていう不思議もあります。

    ユーザーID:3117965266

  • 無理だと思います。

    ドラえもんやらドラゴンボール、セーラームーンなど日本のアニメがことごとく海外でヒットしている中で、唯一アンパンマンだけは欧米では受け入れられないと聞いた事があります。

    そんな大袈裟な、と日本人の感覚では思うのですが…カニバリズム(食人文化)を連想するのだそうです。
    日本人の美学である自己犠牲(良い意味での)の精神も彼らは理解出来ないんじゃないかな。

    旦那様は大人になってからの来日ですよね。ならもう理解させるのは無理かと思います。

    ユーザーID:4798921355

  • 調べてみる

    ご主人に理解してもらえるかどうかは分かりませんが、
    アンパンマンの作者、やなせたかしさんについて調べてみると良いと思います。
    どういった思想からアンパンマンが生まれたのか、正義や勇気についてどう考えているのか、など。アンパンマンの見方が変わるかも知れません。

    絵本のアンパンマンが出版されたときの大人たちの反応は概ねご主人と同じで、
    大ブーイングだったそうですよ。
    しかし子どもたちに人気が出たので、大人の見方も段々変わっていったとか。

    ユーザーID:1497343981

  • 旦那さんの嫌悪は深い

    旦那さんの「不潔」という印象を額面どおりに受け止めるだけでは相互理解は望めない気がします。

    可愛い絵柄のアンパンマンは知っていても、腹をすかせた友達に顔を食べさせる、という設定を初めて聞いた時は、誰しも驚き、児童向きの夢の多い物語なのだから…と消化してきたはずです。

    虫や動物の世界では共食いも有り得ますが、人類は文化園では行われる事はありません。

    しかし、飢餓があった国や肉食の国にとっては、話題にしたくないタブーである場合もあります。

    現代日本のように「グロ〜いキモ〜い」では済まされない遺伝的記憶が、ご主人を支配し、アンパンマンを嫌悪してしまうのだと思います。

    ご主人が嫌がる物を無理矢理見せるのは残酷です。

    「うちのパパはアンパンマンキライよね〜」と軽くかわしてあげましょう。

    ユーザーID:0685348682

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 文化の違いでしょ?

    私も旦那さん程ではありませんが、
    アンパンマンはちょっと苦手です。

    顔が半分潰れてアン(脳みそ?)が見えてたり、
    クビをすげ替えたり…。

    冷静に考えると結構グロいと思っちゃいます。

    ユーザーID:0834453925

  • 別に理解しなくていい

    日本人なら全員が理解しているものでもなし。

    わたしは、アンパンマンは押し付けがましくて好きになれませんね(作者のやなせたかしさんは大好きですが)だから、子供にも積極的には見せませんでした。が、まぁ、大抵幼稚園、保育園に行けば嫌でも、お子さんの目には入りますから。

    さて、ご主人に関しては、外国人であるなしに関係なく感じ方はそれぞれなので理解させる必要はありません。

    どうしてもというなら、絵本を読んであげてください(やなせさんが描かれた最初のアンパンマン) そして「自分の身を削って、他者に尽くす姿を多くの日本人は尊いと思うのよ」と伝えるのはいいと思います。

    さて、アンパンマンは当初書店では「自分の顔を食べさせるなんて気持ち悪い。子供だって怖がるだろ」と相手にされなかったそうです。あなたのご主人は正常な感覚の持ち主です。

    人の感性に無理強いは禁物です。

    ユーザーID:6157408720

  • 一番最初の絵本

    を 見てもらってください。
    アンパンマンの本質は 戦うことじゃないんです。

    お腹のすいた人に
    お腹いっぱい食べてもらう。

    やなせ先生のアンパンマンが生まれたエピソードや
    その他のお話も探してみてください。

    あと、日本が昔 戦争をしていた時、そのあと、
    子供たちがお腹いっぱい食べられなかった時代があったこと。
    分け合って、分かち合って、少しでも…おなかいっぱいに。

