貯蓄計画が厳しく感じます。問題点を指摘してください

レス38
お気に入り96
トピ主のみ8

アリとキリギリス

話題

主人、私、年少の子供の3人家族
主人が独身時代から続けている貯蓄計画で生活しています。

私は一生懸命あわせていますが、正直言って苦しいです。
家計診断お願いします。

給与25万円前後

貯金10万円
家賃 4万円
光熱費2万円(旦那、携帯代2000円含む)
食費・日用品 4万円
小遣い(私)1万2000円(内、2000円は携帯代)
   (主人)上記から残った分(平均3万強)


賞与30万円前後(夏冬年2回あり)

貯蓄 10万円
ガソリン代・冬場の灯油代 12万円(月額2万円で計算)
保険料 3万円弱(共済で割戻金があるため、それにより変動します)
電話・ネット代 5万円ぐらい(上記の残金が当てられている)


教育費は私が担当という事で、子供が幼稚園に入園してからパートに出ることが決まっており
このたび決まって月額7万円程度の収入があります。そこから幼稚園費、その他教育費を出すつもりです。
そこで、主人のほうから私の小遣いの部分を、主人の小遣いに組み込みたいといわれました。
普通に考えたらそれでいいのでしょうが、今までもほとんど家族の外食費に当てており
出来れば食費にあてようと考えていました。
主人の小遣いは私の倍近くあるはずなので・・・

ところが主人の小遣いは、3万強の内、2万円を車の購入積み立てに当てていたようで
実際は1万円ちょっとで、私とたいして変わらないから、という意見です。
私の分を回してもらえれば、2万円ぐらいになるし
私もパート給料の内2万円は、小遣いにしていいから、という風に提案されました。

給与の月額10万の貯蓄は家と老後のためという事なのですが
そこの一部分に車の購入積み立てに当ててもらえないか?とお願いしたのですが
食費は4万以上出さないと、話は平行線です。

ユーザーID:8740162088

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 貯蓄は素晴らしいけど

    毎月の貯蓄は素晴らしいけど、やりくりが難しいなら少しは減らしていいのでは?
    だって25万の手取りで独身時代のまましようとするなんてキツイですよ。子供さんもいるし。

    ユーザーID:3782495700

  • キツイでしょうけど

    ご主人と力を合わせてやれる所までやってみてはどうでしょう。

    家計診断と言っても、ご夫婦どちらも無駄遣いなどはないし、
    これ以上ないほど頑張っておられるように思います。
    悪いところはどこにもないです。

    ご主人のお考えが主婦にとって厳しいのは解かります。
    でも、とてもしっかりした、それでいてご主人自身も我慢をしている計画だと思いました。

    将来、今のキツさが報われる時がきっとくると思います。
    どうしても無理がきたら、ご主人に訴えましょう。
    あなたのご主人、きっと解かって下さるでしょう。
    頑張って下さい。私も見習います。

    ユーザーID:7840276358

  • 仕事でクルマが必須でなければ

    問題点は3つ。

    1.生活費(賞与に手をつけている)。
    2.クルマを購入しようとしている。
    3.クルマを保有(ガソリン代を計上)。

    貯蓄は給与の3割、賞与は緊急出費や不足分の補填の残りを貯蓄。

    クルマは所有満足感や利便性部分は除けば経済的にみあいません。

    給与
    貯蓄…………7.5万
    家賃…………4万
    光熱費………2万
    食費日用品…4万
    小遣い(妻)2万
    小遣い(夫)2万
    灯油代………1万
    共済保険料…0.5万
    電話ネット…0.8万
    予備費………1万

