負い目なく,専業主婦がしたい!

レス131
(トピ主0
お気に入り165

キャリア・職場

なお

レス

レス数131

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 131
次へ 最後尾へ
  • お疲れ様でした

    お疲れ様でした。まず、三人もお子さんがいらっしゃって、フルタイムで勤務していたことに驚きです。毎日自分の自由時間もほとんどなかったと思います。お疲れ様でした。
    私もつい昨月、会社をやめました。今までは子育てしながら働いてきたので、主人に養ってもらうという意識がなく過ごしてきました。
    専業主婦になることが正直に言ってこわかったです。
    今この仕事を辞めたら、もう二度と正社員として採用されることはない、
    専業主婦になったら、働く先が見つからないのではないか、そう考えると今の地位を捨てることがこわくて、自分を追い込んでいました。
    やめてしまった今、わたしが日々感じている気持ちは主人への感謝です。
    今まで養ってもらっていたこともそうですし、今後も養ってもらうことへの感謝しかでてきません。
    子供と過ごしたいとずっと思ってきたことが、実現できたうれしさが
    あります。どうか、気持ちを切り替えて楽しく過ごせるように祈っています。お疲れ様でした。

    ユーザーID:4329958817

  • 育児休業・病気休業

    トピ主さんが専業主婦をやることに負い目を感じるのは、それだけ体調他、今のお勤めと子育て料率生活が厳しいのではありませんか。
    しばらく、疲れを癒しつつ、子育てに専念すると考えては。
    ご主人が体調を崩されたら、やっぱりご主人に燃え尽きるまで働けとは言えないし、トピ主さんが働くしかないんですよ。お互い様と思って、今は休まれたら?


    外で働く=経済収入がある仕事を維持するのは、あくまで働いている当人の利益のためだと感じます。
    万一があった場合、やはり恒常的な経済収入がない個人は、不利ですし、世帯年収が上昇することは当人の利益でもあります。
    その暗部を目隠しされ、家族や子供、自分自身の体調都合、時には世の中の流れなどの外圧で、本来子育て中の10年前後だけで良かった役割を、生涯の尺で押しつけられて来が、専業主婦という立場と思えます。

    また、パート主婦は扶養の範囲内でも兼業主婦と主張するのに、自宅で習い事を教えたり、内職する主婦は兼業主婦と主張しませんよね。
    年収で言えば、殆ど変わらないだろうし、自宅で現金収入を得ている人々には、もっと生産的な認識が当てられていいと思います。

    ユーザーID:0122642522

  • 私も専業主婦です

    もう働きたくないと思い、婚活を始めやっと専業主婦になれました。


    ところがいざなってみるとヒマでまた働きにでました。笑


    負い目なんて最初のうちだけであとはなるよーにしかならないです。


    旦那の友達とかにも働いたら?とか言われましたが関係ないでしょって腹の中で思ってました。

    トピ主さまも何か言われたら子供がいるので専業主婦になったぐらいに言っとけばいいですよ。

    周りの目なんて気にしない。

    ユーザーID:8461719341

  • フルタイム並に家事育児をされては?

    仕事並みに家事育児に力をいれては?
    当然、専業に比べたら今まで不十分な部分は沢山あるのでは?

    自慢みたいになりますが・・・
    私は子供になるべく自分の手作り以外食べさせたくないですし、
    おやつもなるべく手作りです。
    子供のちょっとした小物も手作りします。
    なるべく古着やお下がりのおもちゃを頂いたりして、節約にもなるし、壊しても怒らずにすみます。
    朝もなるべく外遊びさせて、教育もすうじ、ひらがな、英語など始めてますね。

    ご近所にも知り合いはだいぶ増えました。

    やれる事はけっこうあると思います。

    ユーザーID:1934452313

  • 60でも負い目はありますよ

     

