もし、専業主婦が絶滅したら?(駄)

レス451
(トピ主5
お気に入り318

生活・身近な話題

そぼくな疑問

 小町を読むと、専業主婦に対して厳しい意見が多いと思います。

 家事育児をしていても、働いていないというだけでただ飯食らいのように言う方も見受けられます。

 そこで思ったのですが、もし、専業主婦(夫)がいなくなり、全員が外で働くようになったら日本はどうなると思いますか? 

 「もし」の話なので、「そんなことは起こらない」といった回答ではなく、そうなったらどうなると想像するかをお聞きしたいです。

※補足
 ちなみに私は兼業主婦ですが、別に専業主婦をどうこう思っていません。人それぞれ生活環境は違うし、状況が許すのなら別に外で働かなくたっていいという意見です。
 むしろ、全員が会社勤めをして自由な時間がなくなったら、それはそれで社会には不利益であり、働かないで消費する人も世の中には必要なんじゃないかと思っています。

ユーザーID:8515267104

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数451

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • おしゃれなランチがなくなる?

    セレブ専業がよく行くようなレストランのランチが無くなるかも

    そうなると、専業主婦目指していた独身女性の結婚観が変わると思います

    だって、短い昼休みランチする時間ある?

    その代わり、おしゃれなお弁当が売れるかもね

    ユーザーID:0904539564

  • あくまで想像(笑)

    就職の競争倍率がが一気に高くなるでしょうね!

    それから、昼ドラの視聴率はさがり無くなったりして?

    学童的な学校帰りの子供を預かるビジネスは急成長?

    ほっとかれた子供が増えてちょっと学校が荒れぎみに…

    ちょっと考えるとマイナス点は多いのかな?

    ユーザーID:0279208007

  • そうですねぇ。

    私は、結婚して8年。専業主婦です。
    裕福なわけではないんですが、主人の転勤や妊娠、出産でまだ子供も小さくて。
    もし、専業主婦がいなくなったら、大型スーパーや公園に人がいなくなりそう。

    ユーザーID:2310838463

  • 北欧モデルが日本で成功すれば可能

    残業が無くなり、子育て期間は15時に帰宅でき、夫も子育てを担い、PTA休暇を会社が無くし、ワークシェアリングにより賃金がフラット化し、保育園が数倍に増えれば可能。

    男女の精神の有り様が全く違うから、日本じゃきついなぁ…。

    ユーザーID:1911008463

  • 保育園と特養

    専業主婦(夫でもいい)という概念がなくなったら、今のままでしたら保育園も介護施設も足りません

    また中高年になって介護のために退職する人のうち8割は女性です
    介護はいつまで必要かというメドが立ちにくい為、再就職は困難
    特養や保育園の待機者は今、それぞれどれくらいだと思いますか?

    待機者をゼロにしようと思えばできるのかもしれません

    でもそうなると、家族や本人の意思・それぞれの事情に関わらず、全員0歳から保育園に入園、介護は在宅で親族ではなく、必ず施設で他人の手に委ねられます

    こういうことを書けば、最近の専業主婦は夫の親の介護はしないというじゃないか、というレスもありそうですが、こんな時代に働き手の夫を辞めさせて介護をさせるわけにはいきませんよね。兄弟姉妹も少ないので、誰しも介護は他人ごとという時代ではありません

    また子供を産む人も減るかもなあ
    子どもは健康か?産後の肥立ちは?とたいていの女性は産む前に心配しますが、是が非でも働けという国だったら、出産はリスクと考えられるようになるでしょう。祖母頼りも無理だし

    単身赴任、夫婦別居も増えるだろうなあ

    ユーザーID:7301552753

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • レスします

    家政婦さんの仕事が増える。
    家電がもっと発達する。

    ユーザーID:3380337741

  • 既にそれに近い国もありますよ

    絶滅ってのは難しいが、専業主婦が稀有な事例は、既に欧州特に北欧諸国で実現していますよ。

    彼の国を悪く言う方は少ないので、良い方向に向かうと推測するのが妥当ですね。

    ユーザーID:9829468300

  • 景気復活♪

    二人で稼いで余った分を外食などに使うよね。

    そぉしたら消費が増えて景気が復活しますよ。

    おまけにお子さんのいる家なら仕事をしている間に、
    お子さんを預けますよね。

    そうすれば国が動いて幼稚園、保育園に補助金を出します。
    今現在、そういう施設が閉園などで預け先がどんどん減ってます。

    こうやってお金の流れができれば景気は復活しますよ。

    いま、一番だめなのは、今後が不安と言って貯蓄に走るからです。

    おまけに、兼業だから、旦那さん、奥様両方でお昼は外食になるでしょう。
    先に書いたようにやはり”消費”が増えて経済が回るようになります。

    と、思いますが、どうですか?

