お見合いで条件は妥協したが幸せな方

レス36
(トピ主8
お気に入り70

恋愛・結婚・離婚

奈名

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 妥協して結婚して幸せですよ

    特にこれといった取り柄のない平凡な私も、26歳のときに婚活をしたのですが、当初は年齢は5歳上まで、できれば次男、年収は600万以上、学歴は自分よりいい大学卒、身長175cm以上、容姿は並以上、初婚というてんこもりな条件で探しました。

    でも、さすがに紹介数も少なかったので、今度は年齢は12歳上までOK、長男OK、年収300万以上、学歴問わず、身長165cm以上、バツイチもOKというかなりゆる〜い縛りで探し始めました。するとたくさんの紹介がありました。

    何人にもお会いするうちに、自分の中で求めるものと妥協できるものがはっきり見えてきました。
    (私の場合、「年収・身長・学歴」がゆずれない要素だったようです。でも、同時期に婚活した友達は、「同年代であること、一定以上の容姿、家事能力」が譲れない要素だと判明していました。人それぞれです)

    ゆずれない条件がはっきりして、そういう人をピンポイントで探し求めるようになった結果、年齢以外のすべての条件が理想的で、フィーリングも合う人にめぐり合え、幸せな結婚ができました。

    自分でもわかっていない、自分のニーズをはっきりさせるのが大事です。

    ユーザーID:6009975555

  • 本当に大切な事

    返事がいただけるとは思っていませんでした。
    ありがとうございます。
    せっかくなので少し長いですが返信しますね。


    トピ主様の質問したい事がよくわからなくなってしまいましたが、
    私の考えは「条件で幸せになる事はできない」というだけで、
    じゃあ愛情だけで何でも乗り越えられるとか、離婚を避けられるとか、
    そのようには考えていません。
    (お金や学歴自体が幸せに直結する方であれば話は別ですが)
    愛情は大前提ですが、同時に必要なのは精神的な強さだと思っています。

    相手に多くを望まなくても、お金なら自分が稼げばいい、価値観の
    違いは相手の価値観を理解すればいい、喧嘩やいざこざも全て自分で
    受け止めて相手を許してあげればいい。
    これらを無理なく自然に実現できる人であれば、不幸や離婚はそうそう
    起こらないだろうと思いませんか?
    勿論簡単な事ではないのですが、実際に実現できる人というのは
    本当の意味で心の強さ・広さを持った人だと私は感じます。
    自分が強くなる事で幸せを作り出せるようにしようという考え方です。

    <続く>

    ユーザーID:5093168055

  • つづき


    次に、トピ主様があげている例を挙げると
    私の考えはこのようになります。


    高卒 → 学歴よりも学校で何をしたかが重要だと思う。
    働いた経験なし → 理由次第。
    親の介護 → 本人がしっかりやるなら最大限サポートできる。
    子供を産む気なし → 理由次第。
    婿養子 → 理由次第。


    ここで私が言いたいのは、事実を端的に表す「条件」だけでは人を
    計る事は到底できないということです。
    その条件に至る過程や理由が大切だと考えているからです。
    相手に一切何も望むなと考えているわけでもありません。
    自由意思に基づいて望みたい事は大いに望めば良いと思いますが、
    条件という端的な事実を判断基準にしてしまうと、本当に大切な事を
    見落としてしまうのではないか、ということです。

    よって、私は条件で人を選ぶ事はしていません。
    年収100万ぐらいで高卒、片道30000円かかる上に見た目も
    あまりぱっとしない人に会いに行ったこともありますよ。
    話す内容がとても興味深かったからです。


    まあ、そうはいっても私自身中々相手が決まってないのも
    残念な事実なんですがね(汗)

    ユーザーID:5093168055

  • 何をどこまで妥協できるかを考える事は重要1

    見合いで結婚した30代の既婚男性です。
    わたしの場合は年収を重視して婚活されている女性と同じく、相手の年収もしくは義家の資産を第一条件にして見合いしていました。
    具体的には専業主夫もしくは、義親のある程度以上の規模の事業を引き継ぎハッピーリタイヤして悠々自適の人生を送る。

    その代わり他の男性が重視する「年齢」はかなり妥協し年上でもOK、「容姿」は夫婦生活が苦痛で無い程度まで妥協すると考えていました。
    結局結婚した相手は希望条件や妥協点よりも条件の良い女性でした。
    今のところ喧嘩も無く仲良く生活していますね。

    婚活において自分がどの点をこだわっているのか、どの点をどこまで妥協できるかを冷静に分析する事は重要だと思います。
    特に自分のライバル(つまり同性)が何を求めているかを把握し、その求めている点をできる限り妥協すれば楽勝で「選んでいただく」立場ではなく「選ぶ」立場に立つことができます。
    また自分がどんなカードを持っているか、それはどんな相手にどれくらいの効果があるかを知るのも大切ですね。
    敵を知り己を知れば百戦危うからずでしょうか。

    ユーザーID:7508473207

  • 何をどこまで妥協できるかを考える事は重要2

    >>曲がったことが嫌いで、しかもそれで真っ向から喧嘩してしまうことも
    >>短気
    というのは直すのが無理なら押さえた方が良いですね。
    せっかく結婚しても結婚生活を維持できなくなると思いますよ。
    清濁併せ呑む性格がベストではないかと思います。

    ユーザーID:7508473207

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 最後です


    貴重なご意見、ありがとうございました。

    ユーザーID:4558680481

  • トピ主のコメント(8件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