    経済的にそんなに大変でなくとも人間、生きている限り働くというのがベストの人生だと近頃思います。

    なんがなんでもこれをやりたかったという人は別ですが、そうでない人は仕事があり健康で働けるというのはとっても幸せなことだと思います。

    ユーザーID:3556844132

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 文脈が違う

    専業主婦が怠け者なんて文脈ではないでしょう。
    家事や育児が仕事だと言うなら、それはいいよ。
    でも、だからって社会保険料(や年金や税金)を払わないルールには何も感じないの?
    自分のことくらい自分でやろうよ。でないと困るのは子供たちだし。
    そうしないのは恥ずかしくないの?負い目に感じないの?
    自分の義務さえ果たせない人が、どうやって子供にそれを教えるの?
    なんでルールを変更しようと声を上げないの?
    なんで開き直っちゃってんの?ってこと。

    今のルールがある以上、負い目に感じるのは当然。
    感じないのは、何かが鈍化し、摩耗してるから。
    トピ主も、その負い目を大切にしていいよ。それがあれば、
    ご主人を始め周囲に感謝できるし謙虚にもなれるはず。
    そして、育児や健康が落ち着いた時に、自分の分は自分で、
    の原動力にもなるだろうし。

    ユーザーID:8653599537

  • 慣れます

    全部のレスを読む時間と気力がありませんので
    今更な文章だったり、とんちんかんだったりしたらすみません。

    年度末に契約終了し、アラフォーゆえ次の仕事を探すべき
    活動するも撃沈続き…
    で、本日に至っております。

    貧乏性ゆえお仕事が無くなって数ヵ月は家でじーーっとしていると
    あぁ、このダラダラしている数時間でいくらになるのかな〜、
    と焦りばかりが先立ってました。

    もちろん、家計を助けることのできない罪悪感もあり…

    不採用続きで心が折れたのと暑くて気力がなえてしまった事も
    あるのですが、夫にしばらく専業主婦宣言しました。

    旦那様が頑張ってくれているのなら、仕事がないのなら
    衣食住事足りてることを有難く思って、無駄遣いせず
    節約して家をピカピカにして…

    けっこう大変ですよね。
    涼しいところで綺麗な格好してお仕事してる方が
    有意義に見えます。
    その時は専業主婦が羨ましくて仕方なかったのですが…。

    神様が下さった休息だと思って厳かに生活してます。

    あなたの人生であなたの生活です。
    ご家族がそれで幸せであれば良いじゃないですか。

    ユーザーID:2678299525

  • パートという選択肢は?

    性格的に専業主婦にはなれない、
    でもフルタイムで働く覚悟も持てない
    ヘタレパート母です。

    パートは想定していないのですか?
    派遣なら短期もありますし、
    自分のお小遣いくらいは稼いでいる、
    社会ともつながっている、
    という立場であれば
    プレッシャーも減るのではありませんか?

    ユーザーID:5030648798

  • 家族で話し合いましょう

     専業主婦であることに負い目を感じるかって、個人の性格なんじゃないでしょうか。トピ主様は3人もお子さんがいてかつ持病もある。だんな様の収入でやっていけて、だんな様も主様が家事育児に専念なさることに同意されるなら、別に辞めてもよいのでは?
     ただ、ご自分の収入がなくなる、社会的身分がなくなる、と感じてしまうのは、仕方がないことですね。きっととても真面目な性格でいらっしゃるのでは?そういう思いは、しばらくは続くと思いますよ。まぁ、そのうち慣れるでしょうが・・・。それが耐えられないというのなら、やはりパートでもアルバイトでも働くしかないと思います。
     横ですが、専業主婦の方に「恥ずかしくないの」「子供に面目ない」的な発言をされている方々いらっしゃいますが、私はこれまでずっと働いて税金納めてきたけど、専業主婦に「税金払わないなんて、あ〜恥ずかしい!!」なんて思ったことないです。家庭によっていろいろな事情や考えがあるんだし。税金納めるためだけにに働いてるわけじゃないだろうに。お国のために、子供たちのために一生懸命働いて税金を納めよう!!って思いながら仕事してるんでしょうか。すごいなぁ。

    ユーザーID:4934963236

  • あっさりとはいかないからでは?

