• ホーム
  • 男女
  • 結婚式で「おめでとう」って変じゃないですか?(駄)

結婚式で「おめでとう」って変じゃないですか?(駄)

レス197
(トピ主1
お気に入り242

恋愛・結婚・離婚

bafubafu

レス

レス数197

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ひねくれてるなぁ…

    じゃあ、新年明けましておめでとうも違和感を感じるんですか?
    一年のうちの何も変わらないたった1日がなぜめでたいのか?
    この一年につらいことが起こるかもしれないのに、何もわからないうちからなぜ新年はめでたいの?

    公立の小学校、中学校の入学も別にめでたくない?
    ただ成長しただけで誰でも入れるのに、これから毎日勉強しなきゃいけないのになぜめでたい?

    そうじゃないでしょう。
    新しい門出、一つの区切りというのはなんでもめでたいんです。
    今まで無事に過ごせてきて、区切りのこの日を迎えられてめでたい。
    結婚はなおさら、形式的には親から独立し、これからはパートナーと所帯を切り盛りしていく立場になったということがめでたい。
    確かにまだ何も達成してはいないけど、一つの家庭を作っていくスタートラインに立てたこと自体がめでたいんじゃないでしょうか。

    トピ主さんの感覚からいえば、新年も「今年も色々あるだろうけど頑張ろうね!」だけでよいのかもしれません。
    私はめでたいなぁと思いますが。

    ユーザーID:3962903550

  • 誠実ではないし、ただの子ども

    あなたは、こういうことを考える自分を、常識にとらわれず、普通の人とはちょっと違う鋭い感覚を持った感性の研ぎ澄まされた人物、あるいは、世間になじめない変わり者(でも、そんな自分が大好き)と思っていますね。

    いいですか、bafubafuさん。あなたが考えているようなことを考えている人はいくらでもいます。でも、なぜ皆「おめでとう」を言うのか。
    それは、出席すると決めたなら相手のルールに従う。それが大人の態度だと心得ているからです。出席しておきながら、「おめでとう」って変、などという青臭い論理を振り回すのは、子どものすることと心得ているからです。

    あなたが自分の考えを貫きたいのなら、出席しないことです。その方がよほど誠実です。そして出席しないことによって生じる不利益は、全て自分が引き受ける。そこまでの覚悟があって初めて、あなたの論理は説得力を持ちます。

    そこまでの覚悟もなく、世間の目が怖くて出席しておきながら、いかにも自分は物事を深く考えているという態度を取り、世間の常識に囚われていると、あなたが勝手に決めつけている人を見下すようなことを言う。
    まったく「子ども」です。

    ユーザーID:7139594679

  • 仲間はいますよ!

    関連トピックスに、トピ主さんとそっくりな感性の人が1年前に立てたトピがリンクされてますよ。読めば勇気がわいてくるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:1564921093

  • 事情はそれぞれ

    愛する人同士の結婚はおめでとうで良いと思います。

    ただ、愛し合っても居ない人同士が結婚する時は
    さすがに「おめでとう」を言うとイヤミになるのでは?
    と何度も迷いましたね・・・。結果、おめでとうと一応
    言いましたけど後味悪かったです。

    ユーザーID:2388462323

  • 小学校の入学式と似てるかも。

    小さな子が小学校に入ったらおめでとうって言いますよね?
    でも、今まで勉強してきた成果があるわけじゃないし、
    目に見えて達成してきたわけでもない。
    でも『これから大変だね、頑張ってね!』とは言わないわけで。
    それと同じだと思えば心から祝えるんじゃないかな。

    私の友達の大半もまだ結婚していませんが、これから報告があるたびに
    目いっぱいお祝いしたいと思います。
    だって、なんか嬉しいじゃないですか。
    新しい門出に立てた二人を見られるなんて☆

    ユーザーID:3100129096

  • こだわりかな

    以前、大事なイベントの時に決まって雨が降ることから、いつしか私には「雨男」というレッテルを貼られました。まぁ、雨はそんなに嫌いじゃないので別に構わないし、それを自虐ネタに使っていました。

    ある日、やっぱり雨が降って、「私は雨男なんで…」といったら、「君には天候を左右できるだけの力など無い!」ってちょっと年上の同僚から真顔で、しかもキレ気味に言われてドン引きしてしまいました。人によって受け取り方って違うんだなぁ、と思いましたし、ありきたりのフレーズを使い回すと良くないんだなぁとも思い、勉強になりました。それ以来は相手をみて使うようになりましたけどね。