    今じゃ すっかり商業主義にひっぱられて、
    アニメの戦うアンパンマンが有名ですが、
    アンパンマンには やなせ先生の願いが入っていると思います。

    ユーザーID:5456465665

  • ちょっとわかる

    私も子供の時なんか野蛮というか気味悪いって思っていました。
    日本人でも思うんだから、外国人ではなおさらかも。

    ある絵本作家が言ってたんですが、日本の絵本って主人公が「モノ」などが多くて外国から見たら異様な光景に見えるようです。
    確かにちくわが動いたりするのは変ですものね。

    ユーザーID:7521291663

  • 私もキライ。

    0歳の娘がいますがアンパンマン見せたくありません。好きじゃないからです。理由はいろいろ(問題を暴力で解決するところや、顔を食べさせるという行為の気持ち悪さ、キャラクターのデザインなど)ありますが、要は好きじゃないからです。子連れ歓迎の場所へ行くと、どこにでもいてイヤだー。

    ユーザーID:0214710811

  • アンパンマンに込められた願い

    ご主人が嫌がる「顔」をあげる行為。
    実は、やなせ氏が「あんぱんまん」を書いた時に周囲の大人からは受け入れられなかったのです。
    自分の顔をあげる行為が「残酷だ」ということで。
    なので、ご主人の言うことも一理あるわけです。
    が、このアンパンマンの行為は、先の大戦で食べ物もままならない当時の日本を見て(ご自身が戦地にいた場所以上に食料不足だったとご本人が書いています)、目の前の飢えた人にひとかけらのパンをあげたい、それが正義であり、正義は痛みを伴うものなのだ、という深い考えから産まれたものだというのをご主人には知って欲しいなぁ、と思いました。

    やなせ氏の半生が書かれている「アンパンマンの遺書」と「絶望の隣は希望です!」を一度読んでみてもらってはどうでしょうか?特に、後者の本はなぜアンパンマンが顔を食べられるヒーローとなった理由が判ります。内容はかなりヘビーですが、一読の価値はあります。
    ご主人にとって、ある種のカルチャーショックだったのかもしれませんが「顔をあげるなんて不潔だ」という表面的な不快感だけで切り捨てる作品ではないことを知って頂きたい、と思います。

    ユーザーID:9455857552

  • 私も

    日本人ですが、不潔でグロテスクで好きじゃありません。

    だけど、それを言ったら世界中のおとぎ話には大抵何かしらそんな要素が含まれていると思います。

    小さい時に刷り込まれているだけで本人はそれが異文化の人間にとってみればグロテスクだと思わないものもありますし、大人になってから気付くこともありますよね。

    おしなべて色々見せて、親からの気持ちも見せて、子供がいずれ大人になった時に考えたらいいと思いますがダメかなぁ。

    ユーザーID:4458803213

  • 言われてみれば

    不潔、確かにね。
    空を飛んだり森に入ったりしているむき出しのパン、それを人に食べさせるってことですもんね。
    でも、鉄砲型のおもちゃ、迷彩服を着たテディベアに激怒した人のほうがまだ理由がはっきりしてますけどね。
    そりゃあもう、手のつけられないほどの激怒ぶり。
    なだめるのにどれだけ苦労したことか・・・。
    それ以来その家ではそういった類のおもちゃ、アニメは禁止となりました。

    アンパンマンについては、やなせ先生の理念をご主人に教えてみてはいかがでしょうか?
    色んなところで記事になってます。泣けます。

    ユーザーID:8878158913

  • くっだらない

    いちいち物語にケチつけたらきりないですよ。

    お菓子の家も不潔じゃん。外にあるんだから。
    ネズの木なんか、人を食べてるし、シンデレラや白雪姫は継子いじめの話でしょう。

    スバイダーマンやスーパーマンは毎日同じ服だけきていて不潔じゃん。
    ルパンは泥棒の話で教育上よくないですよね。

    で?ご主人何の話を見せたいわけ?

