結婚式で「おめでとう」って変じゃないですか?(駄)

レス197
(トピ主1
お気に入り242

恋愛・結婚・離婚

bafubafu

もちろん、私だって、呼ばれれば出席して、精いっぱい「おめでとう!」って言います。というか慣習なので、一社会人としては言わざるを得ません。
でも、結婚式の段階では、多くの場合、まだ新郎新婦は(夫婦としては)殆ど何も成し遂げていません。「おめでとう」は変ではないですか。

例えば、子供ができたらもちろん「おめでとう」です。欲しくてもできない人もいるし、産むのも苦労もリスクも大きく大変ですから、無事生まれたら「おめでとう」は当たり前です。
また、金婚銀婚を迎えた方なら、「長い人生、谷あり山あり、よくぞここまで辛抱して」ということで、これも「おめでとう」がふさわしいです。

結婚式も、ご両親に向けてなら、何の違和感もなく「おめでとうございます」と言えます。大変な子育てを無事乗り切ってここまでこぎつけた。これはまさに「おめでとう」です。
実際、昔の結婚式では、招待客は主としてご両家ご両親に「おめでとう」と言っていたのだと思います。でも最近の結婚式って新郎新婦が主役で、ご両家ご両親は添え物的ですよね。それなら「おめでとう」はおかしいのでは?

あえて言えば、若い男女が結婚したがらない中で、何とか相手が見つかってよかったね、っていうことでしょうか?でもこれって「あんたモテないのによく頑張ったね」っていう意味になりませんか?すごく失礼ではないかと。
「こんな素敵な人が見つかってよかったね」という意味ではありえますが、第三者から見て「こんな素敵な人」と思えない場合は、「おめでとう」なしでOKですか?それでは角が立つということになると、結婚式が嘘つき大会になりかねません。いや、あれはもともと嘘つき大会でしたっけ?

あれこれ考えると、結婚式で新郎新婦に掛ける言葉は「これから大変だけどがんばってね!」だけでいいと思うし、それが一番誠実だと思うのですが、いかがでしょうか。

ユーザーID:0119021822

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数197

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 新しい「世帯」を立ち上げたことに対し

    おめでとうございますと心から言います。

    別々の人生を歩んできた二人が出会い、長い人生を伴に歩もうと決心し、新しい家庭を築くスタート台に立ったことを、とてもおめでたいことだと思います。

    ユーザーID:5375626991

  • 新たな出発地点

    トピ主さんなりの理屈があるみたいですが、
    日本で新たな出発点に立った時に「おめでとう」は
    普通だと思います。
    トピ主さんの理屈だと
    入学もおめでとうじゃないのではないですか?

    その人なりの苦労や決意や道のりがあってのことです。
    そこに敬意を表して「おめでとう」でいいと思います。
    他人からは大したことなく見えてもね。

    ユーザーID:3023494472

  • 質問です

    トピ主さん
    あなたは結婚しているのですか?
    してたとしたら結婚に至るまで苦労もなく幸福感もなかったのですね。
    もちろん今振り返れば結婚式時点での苦労はほんの些細なものでした。
    しかし大人になり好きな人ができて、お互いが家族になろうと思えて、結婚式までたどり着いた。
    これのどこがめでたくないのか。
    わたしには全くわかりません。あなたの感覚。

    まあ人それぞれですから、そう思われるなら、おめでとう なんて無理して言わなくて良いと思いますよ。
    もし未婚の方ならば、ご自身の結婚式では「わたしにおめでとうって言わないでね」といっておけば誰も言ってこないのでご安心ください。

    ユーザーID:6500811916

  • 成果主義?

    トピ主さんは「おめでとう」は業績をたたえる言葉だと思っているのですね。ではどういう過ごし方をしても迎える誕生日や正月、努力とは何の関係もないところであたる宝くじ当選に「おめでとう」は変だと思っているのでしょうか。

    私は「おめでとう」は「喜ばしいことがあってよかったですね。」という意味だと思います。

    ユーザーID:2843479009

  • 「愛する人と結ばれてよかったね、おめでとう」で合ってないの?

    トピ主さんにとって「おめでとう」は、何らかの仕事をやり遂げた人にだけ使われる、という解釈なんでしょうか?

