蟻をつぶす3歳児

レス33
(トピ主0
お気に入り55

妊娠・出産・育児

ライオン

3歳になったばかりの息子がいます。

教えた覚えは無いのですが、「ありさん」を覚えました。(保育園かしら?)

先日、保育園の帰りに、マンション入口付近にしゃがみこみ石を手に蟻をつぶして遊んでいました。
咄嗟に叱るべきか迷い「蟻さん痛いよ、やめようね」と言って手を引き帰りました。

私自身も子供の頃に蟻や他の虫に対し残酷なことをして遊んだ記憶があります。
そういった経験も必要なのか、それともまだ生死の分からない息子に「命」を教えるべく厳しく叱るべきなのか…

ある程度の年になれば止めると思うのですが…皆さんのご家庭ではどうしていますか?

ユーザーID:5984346729

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 普通です

    お子さん、まだ3歳なのですから普通ですよ。今のままの対応でいいと思います。そのうちに止めるでしょうからね。

    小さい頃にはそういう体験(アリを殺したりといったこと)も必要だということです。そういう体験があってこそ、人に優しくもできるようになるのだそうです。だから、厳しくしかる必要はないですよ。(むしろ厳しくしかる方が悪いのかもしれませんね)

    ユーザーID:8581867766

  • 噛まれなくて

    よかったですね。
    ま、小さいアリでしたら噛まれてもキンカン塗っておけばOKな程度なんですが、熱帯に生息している大型のアリですとハチに刺されたと同様のショック状態が起こり死亡することもあるんですって(余談)。

    小さな子供ってやりますよね・・・・。
    我が娘もやりました。

    私はアリさんを題材にした絵本を見せながらお話した覚えが有ります。
    アリに女王アリ(子供には「おかあさんアリ」と説明)・働きアリ・兵隊アリ等役割が有って、みんな頑張っているんだよ〜という感じでしたね。

    何度かそんなお話をしてからは、アリを見つけては「つぶす」のではなく観察するようになりました。

    ユーザーID:3536067141

  • うちは、、

    うちの場合 同じクラスのお子さんがしていて 真似しました。ありの巣に砂を入れたりもしました。
    会話も物事の善悪はついてきてるので、自分がされたらどうか ありさんも息子と同じだよと諭しました。
    理解出来たようで 以来しません。
    三歳ならそろそろ自分中心の時代から お友達や植物や動物に興味がわいてくるかなあと思います。
    頑張ってください。

    ユーザーID:9822555266

  • 放っておけば

    潰すでしょ。アリくらい。
    トピ主だってやったんでしょ?子供の時は虫を殺すものです。
    ていうか動物は他の動物を殺すもんなんですよ。あなたの
    お子さんが動物から人間になれば、自然に止まります。

    ただ、猫などの小動物を殺すようになったら要注意です。

    ユーザーID:2429740291

  • 私の母は・・・

    命・・・幼子に理解してもらおうと思うと
    とても難しいですよね。

    私は母から、物心つく頃から
    寝る前のお話として創作童話や
    仏教の説話を聞かされました。

    うろ覚えなのですが、色々な動物やら
    虫やらが主役で、その虫を殺した子供が
    どうなったか・・・とか、とにかく動物は
    むやみに殺してはいけない。と、寝る前の
    催眠効果?もあってか、身に沁みましたよ。

    最近は、絵本で「地獄」を描いた本を読み聞かせ
    その本のリアルさに子供達が怖がり、悪い事は
    しないようになった話を聞きます。

    子供の心にきちんと命の大切さを教えるって
    本当に大変だと思いますが、伝わるといいですね。

    ユーザーID:3771690439

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • うちの場合

    ああ、そういうことって子供が小さい時はありますよね。

    うちの子の場合は、2、3歳のとき、蟻をおもしろがって踏んづけたことがあったので、
    私はおもむろに子供を倒し(と言ってももちろん加減はしてましたが)足を上げて踏みつけるマネ(半分実際に背中を踏んだ)をして
    泣かせました。
    「同じことを〇〇(子供の名前)はしたんだよ。痛いでしょ。
    いや、〇〇のがもっと悪いね、蟻さん死んじゃってるんだから。
    死ぬのは今よりもっともっと痛くて苦しんだよ。」
    と言ったら、「ありさんごめんなさい。」と。