    ユーザーID:1568362509

  • 説明する必要はない

    野蛮だ、不潔だ、と感じる人に対して
    「そうじゃない」と説明する必要があるでしょうか。

    何か説明する必要があるとしたら「子どもに見せたくない」という部分に
    対してだと思います。
    あんぱんまんは所詮アニメ、ファンタジー、架空の世界の話ですから
    現実と違うことはご主人もご存じだと思います。
    その虚構の世界を好きか好きでないかということは
    個人の感性に委ねられています。
    例え子どもといえど、親とは別個の人間、
    その感性を他人の感性で矯正することはしてはならないと思います。
    (犯罪など、社会において絶対にしてはならないこと以外)

    子どもが好きだと感じるのなら見せればいいし、
    子どもが「これは汚いから見たくない」と言えば見せなくていいのでは?

    少なくともご主人は不快に思うわけですから、
    極力ご主人には見せないようにして、
    どうしようもない時は「うるさい!それはもう知ってる!」と
    言っておけばいいのではないかと思います。

    ユーザーID:2809875548

  • 爆笑してしまいました

    アンパンマンは野蛮で不潔ですか。

    野蛮とは粗野で教養がない人。不作法で粗暴な人と言う意味なので
    アンパンマンは粗野で粗暴と言っておられるんですよね。

    一般的なイメージとは対極的ですね。

    生きた状態で自分の顔を食べさせる行為は「愛」です。

    食べさせるならスペアの方を食べさせればいいとは思いますが・・・。

    不潔とのことですが、よく洗って煮沸消毒した方がいいでしょうか。
    しかし、アンパンマンを食べる登場人物が人間ではなく動物など
    人間以外の存在なので洗う必要はないと思います。

    パンですし。

    バタコさんが「腹減ったーアンパンマン、お前の顔食わせろや」と
    いきなりアンパンマンの頭にかぶりついたら、それは
    「野蛮で不潔。こんなの子供に見せられない」と言えると思います。

    ユーザーID:1819783617

  • 理解はしてるんでしょう?

    だから、単に、屁理屈をこじつけているだけでしょう。
    言ってみれば、「日本人と違う視点を持った自分カッコイイ」みたいな感覚じゃないですか。
    理屈を追い回したって無駄ですよ。
     

    ユーザーID:8270338483

  • 出版当時、大人からは評判メタメタだったそうですよ

    絵本出版当時は日本でも、大人…特に識者からの評判はメチャクチャ悪かったそうですよ。
    普通「顔なんか食わすな。中身見えてるあーあー」って思うじゃないですか。

    でも子ども達にはものすごく愛されたのね。
    これはアニメ化した方のインタビューで見ましたが、
    幼稚園保育園小児科なんかで、一冊だけボロボロの真っ黒になってるなと思ったらそれがアンパンマン。
    子どもが愛するならそこに何かあるんだろうと。

    やなせたかし氏は顔を食わせる事については確信的です。
    戦地での激しい飢えと、負けて「正義」がひっくり返る体験が根っこにあるんですから、
    そりゃあもう腹が据わってます。
    [映画でも何でも正義の味方は既にたくさんいたけれど、誰も飢えを救わないんだ。
    ボクは、まず泣いている子のお腹を満たす、そういう正義の味方を描きたかった。
    戦う正義なんて立場によってすぐにひっくり返るけれど、
    他人の飢えを我が身を削って満たす事は、立場に関わらず正義だと思う…]
    というような(不正確ですが)事を仰ってると思います。

    そういうインタビュー記事などを探して一緒に読んでみてはどうかなと。

    ユーザーID:4725606835

  • あんぱんまんは暴力的

    20年アメリカに住んだ私もあんぱんまんは暴力的だと思います。
    アメリカではDora the explorer、ピングー、Bob the builder、テレタビーズのような殴ったりしない平和な番組が主流です。日本のアニメも人気ですが基本的に小学生以上向けで、日本では幼児向けの戦隊ものもアメリカでは幼児の見る時間帯にはありません。戦隊ものは小学生の親でも暴力的すぎると嫌がる人は多いです。
    でも日本に住む以上あんぱんまんは幼児向けだし、すぐに戦隊ものだって周りの子は見始めます。
    ご主人には我慢してもらうしかないかもしれませんね。

