仕事の接待での個人的な損害について

レス5
(トピ主1
お気に入り18

男性から発信するトピ

さしみ

はじめまして。
発言小町での投稿は初めてなので、多少の至らぬ点もあるかと思います。
ご容赦ください。

私は30代男性、中小企業に勤務する一般社員のサラリーマンです。

先日、仕事でお客様を接待した時の話です。
その席の最中、お客様がお酒を口に含んだ状態で咳き込んでしまい、飛び散ったお酒で当方の服が汚れてしまいました。
故意ではなかったことと、接待自体は和やかに進んでいたこともあるので、先方からは簡単に謝罪の言葉をいただき、その場ではお互い笑って済ませたのですが、服に付いた染みは結局洗濯してもクリーニングにかけても消えず、処分せざるを得なくなってしまいました。

仕事の顧客という関係もあるので、こちらから弁済を要求するつもりはありませんが、一方で、責任の所在が明確である損害を当方自身が被ることに多少納得がいかない思いもあります。

こういった場合、クリーニングにかかった費用、あるいはワイシャツの相応の代金を接待費用の一部として当方の会社に請求することはできるのでしょうか?

もちろん、今回の場合は特に高額の損害でもありませんし、当方自身の内で収めるのが常識的かとは思います。
しかし一方で、会社の経費を用いて行っている接待ですので、基本的には業務であり、その中で生じた費用は会社が負担する、という考え方にも一理あるのではないかとも考えています。

皆様はどのように考えられますでしょうか?

皆様個人が考える一般的な考え方や、会社によってウチはこのような規定や事例があるよというような実例、損害の金額次第で考え方が変わるよといったような線引きの目安、また法律的な観点からはどのような扱いになるのか、など多方面からのご意見を伺えると幸いです。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:4404116266

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もっともだけど、寛容な気持ちで

    主さんのおっしゃってることは、もっともなことです。
    会社に請求しても大丈夫でしょうが、ここで個人の器というものが量れます。

    ここで請求するような男は、男の器量としていかがなものか?
    請求すると「あの男は小さいやつだな。」と格を下げられるだけ、
    請求しなかったとしても「別になにもない日常」としか扱われません。

    損したな、と思うだけかもしれませんが、
    このような小さな良心が、こつこつ後で効いてくるものです。

    今は納得できない、けど後で良かった!と思うためにも、
    ここは寛容な気持ちで、請求しないことをオススメします!
    5年、10年後、その取引先の方と、あの時あんなことがあったよね!
    って思い出話になれる関係を祈ってます。

    ユーザーID:3947723807

  • シミュレーションしてみた

    1クリーニング代は自腹の場合
    上司「この間は大変だったな」
    トピ主「いえ、大したことでは」
    上司「接待の相手が恐縮してお詫びがしたいと言ってるぞ」
    トピ主「チャンスですね。ついでに契約の話をしましょう」
    後日
    上司「契約成立だ。みんな、これもトピ主君の体を張った接待のおかげだ。やったな」
    トピ主「ありがとうございます。これからもじゃんじゃん接待しましょう」
    その後、「体を張った接待」は社内の伝説になり、トピ主は一躍営業のエースとして出世街道をまっしぐら…。

    2クリーニング代を請求した場合
    経理「上司さん、このクリーニング代の請求書、何ですか?」
    上司「げ、ホントに請求したのか!」
    経理「どうします?」
    上司「うーん、俺が出しとくよ。もう接待には使えないな、トピ主は」

    以下略。

    ユーザーID:1060885728

  • 必要経費として控除されていと考えるかな

    接待が業務であるかどうかは判断が分かれるところだと思います。

    「経費を使っているから業務である」とは言えないということです。
    例えば仮に業務であるなら、接待が時間外であった場合には時間外手当が支払われる必要が出てきます。

    親睦目的は業務に含めない事例もあり、過去の裁判でも個々の状況によって様々な判例が示されています。

    個人的な考えで言えば、今回のケースの損害はワイシャツやクリーニング代であり、会社員の必要経費として給与所得控除に含まれていると考えています。

    よって真に不運ではありますが、会社に請求するものではないと思います。

    もっと大きな怪我や事故であれば、労災等の問題として会社と交渉も出来ると思います。

    ユーザーID:9839164040

  • 会社負担

    40代男性です。

    弊社では今回のような事例の経験はありませんし、会社の規定にもありませんが、仮に部下からこのような相談を受けた場合、その接待の内容(相手と必要性)が社にとって必要であったと認められる場合は負担すると思います。

    負担額については、購入時の金額を元に経過年数等を加味して、相談の上決めることになるのではないかと思います。

    ユーザーID:9267735425

  • ありがとうございます。

    トピ主です。

    遅くなってしまいましたが、レスを頂いた方々、ありがとうございました。
    様々な角度からのご意見、たいへん参考になりました。

    DoDo様の器量・気概として自分の内に収めるべきというご意見、unomolipoo様の損害を逆にプラスに捉えるいわゆる「損して得取れ」というご意見、会社員様の所得控除として個人の経費として考えるというご意見、トムヤムクン様のきちんと査定した上で相応の負担をするというご意見、どれも納得のいくものです。

    頂いたご意見の内容については当方でもある程度想定はしておりましたが、他人様からの客観的なご意見として頂戴することであらためて自分の考えを整理し深めることができたと考えております。
    皆様に感謝します。

    ちなみに今回は結論として、請求は控えることといたしました。
    そこに至った思考の経緯は割愛させていただきますが、事の顛末として報告いたします。

    それでは、これにてトピを閉めさせていただきたいと思います。


    ありがとうございました。

    ユーザーID:4404116266

レス求!トピ一覧