面白い時代小説

レス19
(トピ主3
お気に入り48

趣味・教育・教養

なつめ

高田郁さんの「みをつくし献立帖」に書かれていたのですが、
売れる時代小説の条件は

(1)江戸が舞台
(2)捕物帖(ミステリー)の要素がある
(3)剣豪もの

の三点だとか。
でも自分にはそういう作品は書けない、
書きたいものを書こう…と思って執筆した
「みをつくし料理帖」シリーズが大ヒットになったのは
予想外だった、とのことでした。

確かにこの三点を外した有名作ってあんまりないような…
自分が読んだ限りでは、

1を外したもの(江戸以外の土地が舞台)
京都を舞台にした澤田ふじ子さんの作品や
築山桂さんの「浪花の華」シリーズ、
高城高さんの「函館水上警察」シリーズ

2と3を外したもの(市井の人々が主人公の人情物)
山本一力さん、宇江佐真理さん、北原亞以子さん

あたりの作品が浮かびますが、
すべて外している作品となると
宮部みゆきさんの「孤宿の人」
志水辰夫さんの蓬莱屋シリーズ(やや捕物要素もありますが)
ぐらいしか思いつきません。

この三点に当てはまらない面白い作品はありませんか?
一点か二点だけの外しでもかまいません。
できれば実在の人や事件をモデルにしたものではなく、
純粋なフィクションでお願いします。

ユーザーID:5053772930

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 堂島物語


    富樫倫太郎氏の堂島物語

    大阪舞台の米相場師主人公の成長物語小説です。
    文庫で全6巻

    一気読み決定版です〜

    ユーザーID:6403881345

  • 人情裏長屋

    山本周五郎氏の長屋ものの短編集です。いかがでしょう。

    ユーザーID:9803797251

  • 「蝉しぐれ」

    藤沢周平作の時代小説の最高峰(おおげさ?)
    何度も映画化、ドラマ化されています。
    舞台は、東北の架空の藩
    ミステリーではない。
    主人公は、剣は立つが剣豪ではない。
    何にも言わず、読んでみてください。

    藤沢周平さんでは、
    「三屋清左衛門残日録」もお勧め。

    ユーザーID:6839353212

  • 妻は、くノ一

    風野真知雄さんの「妻は、くノ一」のシリーズがおすすめです。
    まさに日本のニキータとも思える織江の活躍ぶりが素晴らしいです。 
    実在の人物も出てはきますがフィクションです。

    ユーザーID:0653272198

  • しゃばげシリーズ

    畠中恵さんのしゃばげシリーズはいかがですか?
    時代物ファンタジーです。

    体の弱い若旦那と、若旦那に仕えるあやかしたちが
    いろいろな事件を解決する話です。

    主に江戸が舞台だけど、それ以外の時もある。
    ミステリー要素はあります。
    剣豪ものではありません。

    ユーザーID:0361778113

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私も!!!

    なつめさんのトピ文を読んで、パッと思い浮かんだのが山本周五郎作品「人情
    裏長屋」でした。同じように思った方が他にも居られるとは嬉しいです、
    大好きな文庫なので。(新潮社から出ています)

    題名の通り、人と人との心のふれあいや、思わず笑ってしまったり、笑い
    ながらホロリとしてしまったり、そんな短編が詰まっています。

    ユーザーID:6046511958

  • 藤沢周平さん

    こんにちは。
    時代物好きというよりも、藤沢周平ファンです。
    短編集には地方の下級武士物がたくさんありますよ。
    市井ものも多いですが。

    ユーザーID:3338261032

  • 葉室麟の

     「蜩ノ記」

    平成23年度下期直木賞受賞作です

    舞台は豊後羽根藩(大分県)
    剣豪は出てこないし、捕り物でもありません

    戸田秋谷という主人公の過去について
    謎解き的な要素はありますが・・・

    ひとに勧めたくなる「心ふるわす」傑作時代小説  です
    (本の帯のフレーズそのままですが・・・)

    ユーザーID:1679843158

  • ありがとうございます

    ID変わってるかもしれませんがトピ主です。
    レスが遅くなりましてすみません。
    (パスワードを忘れてしまってました)

    青雲様
    大阪が舞台で相場師が主人公!
    まさにこういうものが読みたかったんです。ありがとうございます。

    miye様
    山本周五郎、大御所ですね。
    長屋の人情話は大好きです。探してみますね。

    峠様
    すみません、蝉しぐれは既読なんです…(ドラマも大好きです)
    主人公が剣の達人ということで一応外してました。
    他の藤沢作品はまだあまり読んでないので、これから当たってみます。

    ニキータ様
    日本版ニキータ!聞いただけでワクワクしますね。
    それで人妻ってとこがさらにいいなあ。

    みそかの月様
    すみません、しゃばけシリーズも愛読してます…
    ミステリーとしても優れたシリーズだと思っているのであえて上げませんでした。
    もうちょっと後の時代の「アイスクリン強し」も楽しいですよね。

    ユーザーID:5053772930

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ありがとうございます(2)

