騙された!!(笑)

レス19
お気に入り50
トピ主のみ1

ハッピーハッピー

話題

子供の頃に親から嘘をつかれたことに気が付かず、大きくなるまで信じていたことを教えて下さい。
自分の場合は、「食品は賞味期限が過ぎた瞬間に腐ってしまう」と教えられ、中学生になっても信じてました。
友人の場合は、昔の映像(大正時代とか昭和初期)では映写機の回転の問題なのか、人が歩くスピードが早かったりしますよね。
「昔の人は歩くのが早かったんだ」と教えられ、大人になるまで信じてたそうです。
みなさんの信じてしまっていた嘘を暴露してください!

ユーザーID:2438799708

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 魂が天国に昇っているなう

    雲の隙間から日差しが差し込んだ時の、サーっとなっているアレ(分かりますか?)

    「死んだ人が天国に昇っている所なんだよ。あまり見ていると、夢子も連れて行かれるよ」

    と幼稚園のころ母に言われて以後、アレを怖くて見ることが出来なくなりました。

    高校生になって友人達から間違いを指摘され、怒って母に詰め寄ったら、

    「私の母さんが言っていた!テレビのパトラッシュも光に乗って行った!(フランダースの犬最終回?)」

    と、逆切れされました。50を過ぎてまだ信じているようです。

    ユーザーID:0120035873

  • SUKIYAKI

    すき焼きの肉は豚肉と言う友人が居たが
    我が家でも豚肉だったが、一応牛って言うのは親から聞いて知っていたが
    牛でも牛丼に入っているような並み肉だと思っていた

    会社の宴会ですきやきを食べに行った時
    「こっ!これがすき焼きの肉?」と友人と言ってしまった。
    大きなお肉を薄く切ったのがすき焼き肉だとはしらなんだった

    ユーザーID:6669745868

  • 八つ橋の話

    私も中学2年の時まで信じていた事があります。

    幼稚園の時、親戚のお兄ちゃんから「京都の人はね、お弁当には必ず八つ橋が入ってるんだよ。それにポケットにはいつも八つ橋がいれてあって親切にしてくれた人にあげるんだよ」と聞きました。
    もちろん、まともに信じましたとも。

    中学生の時、京都から転校してきた友達がいて、八つ橋欲しさにいっぱい親切にしてあげたのにポケットからちっとも出さないから「ひとつくらいくれたっていいじゃんよ!」と詰め寄った時、真実を知りました。それ以来私のあだ名は「八つ橋さん」です。

    京都駅に行くと「みんな八つ橋持ってんだ」と無意識にポケットに目がいきます。

    ポケットの中で潰れず良い状態を保つ技術は素晴らしいな〜と子供ながらに思ってました。
    ああ段々と腹がたってきました。。。

    ユーザーID:7041947938

  • 両親

    小学生の頃両親は年を私にまでさばよんでいて先生に親の年を聞かれ恥ずかしい思いをしました。あとは私は橋の下のみかん箱に捨てられてたとか色々‥

    ユーザーID:6852665583

  • 私は

    親から「ピアノは弾かないと腐る」と言われ、腐らないように中学に入っても毎日弾いていました(笑)

    ユーザーID:2522144533

  • チャルメラ

    私ではなく、うちの息子の話なんですが…。
    うちの息子(すでに成人してます)が、3〜4歳の頃に住んでいた団地近くを、夕方6時過ぎくらいと、夜の9時過ぎくらいになると屋台のラーメン屋さんが来ていました。外遊びしていてそろそろ家に入れたい時間だったり、寝かせつけたい時間だったりで都合がよかったので、ラーメン屋さんのチャルメラの音を「おばけが来る音」だと、教えていました。
    チャルメラの音が聞こえると「もう、おうちに帰る」「もう寝る」と、それは都合がよかったのですが、その後、引っ越したら、明るい時間にラーメン屋さんがやって来てばれてしまいましたけど。

    ユーザーID:3760211348

  • 車に付いてる「危」の字

    車に付いてる「危」の字は事故をしたら、強制的に付けられてしまう。
    要は「私は運転が、まだまだ未熟ですよ」って周りのドライバーに教えてるんだよ。
    と、主人が言ってました。

    中学生の娘達は「へ〜!!」と驚いていました。
    まだ真実は教えていません(笑)

    ユーザーID:0201378203

  • 母親から言われました。

    私が幼稚園に通っていた頃、ニュースでよく聞く『はろうちゅういほう』という言葉が気になって母親にたずねたところ、「○○ちゃんが幼稚園に行く途中で、アメリカの人にハローって言われてもついて行っちゃダメだよっていうことなのよ。」と。
    その後、小学校に上がり、波浪の波という漢字を習うまで信じきっていました。
    あと、ひよこ饅頭というお饅頭を一口かじった瞬間、母親が後ろから「ぴよ」って言うもんだから、それ以来一口も食べれなくなりました。

    ユーザーID:6589033880

  • ファミリーレストランで、。

    まだ息子が小学校低学年だったころのこと、息子の頼んだプリンがなかなか来ない。うるさくなり始めたので「今、店員さんがプリンを買いに行くところだからちょっと待っててね。」と言ったとき何かの用事で店員さんが外に出た。それを息子は中学生になっても信じていてあの時は、と話題にしていた。一体いつまで信じていたのだろう。

