心や体の悩み

子宮頸がんワクチン、夫と意見が合いません

レス173
お気に入り353

迷いママ

健康

中学生の娘がいます。
私は子宮頸がんの予防接種を受けさせたいのですが、夫が大反対してます。

ネットでいろいろ調べても何が本当なのか、ますますわからなくなってきてます。

皆さんは受けさせますか?

ユーザーID:2559341977

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数173

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何で子宮がない旦那様が反対するんだろう‥

    大反対の理由は具体的には何ですか?頸ガンワクチンって確か義務化も検討されていませんでしたっけ?私は賛成派です。

    ユーザーID:0619092364

  • 防げるガン

    娘に性交渉は結婚まで待てと言えないなら、打たせた方がいいと思いますよ。

    そもそも性が低年齢化したから増えた病ですし。

    ユーザーID:3056479012

  • 受けさせます。

    私も副作用のことは聞きました。接種直後に失神したお嬢さんも身近にいます。

    それで、かかりつけ医に相談しました。先生にもお嬢さんがいらっしゃいます。
    先生の判断としては、副作用と効果の両方を考えて「私は受けた方がいいと思う」とおっしゃってました。

    自治体にもよりますが、私の住んでいる地域は、いつまで無料で接種できるかわからないそうなので、とりあえず無料が決まっている今年度中には終わらせようと思っています。
    ちなみに、娘(中学生)の周りのお友達はほとんど受けている(受ける)ようですよ。

    ユーザーID:2692492705

  • 夫が反対する理由は?

    高価ですよね。
    自治体によってサポートがあるかもしれないので、調べましょう。

    安全性はまず問題ないですが、何事にも100%絶対安全と言うことはありません。
    ネット上の風説にちかい副作用情報と、該当するパピローマウイルスに感染・発病するリスクを天秤に掛けて判断するしかありません。

    ご主人は反対の理由をどう説明されているのでしょう?
    また、あなたが悩む理由は?
    その辺の説明がないと解答が集まりにくいかと。

    ユーザーID:8239173872

  • まだ

    ワクチンの性能が判らない部分があるので、接種させません。
    対応する型ももう少し欲しいですし、有効な期間もどうもあやしい。

    なにより、一時期、官民医大々的に宣伝をしたのが一番怪しい。

    まあ、5年後にワクチン自体が消滅せずに存在していたら、再考します。
    要するに、様子見です。

    ユーザーID:5098630719

  • 検診が一番大事

    近頃、東大卒の婦人科の先生の子宮けい癌の講演会に行ってきました
    やはりトピ主様と同じように高校生の娘さんにワクチンを受けさせるべきか悩んでいるお母さんがいました。
    その先生は受けて差し支えないとのご意見でした(医者の立場からかもしれません)
    しかしワクチンを受けたからといって検診を受けなくてもいいわけではない
    性交渉を持ったら、ワクチンを受けた受けないに関わらず毎年必ず検診を受けることが最重要であること
    またワクチンは一生効き目があるわけでもないようです
    子宮けい癌が性交渉からのウイルス経由であることは近年になってわかったことらしいですね
    私は別の婦人科の病について知りたくて行ったので
    ワクチンについてはうろ覚えにしか聞いてなかったのですが
    何より検診が第一なようです

    ユーザーID:2940376397

  • 絶対受けさせません!

    あんないわくつきワクチン絶対に受けさせません!


