妻が働きたいと言っています。

レス191
(トピ主8
お気に入り374

生活・身近な話題

黒鴎


大変結構なことです。
子供が大きくなったので、知り合いの事務所を手伝うとのこと。

仕事に就くので家事・子育(小学校6年生が一人)てをシェアして欲しいそうで、それはやむなしです。

収入ははっきり言いませんが、月5〜7万円ぐらいでしょうか。
ただ、その収入は家計に入れるつもりはないそうです。

家計は私が管理していますが、月々の生活費(7万円)からある程度差引くか、どうしようか考えています。
どうしたものでしょうか。

ユーザーID:1415881213

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数191

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です/補足

    早速レスをありがとうございます。

    7万円は食費+雑費というイメージで毎日妻が買い物をするのに必要な支出とお考え下さい。
    うまくやり繰りすれば月に3〜4万円妻の手元に残ると思っていますし、それは私の大体の小遣いとほぼ同額です。

    なぜ私の年収のデータが必要か判りませんが、900万円ぐらいです。
    額面ですが。

    つまり、妻が働いて仮に月7万円の収入を得られれば妻の自由になるお金は10万円ぐらいになる訳で、少なくとも3〜4万円ぐらい減らしてもいいのかな、と思ったりしております。

    ユーザーID:1415881213

  • トピ主です/補足2

    レスをありがとうございます。

    7万円はいわゆるpetty cashのようなもので、私が一々管理するのも面倒な小口の買い物用に一括して渡しているものです。食材やら何やらは週末に纏め買いすることが多く、その場合私が家計から払っています。ですから生鮮品などの毎日の買い物や妻が私に申告しない買い物に当てられています。細かい内訳は私も良く知りません。以前は5万円でしたが値上げに応じました。
    また私は平日は帰宅が9時を過ぎることが多く、まず自宅で食事をしないので、他所の家に比べて食材費はそもそもあまりかかりません。
    その他の買い物は事前申告に基づいて、あるいは領収書をもらって都度現金を渡しています。
    子供にも月々の小遣いを渡していますが、何かあると私に言ってお金をもらっています(妻が立て替える場合もありますが、あくまでも立替です)。なぜか修学旅行の費用がどうこうという質問を戴きましたが、費用は学校指定の信金に開設した口座から引き落としです。

    続きます

    ユーザーID:1415881213

  • 続き

    積立方式でかつ余ったお金がrefundされたりしたので正確な額は思い出せませんが確か5万円前後です。小遣いは学校が決めた金額を渡しました。用品は新たに何か買った記憶はありません。(しかしこんなことを聞いてどうするのでしょう?)

    面倒なので本当は家計は任せたいのですが、能力が無いので仕方ありません。働くことで改めて稼ぐことの大事さを思い出して欲しいのですが、全て自分の小遣いに回すというので、学生がバイトするんじゃあるまいし、と思っています。

    ユーザーID:1415881213

  • トピ主です/補足3

    どうも当初私が相談させて戴きたかった趣旨とずれてきている(申し訳ないのですが家計診断をお願いするつもりは全くございません)ので、話の流れを戻す意味で、失礼ながらタイトルだけ見て同じ様な内容と思われるレスは読み飛ばしていたのですが、それも全てもう一度目を通した上で改めて補足致します。

    ・妻は結婚直後家庭に入りましたが、半年経つか経たないうちにわが家の家計を破綻の瀬戸際まで追いやってしまったので、恐怖を覚えた私はそれ以来家計を自分で管理するようになりました(浪費家というだけでなく、極めて杜撰な管理をしていたので、私は危うくカード会社のブラックリストに乗るところでした。これは夫に対する立派な経済DVです)。

    ・それまで特に趣味らしい趣味も無かった私は(子供の頃からあるスポーツをやっており、それは子供のスポ団のコーチを引き受けるというかたちで今も継続していますが)、家計を運営する上で「買い物」についても責任が生じると思ったことから、率先して週末にはスーパー(徒歩圏内に4店舗。尚、ドラッグストアは2店舗あります)を回るようになり、その楽しさにすっかりはまってしまいました。