    >だからって社会保険料(や年金や税金)を払わないルールには何も感じないの

    所得税は、収入がないからですよね。専業主婦は無償労働者だから
    忘れているかもしれないけど、給与をもらっている人でも、収入のうち基礎控除分38万円分は非課税です

    年金は、単純に3号の方があっさり1号になるわけにはいかないからでは?
    今の税制ができた時に、サラリーマンや公務員の奥さん方も国民年金に強制加入させようとすればできたのに、なぜしなかったか?。奥さん方が頼みにいったわけではないですよ(経緯は長くなるので割愛)
    3号を廃止してしまったら、国民年金に出してきた基礎年金拠出金はどうなるのかしら、拠出金も廃止かな?2号被保険者にとっても無関係ではないのですよね

    また現行では累進課税制度ですので、同じ世帯年収なら専業主婦家庭の方が共稼ぎ家庭よりも納税額は高いです。これを公平にするためには、夫婦の所得を合算の上に分割し、それぞれ課税すればいいのでは?専業主婦家庭も同じように夫の所得の半分を妻の所得とみなすのです

    夏休みなんもので何回もでてきてすみません

    ユーザーID:7609626487

  • ホームズ様、ご返答ありがとうございます

    答えが返ってくるとは思いませんでしたが、「ムキになって反対するとでも思った?」わけではありませんよ。
    共働き夫婦が「不公平感」を持たずに働くためには、どのような税制が好ましいのか、考えてみたいと思ったまでです。

    もっとも、「ま、そんな例は自分くらいだろうけどね」と仰るような珍しい方のお話では、あまり参考になりませんが。

    ところで、私自身としては、「時短勤務を突き詰めたら、専業主婦/主夫に行き着く」と考えておりますので、残業免除、時短勤務とさほど違いがあるとは思いません。

    ゆえに、

    >自身の社会保険料も年金も所得税も支払ってる人と、一円も払わない専業主婦とはもう根本的に違うってことなんだけどね。理解できないかなぁー。

    については、価値観の相違ですとしか、言いようがありません。

    ただし税金や社会保険料が「人頭割」で、所得に関係なく定額支払う制度なのでしたら、ホームズ様に同意したいと思います。

    ところで、共働き代表のホームズ様も、専業主婦世帯の私も賛成できるこの案は、理想の税制、社会保障制度という結論でよろしいでしょうか?
    個人的には、是非実現してもらいたいですが。

    ユーザーID:5147642869

  • 専業主婦最高

    元々大学の研究室で特定疾患の原因を研究していました。
    後々大手企業の研究室に異動して働いていました。
    大学院も修了し、結婚なんかしないわーと思っていたところ結婚してしまいました。
    そして思っても見なかった専業主婦になりました。
    正直、楽過ぎて最初は困惑しました。だって毎日が家事だけな生活って研究者の私には想像もつきませんでした。
    毎日夜中に帰ってたのに今はずっと家にいる毎日が日曜日。
    専業主婦をやっているうちに専業主婦を極めようと思い、元来仕事女で生活力が無かったので今勉強中です。
    勉強し始めると奥が深くて楽しいですよ。
    それに働くストレスから解放され子宝にも恵まれました。
    毎日退屈と思っていましたが勉強を始めた時から退屈から解放されました。
    そして今思う事は専業主婦最高と思います。
    旦那さんに収入があるなら別にいいじゃん。大丈夫だよ。
    本当に困ったらまた社会復帰すればいいんですよ。
    楽しく専業主婦しましょう。

    ユーザーID:3383585557

  • なたねあぶらさん へ

    色々な意見がありますよね。

    私は、専業主婦が働かなければ国が破滅する、という意見に賛成しかねます。
    納税が、個人ベースである必要があるかどうかについても同じです。

    字数制限もあることですし、納税に関して思うところを一部書き込みます。
    専業主婦は社会的役割を持つ社会の構成員だと思いますし、納税が主婦名義でなされないという現行制度については、それが徴収手法の一つであるということで、専業主婦が負い目を感じる必要はないと考えています。