    それ言ったら「お誕生日おめでとう」も変、てことになりません??
    ただ生きてるだけで、何もしてなくても誕生日なんて来るんだし。

    >「これから大変だけどがんばってね!」
    これだけ言われたら、ケンカ売ってんのかと思いますよ。
    なんで「大変」て決め付ける?と。
    まるで「あなたの結婚には、この先困難しか無いよ」と断言されてるようで。

    ユーザーID:0196135428

  • わからない・・

    結婚式で「おめでとう」というのは、おかしくないのではないでしょうか。

    「(共に人生を歩んでいきたい相手にめぐりあえて、良かったね)おめでとう」
    「(新しい家族のスタートですね)おめでとう」

    政略結婚や、強要された結婚でなければ、おめでたいとしか思わないです。


    > 実際、昔の結婚式では、招待客は主としてご両家ご両親に「おめでとう」と言っていたのだと思います。

    いやー。私は仕事柄、かなり年配の方と会う機会がありますが、聞いたことないですね。
    結婚そのものには、親や親戚の思惑などが入るとしても、結婚式の主役は、今も昔も新郎・新婦だと思います。

    トピ主さんの理屈だと、子育てを成し遂げるどころか始まってもいないのに、子供を産んだだけで「おめでとう」はおかしい気がしますね。

    感性の違いなので、あれこれ「おかしい」と言う気はないですが、

    >「これから大変だけどがんばってね!」

    これは余計なお世話です。
    ヒトの結婚生活を、勝手に大変にするなって思います。

    ユーザーID:3123118069

  • 門出はめでたいもの

    人生の門出はおめでたいものです。
    新郎新婦が二人で人生を生きる決意をした。
    それを祝福しているんだと思います。
    それに、人生を共に歩みたいという伴侶を見つけられたことはおめでたいことだと思います。
    モテる、モテないの話じゃなくて、そういう縁に恵まれたことはすばらしくありませんか?

    主さんの理論じゃ、入学式も誕生日も「おめでとう」はおかしいとうことですよね。
    受験した場合などは別ですけど、受験無しの義務教育なら、何もせずとも年齢になれば学校に入れますし、
    誕生日は努力しなくても、勝手にやってきます。
    入学式でも「これからは勉強がんばってね。」って言うんでしょうか?
    誕生日は「1年しっかり生きるのよ」とでも?

    個人的には、結婚式で「これから大変だけどがんばってね!」なんて言う人は、嫌なやつ、って思います。
    だって、「こんな相手と結婚して大変だね〜。ま、せいぜいがんばって。」って言っているような印象を受けます。

    「おめでとう」がおかしいというなら、「幸せそうで見ているこっちも幸せになるわ。」とか、
    相手が喜ぶようなことを言ったらどうでしょうか。

    ユーザーID:1077539757

  • トピ主さんの考え方だと

    子供生まれたこともおめでとうじゃないでしょうに・・・
    生まれただけでどうなるかわかんないんですから。
    産むリスクより産まれた後のリスクのほうが明らかに高いと思いますけど。

    一つの区切りに対して「おめでとう」とは言えませんか?
    結婚だったり出産だったり、入学だったり卒業だったり、そういう人生の一里塚的なものに対しておめでとうと私はすんなり言えますけどね。
    おめでとうですべてが終わるわけじゃないですから。
    あくまでおめでとうの全ては通過点です。

    ユーザーID:9484224100

  • レスします

    祝う気持ちがないなら、披露宴いかなきゃいいし
    あなたの思った通り言えばいいんじゃないでしょうか。
    これからたいへんだけどがんばって、、なんて
    言われたら、私なら疎遠にするだけです。

    ユーザーID:1604099594

  • 入学式だって同じ。

    まだ、入学しただけでなにも成し遂げてはいないけど、「おめでとう」と言うでしょ。

    結婚も同じ。

    スタートラインに立ったことへの賛美ではないのかな。
    これから新しい人生を歩いて行く人に向けての言葉だと思う。

    変な屁理屈こねないで、新しいスタートラインに立つお友達に、心から「おめでとう」と言える人になってくださいね。


    大変だろうけれど頑張って・・・という言葉は、大きなお世話です。
    結婚生活が別に大変でない人もいるし(私もそうでした)
    親ならともかく、友達に「頑張って」なんて言われたくないわ。
    「おめでとう」の言葉が一番嬉しい。

    中年のおばさんの意見です。

    ユーザーID:1408456785

  • 縁あって

    縁あって結ばれる二人に、おめでとうとお祝いするのは当然だと思います。

    ユーザーID:2851300491

  • おめでとう


    私は新郎、新婦の門出を祝う気持ちで「おめでとう」を言っています。

    ユーザーID:0172109239

  • 本気でいってるの?

