キャリア・職場

自分で決めたことだけど・・・

レス11
お気に入り22

つぐみ

働く

トピを開いていただき、ありがとうございます。
40代、独身、のつぐみと申します。

私は女性総合職が一般的になった世代で、
大学卒業後総合職として今の商社に入社しました。
仕事はとても楽しく、女だからといって区別しない職場の雰囲気も心地よく、
役職もつき責任のある仕事を任せられ充実した毎日を送っています。

仕事が安定したため、そろそろ結婚も考えようと、
周りを見回したところ、会社の同じぐらいの年齢の同僚はほとんど結婚しており、
結婚相談所で紹介される人もピンと来る人方が少なく、
お話しできた人も年齢の問題から子どもが難しいこともあり、
上手く進みませんでした。
(直接的に年齢で断られたわけではありません。彼の話し口調からの推察です。)

私はパートナー探しより、仕事に重きを置いていました。
これは私自身が選択したことで誰に恨み言を言うことでもありません。
会社の後輩、女友達が結婚、出産することも他意なく祝福してきました。

ただ、女性の社会進出、共働きという波の中で、
私はその流れに押し流されていたのではないかと、
今になってみるとふと思うことがあるのです。

女性らしい生き方というと語弊がありますが、
結婚して子を産むという価値観が軽んじられていた記憶があります。
(私の周りではそんな雰囲気がありました。女性も男性と同じように働けるんだと、
子どもを作るだけが全てではないと。)

家族や周りの友人に話すようなことでもなく(非難と受け取ってしまうかもしれない)、
同じようなことを思っている方がいらっしゃるか聞いてみたく投稿しました。

その年齢では贅沢だとか、条件を下げればいいとか、
アドバイスを求めているわけではありません。
お気に障った方はそっとこのトピを閉めていただければと思います。

共感いただける方、コメントいただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

ユーザーID:5999838289

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 時を戻せるなら・・・

    どこに戻りますか?
    そして、どうしますか?

    私も、男女雇用機会均等法ができてまもなく短大を卒業したので、学歴は違いますが同じ時代の頃の就職でしょう。

    時代はバブル。しかも私は百貨店が就職先でしたから、オシャレで仕事ができて公私共に楽しそうな先輩方に憧れ、結婚や出産はかなり後回しにしてました。
    結婚した人がただひたすら大変に見え、自由な時間も使えるお金も減るだけの結婚、たぶんないなあ、と思ってました。
    東京もしくは東京近郊で生まれ育ち、自立心旺盛な女子ならたぶんそんな流れでしたし、いままでの女性の生き方は古い、という雰囲気、確かにあった。
    でも、そんな頃、『負け犬の遠吠え』が流行りました。
    仕事や友人や趣味に忙しい独身女性の描写が生き生きとしていて、面倒だから自らを負け犬と言ってるけど、結婚した人に負けてないつもりの30代の姿に自分や同じ環境の友人を重ねて読んでました。
    私も、あの本に出会わなければ自分が老いていく事実から目を背けていたかも。
    望み、努力すれば全てが叶えられる、という経験が残念ながら通用しないのが出産、なのかもしれない。

    いまなら間に合うならば、どうしたい?

    ユーザーID:3639829276

  • 結婚がすべてではないと思います。


    私の妹は結婚して子供もいますが人生、人それぞれと思います。

    私は主さんのキャリアが羨ましいです。でもそれは主さんが頑張ってこられた結果ですね。

    私の知り合いに独身で自分でマンションを買って悠々自適に暮らしている人もいます。

    ユーザーID:6174605600

  • なるほど

    それがいわゆる「ミッドライフクライシス」の典型の症状です。
    もう少しすれば開き直ることができるのようになるので心配することはありません。
    10年後には「そんなことで悩んでいたなぁ、アッハッハ」と笑い飛ばせるようになります。
    今際の際に人生を振り返って「うん、まぁこんなもんだろ」と言える残りの時間を過ごしましょう。

    ユーザーID:3045289339

  • 全部は無理ですよね

    同じく、均等法から数年経った世代です。
    大学院まで地方都市にいたせいか、
    仕事を継続しつつ結婚することしか考えていませんでした。
    大学の僅かなクラスメート女性は、あっさり結婚退職した方が多いです。
    トピ主さんは首都圏出身ですか?

    理系なので、地元を離れ、大手メーカに技術系総合職で就職しました。
    子供優先(保育園と学童以外の外注なし)というスタンスなので、
    仕事は継続しつつも、担当できない仕事が多々あります。
    もちろん管理職ではありません。
    子供の数も、結婚時の希望と違い、育児経験後に一人に変えました。

    全部は望めないと、結婚、妊娠、育児の各段階で何かを諦めています。
    よって、私はどれも中途半端なレベルです。

    ユーザーID:5555932556

  • 流行遅れになっている不安

    仕事が出来る人は、男性に頼らずとも仕事に生きがいで楽しく、経済的にも自立してるので、いざ年齢に陰りが見えた時にならないとその事実に気づかないんですよね。

    あなたにとって男性ってなんなんでしょう。
    多分、老後への不安に対する、漠然とした保険みたいなものではないですか?