    たとえば、専業主婦に個別に税金が徴収されるようになれば、その単純増税は本当に適正か?と、私は考えます。正しい、正しくないではなく、適正な徴収が可能か、弊害は大きくないのか、などです。何をおかしなことを…と、思うのであれば、もう少し話し合いが必要になりそうです。

    では、放置するのか?と、息巻かれそうですが、そこはそれ、気がつくと制度は進化していきます。落ち着くところに落ち着くでしょう。重要なのは、選挙にいくことであり、専業主婦に負い目を感じさせる言動は不要と思っています。

    でも、感謝の気持ちを持ったりや謙虚でいることは、私も大賛成です。大事ですよね。

    ユーザーID:3469802112

  • 色々な意味での、負い目や不安---1

    1>収入を得られない不安

    この不安は当然あって仕方ないですね。私も専業主婦なので同じ気持ちです。色々な理由があって働けないので、将来働けるようになった時、再就職できるか不安です。
    でも、今の自分にできる範囲で物事を頑張るしかないですよね。情報収集などして将来に備えています。

    2>夫に対する負い目、社会に対する負い目

    専業主婦で、この負い目を感じてもおかしくない状況にいるのに開き直っている人もいるし、立派に周囲に貢献している専業主婦なのに負い目を感じている人もいますね。皮肉な物です。

    夫が身辺の自立ができていなくて、お世話が必要だったり、夫の自立の為の躾が必要だったりする人は、その行為がなくては夫の納税ができないので、社会に貢献していると思います。専業主婦の母親に甘やかされて育てられた男性は、まだまだ多いですからね。
    我が家も、結婚前の夫は、同じ肌着やワイシャツを1週間も来ていたり、洗濯物は2ヶ月も溜まっていて、タンスの中も臭かったり、部屋もゴミだらけの汚部屋でした。かなり手間をかけて、正しい生活をするように躾けました。

    続きます。

    ユーザーID:7034718041

  • 色々な意味での、負い目や不安---2

    続きです。

    逆に、専業主婦でかつ、旦那さんが身辺自立していてお世話や躾をしなくて済む立場である、又は仕事中に妻に助けを求めてきたりもせず社会人としても自立している場合。
    子どもがいない。いても少人数。子どもが病気がちでもなく健常で定期的通院も必要なし、アレルギーなども無し。手がかからず自分で育っていくタイプ。

    何より自分自身が健康。
    そういう専業主婦は、きっと余裕があるんじゃないかなあと思います。

    たとえそういう人でも、周囲の人の気持ち逆なでしたりとかしなければ、別に負い目を感じる必要はないと思います。

    ユーザーID:7034718041

  • ウチはウチでいいじゃないの〜

    個々それぞれ状況も違うし、その人の持ってるキャパも違うし、別に世間様にどう思われようと、自分が正しいと思えばいいじゃないの。
    だって、今まで精一杯がんばったんでしょう。
    ただの今という時間だけを切り取って考えなくてもいいじゃないか。
    この先もいろいろあるだろうし。
    今やれることをがんばれば、それが負い目がなくなることに繋がるんじゃないかな?

    ユーザーID:0632817973

  • 弊害と言われてしまいますよ

     >専業主婦の母親に甘やかされて育てられた男性


    こういう言い方がまた偏見を生むのでは?
    専業主婦の弊害とか言われますよ。

    私の夫は専業主婦家庭で育ちましたが、生活技術をしっかり躾けられていて、結婚当初から身辺のことは自分でしていました。他の兄弟も同じです。

    片や私の妹のご主人の方は、散らかして回るので妻が後ろからついて歩かなければいけない、妻泣かせの夫です。
    でもこの人のお母さんは65歳まで働いていました。
    妹曰く、忙しいお母さんが何でも待ってられないで先走ってやるのと、面倒を見ていたおばあちゃんの関わり方の問題だと言っていました。


    勿論できない専業主婦家庭の子供もいますし、シッカリ何でもできる共稼ぎ家庭のお子さんも存じております。 親の躾、関わり方、本人の性格次第です。
    自立した子供に育てるのは、専業主婦、兼業主婦に関わらず、本来親に与えられた役目です。