    好きな人と結婚できてよかったね。おめでとう。でしょう。

    結婚したいとおもえる人と出会えて、家族になれるって素晴らしいね。
    よかったね。おめでとう。でしょう。

    ま、そういうことを考えもつかないトピ主さんはそういう結婚できないとおもうから、おめでとうって言わなくていいんじゃないですか?

    トピ読んで本当にびっくりしました。

    ユーザーID:3634127052

  • みゅう

    そうゆう考え方する人いるんですね〜!

    結婚で『これから大変だけど』とか余計なこと言われるより、シンプルに『おめでとう』のほうがずっと嬉しいですけどね〜。

    ユーザーID:5863020284

  • なんというか…


    「めっちゃめんどくさい人」

    という印象を受けました。

    慶事なので、「おめでとう」でいいのでは?

    ユーザーID:1709921235

  • おめでとうの意味って?

    どうも、トピ主さんの「おめでとう」という日本語の解釈が
    あんまり一般的じゃないように思われます。

    「何かを成し遂げたことに対する賞賛のための言葉」だと思ってません?

    一般的には、めでたい、よろこばしいですね!っていう意味でしょう。
    「あけましておめでとう」って、新年明けたばかりで何をなしとげたんですか(笑)

    ユーザーID:5320379664

  • めんどくさい人

    普通におめでとうでいいと思うけど

    なにか成し遂げてないって・・・別にそんなことにこだわらなくても


    そんなに思うなら自分の時はおめでとうはおかしいと思うので、言わないで下さいってみんなにいったら?

    ユーザーID:3006740233

  • 講釈言いなさんな

    結婚は
    人生の晴の門出として「おめでとう」は妥当です。

    今の若い子はすぐ離婚するから、結婚の重みがわからないから仕方ないですね。

    ユーザーID:0562000848

  • 笑いました

    >「あんたモテないのによく頑張ったね」っていう意味になりませんか?すごく失礼ではないかと。

    そんなことを思うほうがものすごく失礼なのでは笑?
    誰もが羨む素敵な人と結婚出来た人以外は「おめでとう」とは思えないわ、と言いたいの?
    ものすごく幼い考えだと思います。結婚する本人が幸せかどうかで、トピ主さんが羨ましいほどのお相手かどうかは関係ないと思います。

    ユーザーID:2737141848

  • 人生の中の一つのゴール

    初めて会った日から結婚を迎えるまで(漕ぎ着けるまで?)
    ある意味(人生を共にすべき伴侶をゲットしたなど)一つのゴールと言えるから

    おめでとうで良いと思います。
    他には、コングラチュレイション(やったね)も使われますよね


    もてないから・・・どうのこうのは 主様の勝手な解釈だと思いますけど

    ユーザーID:7781067296

  • 入学式みたいなもんでしょ。

    受験のない公立の小学校や中学校の入学式でも、おめでとう!って言いますよね。
    新しい、人生の門出を祝うって感じでは?

    ユーザーID:4975872507

  • 変ではないと思いますけど

    結婚式でのおめでとうは二人の門出を祝ってのおめでとうだと思うので
    変ではないと思います。

    夫婦として成し得てないのでおめでとうではないのなら
    子供が出来ても無事生まれてくるまでは何があるかわからないので
    おめでとうではなくなるのでは?

    ユーザーID:4054252848

  • レスします



    結果ではなく、良いスタートが切れた(であろう)事に対しての、祝福なんだから、おかしくはないと思いますけど。

    ユーザーID:5486923479

  • そんなひねくれて考えなくても

    結婚に辿りつく道のりというものがあるでしょう?
    その道のりをへて結婚するのだから、「おめでとう」じゃないでしょうか。

    折角これから期待を膨らませる新婚生活なのに、「これから大変だけどがんばって」はネガティブ発言なので引きますよ。
    苦労すること前提で言ってるじゃないか。結婚式って普通、幸せの絶頂期なのに、確かに結婚とは苦労することもあるけど、皮肉を言われているようで嫌ですよ。それに所帯じみているし。

    感覚が違うのは仕方の無い事ですが、一般的に思われる事と逆の事をするのは良くないですよ。返って失礼になります。
    嘘つき大会って、そんな風に思う人が結婚式に来るなんてぞっとする。
    祝福する気、無いでしょ?