    このワクチンって、HPV(子宮けい癌の原因といわれているウィルス)のDNAタイプが数十種類あって、その中の16型と18型(欧米では、この2種が癌化の確率が高いという根拠で)のみに効果が期待される、あるかも知れないってワクチンでしたよね。(このワクチンの説明書によると)

    日本で子宮けい癌の人はこの型じゃないって話も聞くし。

    あと、米FDAが、HPVは子宮けい癌の原因じゃないと正式に発表したと見ました。研究結果が出てると。
    打つ必要性を感じないのですが。。


    研究結果が出ているのに、リスクも説明もせず無料で打て打てキャンペーンしている日本。うしろで何か黒い物が絡んでるんだろうな〜って思って見てます〜。

    ユーザーID:8055474899

  • うちはしました

    うちの一人娘に受けさせました。
    在米なので 日本のワクチンが同じ子宮頸がんワクチンかわかりません。 実際ワクチンが原因で亡くなった子供もいたのは確かですが、 家系が癌家系なので 一つでも娘のガンの確率が減るなら という事で 迷いませんでした。
    今はもう成人してる娘なので ワクチン打ってからかなり経つので 記憶が曖昧になりつつあるのですが 確か受けられる時期が決まっていて 3回に分けて打つワクチンでした。(数ヶ月おきだったように記憶してます)
    これはもう 家族の判断以外の何ものでもないと思います。 実際の利点と逆の点を考えて 決めれば良いと思います。

    ユーザーID:9990355199

  • 受けさせてあげて下さい

    お嬢様が将来修道女になり一生性行為をしないという保証がないかぎり
    受けさせてあげた方がいいと思います。
    結婚して、旦那さまから移されることもあります。

    ユーザーID:9140283749

  • 夫はなぜ反対なのですか?

    どうして主様は予防接種を受けさせたいのですか?
    そのあたりを表記していただけるとアドバイスしやすいのですが。
    ちなみに私は婦人科で働いていた経験があります。もちろん子宮頚癌の手術も見てきました。可能であればできるだけ予防接種を受けたほうがいいと思います。
    子宮頚癌になった場合、子宮+付属器の切除を行わなければなりません。
    しかも子宮頚がんは比較的若い時に発症するので、娘さんの妊娠出産などに大きく影響しますよ。
    旦那さんにもきちんと子宮頚がんとはどういったものなのか、実際になったらどのような治療が待ち受けているのかを勉強してもらって危機感を持たせましょう。

    ユーザーID:0619221752

  • 私なら絶対打たせない

    まだまだ臨床例も少ないでしょうし、ワクチン打つよりも、望まない妊娠のした場合の悲劇や子宮頸がんになってしまう可能性も含めて、きちんと避妊・ヒトパピロマウウィルス感染について教育することが先だと思います。

    ユーザーID:8763625877

  • 確率

    確率について理解されていますか?
    ワクチン接種「行うことによって問題が生じる確率」と「行わなかったことによって問題が生じる確率」を考えたとき、どちらの確率が高いかを考えてください。
    ワクチンは接種することによって、接種しなかった場合よりもリスクが生じる確率を低くできます。

    >ネットでいろいろ調べても

    どのように調べましたか?
    感情論で書き殴られたサイトですか?
    医師のサイトも沢山ありますが。

    確率を理解できない人は子宮頸癌に限らず「死んだり後遺症が残ったりするワクチンはいらない」と言って反対運動をしています。
    反対運動をしている人達は、以下のような疑問にはまともに答えようとしません。

    もしもこの反対運動によってワクチンを使えなくなったら、使えていれば助かったはずの人に対して、反対運動をしている人達はどうするのか?
    周囲に「ワクチンがあれば死なずにすんだかもしれない人」がでてきた場合、それまでの意見を翻したりしないのか?

    ユーザーID:3790233893

  • しろくまさん....

    まぁ、そう仰る方が出てくるだろうなと思っていました。

    「米FDAが、HPVは子宮けい癌の原因じゃないと正式に発表した」というのは正しい解釈ではなくて、正しくは「大部分のHPV感染は短期間であり、子宮頸がんを発症させるわけではない」です。

    同日のFDA Newsでは、上記の解説として「多数の感染者の中の一部にがん化の可能性がある」と言及しています。原文は下記のURLを参照してください(もちろん英語)。
    http://www.fda.gov/ohrms/dockets/dockets/07p0210/07p-0210-ccp0001-01-FDA-News-vol3.pdf