    小さい子でもわかると思いますよ。
    ちゃんと言うべきです。

    ユーザーID:8832382084

  • 保育園の先生に相談

    せっかく保育園に行ってらっしゃるんですから、ここで相談するより保育園で先生にアドバイスをもらえばいいと思いますよ。

    以下は個人的な感想です。
    お書きにはなってますが、お子さんがアリをつぶしたら厳しく叱る、なんてつもりは毛頭ないんですよね。
    アリをつぶしてみる経験が必要とか命の大切さを教えるとか、そういう子どもの生活をなんでも親が管理したくなるのを
    世間では過干渉と言うのだと思います。

    ユーザーID:6617005435

  • 脅してでもやめさせてます

    同じく3歳児の母親です。
    最近虫に興味があるようですが、蟻を潰そうとした事もあり、その時は絶対にダメだと叱りました。
    それでもやめない時(わざとやる時)は『小さい蟻さんいじめてると、あとで大きな怖い蟻さんが来て、○○ちゃんをやっつけにくるかもよ』と脅しています。
    そしたら怖がってやめるので『蟻さんも怖かったと思うよ。ごめんなさいしようね』と言うとちゃんと謝って、それ以来、わざと潰そうとすることはなくなりました。

    そのうちそんな脅しも効かなくなると思いますが、善悪の区別が曖昧な時期は多少の脅しも必要だと思っています。

    ユーザーID:4991046268

  • そういう経験も必要らしい

    私も子供の頃、虫に残酷なことしてました。
    大人になってから、そういう経験って、したほうがいいとも聞きました。

    命の尊さとかは、机上の理論より、経験したほうがいいのかもしれません。
    率先するのは駄目でしょうが、見かけたらトピ主さんの対応でいいと思います。
    叱るまでの必要はなく、やんわりと止めようでいいと思います。

    虫さん達には気の毒ですが、その「気の毒」から学べることもあると思います。

    ユーザーID:1385465451

  • 私は厳しく教えました

    トピ主さんのお子様の年齢くらいから、息子も蟻をはじめダンゴ虫、夏はオタマジャクシを
    捕まえては、手足で・・・大人の目線で見ると「残酷」にも映ります。

    お子様はきっと生死について学んでいる最中だと思いますので好きにさせて良いと思いますし
    言っても理解できませんし、そのうち止めるでしょう。

    私は、子供と公園など出掛けた時に、子供が陥る現象の時それを思い出し子供に言い聞かせました。
    それは、転んだり などした時です。
    息子は痛くて泣き叫んでいようが、絶対に起しあやしたりしませんでした。
    掛ける言葉は「あのときのムシさんも痛かったんだよ」と、だけです(笑)。

    これが原因かはわかりませんが、高1の息子は今昆虫が苦手です・・・

    ユーザーID:4364913183

  • ありつぶしますよね・・・

    まあ、ありさん痛いよ〜
    かわいそうだから
    やめようねって言うかな。
     
    親の言い方ひとつですよね?
     
    ありさんだ〜!って追いかけていって、
    おもむろに靴を手に取り、
    眉間にしわを寄せて、
    無心で叩き潰している子がいました。
     
    ママいわく、
    家の中でありをみつけて、
    殺虫剤をかけて
    スリッパで叩き潰す姿を子供が見ていたというのです。
     
    あまりのすばやさに大爆笑しましたが、
    家の中に入ってきたら害虫ですものね。
     
    虫さんはお外へ帰りなーって言いながら、
    (おうちへ帰している。殺してないふり)をするか!という結論に
    いたったんです。
     
    まあ、どっちにせよ。
     
    大人になればわかるんじゃないですかね?

    ユーザーID:9249776994

  • それもまた、経験。

    以前、幼稚園で働いていた時には、蟻さんが死んじゃったら
    蟻さんのお父さんお母さんに会えなくなっちゃってかわいそうだよ
    など、お話していました。
    集団の中での指導なので、「先生、〜くん蟻踏んでる!」と訴えてくるお子さんもいましたし。

    でも、以前きいたお話の中で、幼少期に虫に興味を持ち、踏んだりつぶしたり
    した子の方が、大きくなってしなくなったり、小さい生き物に目を向け
    優しくできるものだと聞きました。
    今はただ興味が強いのだと思います。
    このままエスカレートすることもないと思いますし、でも気になるなら
    酷く蟻を踏んだりつぶすのに集中した時に、
    蟻さんも生きているのだから、とお話したりしていけばいいと思います。