    今まで一人で平気だったのに、老後になったら寂しいのではないか、自分が倒れたらお金だけではどうしようもないのではないか…という漠然とした不安。

    仮にあなたが今結婚できたとして、今更パートナーに重きをおいて、仕事を二の次、もしくは退職なぞできるでしょうか。
    男性に頼ってこなかったあなたが、仕事をセーブして男性に精神的に経済的によりかかれるでしょうか。
    エンドレスで続く家事、血のつながらない人との交流、介護。
    そんなことをいきなり生活に入れることを、今になってできるでしょうか。

    以前は男女平等が流行っていました。今は負け組勝ち組が流行っています。
    今の流行りがあなたの生き方に合わないので不安になっているのでは。

    ユーザーID:3117692647

  • 共感します

    まもなく40代の者です。
    大学時代から、自分は結婚も出産もせず自分の道を行くんだと当然のように思っていました。主婦がものすごく地位の低いかのように扱われていた時代だったんですよね。社会から切り離されていくような。

    社会人になると、何だマスコミが言うほど男性と同等じゃないじゃん、と思う現実がどんどん見えて。外資系でも内資系的で古臭い会社も多いし、全然扱いが均等じゃない…
    30代半ばでは、仕事頑張って自活して、ちょい贅沢するくらいにはなったけど、充実してるといえるのかなぁ…と結構悩みました。子供を産んで育てる事、他人と一緒になって家庭を築く事が、実は一番クリエイティブな行為なんじゃないか?と頭をよぎったものです。社則もない、肩書きもない、年収査定もそのための根回しもない、純粋な人間の仕事(?)だと。

    数年後、縁に恵まれ結婚、退職、妊娠。意識の変わり目だったのだと思います。
    周りにはまるで手の平返したみたいな言い方をする人もいましたが、自分にとっては、意識の変化を受け入れて道をそっと横にそれた選択も、しなやかでいい感じです。そしてそれは、いつでも構わないんだと思います。

    ユーザーID:4442204134

  • もっとない人もいる。。

    今の20代は、
    不景気も手伝い、
    もっと、ない、ない、ない、・・・の人がたくさんいます。

    仕事だけでも(変な言い方ですみません)、
    きちんと、やり遂げられていて、羨ましいです。

    時代背景的に、
    働く女かっこいいブームから専業主婦ブームに変ったり、三高ブームから、今は三平ブームとか・・・。海外志向から、内向き志向とか・・。

    私も、とぴ主さんより下世代で、経験も浅いですが、
    振り回されてきたような気分です。

    ユーザーID:2587967151

  • いわゆる

    いわゆるクロワッサン症候群ですよね。
    雑誌は簡単に方向変換ができますが人生はそうはいかない。
    後にクロワッサン症候群ーその後というのが出て
    あっさりと仕事を捨てて結婚して子育てしている女性もいましたね。

    私は40代半ばで20代でのDINKSの波に乗った組ですが、
    これも何年後かにあっさり子供を持った夫婦も多かったです。
    そんなものだろうと思っていたので驚きはしませんでした。

    でもトピ主さんのような女性を一定数生み出したことは確かです。
    当時クロワッサン症候群を読んで危機感は感じませんでしたか?

    ユーザーID:4319546608

  • 隣の芝生は青く見える

    仕事に専念していたから、パートナーのいない人生になってしまった、
    主婦業に専念していたから、社会から遠ざかってしまった。

    どちらも自分が選んで生きてきた道を振り返り、
    たぶん、もしかしたらと幻想を抱いているんだと思います。

    誰だって過去からやり直したいと思うことはあります。
    もし、あの時、あの人と結婚していたら、
    もし、あの時、仕事を選んでいたら、
    みんな、そんな夢を一度は描くんです。

    でも、それは夢だからきれいに見えること。
    現実はそうじゃない。
    あなたは今のあなたでいつも勝負するしかありません。
    それは仕事であろうと、婚活だろうと同じ。

    過去の自分でも、未来の自分でもない、
    今、その場にいるあなた自身がこれから選んで歩むだけです。
    だから、過去を一々振りかえったところで、無意味だと思うし、
    そんなことでくよくよしてたってちっとも幸せにはなれないとも
    思います。

    ユーザーID:0201669172

  • トピ主です。1

    お返事、とても有難いです。

    >>パールジャムジャムさん

    『負け犬の遠吠え』をご覧になって、
    独身女性が"負けていないつもり"とする考え方を、
    虚勢があるのではと思われたのですね。

    時を戻せたらと考えなくもありません。
    (何だってそうですよね(笑))
    ただ、あまり真剣には考えないようにしています。
    だって、もう選んだことだから。


    >>ryokoさん

    そうですね。結婚が全てではないと思う。
    私も、ryokoさんのお知り合いのようにマンション住まいです。
    でも、誰もいない部屋に帰るのが時々寂しくなる。


    >>よくあることよん

    症状にそのまま当てはまります。
    心の嵐がおさまるまで、やはり耐えるしかないのでしょうか。


    >>ふーさん

    地域によっても、学歴によっても、付き合う友人によっても、
    モデルとされる生き方は変わってきますよね。
    私は中学校から私立の中高一貫校に進みました。
    小学校の友人たちは早々と結婚し、子どもを産んでいます。

    出産した頃から話が合わなくなり交流が途絶え、
    実家の母からたまに噂を聞くぐらいになってしまった。

    ユーザーID:5999838289

  • レスします☆

    40歳です。
    大学卒業後は総合商社の一般職として働き6年後に結婚退職しました。
    私の同期にも二人総合職の女性がいました。
    せっかく総合職として入っても、やはり結婚だ転職だで
    数年で辞めてしまう人が多かったように感じます。
    当時、会社としても総合職の女性をどう扱えば良いのかわからなかった節もありますし。
    そんな中ずっと総合職として働き続けていらしたトピ主さん、尊敬してしまいます。楽しいながらも大変なこともあったのではないでしょうか?
    結婚は子供だけではありませんよね。
    中には二人で共に生きましょうと考えている男性の方も少なくありません。
    トピ主さんは充実しているとありましたが、それがトピ主さんからにじみ出ていることと思います。きっと輝いていらっしゃると思うんです。
    その輝きをわかってくださる方がきっといらっしゃるはずです。
    今のままのトピ主さんで行けば、きっと良い出会いがあると思います☆

    ユーザーID:0611131719

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