    まぁこんな具合で、人によって考え方の違いってあるんだと思うんです。ただ、「おめでとう」という言葉は、相手を祝う言葉だと思うんですね。あなたが「おめでとう」が結婚式にふさわしくないと思うならば、それに匹敵するすてきなお言葉を考えて、それを使うべきだと思うんです。「これからいろいろあると思うけど…」なんて、口が裂けても言っちゃダメ。気の利いた、すてきな言葉を考えてください。そして、あなたはそれで通せばいいだけのことじゃないですか。

    ユーザーID:4856429271

  • いえ、乗り越えているものは山のようにある

    恋人同士から結婚への階段。(ここでどっと疲れ)
    親類、義両親への対応(更に疲れ)
    結婚式の内容擦りあわせ(人によっては別れの原因に)

    これらを乗り越えての結婚式当日なのだから
    「よく頑張ってここまで乗りつけたね、おめでとう」
    になるのだと思います。
    正直本人達、いい顔していると思うけど相当疲れてると思いますよ。
    式の前から。

    結婚式を終えた後は、ボクシングの試合を終えたようにグッタリするようです。私は未経験なので分かりませんが。
    あれだけ周りに気を遣いながらニコニコニコニコするのも大変だよね。
    本当、ごくろうお察しします。

    ユーザーID:0523391176

  • 変な考え方

    >「これから大変だけどがんばってね!」

    へ・・・それが贈る言葉?

    人生なんて山あり谷あり。
    いろいろなことを乗り越えてそこまで成長して結婚にたどり着いたことは目出度い。
    なら、「おめでとう」と表現するのは普通のことでは?

    金婚銀婚----よくぞここまで辛抱して
    結婚式------あんたモテないのによく頑張ったね

    なるほどね・・・主さんは人様の結婚に対してそんな風に思うわけだ・・・

    ずいぶんと結婚や人生に醒めてる方とお見受けしました。
    人生楽しいですか?

    自分の結婚式の招待客からそう思われてたとしたら、あなたは幸せですか?

    ユーザーID:4897448068

  • え〜

    >ちがやさんさん

    結婚式を「あれはもともと嘘つき大会でしたっけ」なんて表現したりすることに悪意を感じない人は少ないと思います。
    ちがやんさんのように、「(幸せな生活になるよう)頑張って」は分かりますが、トピ主さんの主張って、「(新郎新婦なんか何も結果を出してないからめでたくない。これから大変な思いするんだから)頑張って」って、と言ってるわけです。
    それに対して皆さん別におめでとうを言え!と強制してるんじゃなく、おめでとうと言う理由を各々書いてるんだと思います。
    確かにトピ主さんの境遇を断定するレスもありますが、おめでとうを言うのはおかしい・おかしくないという主張が対立することは当たり前ですし、対立意見を「必死」と揶揄するのは違うのでは?
    私からするとあなたのレスも結構必死に見えますし…。

    きちんとした考えがあれば「おめでとう」でも「頑張ってね」でもいいと思いますが、言葉って受取り手がいてこそのものですから、自分の想いだけで突っ走ることは相手を無視することになります。
    私は敢えて誤解を招きたくないし、おめでとうって言葉に意義を感じるので「結婚おめでとう」と言います。

    ユーザーID:1988263490

  • 新郎新婦の新たな門出

    トピ主さんの言い分だと、入学も入社もおめでとうには値しませんね。
    だって、学校や会社に入っただけで、まだ何もしてないから。
    皆さんの新たな門出にたいして、おめでとうという言葉をかけるのでは?
    結婚するって、その前に色々ありますし(両家の顔合わせやら何やら)
    入学前に入試で頑張るのと、入社の前に就職活動を頑張るのと同じです。

    変な屁理屈こねてないで、素直におめでとうって思えばいいと思うんですけどね。

    ユーザーID:8658226129

  • 私はキライじゃない

    主さんが言ってること。
    昨日イヤなことがあったけど、思わず笑ってしまい少しスッキリしました。

    結婚はスタートだと考えると『頑張って』ですよね?
    確かに紙一つの話だし。各々生活してきた延長上で2つの生活が1つになると思うとやっぱり『頑張って』

    でも、これから真の大人として人として成長しあい(たぶん)死ぬまで一緒に歩んでいく伴侶を見つける事が出来た。2人の新たな門出を迎える事が出来たと考えると『おめでとう』かなと思いました。もちろん頑張っての意味も込めて。