    ユーザーID:7609626487

  • 負い目とコンプレックス

    専業主婦です。子供が幼稚園に入ったので、働きに出ようと思いました。
    でも「子供の病気で休む主婦に苛立ちます」的な話も聞きます。うちはジジババに頼れないし夫は帰りが遅いので、子供の急病に対応するのは母の私だけです。だから当分専業主婦続行なのですが、そこへ「納税もできない存在」と言われたらカチンときたし、モヤッとしました。
    事実なんですけど、なんというか自身の能力レベル、家族の生活レベル問題から、果ては国民義務のレベルにまで話が広がるんですね。

    私が感じていた負い目はコンプレックスにもなっていました。世間の波に乗っていない自分の。そこへ「納税能力もない」って追い討ちでした。

    前に夫の叔母から「私は働きに出てそのストレスを子供に向けてしまっていたから、無理しないでいいわよ」と言われた事があります。
    昭和の主婦の負い目の矛先は家族。平成の主婦の負い目の矛先は社会に向ける「べき」なんですね。

    肝に命じておきます。

    ユーザーID:2711089186

  • 負い目って真面目で責任感の強い人が感じるものです。

    兼業主婦でも感じている人は大勢いますよ。
    家庭のことも、仕事もどちらも全力投球とはいかない負い目。
    負い目を感じていない人は、どちらも完ぺきにこなしているから?
    違うと思います。
    真面目な人は自分が完ぺきだなどと思わないから。

    専業主婦の座にのうのうと胡坐をかいている人がいるのと同様に、正社員の座に胡坐をかいている人もいます。
    職場で「辞めてくれれば良いのに」と思われているワーキングマザー、大勢いますよ。
    「納税の義務を果たしている立派な人」だなんて、同僚の立場としては思えません。
    「その席を、違う人の為に空けて欲しい」と思います。
    出来ることを一生懸命やって、周りに謙虚な方は応援したいと思います。

    専業、兼業にかかわらず、今出来ることを頑張っていれば、他人から批判されることはないのでは。

    「納税」に関しては、人頭税が妥当なのでしょうね。
    年金、健保、住民税は頭割で良いと思います。
    そして、子どもの数に応じて優遇措置を設ける。
    これで、まあまあ公平かな?
    すごい逆進性なので、実現できると思えませんが。

    ユーザーID:5722673482

  • 私は無理でした

    子供を産む時は会社の超繁忙期。しかも少数の小さな事務所なので、辞める形を取らざるを得ませんでした。結果として専業主婦になりました。

    でも、働かずスキルも磨かず家に居つづけるのは、無理でした。
    負い目というか、このままでは自分が駄目になる、子供のためにもよくないと思いました。
    ファミレスでずっと人の噂話を喋ってるママ達を見て、ゾッとしました。

    こういうのは人それぞれの考えなので、すんなり専業にいける人で、ご主人がそれを許すなら別にいいかと思います。
    でも、やっぱり無理な人も居ます。

    どうぞ自分らしく頑張ってくださいね。

    私は仕事をしない期限を決め、合間合間に仕事関係の勉強しています。

    ユーザーID:0498385917

  • お気持ちが理解できます。

    トピ主様が現在三児の母でありながらフルタイム勤務という状況に感服してしまいました。

    私の場合、出産育児休暇制度がある職場でありながら様々な条件に阻まれ退職を余儀なくされ、期待していた出産手当金も支給されないため、結果的に意図せずして夫の扶養に入ることになりました。
    結婚して10年以上、共働きが当然、扶養に入ることなど毛頭考えもしていなかったため、働きたくても働けないこの状況に当初戸惑いと罪悪感を抱えましたが、夫の扶養に入ることで得られるメリットがどれだけ有難い事かを現在しみじみ噛み締めています。
    共働きの時でさえ決して楽ではない生活でしたが、今考えると少ない稼ぎの中からごっそり持って行かれていたお金(税金等諸々)が、巡り巡って現在自分に還ってきてきているんだな、と思う事にしています。ただ、この状況はあくまで出産・育児期間中の、『思うように自分の体を使えない期間の救済措置』であり、状況が整えば徐々に復職に向けてアクションを起こしていく心づもりです。

