この恐ろしい絵本のタイトル

レス8
(トピ主2
お気に入り111

趣味・教育・教養

絵本

どうにもタイトルを思い出せない恐ろしい絵本があります。ご存知の方、教えてください。

内容をすべて覚えていないのですが、要約すると

・村人がおばあさんを姥捨て山に捨てに行く。
・おばあさんはそれで村人を憎む。
・捨てられた山には狼の群れがいて大変危険なのだが、どうにかしておばあさんは狼をなつかせることに成功。
・おばあさんは狼たちに村を襲わせる。

こんな内容なのですが、絵がそれはもう恐ろしいタッチで、おばあさんもぼろ布をまとった鬼婆のようになっているし、記憶が定かではないですが、村人に撃たれ(?よくわかりません)血だらけになったおばあさんが笑いながら狼たちをけしかけていたような・・・。

話もおぼろにしか覚えてないですが、まるでトラウマのようになっています。さすがに子供たちに読もうとは思わないですが、自分がもう一度読んでみたいのです。あのエンディングはどんなだったのか、そもそも何が伝えたかったのか、わかりません。

ご存知の方、タイトルを教えてください。ネットで探してみましたが、みつかりませんでした。

ユーザーID:5930943287

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「わらいおおかみ」

    「わらいおおかみ」

    さねとうあきら 文
    井上洋介 絵
    ポプラ社 1973年 (ポプラ社の創作絵本 ; 3)

    ぼろをまとったおばあさんが死助谷で・・・
    絵が恐ろしくてトラウマになって、子供は最後まで読み切れない絵本だとか。

    ユーザーID:4090266139

  • さねとうあきらさんと井上洋介さんコンビの

    「わらいおおかみ」(「おおかみがわらうとき」所収)ではないでしょうか。
    姥捨て山におばあさんを連れていくのではなく、村に迷い込んだ乞食のおばあさんを意図的にオオカミが住み着く古寺へ誘導する話なので、もしかしたら違うかもしれませんが…

    井上さんの絵は強烈というか、比類ないというか、井上さんオンリーワンの絵柄なので、検索してご覧頂けば、すぐ合ってるかどうかわかると思います。

    さねとう&井上作品、大好きなんですけど、子どもの頃は怖かったです。「首なしほていどん」とか、もうトラウマ…

    ユーザーID:8691155031

  • ありがとうございます!

    そうです、これです!わらいおおかみ・・・。小学校の図書館で読んだのですが、なぜこんな怖い本が小学校に・・・。
    ネットで探してみましたが、販売されていませんでした。残念です。
    でも、とってもすっきりしました。ありがとうございました。

    ユーザーID:5930943287

  • すみません

    笑ってしまいました。そんな絵本があるんですね。怖いもの見たさで読んでみたいです(笑)

    ユーザーID:2172250393

  • すごいですね!

    児童書なんですか、それ!
    私もトラウマになりそうですけど、
    読んでみたくなりました。

    ユーザーID:4815275964

  • 購入できなくても

    図書館で相談されてはいかがでしょう。
    本のタイトル、著者等で調べて頂き、
    その施設には蔵書になくても、ある所から取り寄せてもらえるネットワークがあったように思います。
    絵本が取り寄せの対象になるかがちょっと不明ですが、
    読みたい本が絶版だったりするときに大変助かるサービスです。

    ユーザーID:6230622334

  • 興味があったので

    ちょっと調べてみました。
    お住まいの地域がわかりませんので国立国会図書館のHPで資料検索して下さい。
    わらいおおかみ で出ます。
    貸し出し可の全国の図書館が右に表示されます。
    最寄りの図書館だといいのですが

    おおかみがわらうときも同様です。
    私も時間のある時に借りて読みたいです。
    いやあ知らない本は一杯あります。
    感謝です。

    ユーザーID:9692500339

  • ありがとうございます!

    図書館で調べてみるの、いいですね。今海外なので、今度里帰りしたときに探してみます。
    ネットでみてみると、この絵本は結構みなさんトラウマになったと書かれている方が多いようです。でもこうして私も25年以上覚えているんだから、すごい本ではありますよね・・・。

    自分で勝手に姥捨て山に捨てられたと勘違いしていました。村人にだまされて旅の老婆が狼がたくさんいるお堂?に案内されるって話でしたか。

    しかしこれ、エンディングはどうなってたんでしょう。狼に襲われて村は滅びるのか?それとも村人に狼が返り討ちにされてしまうのか?どなたかお話を知りませんか?絵の少ない上級生用の本ならまだしも、低学年用(と思われる)の絵本であのストーリー、イラストはかなりぶっとんでました。もしかして、大人用に作られた絵本を間違って私が読んでしまったんでしょうかねぇ・・・。

    こっそり本棚に隠して、時々怖いもの見たさで読み返したいような、そんな絵本です・・・。

    ユーザーID:5930943287

レス求!トピ一覧