    ユーザーID:3849068703

  • 変じゃないです

    「将来の伴侶に巡り合えて、めでたく結ばれたこと」
    に対しての「おめでとう」じゃないですか?

    これから大変かもしれないけど、夫婦としてのスタートラインに立った二人に、まずはおめでとうというのはふさわしいと思いますが…

    ましてや「失礼」だなんて。
    結婚式は嘘つき大会とか…

    私も結婚式は好きな方ではないですが(挙げたけど)、トピ主さんはちょっと穿ってるかなぁと思いました。

    ユーザーID:8504732179

  • すごい!

    結婚式での「おめでとう」について考えたことなどありませんでした。
    昔からの慣習、当たり前なこととして・・。
    トピ主さんの洞察力、素晴らしいですね。
    ちょっと笑わせてもらいもしました。

    考えてみれば、ひとりの男性とひとりの女性がめぐり合って、一緒になる。
    このこと自体、たぶん奇跡的なことでしょうから、
    単純にその二人がくっついた、ということに対する賛辞なのかな、ととらえています。

    でもトピ主さんのおっしゃること、説得力ありますし、
    時代とともに、ニュアンスのようなものが変化していく、ということは
    あるかもしれませんね。

    「おめでとう」考察、ですね。

    ユーザーID:0841919383

  • 成してるのでは?

    家庭という体を成した訳では?
    イチ個人から、「家族」というのを築いたのでしょ。
    結婚って、そういう話ですよね。

    その「新しい社会構築」、つまり「人生の新たな局面への出発」を祝う言葉が結婚式での「おめでとう」じゃないですかね。

    主さんが仰ってるように

    >「長い人生、谷あり山あり、よくぞここまで辛抱して」ということで、これも「おめでとう」がふさわしいです。

    で考えると、
    「長い独身時代、谷あり山あり、よくぞここまで頑張って(家庭を築いた)」と言う事で「おめでとう」が相応しくなりませんかね。

    卒業式で「おめでとう」というのと同じですよ、要は。

    個人的には主さんの考えがちょっと理解出来ませんでした。
    他人様の結婚式を「嘘つき大会」と思われるのならば、出席なさらない方がアナタ様にも、結婚して新たな人生に出発する方に取っても、それが良いのではなかろうかと思います。


    そして、蛇足ではございますが…
    その考えを持ち続ける限りは、結婚式はなさらない方がよろしいかと存じます。
    そんな嘘つき大会など、自ら開催しなくとも良いではありませんか。

    ユーザーID:9890953399

  • 何言ってんのかよくわからん

    つまり、あなたの「おめでとう」は、「あなた方はよくがんばったので余が誉めてつかわす」って意味だってこと?

    結婚であれ入学であれ、人生の新しい局面へのスタートはともかくめでたいことだと思うので、私はおめでとうと言いますね。
    われわれ第三者にとっても、この世に新しい夫婦・新しい家庭が誕生するというのは、とても希望にあふれためでたい出来事ですし。

    このように、私とあなたでは「おめでとう」「めでたい」という言葉の解釈が違うようなので、あなたのトピの後半部分は本気で意味不明です。

    ユーザーID:1212672450

  • 本音ではないただの挨拶

    出席者(親・親戚・友人・会社の人等)が全員心の底から「おめでとう」なんて思っているはずもないでしょう。多くは「あいつも結婚したか」ぐらいでしょう。
    ですから「おめでとう」はただの挨拶の言葉だと思います。そう言うことが習慣や礼儀になっているだけです。



    出席者個人個人の本音は千差万別ですよ。「離婚すればいいのに」「あんな変な人と結婚してかわいそうに」などと思っている人さえいることでしょう。

    ユーザーID:2583877411

  • やっぱり「おめでとう」

    そもそも「おめでとう」というのは

    新年や、相手にめでたい出来事があったときに言うあいさつの言葉。
    だそうです。

    「おめでとう」は何かを克服したり、成し遂げた結果につかうというものではないようです。
    結婚は一般的に「めでたい出来事」なのでおめでとうでいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:0071728986

レス求!トピ一覧