    (合計)…約25万円

    毎月貯蓄はするので予備費の出番がなければ、外食・被服費・レジャー費に使ってしまいましょう(生活のいろどり)。

    賞与分
    生活費補填分以外は全額貯蓄………30万−補填分

    年間150万−(夏補填分+冬補填分)貯蓄もできますし、
    7年〜10年で1000万貯蓄できますね。

    クルマは維持するために燃料・車検・点検整・消耗品・自賠責保険・任意保険・自動車税・自動車重量税・駐車場・凹めば修理等々散財の元凶です。

    買物・レジャーではタクシーやレンタカーを使うほうがはるかに保有するよりも安価です。

    クルマはNGです。

    ユーザーID:2828012697

  • これから、子供にお金が掛かる

    子供が幼稚園に入った。
    通園している時間は、パートに出て稼ぐ。

    でもこれから、子供にお金が掛かります。大学まで行かせるとして、国公立でもかなりの費用。私学なら・・・・・

    さらに、2人目が産まれたら、・・・・・

    やはり、節約は必要でしょうね〜


    でも体が資本。
    食事には、もう少しお金を掛けたいです。

    ユーザーID:0776536122

  • 偉いなぁ

    つまり収入の約半分を貯蓄に回している、というわけですね?
    凄い!偉い!

    ご主人の年齢がわかりませんが、まだお若いならそこまでカツカツしなくてもいいのではないかと思うのですが。。。
    でもこの調子で貯蓄が出来れば、老後は安心ですよね。

    ちなみに教育費は主さんが担当、とありますが、大学進学までちゃんと考えていますか?
    大学の授業料も主さんが担当となると、自宅から通える国立大学しか選択肢が無くなると思うのですが。
    お子さんはまだ小さいですが、そこはきちんと話し合いをされたほうがいいと思いますよ。

    ちなみに地域によりますが、幼稚園にかかる費用は毎月3万円くらいですよね?
    すると残りのうちの2万円を小遣いにしたとしても2万円が残りますから食費に1万、主さん名義の貯蓄に1万が回せることになりませんか?
    小遣いの大半を外食費に充てていたとのことですが、夫婦で小遣いがほぼ同額となるのであれば、外食の都度お互いの小遣いから支出する形態をとってはいかがでしょう?

    ところでお子さんが小さいのに保険が小さい気がするのですが。。。
    そして被服費などはどうされているんでしょうか?
    まさかそれまで小遣いで?

    ユーザーID:8318216416

  • 合わせる方の立場も尊重すること

    やり繰りに大きな無駄はなく、節約を意識しつつも自由度もある程度はあると思います。

    これ以上削ると、生活が渇くのでは…。

    変える余地があるのは、旦那様の気持ちの面かなぁ。

    我が家は、妻が貯蓄計画を立て、夫が合わせるのでトピ主さんと逆です。

    相手の立てた計画に合わせるのって、大変ですよね。

    いくら将来のためとは言え、生きている今にお金を使うのも大切なので、貯蓄優先の考え方はトピ主さんも私の夫も理解しつつも息が詰まるでしょう。

    私は夫の気持ちも分かるので、夫の小遣いは下げないし、疑問に思う使い方をしても口を出さないようにしてます。

    夫にとっては、今のラインがギリギリ限界なので、貯蓄計画も今以上にはシビアにできません。

    節約や貯蓄に対する許容範囲は個人で違うので、トピ主さんの限界ライン(我慢の境界線)を理解してもらう必要があるかと思います。

    ユーザーID:4898323655

  • しっかりしたご主人!

    ご主人の貯蓄計画素晴らしいと思います。
    お小遣い増額も車を購入するためなんて偉いじゃないですか〜!
    トピ主様の不満は食費を増額したいってことですか??私的には4万は適性だと思いますよ。うちは4人家族で食費&日用品で4万です。ついこの間までは3万でやり繰りしていました。1万増やしてもそんなに贅沢せずなくなります。お金ってそんなもんですよね‥。子供が小さいうちから増額すると本当によく食べるようになったとき大変ですよ!
    それから、教育費の貯金は、18才までに500万くらい用意しといた方がいいですよ。
    今まで専業主婦で月1万のお小遣いをくれていたご主人は厳しい方だとは思いません。
    ご主人についていけば間違いなし!!