    トピ主様も、今後の専業主婦状態は、これまで身を粉にして働いてきたご自分への『ご褒美期間』として、恩恵を素直に享受して下さい。

    ユーザーID:7076325716

  • 日々、有意義に過ごせばよろしいかと。

    誰に迷惑をかけているわけでもなく、負い目など感じる必要は全くないのでは。

    そんなに、専業主婦を見下さなくてもよいと思います。

    パワフルに男性と肩を並べて働くのもよいけれど、よく物事を考えたり、調べたり、いろいろな事ができる余裕ある暮らしは、いいものですよ。

    ユーザーID:8668896357

  • 税金面の負い目

    共働き世帯の方は税金の面で負い目を感じないのでしょうか?

    例えば世帯年収800万円の片働き世帯(夫800万、妻0)と共働き世帯(夫400万、妻400万)を比較した場合、支払う税金が少ないのは、共働き世帯の方だと聞いたことがあります。配偶者控除以上に、累進税率や各種控除の関係などでこのようになるとのことでした。

    ですので、CSCLのおっしゃる制度(夫婦で所得を分割)が実現した場合、多くの専業世帯は現状より税金負担が軽くなるわけです。

    年金に関しては、第三号の制度があることにより、現状では同一世帯年収の夫婦であれば、負担・給付はほぼ同一になるそうですが。

    そういう意味では、現状の制度は共働き世帯が有利にできているといえます。もちろん、制度は制度なので私自身は共働き世帯の方がこれを負い目に感じる必要などないと思うのですが、「お神輿だ汽車だ将来の子どもたちへの負担だ」などと息巻いている方々は、こういった共働き世帯の有利を是正するべく声を上げているのでしょうか?

    ユーザーID:7174795850

  • 外で働く暇などない専業主婦さん

    いました・・・。

    夫が典型的な高収入・激務・家事非協力(というか不在)で。

    完璧でしたね。
    家はいつもピシッと片付いており、センスの良いインテリアでまとめられ
    お料理はもちろん、何でも器用で手作りで。
    ほぼ独りで子育てされてましたが、皆素直ないい子たちで。

    かれこれ20年近い付き合いになりますが、
    今は義両親を引き取り献身的に介護されています。
    お子さんたちも立派になられて。

    普通にいますね。誰にも評価はされないし埋もれてますけど。
    私は家に居られない性質なので、素直に偉いなあと思います。
    黒子に徹し家族を支える彼女の生きざまには少なからず影響を受けました。

    彼女も負い目とか感じる事があるのかしら。

    ユーザーID:3821732468

  • 負い目なく、ですか

    それでしたら、ご主人や家族が「これぞ主婦の理想像」と思ってくれるだけの
    家事と育児のスキルを提供し、自分を磨いたら良いのです。それって結構大変なことですけどね。

    私はこれだけの成果を夫や家族に提供してるんだという自信があったので
    20年以上も専業主婦でしたが、何の負い目も不安もありませんでした。

    今は子供が成人しましたので
    「子育ても卒業したので、今度は外で働いて家計に協力したい」と夫に伝えて
     外で働いています。
    家事は家族みんなで分担しあってやっていますよ。

    外で働くということは家事育児とはまた違う大変さがありますが
    どちらもやりがいのある“私の仕事”です。

    ユーザーID:6647551189

  • 人のふんどしで・・・

    >(夫婦で所得を分割)が実現した場合、多くの専業世帯は現状より税金負担が軽くなるわけです。

    夫1人分の収入を夫婦2人で分割したら税金が安くなるのは当たり前です。
    でも多くの専業家庭は部下Tさんのご主人のように高額所得者ではありませんので、兼業家庭2人分の収入はありません。
    そして部下Tさんのご主人のような高額所得者でも、経済的に自立した女性と結婚して一般家庭と比にならない税金を納めている家庭もあります。