    ユーザーID:4703478447

  • それは

    労働力が増加し、社会が活性化するのでは?

    ユーザーID:0778402281

  • 経済がうるおう

    専業主婦である最大のメリットは、子供と密に過ごせること。
    子供にかける時間を最大限とれること。

    それが自分が働いているならば、どうしても体力気力時間的に
    すべて子供にかけていた時間が減ってしまうでしょう。

    それらを補うのが、「お金」

    外食が増える。
    惣菜などの食事が増える。
    洗濯などの家事も、簡単に時短でできるような家電を購入。
    ベビーシッターにお手伝いさん、送迎サービスなども
    全部お金があれば可能です。

    そうやって誰かがなにかしらの経済生活をすることで
    社会がまわっていくと思います。

    ユーザーID:7271245202

  • なんの変化もないと思います

    みんなが働くためには、育児中の人は預けることが可能ということなので、育児中の人が働くようになるでしょう。でも今も、働けるママは働いているし、特に何も変わらないです。
    介護中の人は、お年寄りを施設にあずけて働くのだろうけど、そのほうが介護より楽だろうな。

    ユーザーID:0930737388

  • 苦労する

    …かな。

    夫も妻も。

    結婚に対する理想も変わってくるかも。
    ますます晩婚化、もしくは結婚しない人が増えそうな気がします。

    仕事もできて家事能力が高く、子供の体調不良には即対応できる。
    もしくはそれを許される企業に勤めている。

    ――という人が婚活市場で人気になるんじゃないかな。(男性も女性も)

    ユーザーID:4541415741

  • 深いなぁ

    いろいろ考えてみましたが、保育・介護・医療・警備サービスの需要が増えるのかなぁ、と。

    平日の昼間、自宅や街にいる人が、平日休みの業種の人か学生か働けない高齢者だけになるってことですよね?

    そう考えると、サービス業界はますます土日祝日に客が集中しそうですね。

    逆に言うと、保育や介護サービスが充実していれば、専業主婦は激減するかもしれませんね。
    働きたくても上記のような理由で働けない主婦もいるでしょうから。

    ユーザーID:0966762873

  • もし絶滅したら

    世帯収入の増加
    ->家計消費の増加
    ->企業の売上増加
    ->従業員の給料の増加
    ->世帯収入の増加
    ->(以下略)

    デメリットとしては、
    ・通勤ラッシュで毎年死亡者がでるようになる
    ・全国の小学校でPTAが解散
    ・昼の韓国ドラマの放送打ち切り
    ・白金台の凋落
    でしょうか。

    ユーザーID:4813101104

  • 社会が変わる、それだけ

    専業主婦という存在は決して社会の存続に必要不可欠な存在ではないです。高度成長期という日本の社会にたまたま適した役割ではありましたけど、特にこれからの時代はますます需要も必要性もなくなると思います。

    なので専業主婦が絶滅したからといって社会の機能が衰えたりすることは決してないと思います。

    単に社会の形態が少し変わるだけでしょう。現に国外に目を向ければ既婚女性の9割が働いている国や地域もあるんですから、そういう国のライフスタイルに似てくるだけの話だと思います。

    ユーザーID:1331366895

  • 便利家電がもっと売れる

    ルンバみたいな便利家電がもっと売れたり
    家事代行サービスの需要が増えてもっと安くなったりするかな。

    そうなったらいいな♪

    ユーザーID:7822311301

  • 消費してくれる人がいなくなる

    みなが働いたら昼町には誰もいなくなります。

    消費が妨げられます。
    世の中が不景気になります

    ユーザーID:6800653429

  • 幼稚園・PTA存亡の危機!

    世の中働くママだけになれば、幼稚園は機能しなくなるでしょうね。国は幼保一体とか目指してるけど、家庭での保育が無理な以上「保」の方が重視されるわけで。子供は午後5時〜7時に帰宅、深夜0時までくらいは延長保育も必要になりそうですね。夜に働くママのために夜間保育園も必要だ〜。幼児向けの習い事なんかも形を変えないと存続は難しそう。働いてたら、平日昼間に子供の付き添いなんて無理ですもん。小学生になったら、放課後は基本的に全員学童でしょうか。お金に余裕ある家庭は、放課後は塾に通わせたりシッター雇って習い事に行かせたりするのかもしれないけど。
    PTA活動はどうなるでしょうねー。平日の活動は無理ですから、夜や休日?家庭によっては平日昼間の活動以上に負担になりそう。しかし、そこまでして活動する意味あるのかないのか…。他のボランティア活動もそうですけど、時間と心に余裕があって始めて気持ち良く出来るものですし、負担を強いるだけの活動はそのうち廃止になりそうです。
    あ、あと格差問題は更に酷くなると思いますよ。お金に余裕がない共働きは、子供の生活に目が行き届かないので学力も下がりがちです。負の無限ループです。

