悪性の可能性 子宮筋腫の治療

レス21
(トピ主4
お気に入り58

心や体の悩み

ぷぷ

47歳、妊0産0です。今まで10年間、経過観察できた子宮筋腫でしたが、変性を起こして痛みを伴うようになりました。MRIの結果、『悪性の可能性が高い』となりました。それまでは更に経過観察を、と思っていたのが手術になり、専門医のいる総合病院へ紹介されました。

紹介先の病院で手術ということになりましたが、紹介先の病院ではMRIの読影の結果はおそらく良性ということでした。読影での判断は難しいようです。

悪性を疑って、手術は子宮全摘出・両側付属器全摘出ということになります。

子宮全摘出には抵抗はないのですが、両方の卵巣をとると免疫力が下がり体調不良になるという話がよくあるので、不安のどん底にいます。医師からは漢方やホルモン療法(乳がんになる可能性が増す)で対処すると言われました。でも、毎日体調で悩む日々が続くかと思うと、非常に悩みます。その一方で、卵巣がんなどの不安材料がなくなるというメリットもあることもわかります。

この10年間筋腫としてきたものが、こうも変わるものなのだろうかというとまどいがあります。筋腫だと思っていたら肉腫だったというケースがある以上、それも否定できないということなのでしょうか。まれに筋腫も悪性に変化するから、ということでしょうか。 まだ私自身が手術を100%前向きにとらえられないのです。できれば経過観察にできないものだろうか、という思いが捨てきれません。これはあまい考えでしょうか。

アドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

ユーザーID:6296920316

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 先生とよくご相談なさってくださいね。

    ぷぷさん、こんばんは。ご不安ですよね。

    昨年12月に、肉腫の疑いもあり手術しました。
    私は毎年受けている勤務先の婦人科検診では子宮筋腫が発見できず、発見時大きかったこと(急激に大きくなった可能性を否定できず)。加えて持病のため、MRI・CTでは造影剤を使えず、画像のみでは変性があるように見え良性とは判断できず。先生と相談の結果、肉腫の可能性もあるため早急に手術を、となりました。

    手術は開腹での子宮全摘出(両側付属器も)を予定。ただし、結果として子宮のみ全摘出で終了しました。摘出物の検査結果が正式にわかるまで待ちましたが、良性でした。

    生まれて初めての手術、そして肉腫の可能性を言われてから、不安なことだらけで眠れない日が続きました。今は、結果が良性と確定でき、不安を抱えたままでいるよりも手術をしてよかったと感じています。

    専門医の先生であれば、ご経験から良性と判断した場合、私のように卵巣を残す可能性もあると思います。
    万が一、悪性の場合を考えての手術をすすめられているのですよね。納得のいくように、よく主治医の先生とご相談なさってくださいね。

    ユーザーID:6139600400

  • 核手術

    私は医者じゃないので状況も分からずお力になれないかも知れませんが、全摘出に抵抗があるなら部分的に取り除く核手術というものがあります。
    全ての症状で適応できる訳ではないと思いますが、私は核手術を受けて今は体調が安定しています。
    ネットにそういった治療を行える病院の情報が出ていますからいろいろ検索してみてください。
    結果的に全摘出しか選択肢がなかったらその時に決断したら良いと思います。
    SNSのコミュニティなどで情報交換している方達もいますから、そういったところの情報も参考になります。
    あまりいい加減な事は言えませんが良性ならまだいろんな可能性があるかも知れません。

    ユーザーID:7955334001

  • 体は大切ですよ

    私も子宮筋腫でした。出血がとまらなくなったりすることが多くそれでも手術をするのが嫌でニュープリンで出血を止めたりしていましたが、詳しく検査をしたら、子宮内膜増殖症でした。嫌だといっていられなくなり手術をしました。私は52歳だったので、もう卵巣もとりましょうということでした。卵巣もあるとがんにならないとも限らないと言われ、そうなのかなと思いとりました。体は大切にしてください。一番いい方法をとってくださいね。手術は嫌ですが、思い切るとすっきりします。私も卵巣もとりましたがあとはそんなに副作用はでませんでしたよ。

    ユーザーID:3587973308

  • セカンドオピニオンは?