    続く

    ユーザーID:1415881213

  • 続き

    ・大体にしてAマートは生鮮三品、特に青果部門が充実している、Bストアは加工食品に目玉が多く、PBの品揃えが潤沢、Cチェーンは精肉とデリカに力を入れている、Dショップは全般的に品数が豊富でモノも良いが高い、といった具合に大まかな傾向というものが各企業ごとにあり、その中で土曜日の朝刊のチラシを見ながら計画を立て、各店舗を回って(私は典型的なcherry pickerなので)思い通りの買い物が出来たときの達成感は、会社で商談を纏めたりするのとはまた別の喜びがあります。

    ・また食材を購入すると当然それを使った料理にも興味が沸くので、学生時代以来包丁を握るようにもなりました(妻は料理の腕は中々なのですが、カレーをスパイスから作るタイプです)。それで今では週末はコーチ業も含めて相当充実した忙しい時間を過ごせています。

    ・一方で、親子丼ならxx地鶏だけれどオムライスならブラジル産で十分、とか、加工食品の大半は賞味期限(消費期限では有りません)以降も余裕で3ヶ月はセーフ、とか、この時期に158円/ネットのオクラに手を出すなんて自殺行為、とか、段々そういう感性が磨かれてきました。

    続く

    ユーザーID:1415881213

  • 続き

    人によってはセコいと思うかもしれませんが、「首尾良く廉価な材料を揃え」「調理で最大限の効果を引き出し」「コストパフォーマンスの道を追求する」立場からすると、どうしても無計画で野放図な買い物をする人間を見るとイラっとします。というか、主婦業の最大の喜び/楽しみを放棄しているとしか思えません。それでも、コンビニで新作アイスを買うな、スーパーの3割引きか箱10本入りで十分、などとは言っている方も気が滅入るので、それで例の7万円の範囲内なら好きにやりな、ということになっている訳です。

    ・また、妻の買い物に関する事前事後申告・報告に対しても一定の寛容度で接するようにしています。化粧品・医薬品・美容院代など、私が理解できないジャンルの出費についてはほとんど口出ししません。医療費や治療代など無論のことです(可哀想にご主人に歯の治療費ももらえていないというレスがあって驚きました。立派な経済DVだと思うので離婚をお勧めします。ちなみに、妻は歯石を取るだけの目的で半年に一度歯医者に通っていますが費用を出し渋ったことはありません)。

    続く

    ユーザーID:1415881213

  • 続き

    ・今年に入ってから妻の申告に駄目出しをしたのは、次の項目ぐらいなものです。
     ⇒夏物の洋服…同じようなものをもう何着も持っているし、saleまで待ちましょう
     ⇒美容整形費用(レーザーによるシミ取り)…化粧をすれば判らないレベルなのでもう少し様子を見ましょう。
     ⇒ 単行本…文庫になるまで待つか、図書館で借りるか、ネットで安く買えるようになるまで待ちましょう
     ⇒ 友達との旅行費用…そういうものこそ7万円のやり繰りの中から捻出しましょう(但し、既に予約済みということなので一旦家計から出して今は7万円から3000円ずつ毎月差し引いています。ですから正確には妻に渡している小口買い物用資金は6万7000円になります)
    後はバッグ(結構高額でしたが、それでも一年間は我慢したので)も靴もちゃんとお金を渡しました。

    続く

    ユーザーID:1415881213

  • 続き

    ・このように妻は今も6万7000円をやり繰りすることで、主婦として社会復帰する途中にあります。そういう状況で働きに出るというのは私が積極的に勧めたということがありますが、妻の性格からして夏の新作のワンピース?を出た瞬間に買いたい、とか、レーザーでシミ取りをしたい、とか、単行本(大きくてジャマになるので、私は余程専門的な内容で無い限り買ったことがありませんが)が出た時点で買いたい、とか、自由気ままにお友達と遊びたいとか、まあそんなところなのでしょう。

    それで改めて私の相談ごとと言うのは、「それでも妻の稼ぎは家計に入れなくともいいのか?」ということになります(家事は既に相当程度シェアしているという自負があるので、何をいまさらといった感じです)。

    今日は折角早起きしたのに雨でスポ団の練習は中止です。それでつい長文になり、失礼致しました。

    ユーザーID:1415881213

レス求!トピ一覧