    >共働き世帯の方は税金の面で負い目を感じないのでしょうか?
    問題なのは「納税額」ではなく、健康な時間の有る大人が「扶養」に入って納税していないのに公共施設を利用したり医療保険を使ったり年金を受け取ったりしている事です。
    このままでは本当に社会保障制度は破綻しますよ。

    「世帯収入」にこだわっている方には平行線だと思いますが、高額所得者は未婚でも自立した女性と結婚しても同じだけ稼ぎます。
    夫の収入が同じ専業家庭と兼業家庭では妻の収入分だけ納税額が多いという事です。
    いい加減、「世帯収入」という考えはやめましょう。自分で納めていない事実を認めましょう。

    ユーザーID:2219608355

  • 私は

    独身で自分の税金だけ収めて、
    今のところ結婚する気も子供を作る気も無い私よりも
    主さんのように将来税金を支払うであろう人員を3人も育てている人に
    「税金を収めないなら負い目を感じろ」とは言えません。

    将来を担う子供を育ててもらわないと
    それこそ日本は破綻ですよね。
    目先の納税だけが日本を支えているわけではないと思います。

    ちょっと両極端な意見が多すぎて理解が出来ないですが
    子育ても納税も大事です。

    専業主婦で子育てをされている方は、将来の為
    独身で納税をしている方は、今の為
    社会的には同じだと思いますが?

    もちろん、兼業で何人ものお子さんを育てている方は
    更に立派だと思います。

    ユーザーID:3449536576

  • トピ主は”気持ちの持ちよう”を求めているわけですね

    実際の世の中には専業主婦を「べつにいいじゃん」と思う人もいれば、
    感情面以外・・税金面なりモラルの面なり・・で、よく思わない人もいる。

    世界中の人に「いいじゃん」と思ってくれ!というのはいくらなんでも無茶でしょう。そこまで求めていますか?
    それより「いいじゃん」と思う人とだけ付き合っていれば、不愉快な思いはせずに済む、と考えるほうが現実的かと思います。
    さしあたって家族・親しい友人さえ同意してくれれば。
    町行く人で、インタビューすれば専業主婦に否定的な人であっても、トピ主にすれ違いざまに罵ったりしないでしょう。

    ユーザーID:6891714496

  • 不思議じゃない

     >「世帯収入」にこだわっている方には平行線だと思いますが、


    現行の日本の社会保障制度は家族(世帯)単位で設計されています。
    ですので、独身者や扶養する家族が少ない世帯ほど、一人当たりの負担額は高くなります。福祉サービスも保険料や利用料などは世帯単位で計算され、世帯でどれだけ負担できるか(人員も含め)で利用条件が変わるものもあります。
    だから片働きか共働きかで、世帯年収は同じなのに納税額が違う事に疑問を呈する人がいても不思議ではないと思う。

    ユーザーID:5240914475

  • なんだか

    レスつけてる人同士でケンカしちゃってますね(笑)

    私は主さんの感覚が正常、に一票です。
    私自身も諸事情で会社を辞め、専業期間を経てまたフルタイムで働いています。

    「専業主婦なんて人として間違ってる・・働いてる皆さんごめんなさい!」なんて、そこまで思いつめる必要はありませんが、それでも大人で日本国民ならば納税はやはり義務です。できるなら労働力は提供すべき。

    もちろん、主様のような3人ものお子さんの子育て中の方や親の介護をしておられる方、ご自身の体調などやむを得ない事情で働けない人もたくさんいます。
    その方々を「働ける人が支えている。」その認識は持つべきだと思っています。

    働けない間は感謝を持って納税者のお世話になり、その代わり自分にできることをする。そして働けるようになれば、納税する。

    逆に働いている方はPTA等のお仕事を専業の方にしてもらっていることを感謝し、
    納税の義務を気持ちよく果たす。

    「お荷物だ」「負い目なんて不必要、何が悪いのか」と言い合うよりもお互いに「お世話になっています」の気持ちが持てたらなと思います。

    ユーザーID:3862471308

先頭へ 前へ
91120 / 131
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