    かくいう私も子どもの頃、虫をつかまえて弱らせたり、ミミズを石で切ったり!
    今では考えられないような遊びをしていました。

    ユーザーID:4491712587

  • 命について教えます

    命の尊さについて教えますが、それぐらいの年齢の子供には厳しく言ったりはしません。

    子供は幼き時に小さな生き物をたくさん殺して、命の尊さを学びます。
    私も幼き頃たくさんの殺生をしたことを思い出し、これ以上は無益な殺生はすまいと思ったものです。

    時に親が子を厳しく躾けることも必要ですが、助言を与えるのみに留め、子供には自分で善悪を学んでもらった方が考えが根付くと思います。

    ユーザーID:0387694543

  • 私も

    5、6歳の頃、沢山のありをつぶして遊んでいたことがあります。
    友達と一緒に。
    悪いこととか命とか何も考えていませんでした・・・。

    今はまだ、やんわりと「ありさん、かわいそうだよ」でいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:7490999322

  • 私の妹が昔、

    蟻さんを引きちぎって遊んでいました(汗)
    3歳頃でした。
    父に怒鳴られ叱られ、命の大切さを教えられていました。

    まだ難しい事が分からない3歳でも、ちゃんと真剣に叱り、命の大切さを説く。
    真剣にです。

    妹は泣きましたが、命の尊さを学び、虫にも動物にも優しい子になりました。

    ユーザーID:1636309604

  • 怒って噛みに来るよ、すごく痛いよと

    その蟻の群れ、もし自室に上がってきたら蟻の巣コロリとか仕掛けるわけですよねえ。
    一匹一匹潰すより巣ごと全滅させる方が残酷なわけですよ。
    命の大切さとか言ってられない事態というのは蟻には結構あるわけで、
    お子さんが混乱しないためにも、
    蟻に「命の大切さ」はあんまり発動しないほうがいいと思いますが。

    私なら、すぐ抱いて引きはがして
    「アンタ何やってるの!蟻が怒って噛みに来るよ。
    小さいけど毒持ってんだから、噛まれたら腫れて痛かったり痒かったりすごく嫌な事になるよ。
    こっちは殺してんだからごめんなさい言っても許してくれないよ。どうすんの」
    くらい慌てた様子で言うかな。

    実家の庭で草花の手入れ等のために土を掘り返してたら蟻の巣壊しちゃって、
    怒ってウワーッと向かって来ることがありましたが、結構アレって怖いんですよ。
    お子さんのようにつぶしてても向かって来る(死角から足を這い上ってきたり)事がありますから、
    やり返されるぞやめろ!と、その一点張りですね。

    ユーザーID:3823586783

  • 蟻かぁ

    都会に住んでいる方だと、蟻を殺す必要はないでしょうから
    残酷、と感じるかもしれないですよね。

    我が家はとっても自然豊かな田舎なので、蟻は家の中に列で入ってきたり、
    庭の草花を枯らしてしまう害虫です。
    蟻は殺虫剤で巣ごと退治、が基本です。
    どの家も、家の周りや蟻の巣に殺虫剤をまいているし、1匹でも家の中に
    入ってきたらプチっと潰してしまいます。
    ゴキブリや蚊やハエも、殺虫剤か叩いてつぶす。
    こうやって書くと、残酷ですよね。

    大人がやっていることを子供はよく見ているから、
    我が家の子供もそのうち真似するかもしれないな。

    害虫を前に、命の大切さを教えるのは難しいですよね。
    答えになってなくてごめんなさい。
    私も皆さんのレス、興味深いです。

    ユーザーID:2042611037

  • う〜ん

    1歳や2歳の時はどうだったのでしょうか?
    3歳でアリさんを覚えたとありますが、それまでに一緒にアリさんを眺める機会が無かったでしょうか?不思議です。
    ヨチヨチ歩きで散歩をするような時代に『ありさんも痛い痛いだから止めようね』から始まり、3歳くらいには理解してやらなくなるものだと思ってましたが…。
    それまでの積み重ねがないなら仕方がないですが、3歳ならもう少しキチンとお話してもいいのではないでしょうか?
    余談ですが、子どもが年少(3歳)の頃、眺めていたカマキリをお友達に踏み潰されてショックを受けた事があります。
    その子は、綺麗だね〜とみんなで眺めていた花をむしり取ったり、踏み付けたりとやりたい放題。
    親はやさしく『かわいそうだよ〜』と言うだけ。
    周りの子はその子が来ると『やめて〜!』と絶叫するように。
    昔は確かに残酷な遊び(カエル風船とか?)も黙認されていたし定番でしたが、今は受け入れられないでしょうね。