    ユーザーID:7416377997

  • 補足です

    実は結婚当時から、私もパートで働く約束でした。しかし、なれない家事と
    2人だけなら今までの家計のやりくりで何とかできたので、働きませんでした。
    それに、そのうち主人も教育費や食費の事を考え、貯蓄計画を変えてくれるかも、という期待もあったのですが。
    結局、変わらないままズルズル過ごしてしまい、どうにもなりそうもないので
    自分の甘い考えを切り替えて働く事に決めた次第です。
    私の貯蓄は挙式と家具代(結婚前に主人が先行して一人暮らししたため)に消えたので
    頂いた結納金(100万円)で少し、結婚後の遊興費には当てましたが
    残りは加入し始めの頃の共済(保険)の代金に当て、子供が産まれた時のために、50万円は残していました。

    主人は結婚後、ネットで株の売買をしており、独身時代の自分の貯蓄(700万ぐらい?)を元手にはじめたのですが
    そこに上記の50万も元本保証で、お願いしました。
    ちなみに、毎月の10万の貯金も株の購入費用に当てられています。
    全額入れてしまいリーマンショック等で、結婚後からの貯金が全て損益となっている状態です。(売却せずにいます)

    ユーザーID:8740162088

  • 極端ですねぇ

    正直な所、お子様ってどんどん成長していきますよね。
    食費と日用品が4万円で収まるのは今だけですよ。
    来年か再来年にはオカズも今より多く必要だし、ご飯だって多めに盛らないと無理になります。

    旦那様が厳しくて話が平行線ならば、こっちも極論でいくしかないと思います。
    トピ主さんもお子様の食事とお子様に関わる日用品以外を徹底的に下げてみてはどうですか?
    給料日前には白米とフリカケのみで、お子様だけオカズを作ってあげる…とか、実力行使はどうでしょう。
    それと本当に貯金してる人の小遣いの使い道?って思いました。
    ウチの旦那も独身時代から貯める人です。使わなくても生活に不満がないタイプなので、3万円で自分の貯金が出来る位なので気になりました。

    今の家計だとトピ主さん化粧も洋服も美容院代も出ませんね。
    正直冠婚葬祭用の服以外は、購入も難しいレベルな気がしました。
    ココまでなってるのに、旦那様は自分だけ「車が欲しい」だの「妻と子には着の身着のままで、自分は小遣い4万以上。」って冷たい人だと思いました。

    ユーザーID:7631830331

  • 目的によって厳しくも甘くも感じるもの

    家計は世帯収入で決まります。今のような時代、世帯収入が少ないと生活が苦しいと感じることは自然なことです。昔は個々人の収入が今より少なかったように思われますが、世代間で補い、結果として、世帯収入が今の時代よりも高く、生活の自由度も高かったように思います。

    核家族で苦労しながらの人生もいいですが、世代間で力を合わせて共に生きていく生き方もあります。生き方の違いは、貯蓄のあり方を変えます。貯蓄額が厳しいと嘆いているだけでは何も始まりません。そもそも何のために貯金をするのか、その目的が明らかになっていないことには、現在の貯蓄額が厳しいとも甘いとも言えないでしょう。

    恐らくは、ご主人とあなただけが知っている貯蓄の目的があるはずです。それは家族の夢を実現するために必要なことなのでしょう。

    その目的によっては、貯蓄額が甘く感じることがあるかもしれません。貯蓄に精進する代償として生活の厳しさを感じるのでしょう。そのような状況下で、自分達の目標を向かって生き抜いて行こうとする時こそ、今の貯蓄額を増やしていくための(驚くべき)知恵と、生活への覚悟が出てくると言うものです。それを期待して止みません。

    ユーザーID:6702602019

  • 厳しい?

    これくらいの家計の締め付けは、別に珍しくもありませんよ。
    庶民主婦の皆さんは、自らが率先してもっと厳しく節約にいそしんでいます。
    (押し付けられるのが嫌なのでしょうか?)