    ユーザーID:2332733210

  • マンガですからねぇ

    子ども向けのファンタジー漫画なんだから、つべこべ言わずに見てなさいっ(笑)
    ファンタジーの設定に文句言ってもしょうがないですよね。

    それにしても、昔はアンパンマン、食パンマン、カレーパンマンの3人がメインだったと思うのですが、いつからメロンパンがメインになったのでしょうか?

    ユーザーID:9079845794

  • 作者の意を伝えては?

    やなせたかしさんがどんな思いでアンパンマンを誕生させたかを。

    当時の日本は世界大戦のあおりで、みな飢餓状態にありました。

    お腹を空かせた子どもたちを見続けていたやなせさんは『悪いものをやっつるだけでは子どもたちは救われない、もっと何か違う形で救えるヒーローはいないのか?』と常々考えていたそうです。

    そんなやなせさんの『一番大事な空腹が満たされなくてどうする』との思いが、アンパンマンというヒーローを誕生させました。

    旦那様がどの文化圏の方かは分かりませんが、これを知ってなお野蛮や不潔だとは言い切れないと思います。

    ユーザーID:5141989990

  • 「野蛮」って言うけど

    …大まかなストーリーの流れは殆ど「ポパイ」と同じだよね。
    >アンパンマン

    細部はともかく、そんなに目くじら立てるほど「暴力的」とも思えないんだけど…。

    ユーザーID:4782050290

  • あはは

    少しわかる。
    特にカレーパンマンね。

    ユーザーID:0285844465

  • それいけアンパンマン!!命の星のドーリィ

    「何のために生まれて、何をして生きるのか。答えられないなんてそんなのはいやだ」
    アンパンマンのテーマソングですが、アンパンマンは人生について論じています。
    安達祐実が客演した、アンパンマンの映画「命の星のドーリィ」は
    邦画の最高峰のひとつです
    旦那様と一緒にごらんになって下さい


    私は泣きました

    ユーザーID:4336396329

  • あら!

     今日、小児科に行って来ました。
    そこでアンパンマンのビデオを何気なく見ていて、私も衝撃だったんです!
    うちの子供はもう大きいのですが、昔から私自身がアンパンマンをあまり好きではなかったので、子供にアンパンマンのグッズやビデオを見せたりはしていませんでした。
    もちろん、私もほとんど見たことなかったんです。
     それが今日見ていて、顔をちぎって皆に与えている所を見ました!

    衝撃でしたよ!!

    驚きました。あれは自己犠牲の事なんですか?
    私も素直に不潔だなあと思いましたよ。
    自分の頭をちぎって渡すなんて!!不気味です。

    ご主人を説得するのは、無理だと思います。
    だって、私もそう思いましたから。
    別にご主人に好きになって貰わなくても良いのでは?
    子供には他にも沢山キャラクターがありますよ。大したことではありません。

    ユーザーID:1448326223

  • お子さんがハマれば変わるかも

    お子さん、まだ1歳になってないんですねー。
    私の子は2歳3ヶ月ですが、一歳半過ぎから、あれよあれよとアンパンマンにハマり、今は寝ても醒めてもアンパンマン。アニメを見せれば、お話のセリフを丸暗記し、どんどん言葉が増えています。保育園の周りの子達もそんな感じです。
    実は、私も以前はアンパンマンはかわいくないし、顔を食べさせるのはなんだか気持ち悪いし、あまり好きではありませんでした。しかし、親はやっぱり、我が子が喜んでれば嬉しいんですね!今は私もすっかり詳しくなって、登場キャラクターの絵も描ける様になり、子供にせがまれるまま、どんどん描くのでコミュニケーションも進みます。
    ご主人も、トピ主様がいろいろと言うよりも、お子様がハマれば、その姿が何よりの説得になるのでは。ハマらなければ別にいいわけだし。

    ユーザーID:2912929141

  • 久しぶりに笑えるトピ

    でした。
    そうなんですね(笑)
    お子様が見たいなら、ご主人がいない時だけ子供に見せてはダメですか?