    私は、先月筋腫で子宮の全摘をしました。
    卵巣は残っていますが…。
    以前も核摘出をしています。
    同じ病院です。

    私は子宮筋腫では有名な大学病院に行っていますが、
    直接先生にも、また配布される資料などにも
    『セカンドオピニオン』は勧められています。
    そのための、カルテの提供も行うそうです。
    私はほかの病院には行きませんでしたが、
    そういったことが推進されているのは安心でした。

    不安があるまま、手術などするのはよくないですよね。
    特に、子宮全摘だけでも、精神的に不安定になる人は多いと言いますので、
    多少遠くても、大学病院などがあれば、
    一刻も早く、そこで検査をしてもらうことがいいと思います。

    普通の総合病院がどういうスタンスかわからないのですが、
    今の大学病院はきちんと診てくれると思います。

    不安を抱えて時を過ごすよりは、
    多少遠くても2〜3病院を調べてみて、
    GW後すぐに行ってみるのが良いかと…。

    ただ、痛みもあるし、まだ閉経までは時間があるので
    『経過観察』ということにはならないでしょうね。
    卵巣がどうか…ということですよね。

    ユーザーID:2650884779

  • 100の小町レスより5の専門家の意見

    お悩みの気持ち、よくわかります。

    主さんの悩みの核は、ここではありませんか。

    >できれば経過観察にできないものだろうか

    経過からするとおそらく変性子宮筋腫つまり良性で、問題点としては痛みだけではないでしょうか。10年経過観察にしていたという点から考えると悪性の可能性は極めて低いでしょう。それでも悪性を心配するとしたら、2,3カ月経過を見るという手があります。その間にどんどん進むようならいよいよ悪性が疑われますが。
    いずれにしても、MRIとエコーをみないと詳細は言えませんが、アドバイスするとしたら上記タイトルです。医者によって判断が分かれるケースもよくあります。手術をするかどうかという非常に重要なことなのですから、何人の専門家の意見を聞いてもいいのでは? 経過観察もありだという意見があれば悩みも和らぐし、10人くらいに聞いて全員が要手術と言うのであれば、主さんも納得が行き易いのではないでしょうか。

    後悔のない選択を。どうかお大事になさって下さい。

    ユーザーID:8015635760

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 私も以前、同じ経験をしました。

    はじめまして、ちびと申します。44歳、未妊です。
    筋腫の治療を始めて、5年経過します。筋腫の治療の為、最初に行った地元の総合病院では、MRIの結果、筋腫が大きく肉腫のリスクがある為、子宮全摘を勧められました。納得がいかず、知り合いの医師に相談し、東京の大学病院でセカンドオピニオンを受けました。血液検査をし、MRIを再度、読診してもらった結果、多発子宮筋腫をいうことで、大学病院で定期的に診察、1年に1回のMRI検査で経過観察中で、現在に至っています。思い切って、セカンドオピニオンを受けたらいかがでしょうか?私自身、セカンドオピニオン受けて良かったと思っています。田舎に住んでいるので、通院には、電車、バス乗り継いで、片道2時間半ほどかかりますが、都市部の病院ですと、専門医に診察を受けることが可能です。是非、専門医の診察を受けてみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:5435957940

  • 肉腫ではないですが…

    子宮体癌で子宮全摘しました。その時に、主治医からは
    「普通は卵巣まで全部取る所だけど、今回は残した方が良さそうだ。」
    と言われました。でも、私自身は実母が卵巣がんで手術した事もあって、今後の事も考えたら…
    ちょっと不安もあったので、その旨を相談しましたら
    「取るのはいつでも取れるけど、残す事のデメリットよりもメリットの方が大きい。」
    と言われましたよ。結果的には術中に部分切除後、術中診断で『異常なし』だったので卵巣は残す事になりました。
    それ以後、異常はありません。私はまだ30代後半だった事もあり、骨粗しょう症や高コレステロールの
    弊害を考えたら絶対残す方がいい…と主治医に強く勧められました。

    色んなケースがあるので、とぴ主の主治医も検討の上での事でしょうから、納得いくまで話す事が
    一番大事だと思います。その上で納得できなければセカンドオピニオンも考えられては?

    ちなみに、同室の方に筋腫が肉腫に変る可能性が高いから手術された方がおられましたし
    私の叔母も肉腫に移行する可能性が高いと言われたので30代で筋腫を取ったそうです。

    ユーザーID:9185632163

  • メリットとデメリット

    こんにちは。お気持ちお察しいたします。私は2年ほど前(48歳)に内膜症で卵巣を全摘出しました。
    確かにMRIの読影は難しいところもあるようです。卵巣の場合は奥にあるので、判断がわかれました。結果は所謂チョコレートのう胞=良性でした。

    内膜症の治療薬が使えなかったことや45歳以降のチョコは悪性化の可能性がやや上がることを踏まえて全摘出しました。どこまで手術するかも迷うところですが、卵巣全摘出のメリットは内膜症などの婦人科疾患からほぼ解放され、卵巣の悪性疾患のリスクはなくなる。デメリットは心臓、血管系の疾患が増える、LDLが増える、骨密度が下がる、更年期症状などがあります。