    ユーザーID:9977704070

  • 大丈夫

    あんまり神経質にしなくても大丈夫だと思いますよ。
    かわいそうだよ、とは声をかけるべくですが、成長の過程で必要な面もあると思います。子供によるでしょうけれど。

    うちの子も3歳くらいのとき、ありを靴で突然激しく踏んで、私はショックで顔が引きつり、そばにいたママさんが軽蔑のまなこで、さっとその場を離れた苦い記憶があります。


    小学生になった今、何よりも昆虫が好き、理科も大好き。自然が大好きな子供です。


    昔は多くの子供が経験しましたよね。虫を殺したり、気軽に捕まえて死なせてしまう。

    必要な体験だと本でも読みました。
    そのような生死の経験を、幼いうちに虫さんなどからさせていただく。
    私はそのように考えています。

    ユーザーID:5037569437

  • 室内のアリは殺すものと思ってる小学1年がいます

    我が家には、時々アリが行列して入ってきます。
    (古い家なので)

    数匹ならつぶして殺し、大勢なら、薬で毒殺です。

    それを見てますので、息子は「アリ=殺す」と思ってます。

    「殺すのは、家の中に入ってきたアリだけだよ」
    と理解してます。

    なので、外で見かけるアリは、基本「観察」してます。


    息子は、セミもトンボもバッタも手づかみで捕まえられる、昆虫ハンターです。もちろん殺しません。虫かごにいれても、帰りには話してあげます。

    家の猫にも優しいです。


    命は大切、といいながら、害虫(蚊とかGとか)はためらいもなく毒殺するのが人間ですから、子育てはきれいごとばかりの説明では行きませんよね。
    難しいです。

    ユーザーID:2386622666

  • 命の大切さは教えようよ

    自分の体より数倍以上大きい足に踏まれたら痛いし苦しいですよね。
    何もしていないのに「面白いから」「なんとなく」殺してみましたってすごく不条理だと思います。
    三歳なら命の大切さを諭して、思いっきり本気で怒っていい事だと思います。

    幼児期に面白半分に虫を殺す子は、誰にも怒られなかったら中学生になっても平気でやりますよ。「だって虫じゃん」という考えみたいです。

    ユーザーID:5940321469

  • でも蚊やゴ●●●は、平気で殺すところを子供に見せますよね。

    むしろ殺してから、やっつけた〜な勢いで。

    トピ主さんの「痛いから辞めようね〜」位で良いと思いますよ。

    極端な叱り方すると、じゃあなぜ蚊やゴ(略)は殺した方が良いのかで混乱すると思うので。
    まだ子供の内は、病気が〜とか不潔で〜とか理解出来にくいでしょうし。

    ユーザーID:3404099067

  • 教え諭す

    そこで厳しく叱り「無益な」殺生をやめさせて初めて教育なのでは?
    ここで簡単に潰して殺した蟻の命は終わってしまった。もう生き返らないのだ、ということを教えるべきです。
    3歳児に難しいことはわからないでしょうが、感覚で覚えさせることはできます。
    「幼少時には必要な体験」って、叱りもせず教えもせずに終わっていては単なる殺生ですよ。

    ユーザーID:4463845735

  • 女性は止めたがるでしょうね、でも

    自我も形成されない3歳児に「命の尊さ」を説明で、その「本質」まで悟らせるのは難しいでしょう。

    人間も動物ですから、原初の残虐性やサディズムの本能を有しています(勿論、人によって程度は違うと思いますが)
    こういった幼少期にあえて「残虐さを満たしてあげた」方が、後年、命に対して謙虚になると考えています。

    親が強制的に止めさせると、欲求を満たされなかった反動が、反って後年性格となって噴き出す可能性を危惧します。
    (仕返しが怖いから止めましょう、という言いくるめは対蹠的であるだけで根本的な説法になっていません)

    犬や猫も時折、無慈悲にスズメや小さい動物を弄んだりします・・そういった側面を、人間は理性100%で構成されてる訳ではないので、いかにバランスを取ってあげるかが肝要かと思います。