    主サン面白い角度から物事見てますね。
    是非また新しい疑問を掲示して下さい(笑)

    ユーザーID:0341238970

  • レスします

    「おめでとう」の定義が、達成した結果に対して向けられる言葉、ということであれば、トピ主さんの主張は正しいですね。確かにまだ何も達成してないのですから。

    私は、結婚式の「おめでとう」は「幸多かれ(Good luck!)」という意味だと思います。がんばり次第では幸多い暮らしになるような選択をした、というアチーブメントにたいする「おめでとう」ともいえますね。

    そう解釈すると、入学式や就職なんかにも「おめでとう」を使っても間違いじゃないということになります。

    現実には、瞬間風速としては大体めでたいんじゃないでしょうか。めでたくないと思ったら、する前にやめればいいわけですからね、結婚。

    まあどうしてもおめでとうに抵抗があるなら、ネガティブにならないように「大変だけどがんばってね」をやめて、「末永くお幸せに」にしたらいいんじゃない?

    ユーザーID:8802547819

  • 一理ある

    けど、とりあえず日本だけじゃなくて海外でも結婚おめでとう、って本人たちに言うよね?
    だから、昔の日本じゃ子育て一段落した親御さんたちにおめでとう、って言ってたはずだ、ってのは違うんじゃない?
    大抵どの国でも、人の人生の節目のステージとして、二人の前途を祝う。

    伴侶を見つけておめでとう(こんな人と結婚するなら、私なら一生独身でいいわ)
    これから人生を一緒に乗り切る相手を見つけておめでとう(こんな人と結婚すること自体、
    自分でイバラの道を選んでること気づいてないのかな?)

    カッコ内は心の声として、言わないのが最低限の礼儀。
    どうしてもおめでとうって思えなければ、
    (こんなキレイなドレス着れて)おめでとう!
    (今日だけはあなたが主役だよ)良かったね!
    って思いながら言えばいかが?

    私は純粋におめでとう、って思いますけどねぇ。

    ユーザーID:4593482392

  • アメリカでも×駄目

    以前アメリカで結婚式に行ったとき
    コングラッチュレーション!と花嫁さんにいったら
    一緒にいた白人女性に結婚式では忌避の言葉だといわれました。
    何でも、ゴングラチュ〜は頑張った結果としての言葉
    たとえば、卒業などのときによく頑張ったとしての
    ねぎらいの言葉だそうです。
    結婚にようやく漕ぎ着けたね〜的な意味合いが含み
    相手には失礼(特に女性には!?)失礼だそうです。
    なので、主さんはアメリカで成長あるいは生活されている
    方なのか?と思いました。

    ユーザーID:8232322000

  • だってさ〜

    結婚式は慶事でしょ?
    だから「おめでとう」
    目出度い事だから「おめでとう」
    これ以上の理由なんて ある?

    ユーザーID:2170179520

  • 私も疑問に思ったことがあります

    いやはや、疑問を持っただけでネガティブだとか僻んでいるとか、さんざんな言われようですね。「普通」や「常識」に疑問を投げかけたり、違う意見を持つことがそんなに罪だとは。私も友人の一人が初めて結婚する時に「しかし、何がめでたいのだろう?」と考えたことがあるので少々身につまされます。結局、誕生日や入学式のように結婚式も言祝ぐべき人生の節目なんだろうな、と思い至って自分の中で納得しましたが、正直なところ、友人の結婚式はもちろん喜ばしかったのですが、それよりも結婚前に友人とその恋人のお互いを思いやる様子を見て「ああ、いい人に出会えたんだな」と思った時の方が喜ばしく、正に「おめでとう!」という思いでしたね。

    ユーザーID:9030190865

  • おめでとうでいいのでは?

    まだ夫婦として何も成し遂げてないと言いますが、出会いから披露宴に至るまで、様々な経験を経て初めて夫婦として結婚披露宴を挙げてるんだから「おめでとう」でいいんじゃないですか?