    ユーザーID:7049587754

  • みなさんも騙されてきたんですね。

    さっそくたくさんのコメントをいただいてありがとうございます!
    いやぁ〜〜笑わせていただきました。
    ハバロフスクさん。私も橋の下で拾ってきたと言われてました(笑)でも、なぜ橋の下なんでしょう?公園でも空き地でも話はいくらでも作れそうなのに。

    ユーザーID:2438799708

  • 私の

    息子はいまだにサンタの存在を信じているのではないかと、夫と二人恐れています。いや、もう中3なのですが(汗)

    上の二人はもう小学校の何年生かで分かっていたようです。それでも騙された振りでほしいプレゼントを教えてくれていました。

    それが、次男だけはなぜかずっと信じているようで。同級生の○くんの家にはサンタは来ないんだって、というような話も学校でしていて十分分かっていそうなものなのですが、去年のクリスマス前に親に内緒でこっそりプレゼントをリクエストしようとしていました。それもイブの夜に!(親がサンタなら用意するのも無理だろ!と思うのですが)

    なぜなんでしょう?不思議です。ちなみに、幽霊もしっかり信じています。(霊感は全くないようですが)

    ユーザーID:8301508815

  • 本当に信じていました

    両親から「可愛い、可愛い」と言われて育ったため、
    自分(女性です)の容姿は可愛いんだ、と思っていました。

    物心ついて、騙されてた!と気づきました。

    ユーザーID:0854525905

  • 色々ありますが、、、

    小学校低学年頃、懐中電灯をチカチカ空に向けて、スイッチを入れたり、消したりして遊んでいたら、父に、そんな事してたら、UFOが来るぞ〜と言われ、びっくり。


    同じく、小学校低学年頃、お正月に親戚の家に集まっていた際、海苔のついたお煎餅を食べていたところ、叔父から、その海苔は、工場でおばさん達が一枚いちまいお煎餅を舐めてつけているんだぞ、と言われびっくり。

    どちらも、しばらく信じてました。

    からかわれてただけですが、30才を過ぎた、今だに懐中電灯は空には向けないし、海苔のついたお煎餅は苦手です。

    ユーザーID:6054459534

  • カップラーメンと消防ホース格納箱

    昔叔父に、カップラーメンに「かやく」を入れると爆発するから、
    入れない方がいい、と言われてしばらく入れない時期がありました。

    消防ホースが格納されている赤い箱(?)のようなものって
    ご存知でしょうか。実家の近所の道路の隅に置いてあったのですが。

    その格納箱に、ハチがたくさん入っているから近づいたり、
    開けたりしないように、とも叔父に教わっていました。
    いたずら防止のために言ったんだろうなとは思いますが...
    でも、カップラーメンのことは騙されたー!!という感じです。

    ユーザーID:7341810225

  • 紅茶のティーバック

    5人兄弟でした。
    食後のティータイムにお茶を飲む習慣があり、時々紅茶も。

    「紅茶のティーパックはな、3杯目が一番おいしいんやで」

    いっつも3杯目貰ってました、はい、末っ子です。
    高校のとき友達の家で紅茶をおよばれした時まで信じてました。
    後、カルピスもめちゃめちゃ薄かったです。

    ユーザーID:5949344408

  • 鯖街道名物

    幼い頃、父親になぜ福井から滋賀を通って京都に行く道を「鯖街道」というのか聞いたら「サバに塩をふったら、この道を走っていくからだよ」と言われたことですね。
    鯖街道を通る時はサバが走るところを見逃すまいと車窓にかじりついてました。

    一緒に聞いていた兄もこっそりサバに塩をふって試していたそうです。
    今でもこの話は家族そろった時の鉄板のネタです。

    それと私も川に捨てられていたのを拾ったというのもありました。
    長兄は賀茂大橋(京都)、次兄は観月橋(京都)、で私は瀬田の唐橋(滋賀)です。
    なぜ私だけ滋賀?と聞いたら「思いつかなかったから」だそうです。

    ユーザーID:6189426146

  • 皆さんの話面白い

    夢夢子さんの言う、雲の隙間から光を差すあの光景、私は友人から聞きました。「あれって魂が登っているんだよ。あそこら辺で誰かが亡くなったなんだね」っと教えてもらった。友人に騙された。たぶん友人は親に騙されたのでしょう。

    あと橋の下は親から言われました。
    安倍川の橋の下で拾ったのよって言われました。
    しかし小学校1年の頃か、姉と私は似ているが、長男の兄とは似てないから、「お兄ちゃんは橋の下で拾ったんだね」と母に聞いたら「そうだ」と答えた。

    ユーザーID:6669745868

  • 生みの父

    子供の話です。

    長女が幼稚園年少のころ、次女の天然パーマをあまりに羨ましがるので
    つい言ってしまいました。

    「長女ちゃんはお母さん(直毛)から生まれたから髪はまっすぐで、
    次女ちゃんはお父さん(天パ)から生まれたから天然パーマなの」

    それで長女が納得してくれたので、よかった〜と思っていました。

    ところが長女は年長になってから「妹はお父さんから生まれた♪」とクラスで言ったようで…

    当然ですが、長女は友達からウソだと責められ、
    これも当然ですが、ウソをついた母親をしばらく許してくれませんでした。

    ユーザーID:5852777399

  • いち姫、に太郎…

    姉、兄、私の兄弟構成。

    一姫、二太郎、三なすび、と教えられてました。


    一番目はお姫様だけど、三番目になると野菜になるんだと、
    世の理不尽さを受け止めた幼稚園の私でした。

    ・・・はい、社会人になるまで信じてました。

    ユーザーID:2191716065

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