    貯蓄計画の内容は至極理に適っていますね。
    幼子が居ますが、1人っ子なので夫婦の労働力の均衡もバランスが取れている。
    妻子には節約を強要する裏で、夫が独り散財するわけでもない。

    今時パートに行かなきゃ、主婦が自分の物なんて買えないのは当たり前。
    貴方がフルタイムで働くか、玉の輿にでも乗らなきゃ、これ以上の余裕なんてありませんよ。
    高収入エリートを捕まえられなかったのですから諦めてください。

    確かに世の中には、夫を家庭内でも財政面でも締め上げ、キリギリスのように貯蓄もせず、ぐうたらセレブ主婦を満喫する人も居ますね。
    そのような人と比べれば、トピ主さんのお宅は随分と厳しい事になりますが、あくまでも例外ですので見本にしないように。

    ユーザーID:1530140141

  • えっ?

    株は貯蓄じゃないですよ!
    元本保証なんてありえない!

    もともとお金持ちならともかく、一般家庭なら株は余裕資金でやるものだと思います。
    結婚後は、株の利益はマイナスってことですよね。

    いざという時に使うまとまったお金はありますか?
    株を売ってからでないと使えないのでは、何かあった時に心配ではないですか?

    我が家も株式投資はしていますが、住宅費、教育費、老後資金などは別に銀行に貯金しています。
    株の売買が下手なので、売却益はあてにしていません。優待品を楽しんでいます。

    現在の貯蓄ペースうんぬんより、株につぎ込んで本当に貯蓄といえるのかどうかトピ主様も勉強なさって、ご主人と話し合われたほうがよいのではないでしょうか。

    ユーザーID:0862796881

  • 堅実かと思いきや正反対ですか

    まずは株取引は毎月の貯金から出してはなりません。ご主人のお小遣いの範囲内でなければダメです。
    もし儲かった場合にそれを貯蓄するのは良いのですけど。

    あと,リーマンショックからもう3年半経ちますが,その損失をいまだに回復できていないところからして,
    おそらくご主人には株でもうける才能はありません。

    ユーザーID:1029726907

  • 収入の割に貯蓄が多いから生活がきつくなるのは当たり前かと。

    トピ主さんは、お子様を保育所に預けてフルで働かれてはどうですか?

    食べることも満足に出来ないのに、一体いくらの車を購入するのでしょうか。
    20〜30万の中古にすれば、これ以上車の貯蓄は必要ないですよね。

    家計のバランスが悪いと思います。
    生きるために絶対に必要な食費等が4万なのに、車の貯蓄が2万円とは呆れます。

    子どもさんの成長に連れて、食べる量は増えますし、光熱費も上がります。
    トピ主さんが教育費担当といっても、パートでは、高校大学の教育費は貯められないでしょう。

    いっそ、フルで働いて、食費等のやりくりはご主人に任せてはどうですか?
    買い物を全てご主人に頼んでしまうのです。
    工夫して4万円でやりくりして貰えばどうですか?

    もし食事が足りなくてもトピ主さんの収入で子どもは食べさせられるでしょう。

    ユーザーID:7868924040

  • 全部株!?

    しっかりしたご夫婦だなぁと思ったら

    10万円全部株購入。。。

    ご主人に株運用の才はないです。

    貯蓄は別にしてもらったほうがいいですよ。

    ユーザーID:6448825805

  • 夫婦そろって

    何やってんだぁ。
    せっかくの節約生活も理由が株を購入するためだなんて、
    ダメダメ夫婦すぎますよ。
    いやぁ、最初、しっかりしたご主人だと思っていたのに
    まさかの展開に驚きました。
    人生をかけたギャンブラーだったのですね。
    このままだと住宅や老後の資金どころか教育費だって
    ままらなないですよ。
    先の見えない泥沼のどん底生活だって気づいてますか?
    せめてトピ主さんだけでも目を覚まして、普通に節約、
    普通に貯蓄をしましょう。

    ユーザーID:8179841631

  • 車が余計

     とにかく車が余計です。できるだけ省きたい項目です。
     リーマン以降は株式投資で利益を出せないのは無理ありません。今まで上手くいかないなら、アノマリー投資法でいくのも良いと思います。10〜11月の下落時に買い、4〜5月売るというパターンとか。博打感覚でやっていそうなのが気になります。地味にやって行った方が増えるものです。

    ユーザーID:8684258168

  • 毎月10万、貯蓄じゃないですね。

    株で損してる。いったいいくらのマイナスですか?
    株は元本保証ないのでは?