    新婦さんは特に、披露宴に色々と夢を抱いてそれが形になるんだろうし新郎はそれを支えてるのですから「おめでとう」は間違いではないと思います。

    ユーザーID:6423969997

  • 駄トピですよね

    よ〜し、これから頑張るぞ!
    という気持ちの時、おめでとうとって気持ちになります。

    朝会社でおはようございますを、おめでとうございます!と言ってしまったことがあります(笑)

    離婚しておめでたい場合もあるかもしれないけど、頑張れとは言えないからおめでとうも言えません。

    ユーザーID:9406391773

  • あーだこーだ言わず「おめでと〜!」

    恋愛が成就した形のひとつが「結婚」かと。
    成就・・・一応成し遂げてますけど、どうですか?

    ユーザーID:3120948885

  • 少し共感

    トピ主の意見を否定するレスで埋めつくされていますが…
    私は、トピ主さんの意見、少し理解できるな。

    自分の結婚式のとき、出席してくれた人も、電報その他メッセージくれた人も、みんなこぞって「おめでとう」。
    でも私は違和感がありました。「めでたいのか?単に新しい戸籍を編成するってだけなのに」
    (既に同居はしていましたので、結婚は形式上のものでした。なお、同居開始を祝われた記憶はありません)
    まあ、私は大人ですのでしかつめらしく「ありがとう」と応じていましたが。

    喜ばしく思い、「おめでとう」と祝うのもいいし、「別にめでたくもないけど」と思う、私みたいなのがいてもいいじゃないですか。
    「おめでとうって言わなきゃいけない」みたいな価値観の強制だけは、嫌です。

    ユーザーID:3080074523

  • 分かってるくせに

    嫌ってる人が亡くなったとしても、お葬式で「よかったね!」とは言いません。

    結婚式で「おめでとう」を言うのは当たり前のこと。
    分かってるのに、屁理屈を並べてるようにしか思えないのですが。

    本心からおかしいと思ってるなら結婚式で「これから大変だけとがんばって」と言ったら良いと思います。相手が目上でも言えるのでしょうか・・・。

    ユーザーID:1397493929

  • ううん、難しい人ですね

    ただ単に結婚したからおめでとうでしょう?

    むしろ、何か成し遂げたなら「お疲れ様」と言う気がしますが。


    >若い男女が結婚したがらない中で、何とか相手が見つかってよかったね、っていうことでしょうか?でもこれって「あんたモテないのによく頑張ったね」っていう意味になりませんか?すごく失礼ではないかと。

    結婚おめでとうの言葉の中に、ここまで的外れな見当違いの意味を見つける
    なんて、生きづらいんじゃないですか?
    色々、勘違い誤解しながら生きてると思います。

    結婚おめでとう、でいいんじゃないですか?そこまで掘り下げる意味が
    分かりません。

    ユーザーID:3708697700

  • 恐ろしい時代になった

    決して批判的な意味でなく、恐ろしい時代になったなと感じます。


    哲学者のエッセイでこんな話がありました。
    ひとりの子供が初めて社会と接するときの態度として、
    昔は「働いて誰かの役に立つ」ことで初めて社会参加を果たした。
    このプロセスを経ることで人は、自らを「労働する主体」と定義した。
    ところが近年は、まず「消費すること」で初めて社会に参加する。
    するとその子供は、自らを「消費する主体」と定義してしまい、
    その後のあらゆる局面で「取引」をするようになる。

    とうとう「おめでとう」の言葉さえも取引の材料とし、
    「祝いの心」にさえも対価を求める時代になったか、と思うと
    時代の流れの早さに驚くばかりです。
    これからトピ主さんのような人は増えていくと思います。
    ある意味当然なのです。「消費者」というのは常に
    取引で損をしないこと、対価と釣り合っていることを第一義とするように
    宿命づけられている存在なのでしょうから。

    ユーザーID:2870206932

  • 困った人です

    物事を随分と歪曲して、受け止めるトピ主さんですね。
    この人と一緒に暮らしたいと思い、所帯を出発させる時に、「おめでとう」の言葉に、そんなに屁理屈を並べなくても、良いではありませんか。

    ユーザーID:3994041166

  • 頑なですね

    そんな屁理屈をこねてまで、トピ主さんの“新郎新婦への祝意の無さ”を正当化しなくても…。
    要は、新郎新婦が結婚できることを喜び、それを周りが言祝ぐ姿が、“トピ主さんにとって不快”なだけでしょう。