    ユーザーID:8583653683

  • 過労が減る

    働き手が増えた分、ワーキングシャアが当たり前の世の中になる。
    全員公平に週休3日&残業ナシ
    全員が税金や年金を払えば一人当たりの負担も軽くなる。
    時間とお金に余裕が出来れば消費が潤う。

    ユーザーID:4264641668

  • 私はきっと干されますね

    大体私のお客様は主婦だもの。
    平日の昼間のお客は年配の方々か
    平日休みの会社員とかでしょう?
    困りますね。

    会社勤めの方々が無理なく
    有給をもっとしっかり使えて
    休めるようにならないと困るかも。

    ユーザーID:3124371313

  • そうですねぇ

    まず子供が減りますよね
    そして数少ない子供も全員保育園任せになるからどうなんでしょうね
    大人の事情に合わせやすい子供が増えるのかな?
    それに結婚する人自体減るんじゃないでしょうかね
    仕事が忙しくて家事育児は女性にって言う人は結婚できなくなるでしょうし。
    あと学校行事とか無くなりますよね、運動会、授業参観...
    昼間人通りが減るので空き巣などの犯罪も増えるかな?

    いい感じにワークシェアリングとかできる社会なら
    素敵になりそうですが日本ではみんなが働きづめになりそうですよね。

    ユーザーID:4145685428

  • 景気が良くなる?

    皆が働く事で税収が増えるから、景気が良くなるんじゃないでしょうか。
    専業主婦がいなければいないで、何とかなるものですよ。

    すでに専業主婦が絶滅し、働かずに家にいると、どこか病気なのかと不審に思われる国もあるそうじゃありませんか。

    ユーザーID:5082287005

  • 増えるものもあるかも

    家事する人が減るのだから、
    逆に、家政婦(夫)さんの需要が上がるかも?
    働かないで消費する人もいれば、外に出ること働くことで消費するものも
    たくさんあると思います
    結局は一長一短かな。

    ユーザーID:1127566390

  • たくさんありますが

    介護は施設任せ。子どもも0歳から保育園。同居なんて絶対拒否。

    仕事が忙しいから、むしろ子どもなんかいらない。

    家事育児を夫婦で押し付けあってケンカ。いっそ料理は全て外食で。

    高度不妊治療は、する暇がない。

    仕事のストレスで体を壊した人も当然働く。少し休んで専業主婦、は許さない。

    残業で疲れてすれ違いの日々。離婚。

    「平日の主婦」「ママ友」がターゲットだった店(習い事、飲食店等)はすべてつぶれる。

    ……ほかにもたくさんありますが。
    別に、専業だろうが兼業だろうが、自分の人生は自分で選べばいいと思う。

    地球では様々な動物が絶滅したり進化したりしているので、「専業主婦」だけでなく、
    兼業だろうが学生だろうが子どもだろうが病人だろうが老人だろうが外国人だろうが定年退職者だろうが、
    人類だけが絶滅しないなんていう保証はないですよね。

    人間が絶滅しても地球は普通にまわっているんでしょうし。
    他人のことを気にせずに自分は自分の生きる道を歩いたほうがいいと思う。

    ユーザーID:5616849429

  • 私も兼業だけどね様に近い意見で

    現在自分が直面している介護に関してです。

    特養の需要も増えるでしょうが、それ以上に、家事・生活支援ヘルパーの需要も増えると思います。認知症や寝たきりの介護はプロに任せるつもりでも、生活支援や家事支援で済むうちは家庭内で対応している人も少なくないと思います。典型的なのが通院の付添。時間はとられるし予定が狂う事も多々あるので仕事との両立は大変だけど、やってる事自体は素人ができない内容ではありません。また買物の補助や、役所や金融機関への同行や事務代行も私はやっています。義母は家庭内の日常生活や軽い家事は不自由ないのですが、少し複雑な話になると頓珍漢で、とても一人で手続きさせられません。

    こういう家庭内で対応している軽度の介護や介助まで、専業主婦がいなくなればお金出して外注する方向になって行くでしょうね。

    利用する高齢者側も、気心が知れてて慣れていた娘や嫁や身内が働きに出て頼めなくなり、有償で他人に依頼するとなれば、戸惑ったりしり込みする人もいるんじゃないでしょうか。柔軟性の高い子供と違って高齢者は環境の変化を嫌う場合がありますから…。