    毎月マネーゲームに突っ込むための10万ですね…。

    収入に見合わない取引をされている状態ですので、現在も老後もかなりやばいですよ。
    そういうことはなくなっても困らないお金でやるべきことです。

    車なんて持てる状態ではないのではないでしょうか。
    一刻も早く取引状況を確認して、『本当の貯蓄』がいくらあるか確認した方がいいでしょう。

    ユーザーID:6747474979

  • なんだか、いい奥様ですね

    なんだか、都合がいい奥様で。挙式費用と家具費用、まさかトピ主様だけが負担してませんね?
    株式投資はリスクを伴うもので元本保証はあり得ないという根本的な知識もなしに、ご主人に貯金全額を株に突っ込ませていたの?
    そもそも株式投資は「貯金」とはいいませんよ。なくなってもいい程度のお金でやるべきものです。
    もしお子様の進学費用が必要なタイミングやご両親の介護費用を出さなきゃならないタイミングで、またリーマンショック級の大暴落が来たら、トピ主様どうするんですか? 百年に一度と言うけど、ブラックマンデー、バブル崩壊、アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック、ギリシャ危機と、数年おきに結構な規模の暴落は起きているんですよ。
    だからリスクがある投資は余裕資金でやれと言われるんです。あ、この余裕資金は、当面使わないお金ではなく、なくなっても問題ない遊び金のことですから。
    まず毎月の株式投資に回す金額をなくし、収入の1.5〜2割程度の額を積み立て定期預金を始めることですね。株はせいぜいボーナスの十分の一くらいにしたら?
    あと「損益」は全ての投資家が経験します。トピ主様は「損失」で、益はないでしょ。

    ユーザーID:8546498824

  • 食費4万は普通

    手取り25万家庭で、食費4万はいたって一般的ですよ!毎月の食費は貯金がいくらあるとかは関係ありません。
    25万のなかでやり繰りし、3人家族で子供はまだ幼児。十分ですよ!
    家賃が4万と安いので、その分貯金にまわせるということです。
    本来なら、ボーナスから出しているガソリン代やネット代は給与の中でやり繰りし、ボーナスを貯金にまわすというのが正解ですが‥きっちりされているご主人のようなので、そのへんは自己流でやり繰りできるのかな〜と思います。

    ただ、株は貯金ではありません!
    貯金を株で運用しようというのは間違っています。
    ご主人に指摘するなら、家計の内訳(貯金額)ではなく、株投資をやめさせることです!

    子供が小学生の間までが貯め時です。今のうちにガッツリ貯金することは間違っていません。苦労は若いうちにした方が楽ですよ。
    マイホーム資金、教育資金、老後資金‥今から備えることは賢いですよ。

    ユーザーID:7416377997

  • 株なんてギャンブルと同じ

     株の運用資金に充てた分を貯蓄とは言えません。素人の株なんて、ギャンブルと同等ですよ。ご主人はもちろんですが、これまで何の疑問も持たなかったとぴ主さんにもびっくりします。

     つまり、とぴ主さん一家には安定した貯蓄なんて今現在一円分もないわけですよ。株価が下落すれば、ご主人が持っている証券なんてただの紙切れになります。数年前のJALのことは記憶にあるでしょう。あんな誰もが信用しそうな大企業の株でさえ、何かあればゼロになってしまうのですよ。そんなものに将来の生活をゆだねるなんて、危険すぎます。

     株価の動きによっては、毎月10万円をドブに捨ていていた、と言うことになりかねないのです。

     問題点は、そこ。食費やらパートやら言う前に、貯蓄と言うことの概念について、しっかり話し合うべきです。家計の診断をしてやりくりをかんがえるのはそのあとです。

    ユーザーID:5612664467

  • 株!? しかも全部損益!?