    広い世界で二人の男女が出会って結婚するって、祝うに値する慶びごとだと思うので、私は素直に「おめでとう」と言います。
    結婚後にするかも知れない苦労だとか、まだ何も成し遂げていないなどを理由に「おめでとう」を否定するなら、この世に「おめでとう」と言える物事は非常に少なくなります。
    誰だって灰になるまで、先のことは分からないのですから。

    トピ主さんは独身なのでしょうか。
    いつか愛し愛される異性と華燭の展を挙げられるときに、誰一人「おめでとう」と言ってくれず、「これから苦労するんだよ」「まだ何も成し遂げてないくせに」と言われる式が理想なのですか?
    それはそれで考え方の一つとして、唱えること自体は否定しないけれど、同じ思想の結婚相手を見つけるのは難しそうですね。

    >それが一番誠実だと思うのですが、いかがでしょうか。

    祝いたくもない結婚なら、トピ主さんは結婚式に出ない、それが一番誠実だと思いますよ。

    ユーザーID:8800712520

  • 2度目のレスです

    トピ主さんのことを悪意をもって見ようとする人が多いので、再度レスします。

    「とにかくおめでとうと言うのは昔からの習慣なんだ!自由に考え疑問を抱くことなど許さない!とにかくそう決まってるからそうなんだ!自分たちの考えと違う奴はいちゃ駄目だ!そ、そうだ、どうせトピ主は結婚なんてできない奴なんだろう!ひねくれ者だからな!不幸だから嫉妬しているんだ!そうに違いない!」

    と必死に反論している皆さん。

    別に慣習を全否定しているわけではなく「疑問なんですが…」と意見を述べただけのトピ主に、何が気に入らないのでしょうか。


    他行事の例を出している人もいますが、

    七五三や入園式・入学式⇒これまで無事成長できて有難い。これからも健やかに育つことを願おう。
    オリンピック選出⇒これまでの努力・成果が評価されて素晴らしい。オリンピックで頑張ってほしい。
    新年・誕生日・記念日⇒一年無事に過ごせて何よりだ。
    結婚式⇒これからの幸せな生活に向け頑張って。幸運をお祈りします。

    こういう態度は駄目ですか?
    「とりあえず何でもおめでとうと言っておけばいい。慣習だから」よりもよっぽど心があり誠実だと思いますが。

    ユーザーID:6508892109

  • 超スーパー屁理屈

    ですね。

    「新郎新婦に『おめでとう』と言わなくていい理由」
    を一生懸命探してるようにしか見えない、
    何か必死さが伝わってくるようなトピ文です。

    何かあったんでしょうか?

    「おめでとう」の理由は、普通に
    「生涯を誓い合えるような人物に出会えてよかったね」
    の意味だと思いますけど・・・。

    ユーザーID:7347443924

  • 変だと思いません

    トピ主さん、理屈っぽいってよく言われませんか?

    すべてマイナスイメージがトピ主さんの考えの前提にありますね。
    そんなに不幸ですか?それとも、単なる耳年増ですか?
    誕生日の「おめでとう」はどう受け止めているのでしょうか?

    トピ主さん、あれこれ考えすぎて、変な方向に向かってますよ。

    ユーザーID:1801673773

  • すみません

    捻くれ者ですか?


    結婚できないひがみかと思ってしまいました

    ユーザーID:6428051618

  • 皆の回答がすごい

    まず思ったのが、他の皆さんの回答が、こちらが読んでハッとするものが多いということです。知性(知恵)ある人が多い、と感じます。

    トピ主の理屈だと入学式におめでとうもおかしいのではないか、とか、すでに挙げた業績(成果)に対していう言葉がおめでとうだと思っているのかい、など。

    確かにトピ主のおめでとうを言うべき場面設定は独特ですね。それはそれで面白いけど。

    トピ主説で行けば、大学卒業時に「おめでとう」は、学生生活を完遂したからOKで、その翌(々)月の入社式で「おめでとう」は、まだ何の結果も出していないからおかしいということですよね。

    さらに結婚生活に関して言えば、たった今から離婚する二人は、どんな形であれ結婚生活を「完了」させたのだから、「おめでとう!」と言って良いことになるんですかね。。

    さらには葬式で、人生を満了させた故人に対して。。。。

    と考えるのはさすがに揚げ足の取りすぎですかね。

    ユーザーID:3611736839

レス求!トピ一覧