    額田王様
    「人情裏長屋」二票目ですね。
    これは探してみなくちゃ。推薦ありがとうございます。

    アヒル様
    藤沢作品は上記の条件を満たすものが多いと聞いていますので、
    じっくり読んでみますね。
    「花のあと」は国語の教科書に載ってるとか。
    今の子がうらやましい。

    ホノルルシティライツ様
    剣豪が出てこない、捕物でもない、
    人の生き様をじっくり描いた作品は心惹かれます。
    江戸近辺の話を多く読んでいると、
    どうしてもそちら寄りの感覚になるので
    九州を舞台にした話はいいですね。

    ユーザーID:4806053151

  • 銀二貫

    同じく高田 郁さんの「銀二貫」

    個人的感想ですが、高田さんの作品ではみをつくし料理帖より好きです。

    ユーザーID:0939815144

  • とっぴんぱらりの風太郎

    今、週刊文春で、万城目学さんが連載中の「とっぴんぱらりの風太郎」です。
    主人公は戦国時代の伊賀忍者…ということで、あげておられる条件をすべてクリアしていると思います。
    まだ連載中ですから、どうなるかわからないけれど、私はこの著者の作品の中で、どうやらいちばん好きになりそうです。

    もうお話がかなり進んでいますから、トピ主様が今から読み始めるのはちょっとたいへんかな。
    お互いに、本にまとまって、刊行されるのを、楽しみにしていましょう。

    ユーザーID:8710761642

  • あくじゃれ瓢六

    諸田玲子さんの「あくじゃれ瓢六」
    捕らえた博打打ちの瓢六は、唐絵目利き、オランダ語が使え、蘭医学から本草学まで通じている、幅広い人脈があるという色男。
    その瓢六とコンビを組むのが、無骨で融通の利かない同心弥左衛門。
    この二人の組み合わせが読んでいて面白いです。

    あと、3に引っ掛かるかもですが、
    小笠原京さんの「旗本絵師」のシリーズ
    旗本の三男坊で絵師の藤村新三郎が主人公の話ですが、藤村新三郎が格好いいんです。

    ユーザーID:7666914036

  • 漫画の原作ですが

    隆 慶一郎さんの作品が好きです。
    漫画の原作になった作品も面白いですが、なってない作品もすごく面白いですよ
    ただし、現実世界の男がつまらなく見えてしまいますが。
    剣豪物ですが。

    ユーザーID:7197081802

  • まだ出ていないようなので

    今、野口卓さんを三冊買って読んでいる最中です。
    「猫の皿」は、どこか落語的な要素(滑稽噺や人情噺)を思わせるような軽快な短編集です。
    江戸が舞台のものもありますが、捕物帖にも剣豪ものにも当てはまりません。
    「軍鶏侍」「獺祭」は、主人公は剣の使い手ですが、いわゆる剣豪ものというよりは、情の機微を感じさせる作品です。
    こちらも短編仕立てなので読みやすいです。

    ユーザーID:2609795026

  • 深川澪通り木戸番小屋

    すでにトピ主さんも触れられていますが、私は北原亞以子さんの
    「深川澪通り木戸番小屋」シリーズをお勧めしたいと思います。
    市井でひっそりと暮らす老夫婦の回りで起こる物語には、
    剣を使った時代劇とは違う面白さがありますね。
    自分自身の年齢から近いと感ずるものがあるのだと思います。

    ユーザーID:4128085830

  • 古典

    「南総里見八犬伝」
    「椿説弓張月」
    などはいかがでしょう?

    ユーザーID:4618070976

  • ありがとうございます(3)

    トピ主です。またレスが増えてるとは思わなかった…
    ありがとうございます。

    natu様
    「銀二貫」は近くの書店では見つからなかったのでネット購入かな。
    時間がある時にじっくり読みたいと思います。
    そういえば高田さんのエッセイ集も出るんですね。

    おひょい様
    いいタイトルですねー。
    万城目さんの作品は読んだことないのですが、聞いただけで面白そう。
    単行本を待ちます。

    myu様
    色男で博識な博打打ちと、無骨な同心…
    どこかで見たようなと思ったら、
    宮部みゆきさん編の捕物帳アンソロジーで読んだかも。
    二人のかけ合いが笑えた記憶があります。
    「旗本絵師」も面白そうですね。

    漢好き様
    漫画のほうはよく知らなかったのですが、
    実は最近「吉原御免状」のタイトルに引かれて
    今度読んでみようリストに入れておりました。探してきます!

    柚子胡椒様
    落語を思わせる展開、いいですね。
    江戸文化を語るなら外せない要素ですし。
    剣士が主人公でもそっちの描写だけに偏らないのは素敵です。

    ユーザーID:5053772930

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ありがとうございます(4)

    笑兵衛様
    人の心の機微、深みを描いたいいシリーズですよね。
    過去ありの夫婦がさまざまな人の痛みに
    そっと寄り添い、受け止めていく姿が響きます。
    北原さんの作品では「恋忘れ草」も好きですね。

    テキトー男様
    実は里見八犬伝は小学生の頃から好きでして。
    映画、ドラマ、パスティーシュ等派生作品もけっこう見ています。
    「みをつくし料理帖」シリーズにも名前が出てくるので、
    また読んでみようと思っていたところでした。

    まだまだおすすめありましたらお願いします!

    ユーザーID:5053772930

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