• ホーム
  • ひと
  • 夫(長男)の両親と同居 嫁の立場、 これから不安です。

夫(長男)の両親と同居 嫁の立場、 これから不安です。

レス11
(トピ主1
お気に入り43

家族・友人・人間関係

不安嫁

近々義理の両親家へ引っ越す予定です。十数年前に建てたものですが2世帯住宅で、玄関と風呂場が共有、2階が私達夫婦の居住スペースとなっています。
夫は二人兄弟の長男で、次男(私の義弟です)は既婚、他県で家と土地を買ってもらっており二人の子供がいるそうです。

夫から聞いた義父の遺産分配と私のこれからについて不安があります。

義父が死んだあと遺産はすべて義母へ、義母の亡き後は同居の長男である夫へ、
次男は相続破棄してもらう。

義父の直筆の遺書だそうです。

しかしです。義母に遺産がすべて相続された後、万が一私の夫が先に亡くなった場合、その後義母が亡くなった場合、私一人夫実家に残されるわけなのですが、
義弟が土地と家屋を相続し、現金化すると言い出した場合、私には何も残らず、その土地からも出ていかなければならなくなるのですよね?
 
夫実家での同居について、長男嫁は損しかしないような気がするのですが、
後になって私が後悔しないようにするにはどうしたらいいでしょうか。
今から司法書士さんや弁護士さんに相談に行くのは滑稽でしょうか。不安です。

ユーザーID:0413262381

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それよりも

    「次男には相続破棄してもらう」とのことですが、この事は次男本人はご存知なのですか?
    というか、了承済みなのでしょうか?
    遺産は全て長男へと考えてるのは義父だけって事よくありますよ。
    義父が亡くなってから、「破棄する事なんて聞いてないし知らなかった」と言う長男以外の兄弟も少なくありません。遺産で揉めるのはよくある事ですから、生前にしっかり確認しておいた方がいいですね。

    次男もちゃんと了承しているというのなら、次のステップ。
    今あなたが不安に思っているトピ内容の事を、素直にご主人に聞けばいいと思いますよ。
    あなたから義親に遺産の話はしにくいでしょうから、「不安なんだけど...」って言えばうまくご主人がご両親に聞いてくれるでしょう。

    ユーザーID:4018925298

  • そこまで取り越し苦労しない。

    今からそこまで取り越し苦労しないほうがいいと思うし、義父母との同居はうまくできたらいいですね。

    ユーザーID:7552929282

  • 止める事は無理ですか?

    この状態で同居して苦労するのは貴方だけでは?
    何十年前の二世帯で玄関、お風呂も一緒では面倒な事が多いです。
    誰が来たか丸分かり何時出かけるか帰宅するかも分かります、そしてお風呂が同じでは正直嫌です。
    それ以上に大変なのは遺産相続です、推測ですがお子さんがいず夫婦だけですよね。
    もし同居して不謹慎ですがご主人が先に亡くなったら、3分1は義理親の相続分に成り遺言書が有れば遺留分に成ります。
    その後の相続は無関係に成るんです。

    権利が有るのは義理母と義弟のみです。貴方は養子縁組か正式な遺言書が無いと無理なんです。
    それにこの義弟が辞退すると思いますか? 遺言書を遺しても遺留分が有ります。
    義理父は遺言書を書いたと有りますが、悪いけど自筆遺言ですよね? もし一箇所でも抜けていたら効力が無いんです。
    遺言書の重要性は『正確と作成日』です。
    例えば弁護士や公証役場で作成しても、その後自筆が出てきて裁判所で認められれば作成日の新しい方が遺言書に成るんです。
    遺産相続もこのままでは必ず揉めに揉めますよ、義弟は親が健在のうちは黙っています、面倒は事は長男に投げたいからです。

    ユーザーID:5743682632

  • 結論だけを申し上げます

    仮に義母がすべてを相続し(ここに至るまでの経過は無視します)、その後ご主人が亡くなり、そして義母が亡くなった場合は義弟が唯一の相続人となりますので、トピ主さんの危惧している通りの結果となります。