    私はホルモン補充療法はしておりません。内膜症からは解放されほっとしています。LDLは跳ね上がり軽いスタチン系の薬を使っています。検診は定期的に受けておりますが、それ以外の問題はでていません。エストロゲンの貼付薬もあり、副作用は少なめと聞いております。年齢的には軟着陸が可能かもしれませんね。

    専門医の先生に卵巣全摘出の必要度なども納得ゆくまで聞かれてはいかがでしょうか。早く安心できますように。

    ユーザーID:5313548530

  • ありがとうございます トピ主です

    ぷうさま  

    >生まれて初めての手術、そして肉腫の可能性を言われてから、不安なことだらけで眠れない日が続きました

    まさにその通りになっています。 手術前に身体がもたなくなりそうで、まいってしまっています。

    手術までの時間も限られていますが、今一度、主治医に相談してみます。貴重な体験談をありがとうございました。体験者のお話がとても心の支えになります。

    ゆいゆいさま

    ありがとうございます。私はどうして早いうちに核摘出をもっと積極的にしなかったか、ただ後悔の毎日です。医師にはもう無理と断言されました。SNSでの情報交換、体験者のお話もうかがえるのでやってみます。

    ユーザーID:6296920316

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 少し落ち着けました トピ主

    るるさま、47歳さま、フェイさま、ちびさま、marin, ととろさま: 本当に感謝します。肉腫の疑いがあると言われ気持ちのコントロールを失い、手術を嫌だと言ってはいけない気がして短期間で手術目前まできました。手術を受ける総合病院は、最初の病院から『手術・加療』で紹介されました。セカンドオピニオンで紹介されたのではないのですが、ある意味そうなったかと思います。そこではじめの病院とは大きく違うMRIの読影がでました。ただ、それでも両卵巣摘出を含めた手術をしたほうがいい、とれるものはとってしまいましょう、もしも悪性だったらもう一度手術です、卵巣がんの心配もなくなりますよ、と言われました。

    初めの病院はMRIの読影結果をなぞって読まれたぐらいで質問してもよく説明してくれませんでした。また、紹介のされ方が『手術・加療』であったため、紹介された病院でもその方向へいっているのではないかと不安の原因になっています。

    心配なのは卵巣です。こればかりは賭けかもしれません。経過観察できてしまった自分を責めています。筋腫のある方にはこんな事態になる前に早い処置をとるよう願ってやみません。

    ユーザーID:6296920316

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 先月、子宮全摘手術をしました

    不安な気持ちお察しします。
    私も経過観察していた筋腫が急に大きくなり、MRI検査をした所、変性(水腫)している為「肉腫であることは否定できない」と言われ手術を勧められました。片方の卵巣もチョコ膿腫があるとのことだったので「出来れば膿腫だけを取って欲しい」と希望しました。が、開腹してみたら残せる状態ではなかったようで片方の卵管卵巣を切除しました。
    ぷぷさん、卵巣をとることに抵抗があるのなら筋腫と一緒に切除しない選択肢もありますよね。一番不安な卵巣切除の事、皆さんがおっしゃっているようにセカンドオピニオンを受けられてはいかがでしょうか。私は主治医のほかに3人の先生に相談しました。どの先生も筋腫が肉腫かどうかはとったものを検査しなければわからないと言われました。術中迅速診断で手術の方向を決めるという方法もあるという事でしたが迅速診断は100%確実ではないと言われ、それなら今悪いところだけを切除してもらおうと手術に踏み切りました。
    今、退院後約一か月で今週検査の結果が出ますが、肉腫でないことを祈るのみです。
    ぷぷさんもどうか納得されるまで主治医や他の先生に相談されてくださいね。

    ユーザーID:5292091819

  • 私の場合は・・・

    巨大卵巣腫瘍で12月に緊急手術を行い、迅速病理の結果グレーだったのでその時に子宮と両卵巣を切除しました。もちろん術前の主治医の説明があったのでもちろん同意していました。結果やはり卵巣がんでした。
    転移こそしていませんでしたが、万一を考え正月あけにリンパ節切除の手術も受けました。これも私の年齢(47です)も考えてくれて、抗癌治療をするよりもリンパ節切除を行った法が良いのでは・・という主治医のアドバイスに基づいてです。
    結果はリンパ腺にも転移しておらず、今は毎月1回の受診で普段通りの生活をしています。 仕事も復帰し、お酒も今まで通り楽しんで 自分の置かれている病気がウソのようです。体調も特に変わりなく過ごしています。心配だったホルモンバランスの崩れもあまり感じることもなく更年期障害もいまのところ自覚がありません。不安もあることと思います。でも悪性かもと疑われたのなら一刻を争います。早く処置を行った方が良いのではないかなあと思います。