    株に素人の私ですが、まぁ、確かに損ばかりですわ。
    でも、10年来続けてる累投は黒字です。貯蓄の基本は定期預金です。

    これは、ご主人は堅実なんじゃなくて、今の損をどうにか挽回しようと
    生活費もつぎ込むギャンブラーなのでは…?

    貯蓄の半分をどう運用するかはトピ主さんが担当ってわけにいかないでしょうか?
    で、家計簿はきちんとつけて、ご主人の投機が家計を圧迫していて、
    必要経費さえも出せずに赤字になっていることを毎月データで証明する。

    もし、義実家の食費がわかるなら教えてもらってください。
    あまりに無体なことを言うようなら「あんたは自分が食べさせてもらった分さえ
    子どもに食べさせてやる気がないのか!」とキレましょう。

    ユーザーID:7235132589

  • 株?

    補足見てびっくりしました。

    それは、「貯蓄」でも無ければ、「計画」でもない。
    そして「厳しい」じゃ無く「無謀」としか言えませんね。
    同情しますわ…。

    ユーザーID:1530140141

  • 株取引

    ご主人の独身時代の貯金はご主人がどう使おうと自由だと思うけど
    結婚してからはそうはいきません。

    株は「余裕資金」でやるものです。

    ゼロになってもいいくらいのつもりでないと株はやれませんよ。
    今まで投資した分は塩漬けになってるようですが
    ある程度株価が戻ったところで損切りを勧めます。
    そのお金は教育資金として死守すべき。

    そしてお子さんのための資金をちゃんと貯められたら
    また株はたのしめばいいじゃないですか

    ユーザーID:4720241173

  • 株は余剰資金で運用するものです

     主さん、株に元本保証はないですよ。
    ローリスク銘柄に投資したのでしょうけど、現金の50万と株式50万円の価値は全く別です。
    ある程度時間がたたないと運用益も出てこないので、その間動かすことはできず、有っても無いのと同じです。しかも利益が出るのと損する場合と半々程度に考えてよいぐらいだと思います。
    現金である程度持っておかないと、必要な時に使うお金もありません。
    それが家計がひっ迫している原因のように思えます。

    これからたくさんの出費があるのだから、まずその分を貯蓄で確保しつつ、
    余った分を投資にまわしましょう。

    貯蓄や投資は大切ですが、そのために日々の生活があまりにも圧迫されているとしたら本末転倒だと思います。

    ユーザーID:8559245952

  • 投資を分散させていない=問題点

    トピ主さんとしては家計上のアドバイスがご所望なのだと思うのですが、まず、駄目出しはご主人の投資です。
    全額株なんって!!!
    1/3は定期など 1/3は不動産投資 1/6は株 1/6は外貨 というようにリスクを分散しましょう。

    投資をまったくされない奥様から見れば、ご主人様はきっとマネースキルの高い尊敬できる(従っておけば安泰な)存在に見えているかも知れませんが、現時点で含み損(今現金化したら損になる株)が出ているのですから明らかに「投資に失敗」していますよね。

    冬の灯油代を別会計にしているという事は雪国で車は生活必需品なのでしょうかしら?

    >食費は4万以上出さないと、話は平行線です。
    幼児と夫婦で三人家族で月額4万という事は、「一日1290円」ですよね。雪国ということはまず東京都内のように物価が高いということもないと思うので、現時点での食費4万は妥当かと思います。
    これだけの貯蓄率をキープしたいのであれば外食はNGです。

    「貯蓄」の他に「特別支出」という項目をつくりましょう。
    どうしてもという外食などここから出します。 この項目をつくるだけで精神的に随分楽になる筈です。

    ユーザーID:5696606758

  • トピ主ですありがとうございます

    まとめてのお礼で失礼します。
    大体、私が考えている事と同じような意見で安心しました。
    実は私も株の全額投資はおかしいと感じていて、何度も話し合いましたが
    主人の意見(オレが稼いでいる金だから・・・)で止められていました。
    その他、貯蓄計画で疑問点があり、私が意見してもどうにもならないし
    主人の計画も間違った考えではないと思うので、意見を言うにも自信がなく
    第3者の意見が欲しくて、トピを立てた次第です。