    お子様は特に見たがらないなら、見なくていいのでは?
    数年後、子供も含めて笑い話になるでしょうね。面白い(笑)

    ユーザーID:1779610501

  • 夫さんの言い分は一理ある

    私もアンパンマンについては、教育上良くない部分があると思っています。
    食べ物の擬人化でも、見た目は普通に手足があって超人的なので、『顔』という体の一部を
    食べさせたり取り替えたりするという仕組みが不気味なんですよ。
    あの取り外した顔はどうなるんだろう・・・なんて感じてしまう。
    あれを見てアンパンマンごっこした幼児の間で友達の顔に噛み付いた子なんていないんですかねぇ。
    夫さんの主張について、私も似たような感覚はあるので同意しますねぇ。
    その人はそんな感じ方をする人と割り切ればいいのでは?
    アンパンマンのそもそもの成り立ちを踏まえた上で子供たちは接するわけじゃないし、
    人気があっても、疑問視する目は一定必要かと思います。

    ユーザーID:8607950934

  • 元はアンパン配るオッサンの話

    以前ト○ビアの泉でもやっていましたが、アンパンマンは元は大人向けの寓話で、主人公はカッコ悪い中年のオッサンでした。

    お腹を空かせた子供たちにアンパンを配って回っていたのですが、断られたり罵倒されたりしてばかり。やがて戦争になり、お腹を空かせた子供たちに、アンパンを届けようと空を飛んでいたところを、撃ち落とされ死んでしまう…というお話です。

    >アンパンマンは野蛮

    野蛮というか…。私はアンパンマンという物語は、ものすごく残酷なお話だと思います。

    アンパンマンは、善良であるが故に他人に都合良く利用され一方的に搾取されるばかりのお人好し。
    彼を食べる子供や困っている人たちは、弱者である事を武器にアンパンマンに一方的に犠牲を強いて文字通り「食い物」にしているが、その事に対して何の罪悪感も抱かない。
    バイキンマンは「ばい菌」というだけで周りから疎まれ、本来彼の同類である筈のドキンちゃんは、彼を迫害する側(食パンマン)の味方に付く事によって、自身が迫害される事を回避している。

    子供がアンパンマンを好きなのは、上記の残酷性を本能的に嗅ぎ取っているからじゃないでしょうか。

    ユーザーID:0356593149

  • 残酷なもの

    アンパンマンだけではないですよね。
    海外でも子供向けのストーリーや歌は残酷なものが多いです。なぜでしょうね?
    子供むけの詩や歌ののった本(英語)を買ったのですが、半分以上残酷な内容で、読むと凹むので、いつもTwinkle Twinkle(キラキラ星)ぐらいしか読まないです(汗
    例えば
    Humpty Dumpty (壁から落ちて粉々に、元に戻らない。)
    Jack and Jill (丘からころで落ちて、、頭が割れる)
    It's Raining, It's Pouring (おじいさんが雨の日寝て、翌朝死んでた)
    Rock-a-Bye, Baby(ゆりかごを木につるして、風に揺られて、赤ちゃんがかごごと落ちる。<危ないです)
    Sing a Song of Sixpence(パイの中から黒い鳥が。<気持ち悪いです。)
    Ladybug, Ladybug Fly Away Home(てんとう虫のお母さん、留守中に家が大火事。1匹の子供だけ生き残った。<悲しすぎ。)

    などなど、海外の子供向けのストーリーは酷い話が多いです。

    子供の世界ってこんなものよって言ってみたらどうですか?

    ユーザーID:4991055304

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