    ユーザーID:4057515721

  • 貴重な経験談

    貴重な経験談を感謝します。確かにお医者さまの意見が治療では一番重要ですが、実際に経験された方々の意見は、治療についてゆくための大きな心の支えになります。

    悪性であれば、卵巣欠落症などを恐れて悩んでいる場合ではありませんよね。悪性でない場でも、50歳前に卵巣をとる結果として激しい骨粗鬆症や心臓疾患での死亡率も高くなるという状況におかれますが。 でも、いずれは何かで死を迎えるわけで、どちらにしろここで寿命が縮んだと教えられている時なんだと感じています。

    さなみさま、どうか肉腫でないことを心よりお祈りしています。

    かっぱちゃんさま、とても励みになりました。私はホルモンバランスの崩れを一番心配しています。かっぱちゃんさまのように、両卵巣摘出後も普段通りの生活をしていければなぁというのが一番の望みです。

    ユーザーID:6296920316

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 更年期

    母が48歳で子宮内膜増殖症で子宮、卵巣を切除しました。

    悪くない卵巣を取ることに悩んでおられるように私も心配で反対しました。
    特に母の病気はホルモン由来であったため術後のホルモン治療も受けられないとのことでしたので。

    でも医師から45歳を過ぎると卵巣の働きはほとんどないくらいに落ちていると説明を受け納得しました。

    入院中卵巣がんの患者さんから子宮より検査が簡単でないため進行してから見つかったと悔やんでおられました。

    しばらくの間は急に暑くなったりして辛いと言っていましたが漢方を飲んでしのいだようです。

    心配していた骨粗鬆症や心臓は食生活に気を使っていたせいか影響が出ませんでした。

    更年期もラクに乗り切れる人やそうでない人もいるように人其々でわからないのでしょうね。
    母は婦人科と縁が切れたと今では元気はつらつです。

    良い選択が出来ますように。

    ユーザーID:7439402267

  • 摘出手術

    51歳経産婦(2児)です。7年位前から月経血の増加など症状があり、子宮筋腫ではないかと思ってはいましたが、日常生活に差支えるほどではなく放置していました。しかし今年3月に人間ドックで婦人科受診を強く勧められ5月に渋々受診、MRI検査の結果やはり子宮筋腫。小さなもの数個と大きいのは径10cmで子宮摘出を勧められ承諾しました。悪性の疑いを指摘されて大いに動揺しています。閉経後の方が婦人科系の癌リスクは高まるらしいですね。自分は医師の勧めに従うつもりです。

    ユーザーID:2638093310

  • 閉経が近いから

    医師はトピ主さんの年齢から子供を考える年齢ではないし、そう遠くないうちに閉経を迎えるだろうから一度の手術で一番安心出来る対応を勧めているのでしょう。

    私も卵巣のう腫で再発リスクがあることから片方の全摘を勧められましたが、腫瘍部分のみ摘出し卵巣を一部残すことにしたので気持ちよくわかります。

    私の場合、40代で子供を望んでいない、片方は正常なので、医師からは「私があなたの立場なら全摘する」と言われましたが、やはり更年期が心配だし、何より卵巣を失うことが女性であることの終止符を自ら打つような感覚に感じました。
    医師は私の気持ちを察して手術前日までに決めればいいと言ってくれました。
    そして前日、改めて「半年で再発していずれまた手術になるかもしれない、今回の切除組織の検査で悪性ならやはり再手術になるけどいいですか?」と聞かれ、それでも気持ちは変わらず残すことにしました。
    閉経していたら全摘を選択していたと思います。
    あと何年か自分が女性である証を残すだけなので今回はナンセンスな選択かもしれません。
    でも納得しています。

    トピ主さんも自分が納得出来るまでよく考えて下さいね。

    ユーザーID:1662560020

  • 核手術しました

    卵巣の摘出を納得していないのなら、お医者さんに聞くしかありませんよ。小町やSNSで聞いたところで、誰も手術担当者の考えを代弁してはくれません。個人的には、自分が納得していないのに全身麻酔の開腹手術を受け入れる、ということが理解不能です。病院の先生も忙しいので優しく丁寧に伝えてくれないかもしれませんが、でも私は手術までの限られた検診の中で忘れそうならメモを持つなどして聞くべきことはちゃんと聞きましたよ。忙しくてもつっけんどんでも、先生はちゃんと回答をくれました。