    誤解が生じた経緯については、”「子宮頚がん予防ワクチンの危険性」提言に対する調査結果” で検索してみてください。

    トピ主さんとご主人はこれを見てよくおはなしなさればよろしいかと。

    ちなみに私の娘はまだ小学生ですが、時期を見て受けさせる予定です。
    なのに何で詳しいかと言えば、うちのゼミ学生が卒論の一部に取り上げていたからです。
    結論として、この女子学生は接種を受けて、その体験談も卒論のネタにしています。

    ユーザーID:8239173872

  • ワクチンの効能は同じでも意味が違う

    おたふく風邪や麻疹などは普通に生活していてもかかる可能性はあります。避けようと思って避けられるものではありません。

    この二つは伝染病ですので病気の感染から進行まで急激です。
    だから急性伝染病のワクチンは接種する意味はあると思います。


    しかし子宮頸がんは性交渉相手を厳選することで罹患は限りなくゼロに近い極限まで防げます。

    さらに言えば性交渉のリスクは子宮頸がんより、もっと怖い病気の方が罹患率がケタ違いに高いです。

    逆にワクチンを接種したことで掛からないという油断が生まれるかもしれません。
    接種しなくても定期的検診である程度予防できます。

    さらに子宮頸がんワクチンはその効能が確実ではありません。
    やはり定期的検査をしなければ発見が遅れて致命的になります。

    接種のリスクもあります。
    費用も安くありません。

    受けるメリットがあるようには思えませんけど?

    むしろ受けないことで、男を見る目や危機管理方法を養う方が建設的ですね。

    ユーザーID:1278700160

  • 是非お嬢様の前でディベートを。

    お二人のその議論、どうかお嬢様の前でしてみてください。
    お二人ともお嬢様の事を愛しているからこそっていうのが伝わると思います。

    どっちに転ぶかわかりませんが、とにかくお嬢様の前で話してください。
    きっと、軽はずみなことはしないって思うはずですよ。

    個人的にはどっちがいいのか、わかりません。

    横で失礼しました。

    ユーザーID:9058114188

  • それは、やっぱり!

    私なら受けさせません。検診をマメにすればいいことです。ワクチンビジネスに乗せられたくないのもありますネ

    ユーザーID:7211407662

  • 何故、反対なの?

    唯一、予防出来る癌なのに、何故反対なのか?

    私に、その年の娘がいたら、絶対に受けさせます。

    ユーザーID:2095857882

  • 接種した方がよいでしょう

    子宮頸癌の原因はHPV感染です。数十年かけて科学的/医学的データを集めたうえでの結論です。議論の余地はありません。
     
     現時点で製品化されてるワクチンは16/18型に対して予防効果があります。子宮頸癌の原因となるHPVは13種類ありますが、そのなかの2つです。とはいえ、統計ではHPV16/18が世界中で70%の子宮頸癌から見つかるのです(日本だと50-60%程度)。つまりそれだけ世界中に広がってるウイルスなのです。遭遇して感染してしまう可能性が一番高いでしょう。

     もっと多くの種類に効果のあるワクチンは現在開発中です。ただし製品化されて出回るには数年以上かかります。今中3のお嬢さんが20才になる前にでるかどうかわかりません。コンドームなどによる感染回避の有効性は薄いと考えられています。性交渉をする年齢になればいつ感染してもおかしくありません。

    あくまで予防ワクチンですから、既感染してる方には効果がありません。
    ワクチンの接収はなるべく早い方がいいでしょう。

     副作用が全くないとはいいませんが、他のウイルス感染に対するワクチンと比べて少ないほうではないでしょうか。

     

    ユーザーID:1208971952

  • りんごさんも意見しているように、、、。

     まず子宮頸ガンは早期発見が第一なんですよ。だから、検診が大切。
     それと、ワクチンにはかならず副作用があります。
    もちろん、確率は少ないですがアメリカでは亡くなっている子供たちもいます。
     で、ワクチンをしても型が違うものなら結局予防できません。
     不妊説が言われているアジュバンド(動物につかう不妊薬)とは、物質が違うので不妊薬というのは違うみたいです。だから、その指摘は正しいとは思いません。