    私も、それはそれは無慈悲なことをしました。
    我が子が蝶を殺すとき、動物の目になっているのを確認しました。それでも止めませんでした。
    妻も私と同様の考えでしたので、意見が衝突せずに済みました。

    中学生になった息子は、今はとても「生き物」に対して謙虚になりました。

    ユーザーID:1250813203

  • 自然に身につきました。

    幼稚園の頃までは、振り返ると本当に残酷なことを平気でやっていました。
    蟻を踏み潰したり、トンボの羽をむしったり、蟻の巣に水を流し込んだり……
    でも、両親を含めて、それに対して咎めたり、教え諭されたという記憶はありません。

    しかし、それは突然やってきました。
    「そういうことは、とても残酷で酷く、決してやってはいけないことだ。」という気持ちが、芽生えました。
    小学校に入ってしばらくした頃のように思います。
    そしてそれ以降、先に書いたような行為は、一切しなくなりました。
    別に、誰かに言われたわけではなく、そういった気持ちを持つことができました。
    普通の子なら、そんなに心配することではないように思います。

    ユーザーID:9215727060

  • いろいろな意見がありますね。

    命の尊さを教え、いけないんだと教えるべき、という意見もありますが、
    私も、子供にはそういう面があるものだ、という考えでいます。
    蟻の命を奪うのだから、確かにやって欲しくはないことです。
    でも、その年頃にそういう経験を全くしないのも歪ではないでしょうか。
    その年頃にやらなければ、いつやるのですか?
    その年頃だけです。いつまでもやる子はいません。
    だって、生活していく中で、実際に体験していく事で、子供は学びます。
    何人もの方がレスしている事が、その証明だと思いますよ。
    3歳の時に蟻を踏み潰している子が、その後、昆虫や動物、植物などの物言えぬ生き物に優しくできる、とは、観念的には、信じられないかもしれませんが、
    わたしはそう信じられるし、そうである事を、我が子やその友人達も証明しています。

    ユーザーID:7231244747

  • 我が娘も昔

    我が家の娘も昔、アリを一つ一つ殺すのが趣味?でした。
    可哀想でしょと諭すと、だって、まだいっぱいいるんだもん。
    と、言い訳にならない言い訳をしていました。
    そんな子も今は教育者になって、子供たちに命の尊さを教えております。
    親は一応可哀想と言っておいて、まだ小さいので、神経質に怒る必要はないように思えます。
    そのうち飽きます。

    ユーザーID:4345984357

  • 無駄な殺生はしてはならぬ

    タイトルは私が親に言われた言葉です。
    蚊や衛生害虫、作物をあらす害虫などはこの言葉により除外されますので、
    ご安心ください。

    2歳児に何を言っても本質を理解させることは難しいと思いますが、
    アリとは言え、意味のない殺生はやめさせるべきでしょう。
    大事なのは親がダメだと言い聞かせ続けることだと思います。

    私自身が無駄な殺生をしていたから言われたんですけどね・・・
    地獄があれば、過去の虫くんたちにひどい仕返しを受けることでしょう。
    虫くんたち、すみませんでした。。

    ユーザーID:8209702909

  • 分かるけど

    私の幼少時代は、アリはもちろん、虫など捕まえて遊んだり、残酷?にアリを足で踏んでみたり、雑草をザーッとぶち切ってみたりしましたが、たまたま近くに親とかいない時だったのか、はたまた時代なのか注意されたとかないです。

    でも今は時代が違うんでしょう。
    そんな事したら叱られますよね。

    可哀相だからつぶさないでおこうね、でいいんじゃないですか?

    今高学年の息子も、低学年時代、虫やザリガニなど採りに行きましたが、捕まえてもちょっと見たら逃がしてましたね。
    カブトムシ、クワガタは飼ってましたが。

    私が息子に、雑草をぶち切ったり、アリをつぶした話などすると、悪いんだ〜!みたいに言われましたし。

    そんなに深く悩まなくていいような気がします。

    ユーザーID:1065955180

  • 自分の体験と照らし合わせれば

    答えは簡単なんじゃ?
    ちっちゃい時にアリを踏み潰してましたよ、意味もなく。
    何でそんな事したか分かりませんが。

    で、大人になって残虐な行為が出来る大人に育ったかというとそんな分けないですよね。あ、もちろん室内に侵入した虫は殺すか追い出しますが。

    皆が通る道でしょう。大切な経験であるとする説もあるくらいですし。

    ユーザーID:3360553657

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