    補足です
    ちなみに食費4万円に関しては、日用品費も含むので1万円を日用品、3万円を食費にしていました。
    しかし、子供が大きくなり、被服費等がかさむようになったので、食費の5000円をそれに回し
    残りの2万5千円を、1ヶ月を5週でカウントし1週間を5千円でやり繰りしていました。
    そして私は東京の郊外に在住で、車は主人の通勤手段として必需品です。
    また、主人の趣味として車の運転があり時折ドライブするので、独身時代からガソリン代は多めにとっていたようです。
    当然、私の被服費は私の小遣いで・・・と言ってもほとんど結婚してからは買えませんでした。
    続きます

    ユーザーID:8740162088

  • トピ主ですありがとうございます2

    今回、このトピを主人に見せて、少し話し合いました。
    現在、株以外の現金はかき集めれば150万円ほどあるそうです。
    株の総額は購入時の約半分700万円ほどで、しばらく(2、3年)は購入しないと約束できました。
    多くは鉄鋼や銀行のものなので株価が戻り次第売却すると言う事でそのまま様子をみたいと思います。
    また教育費に関しては、私のほうから今必要な教育費(園代、習い事)は出すことにしましたが
    進学時のまとまったお金は、主人の貯蓄から出せるように、貯蓄の割合を考えて欲しいと伝えました。

    食費は、妥当という意見が多かったので、自分の甘い考えだったと思い
    今までどおりでやっていこうと思います。

    ユーザーID:8740162088

  • 手取り収入の四割を貯蓄している希少な世帯

    6/27のトピ主さまコメント(2つ)拝見しました。
    ご主人様と話し合いが成立したご様子で良かったです。

    食費に関しては食費の中に衣服費や日常雑費が含まれているとは思っていなかったので、純粋に食費4万でのコメントでした。
    2.5万でしたら一日806円。やりくり上手な奥様だと思います。

    ご主人様の手取り年収が360万。
    トピ主さまのパート収入年間84万は生活費に含めないのは不安定な収入なので最低限厳守して欲しい感じですよね。

    ご主人様のお小遣いは手取り収入の1割が一般的には妥当だそうです。手取り月収が25万でしたら2.5万が妥当。
    車も趣味だけの利用でないのでしたら、家計から購入積み立ても捻出しているケースが殆どだと思います。

    貯蓄に関しては一般的には1割を貯蓄に回しましょう〜と家計管理マニュアルには書かれていますよね。ご主人の手取り年収でしたら(年間)36万ですね。
    380万の手取り年収で年間120万、車の積み立ても入れたら144万。要するに手取りの40%貯金に回しているのですから本当に凄いです。

    貯蓄率最高レベルのドイツですら15%行きません。日本では7%位みたいです。

    ユーザーID:5696606758

  • トピ主です。ちょっと間が開きましたが相談させてください

    先日、仕事を退職してきました。理由は雇用のミスマッチングでした。
    また仕事を探さなくてはなりませんが、今度は残念な結果にならないように
    経験のあるサービス業を中心に探そうと考えています。
    主人はシフト勤務なので、休日に預けられるところを休日保育の保育園以外に
    私の実家もお願いしようと相談しました。一応OKが出たのですが
    親より「そこまでして働かなきゃいけない理由ってなに?」と言われ我が家の約束を話したところ
    意見を言われ、再び考え込んでいます。

    親の意見の内容として「(お金のこと以外でも)アリとキリギリスはケンカ腰で話し合いする風潮があるから、
    感情的にならずに教育費の事を話し合ってみなさい。貯蓄をすることは間違っていないけれど
    幼稚園代などの教育費ををすべて母親に任せるというのはおかしいのではないか?
    まず、預かり(延長)保育代との損得がどうみても損でしょ?」ということです。

    私が幼稚園代を含む教育費を稼ぐ事には、私の周囲でも賛否分かれていて
    圧倒的に「母親が稼ぐことがおかしい」と言われていて
    私も友人が同じような話をしていたら同意見です。 続きます

    ユーザーID:8740162088

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