     で、トータル的にみるとですね。予防接種よりも道徳観念を教育して自分の体を粗末にしない。(安易に性関係を持たない)ことが一番の予防です。
     そして、定期的な検査で予防できる病気ですよ。
     いま、ちょうど25歳くらいの方がC型肝炎とかにかかってしまった話もあるし、私なら定期検査をしっかりして過ごしますね。

    ユーザーID:2616093963

  • 受けません

    中学生の子供がおります。

    今年、子宮頸がんワクチンの予防接種の予診表がきました。

    私は直接婦人科の先生に相談しました。

    詳しく書き込めなくて申し訳ないのですが、結論は「必要ない」でした。

    子供の小学校の先生が、「予防接種も大切なのかもしれないけれど、先生は、毎年検診を受けているので、予防接種を受けることよりも、大人になった時にきちんと検査をしてください」
    と話してくれたのだそうです。

    そんな訳で、私の子供は接種をしません。

    検診を受けさせます(私も、病気になる前は検診を受けていました)

    ユーザーID:8132466696

  • ウチは

    普通に受けましたけど。ウチの自治体はお金も無料になりましたので。娘の友達の何人かも受けたようです。

    ユーザーID:7677842457

  • 息子3人がが受けました。

    在米ですが、昨年から、男の子にも接種を勧めるようになっています。

    息子たちは18〜21歳、こちらでは成人ですので、親の了解は不要。 チェックアップのついでに主治医に勧められて受けてきたそうです。保険もききました。

    ユーザーID:0462920582

  • うちはしていません

    去年、15年住んだアメリカから帰国しました。子供は全員テーンエイジャーなのでアメリカでもこのワクチンの対象にはなっていました。
    無料ではありませんでしたが。
    けれどアメリカでは賛否両論で私が知っている範囲の子供たちの友人や私の知人のアメリカ人のお子さんなどは接種している人は少なかったんです。
    安全性に疑問もありましたし。
    日本に帰国して「するのは当たり前でしょ」みたいにこうした掲示板で多数の意見のよう言われているのには驚きました。
    日本ではある年齢では無料で受けられるというのも大きいのでしょうか。

    ユーザーID:5511528947

  • 話し合いを

    本人とご主人を交え、3人で話し合ってはいかがでしょうか。
    トピ主様達が中学生だった頃と違い、今では携帯やパソコンなどで簡単に情報が調べられる時代です。

    トピ主様が調べた情報(リスクも含め)、お二人の意見をお嬢様に伝えたうえで、本人にもワクチンについて調べてもらい、どうするか、本人に決めさせる。
    (ご主人には先に念押ししておく)
    打たないというなら、きちんと性交渉に関しての念押しをあわせてしておくのもよいでしょうね。

    「ダメだ」「受けろ」と親が頭ごなしに言うのは簡単ですが、先々癌になってしまった時、副作用が出た時、「親が打て(打つな)って言ったから」と人のせいにするような事態になることもありえます。
    (うちの子に限って、はこの際おいといて)

    打つにしろ打たないにしろ、がん検診はきちんと行った方がよいでしょう。(トピ主様と一緒に行くのがいいかも)

    次第にご主人とお嬢様との会話が減っていく多感な時期ですので、どうぞお嬢様の納得のいくように誘導してあげてください。

    ユーザーID:9807592051

  • 高額ですからね・・・

    3回も接種しないといけないし、私も副作用多少出ました。(腕が腫れた程度で済んだけど)

    でも、接種しなかった子宮頚がん患者は、きっと接種しなかった事を後悔すると思います。
    実際、26歳で子宮頚がんになって全摘をした友人の会社の後輩は接種しなかった事を大変後悔していたそうです。