    ユーザーID:3635023644

  • レトルト、即席、冷凍食品がバカ売れ。

    スーパーは正午から開店し、通常閉店が午前0時、もしくは24時間営業が増える。
    訪問販売のセールスマンは次々解雇(家に誰も居ない為)
    スーパーの惣菜もバカ売れ。
    外食産業も売上右肩上がり。
    食品関係の雇用拡大。

    皆、馬車馬の様に働き忙しなく生きる。
    家事はめちゃめちゃ、もしくは人任せ。
    離婚率高騰。

    ユーザーID:8375454560

  • 悪い子が増える

    1番母親を必要とする乳幼児期に働く母親の子供は、何かしら不安と寂しさで心に傷があります。
    保育園・学童にお迎えに行くと、穏やかと言われる子でも寂しさから意地悪な発言や卑屈な性格が見え隠れしています。

    母親が働く→時間に追われる→何かしら諦め犠牲にする→子供は寂しい思いをして育ちます。

    専業主婦の母親に育った子供達は、
    時間のゆとり=心のゆとりをもった母親に育ち、どこかに預けられた経験が無く『親に愛されている』絶対的な安心感と自信があります。

    子供の友達で、この子は感じいい子だなぁと思った子は、専業主婦の子供が多いです。
    逆に問題児は大抵、あの子の母親はフルで働いていないから〜の子供が多いです。

    私も兼業主婦です。
    どんなに躾けても、愛情をそそぎ母親業を頑張っても、絶対にお母さんは家にいる!と言う安心感を与えられない私の子は、不憫でしかありません。

    専業主婦は、いい子を世に放つ素晴らしい母親、女達だと思います。

    絶滅(言葉が悪いですね)したら、愛情に餓えた悪い子が増加すると思います。

    ユーザーID:6770787528

  • 景気が良くなる

    働くようになれば交通費のような必要経費かかるし、
    子供を預けたりなどすればそういう消費も増えます。

    専業だとお金がないから節約、だから消費が減ってお金が回らなくなる、
    だった人達が兼業になってお金に余裕が出来る、その分消費が増えてお金が回るようになる、
    となるように思います。

    あ、あと年金や社会保険の3号がなくなるので、
    保険組合の赤字が減る、年金の資産に余裕が出てくる、
    というのもあると思います。
    所得税も増えるので子供が背負う借金も減る計算になりますね。
    そんなの国が無駄使いする、というのは別として。

    他に最近専業主婦を養う事に抵抗アリ、
    という理由で結婚を躊躇う男性増えて来てますが、
    そういう人が結婚する気になる事から出生率が下がり具合が減る?
    というのもありえると思います。

    あと忙しくなるのでモンスターペアレンツが減る?

    実際専業主婦は一部のセレブだけで3号制度もないなんて国もあって、
    評判もいいですから国としては良くなると思います。

    ユーザーID:3727807864

  • 私はそれが理想ですけどね。

    私はそれが理想です。
    皆が働きだすと言う事は、納税額があがりますから、行政サービスの
    充実が見込まれます。

    そして皆が働きだしたら、子供をサポートする事が必要になるので、

    ベビーシッターさんや保育所などが増える。
    競争も過熱しそうなので、幼稚園などの教育プログラム等のレベルも上がる。
    学童保育や家庭教師などのシステムも充実する。
    家電も充実し、朝の内に夕食まで簡単に早く作れるようなキッチン家電が増える。
    家政婦さんや家事代行などの業種が充実する。

    社会の理解も進み、夫も妻も子供行事や看護などでの休みを取り易くなる。
    フレックス制も進み、夫と妻が互いに仕事を理解し時間調整し易くなす。
    ワークシェアも進み、子育て期間は勤務時間が短くて済むようになる。

    高齢化に伴う親の介護問題も出るが、介護施設やディサービスなども
    必要になるので雇用創出の為にも充実する。

    今迄、専業主婦が担っていた仕事の分野の業種が伸びるでしょうね。
    登下校の見守りとか、地域の目になる役割とか…新規参入の仕事が
    工夫次第で沢山ありますよね。

    良いと思います。

    ユーザーID:3637012759

  • 離婚が増える?

    専業主婦が絶滅したら(つまり、結婚後も女性が働くようになったら)
    離婚が増え、結婚しない女性も増える気がします。
    女性がある程度の経済力を得たら、シングルマザーでやっていこうと考える人が多そうです。

    ユーザーID:0663432626

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