    これを回避するためには、義父が亡くなった後、義弟が相続を放棄することを前提としますが、土地と建物について義母とご主人が2分の1づつ相続することが望ましいです。

    なお、相続放棄は被相続人(義父)が亡くなった後でなければ手続きができませんので、事前の了解や遺言を残しても無効です。

    義父が義弟に土地・建物を贈与するときに相続放棄の承諾を取り付けているとすれば、ゴネることはないものと仮定しています。

    トピ主さんの不安については筋が通っていますので、解決策については専門家に相談した上で、ご主人から義父母と義弟に伝えてもらってください。

    ユーザーID:6642678529

  • 弁護士に相談

    今のうちに、弁護士に相談して、勉強しておいた方が良いと思います。

    夫や家族に言う必要はありません。

    ユーザーID:1384994732

  • そういう話をするには同居開始する前が

    一番いいように思います。

    ご主人に話してみて、そういう可能性がある場合どういう処置をしておくべきなのかを弁護士?に確認しておいた方がいいと思います。

    その上で、義両親、義弟も含めて話し合いの場を設け、依存がなければ弁護士さんのこうしておいた方がいいにしたがって処理した方がいいと思います。

    滑稽なんてことはないと思います。

    トピ主さんが想定する事も可能性が0ではないですからね。

    同居はそれらの事がクリアしてからでもいいと思います。

    ユーザーID:1948541695

  • 考えが浅かったかも

    子供は現在いません。遺言書について調べてみたのですが、義父の遺言書には日付や遺言執行人というものは書かれていなかったと・・。

    また、義父の遺産がまずすべて義母に・・というのも気になります。

    もともと義母、義弟には預金(家と土地の資金は義父が援助したそうです)で、夫には土地と家で、法律の定めるように分ければいいのではないかと思うのです。

    新居に反対したのも、一度夫と私で家を建ててしまうと、夫の資産が私にとられると少しでも思ったのでしょうか。

    同居は義父の大病もきっかけ。義弟は他県住まいなのでなにかあってもすぐに駆けつけることも無理でしょうし義母も老後は一人では不安だとのこと。

    そういう気持ちもくんで同居を受け入れましたけど、こう考えると夫家の資産は徹底的に私に来ないように工夫されているとしか思えません。

    今の家と土地に数年住んだ末にやはり私の生活の保障は何もないようですしね・・

    同居はやめにしても、年を取って一人は不安だという義母の思いもくんで、近くの土地に新しく家を建てるほうが、普通ですよね。

    ユーザーID:2754485839

  • ためになるレスが続き感謝します。

    義父母も夫も(私もですが)遺言書関係には疎いようだし、この不安を抱えたまま同居をスタートするわけにはいかないと思います。

    夫はこの二世帯住宅の土地と家屋は財産分与のとき遺産として計算されないと思っていたようです。名義を変えると生前贈与になるということも知らなかったようです。
    ただ単に自分で新しく建てる費用がいらないのでお得だし、古くなれば父親の残した預金で改装できると思っていたということです・・・汗

    しかし遺産相続のときに義父母から譲り受けた土地家屋分も遺産として計算されて、義弟にはお金を分けることになるならば・・・悲惨ですよね。

    同居の引っ越しの前に、夫の親族が集まって今後のことをしっかり話し合ってもらえるようにしたいと思います。

    ユーザーID:0413262381

  • 止める事は無理ですか?

    この状態で同居したら苦労するのは貴方だけでは? 言葉が悪いけど無給の家政婦、介護要員にされませんか?
    前にも書きましたが玄関、風呂が一緒というのはキツイです。
    ここ小町でも相談多いです、息子夫婦が居ない時に部屋に入り寝室、箪笥の中を物色された・・・。
    それに玄関が一緒だと簡単に人は呼べません、しかし親側は気楽に呼ぶでしょうね・・・。
    悪いけど家の中で寛ぐ事も出来ません、玄関が一緒だとお互いの生活が全部筒抜けになります。

    義理両親は長男の事を考えていませんね、次男夫婦には良くしていますが・・・。
    自分たちだけが苦労せず楽をして、亡くなった後の事など丸っきり考えてません。
    ご主人はどの様に考えているのですか? まさか親の言う事を鵜呑みにしていませんか?
    同居はしない方が賢明です、もし同居に成るのなら公正証書を作成するか、養子縁組をするべきです。
    一度専門家に相談してください。

    ユーザーID:5743682632

  • よく考えてね

    結婚は損得ではないけど、自分(トピ主さん)だって生きていかねばなりませんもの。

    美談には「夫亡き後も姑(や舅)を介護し見送った嫁」とありますが、それは他者からみた美談。
    本人はどうでしょう。


    次男さんが権利を主張したならば、他人であるトピ主さんにはなんら権利はありません。
    夫が両親より長く生きていればなんとかなりますが。

    どっちにしても同居というのは嫁に不都合なようにできているものです。
    他人は嫁ひとり。
    やはり労働力として存在するのが嫁です。

    でも、その労働力を身内に使うのはなんともないはずです。
    夫の両親を身内(血がつながった)と考えるならばそれもよいかも知れません。

    よく考えて、不安は夫にきちんと言いましょう。
    それに対処してくれる夫かどうか、見極めるチャンスだと思います。

    ユーザーID:3234468724

  • みなさんありがとうございました

    遺産や遺言の話を夫にしてみたら、それとなく義父母に伝えてくれ、
    義父母もこちらの漠然とした不安については、もっともだと納得していただけました。

    また、夫はこちら(私たち夫婦)も後で揉めないように今から本で調べてみるね という風な言い方で、ゆっくりと話し合いが進むようにしてくれました。

    義父母も、私が同席していたせいか、
    いい本があったら教えてくれ、と長男である夫を立ててくれ、
    これから色々と話し合いをはじめる方向に向かいそうです。

    ただ、長男と違い義理弟家は大きな子供もいるし大変だ、大変だ、と言っていたり遺産相続破棄などは感情的になっても困るから・・と義理弟家の援助に関しては目をつぶってほしいという気持ちも感じました。

    これからの話し合いで不安が解消してから、引越しを開始しようと思います。

    ユーザーID:6666554828

レス求!トピ一覧