    受ける受けないは自由です。接種してもならないとは限らない。
    旦那さんより、娘さんと話会う方が大事だと思います。
    でも、リスクはちゃんと説明してあげて下さいね。

    ユーザーID:2319423352

  • 私が無関係だからこその素朴な疑問。

    ガン治療は辛いよ。
    だから、
    ワクチンが発明されたら接種したほうが良いんだろう。
    でもそれって、
    死亡例も出るワクチンなんだよね。

    そこですよね、
    万一・・。

    そのときの後悔は、
    このワクチン打たなかったとしても、
    生涯、ガンにもかからなかったかもしれないとか・・、
    とかいうのがあるし。

    ここで「ねこ」様のレスされた、
    「確率」ということなんですね。

    ユーザーID:3986962171

  • とはいっても

    <しかし子宮頸がんは性交渉相手を厳選することで罹患は限りなくゼロに近い極限まで防げます。>


    夫に性病をうつされたという事も聞くので、相手を厳選するなんて無理な話です。
    そして言い方に御幣がありますが、発病しなくともウィルスのキャリアになりその媒体になる可能性もあるわけです。

    私はアメリカに住んでいるので、子どもの同級生たちは皆受けているはずですが、今のところ問題があった話しは聞いたことがありません。
    もちろんわが子も受けています。

    ユーザーID:3382898005

  • 受けさせません

    歴史の浅い新しいワクチンで、効果と安全性、必要性が
    イマイチよくわかりません。

    今までなかったものだし、慎重になります。

    ワクチン接種すれば定期的に子宮癌検診をうけなくても
    いいくらい、効果が高いのなら考えますが。

    ユーザーID:2334275384

  • トピ主です。

    トピ主表示が出なかったらすみません。
    皆様ありがとうございます。
    私と夫の考えをかかずに申し訳ありません。

    私の所は娘の年齢ですと無料でワクチンを受けられます。
    娘のお友達も当然受けるというスタンスですし、私も副作用は怖いけど、どんな薬にもあると思っています。
    失神についても、接種の痛みや恐怖心からという説明文を読んでいます。
    昨年3人の親戚を癌で亡くしているため、少しでも癌のリスクを減らしたいです。
    また接種しても将来定期検診は受けるべきと思ってます。

    夫のほうはレスを下さったしろくまさんと全く同じ事を言ってました。
    医者や国の言うことにだまされるな。まだ良くわかってもいないのに良く受けさせられるな。
    インターネットも都合の良いことだけ書いてあるところが多い。
    副作用は少なからずあるのは認めてるけれど、不妊になるというのもすごく引っかかってるようです。

    反対にネットには上記の内容のことが書いてあるけれど、惑わされないようにとも書いてありよくわからなくなりました

    ユーザーID:2559341977

  • 夫に性病を移されるからというなら

    セックス以外で子供を作るしかないですね。

    そもそも「夫から病気を移されるから男は厳選できない」って意味不明ですね。
    夫に厳選しても移されるから、男を厳選せず性交渉するのですか?

    どんな対策も、リスクも0(絶対安全)にはなりません。
    夫から移される、女性に深刻な病気はそれだけではありません。
    性的接触が感染経路となる病気全部に対策が必要となります。
    キャリアになる病気なんて山のようにあります。

    仮に夫に移されたとして、他のガンの可能性も考えて定期健診を受けているはずですから、子宮頸がんの検査も受けているはずですね?
    ならば、罹患の可能性やガン発症の可能性はさらに低くなります。


    最大の問題は、子宮頸がんワクチンを打てば確実に防げると証明された病気でもありません。

    厳選した夫に子宮頸がんを移されて発病する確率
    夫に他の性病を移される確率
    ワクチンが効かない確率
    ワクチンで副作用が出る確率
    ワクチンを打って「厳選せず性交渉を持つ」ことで移される確率

    ワクチンよりも危機管理と身持ちの固さが最大の防御では?

    ユーザーID:1278700160

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