    それにSNSではなく、婦人科系の手術前後を事細かに書いているネットのページはたくさんあります。失礼ですが、ご自分で何も調べてないのでは、という印象です。私は自分の手術を決める前にも知人に聞いたり、ネットで調べたり色々しました。特に仕事を休むので術後がいつから復帰できるのかを予測するのに、こういった情報は大変役立ちました。手術前に女性ホルモンを軽減させたので急激な変化を経験しましたが、でも日常生活には支障ありませんでした。必要以上に不安になるよりも、少しは勉強してはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7788136207

  • やらないわけがない

    参考になるレスありがとうございます。核手術で済んだ方はいいですね。うらやましいです。おそらく肉腫の可能性は指摘されていなかったのではないかと想像します。

    自分の身体のことです。調べないわけがありません。このようなサイトで意見を聞きたいと思う方々は、おそらく実際には医師とも相談し、ご自分でも一生懸命調べ、そのうえで世間様の意見はどうなのかなぁと更に参考に聞いてみたい見たいというところが多いのではないかと想像します。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:6296920316

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 心中お察しします

    ぷぷさん、悪性かもしれないといわれて不安な気持ちお察しします。
    MRIやCTの診断を専門にしている医師です。
    子宮筋腫が疑われてMRIが施行される患者さんのうち、8-9割程度はなんの疑いもなく典型的子宮筋腫と診断されます。画像の一部または全部に通常とは異なる信号や形態的な異常が見られた場合に「悪性の可能性あり」(要するにグレーゾーン)と診断します。ちなみに、「明らかな悪性」と診断できる病変の割合はきわめて稀です。
    ただし、ぷぷさんもお調べになっているかと思いますが子宮筋腫はさまざまな変性を起こすため、MRI所見が非常に多彩です。グレーゾーンと診断される病変のほとんどは結局変性した良性の子宮筋腫なのですが、無視できない程度の頻度で悪性病変がまじっており、それらと変性した子宮筋腫を区別するのは非常に難しいためこのような診断をせざるをえない状況です。ですから、所見次第では見る医師によって「グレー」以上の判断を避ける場合と、「グレーのなかでも白(あるいは黒)に近い」と踏み込んだ判断をする医師に分かれることがあります。そして必ずしも踏み込んだ方が正しいとは限りません。(つづきます)

    ユーザーID:4163960718

  • お察しします(つづき)

    つづきです。
    子宮筋腫とMRI上まぎらわしい悪性腫瘍は通常平滑筋肉腫と低悪性度子宮内膜間質肉腫、高悪性度子宮内膜間質肉腫の3種類が主です。それ以外は非常に稀です(最初が子宮腺筋症などの誤診であった場合は話が別)。
    ぷぷさんの場合は、10年近く子宮筋腫として経過観察されているとのことなので、その中でも低悪性度子宮内膜間質肉腫を疑われているのではないかと思います。なぜなら他の2者は無治療で10年も生存でききる疾患ではないからです。良性の子宮筋腫が途中で悪性化することがないわけではありませんが、非常にまれな現象です。
    手術については専門ではありませんが、悪性の可能性がある以上核出術の選択肢はないと思います(もし本当に悪性だったら、転移の引き金になってしまうことがあります)。
    卵巣を温存して子宮全摘をした上で、結果が悪性なら追加手術で卵巣摘出とリンパ節郭清という方針も状況によってはあると思います。が、失礼ながら平均閉経年齢までの女性ホルモンを失う損失と、仮に悪性だった場合の根治性を天秤にかけたら根治性が優先されると主治医の先生が判断されたのだと推測します。
    一診断医からの意見です。ご参考まで。

    ユーザーID:4163960718

  • 涙がでました

    pdwi13さま

    皆様のご意見をこのような場所でお聞きしたことを正直後悔していましたが、このような親切でわかり易いご説明をしていただき本当に感謝します。
    まさにおっしゃる通りだと思います。

    一般的に病院での医師の説明は、たった今会ったばかりのどんな人かわからない患者を相手にする上に時間も限られていますから、万人にわかるようにということで結論からおっしゃる傾向があるのもでしょうか、それゆえ、それが最善の選択であっても患者としてはどこか納得がいかないということも出てくる場合があるのかなと。大変難しいですね。患者自身が自分で調べる努力や日ごろから身体の面倒をみることは本当にとても必要だと痛感しました。

    pdwi13さま、お忙しい中、心より感謝いたします。pdwi13さまの説明で納得がいきました。ありがとうございました。

    ユーザーID:0298912703

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